美味しい カフェ オレ の 作り方。 簡単で美味しい!カフェオレの作り方

お家で美味しいカフェオレ!コーヒーと牛乳の黄金比率が決め手|珈琲癒し堂

美味しい カフェ オレ の 作り方

健康ブームやスターバックスのソイラテの人気に伴って、家で豆乳オレを飲む方も多いのではないでしょうか。 その一方で豆乳の独特な風味が苦手な方もいらっしゃるでしょう。 豆乳独特の風味は、カフェオレの味に大きな影響をもたらします。 そこで今回は、コーヒーと豆乳の組み合わせや特徴について、これから見ていきましょう。 豆乳の特徴と選び方 独特の風味をどう扱うか 豆乳の最大の特徴であり問題でもある点が、独特の風味です。 豆乳が好みの方にとっては、独特のコクがたまりません。 対して好みでない方は、青臭い変な味…と感じるでしょう。 後ほどお話ししますが、このトピックでは豆乳の風味の扱い方についてお話ししたいと思います。 無調整豆乳?or調整豆乳? 市販の豆乳に表示されている「調整」には、2つの意味があります。 1つ目は栄養の調整。 そして2つ目は、「風味の調整」です。 無調整豆乳と調整豆乳を飲み比べてみるとその違いは明白なのですが、豆乳本来の強い青臭さとコクを持っている無調整豆乳に対し、調整豆乳は青臭さやコクを抑えることで、飲みやすく仕上げているものを言います。 そのため、飲みやすさ重視なら調整豆乳を、独特さ重視なら無調整豆乳がオススメということになります。 抵抗のない方は無調整豆乳で試してみよう それでは、これから豆乳とコーヒーの相性についてみていきましょう。 今回は風味の強い無調整豆乳を基準にしました。 調整豆乳の場合は、記述より「穏やかさ3割増し」で読んでいただければと思います。 濃いコーヒーとの相性 《今回の豆と器具》• コーヒー豆:ブレンド(フレンチロースト)• 抽出器具 :モカエキスプレス 濃いコーヒーの持つコクや複雑さが、豆乳のコクや複雑さと融合している、といった印象です。 豆乳が持つ独特の風味は、コーヒーと交わることで変わった味に仕上がります。 豆乳の風味をメインにしたい方にはオススメできませんが、豆乳とはまた違う風味を楽しめる点は注目です。 深煎りの苦みは弱まる 深煎りのコーヒーが持つ強い苦みは、豆乳の丸みを帯びた風味によって、かなり弱くなります。 その一方で牛乳とは異なる特有の風味がするので、深煎りカフェオレを堪能したい方には、物足りなさがあるでしょう。 ただし、深煎りの奥行きと豆乳のコクが成す風味は、滑らかなのに個性のある面白い味わいです。 穏やかなコーヒーとの相性 《今回の豆と器具》• コーヒー豆:イパネマ農園リザーブ(ハイロースト)• 抽出器具 :HARIO V60ドリッパー 豆乳好きにはオススメ! 穏やかなテイストのコーヒーと掛け合わせると、豆乳の独特の風味・旨みが特に目立って感じられる飲み方です。 豆乳にこだわりのある方は、豆乳の風味を生かした豆乳オレを作ることが出来るので、穏やかなコーヒーとの相性はオススメです。 また、ハニーコーヒー(パルプドナチュラル)の場合、豆乳特有のコクを活かしながらも、甘みが豆乳の青臭い風味を和らげてくれます。 そのため無調整豆乳でも飲みやすい豆乳オレに仕上がります。 穏やかなコーヒーのテイストは、あくまで脇役。 コーヒーをメインにしたい方にはイマイチかもしれませんが、豆乳メインにしたい方にはオススメです。 明るいコーヒーとの相性 《今回の豆と器具》• コーヒー豆:イルガチェフェG1(ミディアムロースト)• 抽出器具 :フレンチプレス 明るいコーヒーとの組み合わせは、濃いコーヒーとは対照的で豆乳の風味を残してくれます。 また豆乳をそのまま飲むより、スッキリしたテイストに仕上がる点も見逃せません。 通常コーヒーと豆乳というと、ソイラテのようにまったりしたテイストのイメージが有るかもしれません。 しかし、明るいテイストというのも、ソイラテとは異なる良さがありますよ。 酸味は豆乳が消してくれる 豆乳の独特のコクとコーヒーの酸味は、一見すると相いれない存在です。 しかし豆乳オレを作ってみると、豆乳の風味が酸味を消し去って、酸味がほとんど感じられません。 意外と酸味が強めなコーヒーでも、豆乳と混ぜてみると面白いです。 例えば、コーヒーは好きだけどカフェインが気になるという方は、カフェインレスコーヒーを用いるのも一つの手段です。 あるいは砂糖の代わりにオリゴ糖や蜂蜜を使ってみても良いでしょう。 また、以下の記事のように、はったい粉や黒豆をトッピングしてみてはいかがでしょうか?健康とオシャレを両立したソイラテが作れますよ。 組み合わせ次第で変わる風味を楽しもう 豆乳を用いて美味しいコーヒーを作る際、最も重要な点は選び方です。 コーヒーの味だけでなく、掛け合わせる豆乳の選び方でも風味は変わります。 つまり、今まで不味いと思っていた豆乳オレも、コーヒーや豆乳を変えてみるだけで美味しくなる可能性は十分にあるということです。 自分好みのチョイスで、自分好みの美味しい豆乳オレを作ってみてはいかがでしょうか?.

次の

ドトールのハニーカフェオレが美味!カロリーや作り方は?お酒が?

美味しい カフェ オレ の 作り方

2014年08月29日 13時07分 カフェラテの上手な淹れ方とラテアートの作り方 おしゃれなカフェなどにいくと、カップの上にミルクで模様を描く「 ラテアート」をよく見るようになった人も多いはず。 エスプレッソにミルクを注ぐだけという方法ながら、その温度や注ぎ方にはさまざまなノウハウがあるようです。 ラテの上手な淹れ方を教えてくれるのは、ニューヨークにチェーン店を展開する「Irving Farm Coffee Company」の店舗。 お店のマネージャーを務めるのはLizさんという女性。 Lizさんは、バリスタ世界大会 WBC で審査員を務める人物でもあります。 なお、バリスタ世界大会は世界各地を舞台に年一回開催され、エスプレッソを中心とした技術が競われる大会。 World Barista Championship 2014年の大会では、日本人の井崎英典さんが世界チャンピオンに輝いています。 その作り方は、ポットに入れたミルクをスチームで温め…… エスプレッソに注ぐだけというもの。 ミルクを温める時の温度が非常に重要で、その温度は華氏140度 摂氏60度 が最適とされています。 これより温度が低いとミルクが本来持つ甘みが発揮されず、逆にそれ以上に高くなるとミルクに火が通って味が変化してしまいます。 カップにエスプレッソを注ぎ入れ…… 上から温めたミルクを注ぎます。 この時にできた模様を楽しむのが、「ラテアート」の楽しみ方。 エスプレッソをマシンで淹れると、その表面には「クレマ」と呼ばれる非常に細かい泡の層ができます。 これは、コーヒー豆に含まれる油分やたんぱく質などの成分、二酸化炭素のガスなどからなるもので、エスプレッソ本来の甘さに役割を果たしていると考えられています。 ミルクを注ぐと、このクレマの層が押し出されて模様が生まれます。 これがラテアートの仕組み、というわけ。 しかしこのラテアート、慣れていないとなかなかうまく模様にならないもの。 味のほうも、なんだかイマイチな顔をしています。 ミルクを注ぐ時に重要なのは、エスプレッソとミルクが中まで均一に混ざることとされています。 なお、ラテアートにはさまざまな模様があり、このようにカップの中央に円形の模様を作るのは「Monk's Head」、つまり「修道士の頭」と呼ばれます。 花の姿を表現した「Rosetta ロゼッタ 」 見た目もかわいい「Heart ハート 」 そしてこれは「Swan 白鳥 」や「Dragon ドラゴン 」と呼ばれるもの。 見る人によっていろいろな解釈があるような作品があったりします。 お店のバリスタの一人、Davidさんは「みんなが模様をみて楽しんでくれるところが楽しい」とその魅力を語っています。 これはかわいいクマフェイス。 ラテアートの魅力はなかなか奥深いものがありそうです。 さらにラテアートには「リーフ」や「ラディッシュ」などの種類があり、注ぎ方ひとつでさまざまな模様を描くことができます。 ラテアート 中には、平面を脱出して3次元になったラテアートを手がける人も。 さんはTwitter上で自ら手がけたラテアートの写真を公開しています。 本日の暇カプチーノ、『ゴーストバスターズ』。 土曜だし、起きちゃうのもありかな。

次の

カフェオレとは?簡単カフェオレの作り方・アレンジレシピ

美味しい カフェ オレ の 作り方

《目次》気になるところから読む!• 美味しいカフェオレを自宅で飲みたいときは? 寒い日には、ミルクたっぷりのコーヒーで温まりたいですね。 ミルク入りコーヒーといえば、 カフェオレが一番人気の飲み物です。 お店のカフェオレは美味しくて好きだけど、お家でお店のように美味しくは作れないと思っていませんか? 「お店は豆から挽いて淹れるけど、家にはインスタントしかないし……」という方も大丈夫です。 本格的に豆から挽く方法、挽いた豆を蒸らす方法もありますが、 インスタントでも美味しいカフェオレを作ることができます。 お湯で注ぐだけで手軽に作れるインスタントはドリップ式より美味しくないというイメージがあるようです。 でも、少し手間をかければ、 グンと美味しくなるコツがあります。 カフェオレはコーヒーと牛乳の黄金比率が決め手 基本的なカフェオレの作り方は、 コーヒーと牛乳の割合を1:1 にすることです。 そして、コーヒーは濃いめに淹れるようにします。 ただ、 黄金比率はインスタントやドリップでは変わってきます。 インスタントであれば、 コーヒーと牛乳の割合が1:3だと美味しく感じます。 ドリップであれば、珈琲豆8~15g、お湯120ml、牛乳はお好みで60~100mlです。 インスタントで作るカフェオレの簡単レシピ 基本のカフェオレレシピ 作り方• カップに牛乳と水を入れ、そっと浮かべるようにインスタント珈琲と砂糖を入れます。 このときに絶対かき混ぜないようにしてください。 600Wの電子レンジで2~3分ほど温めます。 表面のコーヒーが少し焦げるくらいで、香ばしい香りがしてきたらOKです。 表面を焦げやすくするため、口の大きいマグカップが良いでしょう。 最後にスプーンでしっかりかき混ぜます。 マグカップの周りについたコーヒーも落とすようによくかき混ぜます。 こうすることで、お店の味にも負けないくらい美味しいカフェオレができあがります。 アイスカフェオレも簡単にできる ホットだけでなくアイスカフェオレも簡単にできます。 ホットより牛乳の分量を増やし、コーヒーは濃いめにした方が美味しくなります。 作り方• マグカップにカフェオレの素とインスタント珈琲を入れ、少な目のお湯を注いで混ぜます。 ひと肌に温めた牛乳とはちみつをマジックブレッドの大きなカップに入れ、1分ほどシェイクします。 表面にある泡をスプーンで抑え、牛乳部分だけをカップに注ぎます。 最後にカップの上に泡を載せ、ココアをかければできあがりです。 ドリップで作る美味しくて簡単なカフェオレ インスタントより本格的な味わいにしたいときは、 ドリップがおすすめです。 手間やテクニックは必要なく、飲みたいと思ったら約10分で簡単に作れます。 豆の種類、ドリップのフィルター、レシピについて紹介します。 豆は深煎りで細挽きタイプを選ぶのがポイント 深煎りの豆は牛乳で割っても、 コクと香りがあるので カフェオレに合います。 イタリアンロースト• フレンチロースト• フルシティロースト がおすすめです。 一般に市販されている中細挽きよりひとつ 細かい細挽きだと、牛乳で割ってもより濃厚なコーヒーをドリップできます。 フィルターはメリタかベトナムコーヒーを選ぶ ひとつ穴の メリタのフィルターは、常に一定時間でドリップできるのが特徴です。 サイズは1~2杯用が使いやすく、 誰でも安定した美味しい味を作れます。 ベトナムコーヒーのフィルターはメリタよりゆっくり、さらに濃厚な味わいになります。 100~120mlの一杯用のサイズがおすすめです。 手間なくすぐにできる美味しいカフェオレの作り方 作り方 ここに本文を入力• マグカップに牛乳を入れ、600Wの電子レンジで1分程度温めます。 60ccだとビターに、100ccだとマイルドなカフェオレになります。 豆をフィルターにセットします。 お好みですがメリタなら12g、ベトナムコーヒーなら10gから試してください。 温めた牛乳が入ったマグカップに直接コーヒーをドリップします。 フィルターにお湯を約20cc注ぎ、豆を30秒ほど蒸らし、残りのお湯100ccをゆっくり注ぐだけです。 メリタなら約3分、ベトナムコーヒーなら約8分でドリップできます。 好みの味に仕上げます。 甘くするならハチミツをティースプーン1~2杯で、やさしい甘さのホットハニーオレになります。

次の