エア ドロップ 失敗。 AirDrop(エアドロップ)でファイルを送れないときの注意点

コインチェック、エアドロップで取得した仮想通貨「ステラルーメン」を付与へ【フィスコ・アルトコインニュース】

エア ドロップ 失敗

AirDrop(エアドロップ)とは 私もiPhoneを愛用しているんですが、このニュースを知るまでは「AirDrop」のことを知りませんでしたし、使ったこともありませんでした。 iPhoneなどApple製デバイスをお持ちの方ならご存知かも知れませんが、自分の周辺にある他人のiPhone、iPad、iPod touchなどと、写真やビデオなどを共有できる優れモノものなんですね。 使い方はとても簡単です。 まずは、 AirDropを使ったコンテンツの共有方法です。 例えば、自分の周りにいる人(Apple製デバイス)に写真を共有したいときは、写真アプリを開いて共有したい写真を選びます。 「共有」または 「アクションアイコン(箱から矢印が出ているマーク)」をタップします。 AirDropで写真を共有できる相手の情報が表示されるので、ユーザをタップします。 次に、 AirDropでコンテンツを受け取る方法です。 だれかが AirDrop を使って写真を共有してくれた場合、その写真のプレビューが付いた通知が表示されるので、「受け入れる」または「辞退」を選んでタップします。 「受け入れる」をタップした場合、写真が送信元と同じAppの中に入ります。 例えば、写真は写真Appに表示され、WebサイトはSafariで開きます。 AirDropの設定次第で、不特定多数と情報が共有される つまり、iPhoneなどApple製デバイスのBluetoothやWi-Fiの通信範囲であれば、AirDropを使ってワイヤレスで写真やビデオなどを送信できるんですね。 Appleによれば半径9mまで可能なようです。 AirDrop を使えば、写真、ビデオ、Webサイト、位置情報などを近くの iPhone、iPad、iPod touch、Macにワイヤレスで送信できます。 デバイスが AirDrop の送信先として表示されない場合、送信元と送信先の両デバイスで Wi-Fi と Bluetooth がオンになっていて、互いに 9 メートル以内の位置関係にあるか確認してください。 出典:Appleホームページ() ここで 問題となるのがAirDropの設定です。 受信しない• 連絡先のみ• すべての人 とありますが、 "すべての人"に設定してあると不特定多数の人とAirDropで繋がってしまう恐れがあるんですね。 急増しているAirDrop痴漢犯罪 知り合いどおしであれば、画像や動画の共有がすぐにできるので大変便利なAirDropですが、これを逆手に取った痴漢犯罪が急増しているようです。 よくあるケースが、女性が電車に乗っていてiPhoneを見ていたら、突然スマホの画面上に男性の〇〇の画像が表示された、というもの。 iPhoneのAirDrop設定を"すべての人"に設定していると、自分の端末のユーザー名が半径9m以内のApple端末に「(名前)のiPhone」などと表示されてしまうんです。 犯人は、それらの中から女性の名前を狙って不適切な画像を送りつけるんですね。 iPhoneの名前をフルネームで登録していれば、犯人は画像を見たときの女性の反応などから、その人の氏名を特定できてしまうんです。 これは電車の中に限ったことではありません。 イベント会場、飲食店、デパートなど不特定多数が集まる場所であればどこでも起きる可能性があります。 もしもAirDrop痴漢の被害に遭ったら もしも、あなたがAirDrop痴漢の被害に遭ってしまったら、突然の出来事なのでビックリすることは間違いないと思います。 それまで普通にiPhoneを使っていて、いきなり変な男の〇〇画像が飛び出して来たら驚きますよね。 画像を送り付ける方もどんな精神状態なのか分かりませんが、毎日のようにニュースの片隅を騒がしている痴漢事件の犯人と同じです。 それほど混んでいない電車の車内など、比較的閉鎖された空間であれば、車掌さんに状況を説明して同じ車両にいる男性を一網打尽にして犯人を探し出す方法も考えられますが、何にも関係のない善良な男性市民も巻き添えになってしまいますから難しいですね。 そういう画像が送られてきたら、こっちから返信して犯人のスマホに着信音が鳴るような仕組みでも出来れば犯人が特定できて、被害も少なくなると思いますがまだ無いですよね。 まとめ(AirDrop痴漢の対策) AirDrop痴漢被害に遭わないための対策は現在のところAirDropの設定です。 それから、 iPhoneに登録する名前も「本名以外にする」ことが重要です。 毎日のように電車内の痴漢事件やエスカレーターなどでの盗撮事件が報道されていますが、AirDropによる痴漢行為も各自治体が制定している「迷惑行為防止条例」に抵触するれっきとした犯罪です。 携帯各社でもこういった事件への対策を積極的に考えてほしいと思います。

次の

英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方

エア ドロップ 失敗

【送受信共通】iPhoneのAirDropが使えない時に確認したいこと 送受信に関わらず、AirDropが使えないときに、まず確認しておきたいポイントからみてみましょう。 エアドロップが使える端末の条件 AirDropが使える条件は、iPhoneなら 「iPhone5以降の機種であること」「iOS7以降のバージョンがインストール済みであること」が必要になります。 AirDropを使おうとしている端末が、この条件に合っているか確認してみてください。 【手軽にAirDropを確認する】 1. iPhoneX以降の機種なら、ホーム画面の右上から下に向かってスワイプ。 iPhone6、7、8シリーズなら、ホーム画面下から上に向かってスワイプする 2. コントロールパネルを画面に表示させる 3. コントロールパネルの左上にある「機内モード」「モバイルデータ通信」「Wi-Fi」「Bluetooth」の4つの項目の上を押し込み、もしくは長押しする そうすると、新たにショートカットが表示されるので、その中にAirDropがあれば、AirDropが使用できるでしょう。 AirDropの設定を有効にする AirDropが使えるように、AirDropの設定自体がオンになっているか確認をします。 【AirDrop設定の確認方法】 1. ホーム画面から「設定」を開く 2. 「一般」をタップする 3. 「AirDrop」を選択する AirDropの項目が 「受信しない」になっている場合は、「連絡先のみ」か「すべての人」に変更してください。 「連絡先のみ」は、メールアドレスか電話番号を使って、アプリに連絡先が登録してある人との送受信が可能になります。 「すべての人」は、AirDropが使用できる、どの端末からでも送受信が可能です。 そのため、知らない人からのアクセスも可能になってしまうので、AirDropを使わないときは「受信しない」か「連絡先のみ」に設定しておきましょう。 AirDropの設定が変更できない場合 もしも、AirDropの設定が変更できない場合は、つぎの項目も確認してみましょう。 ホーム画面から「設定」を開く 2. 「スクリーンタイム」をタップする 3. 「コンテンツとプライバシーの制限」を選択する 4. 「許可されたApp」を開く その中にある「AirDrop」の項目がオフになっていると、AirDrop機能が使えないことがあります。 オンになっているかを確認してください。 ファイルを送信(受信)したい端末同士が近くにある AirDropの送受信にはBluetooth ブルートゥース を使用するため、端末同士が離れていると、送受信がうまくいかない場合があります。 AirDropを使うときは、だいたい10メートル以内まで端末を近づけてから、操作を行うようにしてください。 通信の設定を確認する AirDropの通信に必要な設定を確認してみましょう。 BluetoothとWi-Fiはオン データを送る「送信側」と、それを受信する「受信側」のどちらの端末も、BluetoothとWi-Fiの機能がオンになっているでしょうか。 AirDropの送受信には、BluetoothとWi-Fiのどちらも必要になるので、気をつけてください。 iOS 12以前ならインターネット共有はオフ iOSのバージョンが12までのiPhoneを使っている場合は、インターネット共有 テザリング の設定をオフにする必要があります。 【インターネット共有の確認方法】 1. ホーム画面から「設定」を開く 2. 「モバイル通信」か「モバイルデータ通信」をタップする 3. 「インターネット共有」を選択する もしくは、 1. ホーム画面から「設定」を開く 2. 「インターネット共有」をタップする iOSのバージョンが13以上の場合は、インターネット共有がオンになっていても、AirDropの送受信が可能です。 機内モード・おやすみモードの解除 iPhoneが 機内モードになっていると、Wi-Fiが自動的にオフになってしまいます。 また、おやすみモードになっている場合、AirDrop自体は問題なく使えますが、もし なにかエラーがあっても通知がでないので、操作が分かりづらいことがあります。 機内モードやおやすみモードにしたつもりがなくても、何かの拍子に設定が変わってしまっていることもあるので、1度確認してみましょう。 電波の干渉がないか AirDropを使うときには、BluetoothとWi-Fiが必要です。 しかし、近くに電子レンジや電源ケーブル、ワイヤレスのビデオカメラ、コードレス電話などがあると、 BluetoothとWi-Fiの電波に干渉して、送受信がうまくいかないことがあります。 思い当たるものがあれば、電源を切るか、場所を変えてやってみてください。 壁などの障害物がないか 送信側のiPhoneと受信側のiPhoneのあいだに、壁や大きな障害物があると、電波をうまく送受信できません。 壁や障害物がないように、端末同士を近づけるか、場所を変えて使ってみてください。 ファイルの容量が大きすぎる あまりにもファイルの容量が多いと、 送受信に時間がかかってしまい、途中で送受信が失敗してしまうことがあります。 何度か送りなおしてみるか、ファイル自体のサイズを変えて送ってみてください。 iCloudにサインインしているか AirDropを使うときは、 iCloudにサインインしている必要があります。 サインインしていないと「共有の準備中にエラーが起きました。 あとでやり直してください」という表示がでるので、iCloudにサインインしてから、再度試してみてください。 【送信側】iPhoneのAirDropが使えない時に確認したいこと つぎに、送信側のiPhoneで確認しておきたいポイントをみてみましょう。 AirDropしたい送信先が見つからない AirDropを使いたいのに、 送信先が見つからない、送信先が表示されないということがあります。 そんなときは、2つのポイントをチェックしてみてください。 連絡先を登録するか、受信設定を「すべての人」に変更してもらいましょう。 【受信側】iPhoneのAirDropが使えない時に確認したいこと つづいて、受信側のiPhoneでも確認しておきたいポイントをみてみましょう。 AirDropの受信設定の確認 送信側で紹介したことと同じように、AirDropの受信設定が「連絡先のみ」か「すべての人」になっているかを確認してください。 「連絡先のみ」にする場合は、アプリに連絡先が入っている必要があります。 連絡先をアプリに登録していない場合は、「すべての人」に変更しましょう。 受信設定を「すべての人」にした場合、不特定多数の知らない人からもAirDropにアクセスが可能になります。 送受信が済んだあとは、「受信しない」か「連絡先のみ」に、設定を戻しておくようにすることをおすすめします。 iPhoneの空き容量不足 受信側のiPhoneの空き容量が足りずに、ファイルが受信できないことがあります。 iPhoneから不要なデータを削除して容量を空けてから、もう1度受信してみましょう。 それでもうまくいかない時の対処法 ここまでの方法を試してみても、AirDropの送受信がうまくいかない場合は、こちらの対処法を試してみてください。 iPhoneが一時的に動作不良を起こしているかも 端末の接続や検出がうまくいかずに、 一時的な動作不良を起こしているのかもしれません。 この3つの方法を試してみてください。 Bluetoothを1度オフにしてから、またオンにしてみる 2. iPhoneを再起動してみる 3. AirDropの送受信を、数回繰り返してみる iPhoneの不具合・故障の可能性 これまでの方法をすべて試したり、ポイントを確認したりしてみても、AirDropの送受信ができない場合は、 iPhone自体の不具合や故障の可能性が考えられます。 Appleや各キャリアから、不具合の報告がでていないか確認してみましょう。 確認の仕方が分からない場合は、Appleサポートやキャリアショップに相談してみるのがおすすめです。 Appleサポートやキャリアショップでも、iPhoneの点検や修理を行っていますが、予約が必要だったり、修理に時間がかかったりすることがあります。 そんなときは、 即日修理・引き渡しが可能な「」にお任せください。 当店スマホスピタルは、 駅近でアクセスのよい場所に、全国80店舗を展開しています。 2019年1月現在 スマホスピタルのホームページから、お近くの店舗を検索してみてくださいね。 まとめ AirDropを利用すれば、写真や動画といったさまざまな情報をスムーズに共有できるので、使えなくなってしまうと大変不便ですよね。 AirDropの調子がおかしい、自分で対処しても直らないというときは、ぜひお近くのスマホ修理店に足を運びましょう。

次の

【iPhone】AirDrop(エアドロップ)ができない、送れない・失敗する時の対処方法

エア ドロップ 失敗

容量制限もないため、 大量の写真や重い動画でも手軽にやり取りできるのは大きなメリットだ。 ガラケーにおける赤外線通信のようにデバイス同士を向き合わせる必要もなく、煩わしさとも無縁。 データは送ると同時に暗号化されるため、セキュリティも高い。 AirDropの仕組み AirDropの特長は、 高速で通信できる点だ。 その理由は、デバイス同士を直接つなぐ「ピアツーピア(PtoP、P2P)方式」を採用していることにある。 LINEやメールなどによる通常のデータのやり取り(クライアント・サーバー方式)では、企業の巨大なサーバーを経由してデータを送っている。 一方で、ピアツーピア方式ではサーバーを介さずに デバイス同士を直接接続する。 そのため、たとえばサーバーに利用者が集中して渋滞が起こるといったことが起こらず、データのやりとりがスムーズに行われるといったメリットがある。 また、通信時に Wi-FiとBluetoothの両方を使用するのもポイントだ。 AirDropでは、デバイス同士の接続はBluetoothで行い、そのあとは通信経路をWi-Fiへと切り替える仕組みになっている。 これはいわば適材適所で、安定してつながることを重視したBluetoothの良さと、通信半径が広く高速なWi-Fiの良さを上手く融合させている。 AirDropの使い方 ここからは、AirDropの設定と使い方を解説しよう。 対応モデル ・iOS 7以降のiPhone(5以上)、iPad(第4世代以降)、iPod touch(第5世代以降) ・OS X Yosemite(10. 10)以降のMac(MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac、iMac Pro、Mac mini、Mac Pro) 2. AirDropを使う際に必要な設定 AirDropの送信側も受信側も、Wi-FiとBluetoothの設定をONにする。 ただし、Wi-Fiスポットに接続する必要はない。 AirDropが表示されない・送れない・受信できないときのチェックポイント データを瞬時に送信できて便利なAirDropだが、送信先の一覧に相手が表示されない、送れない、受信できないなどのときは、以下の原因が考えられる。 コントロールセンターから、 Wi-Fi・Bluetoothが両方ともON(有効)になっているか改めて確認して欲しい。 相手の AirDropの設定が「すべての人」「連絡先のみ」になっているかどうか確認してもらおう。 設定方法は、上の章で説明したとおり、コントロールセンターからネットワーク設定を3Dタッチ、AirDropのアイコンをタップすれば選択肢が出る。 相手がAirDropの設定を「連絡先のみ」に設定していて、且つ、自分の連絡先(iCloudで使われているメールアドレス)が登録されていないと、送信先一覧に相手が表示されず、送信できない。 こうしたときは、相手に連絡先を再登録してもらうのも手間がかかるため、コントロールセンターから 一時的に受信設定を「すべての人」に設定してもらおう。 どちらかのデバイスがiCloudにサインインしていないと送信できないため、「設定」で確認してみよう。 「設定」の一番上に自分の名前とApple IDが表示されていれば、iCloudにサインインしている。 表示がなければ、同じ項目からサインインしてみよう。 一旦ネットワーク接続がリセットされることで、検出されることがある。 巷を騒がせる「AirDrop痴漢」に注意 このように大変便利なAirDropだが、「AirDrop痴漢」には注意したい。 これはAirDropの機能を悪用し、他人のデバイスを狙って不適切な画像を送りつける行為だ。 もちろん受信を拒否することはできるが、突然画面に送られた画像が表示されるため、見たくもないモノが目に飛び込んでくることになる。 プレビュー画面に表示される送信者の情報は、相手がデバイスに設定した名前だけで、ほとんど匿名に近い。 一方で被害者側は、嫌がらせに対する反応から顔を特定される危険性もある。 過去には逮捕者も出ているれっきとした犯罪だが、ネットでは被害の声が相次いでいるのが現状だ。 AirDrop痴漢の対策方法は、大きく分けて2つある。 ・デバイスの名前を性別のわからないものにする AirDrop痴漢は、主に異性を狙い撃ちして行われる。 デバイスの名前から性別を特定されないようにすれば、被害に遭う確率は減るだろう。 名前の変更方法は、「設定」>「一般」>「情報」と進み、デバイスに設定されている「名前」をタップ。 名前や性別、年齢などを想像させない、英数字の文字列など、個人情報がわからない名前に変更しよう。

次の