リール ギア。 リールのハイギアはいらない?ハイギア、ローギアを解説

【スプラトゥーン2】L3リールガンの立ち回りとおすすめのギア|ゲームエイト

リール ギア

この記事の目次• エギングリールについて 主にアオリイカをターゲットにしたエギングでは、主にスピニングリールが使われています。 しかし、リールと言ってもさまざまな種類があり、その中でエギングに適したリール選びをすることは、初心者にとって難しいものでしょう。 この記事では、元釣具屋でフィッシングカレッジ卒業生でもある僕から、エギングリールの選び方や、ダイワ・シマノのおすすめエギングリールをご紹介します。 以下に選び方の目安をわかりやすく解説していきます。 エギングリールをはじめ、スピニングリールの大きさは数字で表されています。 この数字のことを「番手」と言い、「2500番」「3000番」のように呼びます。 番手はリール本体や箱にある記載、メーカーのスペック表で確認できます。 エギング用としては、ダイワであれば「2500」か「3000」、シマノであれば「C3000」の番手を選んでみてください。 しゃくりを繰り返し行うエギングでは、リールとロッドの総重量が重たいと単純に疲れてしまいます。 自重はリールの価格が上がれば上がるほど軽い傾向があり、具体的には自重250グラム以下を絶対条件に、予算にあったものを選ぶと良いです。 非常に軽いエギングリールだと、自重200グラムを下回るモデルもあるので、チェックしてみてください。 ギア比とは、リールのハンドルを1回転させたときにギアが何回転するかを表したもので、リールのスペック表で具体的な数字を、リールの品番でギア比の分類を確認できます。 シリーズによってはノーマルギアやエクストラハイギアしかラインナップがないものもありますので、そのような場合はハイギア以外でも大丈夫です。 具体的には品番に、ダイワだと「記載なし(ノーマルギア)」「H(ハイギア)」「XH(エクストラハイギア)」、シマノだと、「HG(ハイギア)」が入っているかどうかを目安に選ぶと良いです。 ダブルハンドルにはさまざまなメリットがありますが、エギングにおいては 「ハンドルが勝手に回りにくい」といったメリットが役立ちます。 ハンドルが勝手に回ってしまうと、フォール中のエギが不自然に動いてしまい、イカがエギに抱き着こうとしたのに躊躇してしまうことがあります。 そのため、エギングリールではダブルハンドルを搭載したモデルがおすすめです。 エギングではPEラインの0. 8号を中心とする細い号数を多用するので、糸巻量の少ないシャロースプールが適しています。 選ぶ際にはダイワ・シマノとも「3000S」のように、番手のあとにシャロースプールの頭文字である「S」が入っているかどうかをチェックしておくと良いです。 ダブルハンドル搭載のエギングリールであれば、ほぼ間違いなくシャロースプールが搭載されているので安心です。 おすすめのエギングリール ここではエギングリール選びのポイントを満たしている、ダイワ・シマノのおすすめエギングリールをピックアップしました。 さまざまなシリーズの中から、予算にあわせて選べば間違いないモデルをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 ダイワのおすすめエギングリール エメラルダスLT 2500S-H-DH エメラルダスLTは、ダイワのエギングブランド・エメラルダスシリーズで最も安価なエギングリールです。 従来よりもさらに強度と軽さにこだわった「LTコンセプト」を採用、より飛距離が出せる「ロングキャスト ABSスプール」をはじめとした多数のテクノロジーを搭載しています。 品番は、「2500S-H-DH」がおすすめです。 エギング専用のエントリーモデルが欲しい方は、こちらのエメラルダスLTをおすすめします。

次の

シーバスリールおすすめ15選!番手やギア比の選び方を初心者にも分かりやすいように解説!

リール ギア

INDEX• ギア比とは? スピニングリールであれ、ベイトリールであれ、ギア比は購入する際の重要なチェックポイント。 今回はギア比について考えてみましょう。 ギア比とは、ハンドルを一回転した時にスプール(ローター)が何回ラインを巻き取るかという比率。 例えば1:5なら、ハンドルひと回しでスプールが5回転するということです。 なかにはフライリールのように1:1というものもありますが、これは特殊なケース。 現在ソルトウォーター用に販売されているリールには、ノーマルギア(ギア比6前後)を中心に、エクストラハイギア(XG、XHなどと表記。 ギア比は6~9)、ハイギア(HG、Hなどと表記。 同5~7)、ローギア(PG、Pなどと表記。 同4~6)の4タイプが存在します。 シマノ製のリール。 ローギアはPG(パワーギア)と表記される。 これを見て「ん? それぞれのギア比がかぶっているのはなぜ?」と思われるかもしれませんが、これはメーカーごと、機種ごとに「速さ」の基準が異なるから。 例えばダイワのカタログには、小型スピニングリールの表記として「P=ギア比4. 9以下」「ノーマル=5. 0~5. 4」「H=5. 5~5. 9」「XH=6. 0以上」という基準が載っていますが、この数値はほかのメーカー、ほかの製品群でも同じとは限りません。 正確に知るには巻取り量をチェック ギア比とは、あくまでも回転比率を表したもので、同じギア比でもスプールの大きさによって実質的な巻取り速度は変わります。 では、リールの正確な巻取り速度はどうやって知ればよいのかというと、スペック表にある「最大巻取り長」という項目を合わせてチェックすればOKです。 この数字は、ハンドルを一回まわした時に、何センチのラインを巻き取ることができるかを表しています。 一例としてシマノ6000番のスピニングリールは、ローギア(PG)が83センチ、ハイギアが103センチ、エクストラハイギアが112センチです。 仮に100mを巻き取るとしたら、ローギアとエクストラハイギアではローギアのほうが30回ほど余計にハンドルを回さなければならないということですね。 この数値はギア比とスプール径を考慮したうえでの巻取り量ですから、メーカーや機種が違っても客観的に巻取り速度を比較することが可能です。 巻き取りの速さを客観的に比較したいときは「最大巻き上げ長」をチェックすると良い。 ハイギアとローギア、どっちが有利? ここまでわかったら、次に考えるのはどっちが有利なのだろう?ということですよね。 結論から言えば「ケースバイケース」です。 あくまでも同一サイズのリールを比較した場合ですが、ハイギアリールのメリットは巻き取り速度が速いこと。 しかしハンドルを巻くのにはより大きな力が必要です。 ただこの巻きの抵抗感ゆえ、水中の変化(潮流や魚のアタリ)を感じ取りやすく、リールでアタリを取ることが容易になります。 速い動きで誘う釣りや素早い回収が必要な釣り、リールの感度が求められる釣りにはハイギアが有利と言えるでしょう。 食い上げ等で素早くラインスラックを取るケースでも、巻取りの速いリールが有利です。 速い動きで誘う釣りのほか、手返し良くポイントを撃つ釣りや、ボイルを狙う釣りにも回収の速いハイギアが対応しやすい。 いっぽうローギアのメリットは、一定のレンジをゆっくり引けることと、パワーギアと呼ばれる通り、巻取りが軽くて楽なこと。 船長の合図で仕掛けを回収したり、長い距離を巻き取ったりするときは難儀することもありますが、スローな動きで誘いたいときや、重いジグやタイラバをディープで操作するときにはこのパワーがメリットになります。 巻き上げの軽いローギアタイプはゆっくり巻きたい釣りのほか、ディープのタイラバなど負荷のかかる釣りにも向いている。 巻取りの速さと軽さ、誘いのスピードをイメージして選択 前述した通り、どちらを選択するかはケースバイケース。 自分の釣りスタイルにどちらが適合するかということで選べば良いでしょう。 もちろん、とくにこだわりがない場合はどちらかに決める必要はありません。 ノーマルギアを選択して、その場その場の状況に合わせて速く巻いたり、ゆっくり巻いたりすることで対応すれば良いでしょう。 またここまでは、リールのサイズが同じなら、という前提でしたが、リール(スプール)のサイズが違う場合、ローギアでスプール径が大きいリールと、ハイギアでスプール径が小さいリールとでは、ハンドル一回転の巻取り長はそれほど変わらないこともあります。 巻きの速さか、それともギアの特性か。 どちらを優先するかによって、最適な1台を選んでください。 大きいサイズのローギアモデルと、一回り小さいサイズのハイギアモデル。 ギア比は違うが巻取り長はそれほど変わらないこともある。

次の

リールのギア比ってどんな意味があるの?

リール ギア

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部 ギア比に悩む問題 現在のスピニングリールとベイトリールの多くは、同一機種内で異なるギア比のモデルがラインナップされています。 一昔前に比べて多様な選択ができるようになった一方で、「どれを選べばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、リールマニアがギア比についての基礎知識を詳しく解説します! 現在はハイギアが主流 特定の釣種に限らずに見た場合、現在はスピニング・ベイトともにハイギアが主流となっています。 とくにルアー釣りはその傾向が顕著で、ハイギアのリールが圧倒的に人気です。 そもそも、ギア比とは? スピニングリールにおけるギア比 スピニングリールにおけるギア比は、「ハンドル1回転あたりにローターが何回転するか」というものを表した数値です。 つまり、ギア比5ならばハンドルを1回転させればローターが5回転します。 このギア比が大きなものがハイギアと呼ばれ、ローターの回転数が多いため、ハンドルを1回転させた時の巻き取り長が大きくなるのです。 メーカーや機種ごとに微妙な差はありますが、ギア比5未満のものがローギア(パワーギア)、5〜5. 7のものがノーマルギア、5. 8〜6. 1のものがハイギア、6. 2以上のものがエクストラハイギアと呼ばれています。 ざっくりと考える場合は、ギア比5. 8未満をローギア、それ以上をハイギアと思えばいいでしょう。 ベイトリールにおけるギア比 ベイトリールにおけるギア比は、「ハンドル1回転あたりにスプールが何回転するか」というものを表した数値です。 つまり、ギア比7ならばハンドルを1回転させればスプールが7回転します。 スピニングリールと同じく、ギア比が大きなものがハイギアと呼ばれ、ハンドルを1回転させた時の巻き取り長が大きくなるのです。 一般的には、ギア比5前後がローギア(パワーギア)、6前後がノーマルギア、7前後がハイギア、8前後がエクストラハイギアと呼ばれています。 ざっくりと考える場合は、ギア比7未満をローギア、それ以上をハイギアと思えばいいでしょう。 そのため、ピンスポットをどんどん撃っていく釣りや、テンポよく探っていくラン&ガン、深い場所での船釣りなどに好相性です。 巻き上げ力が低いがゆえに、水中の小さな抵抗をリールの回転から感じ取れるのです。 具体的には、潮流が速いところでは巻きが重くなり、遅いところでは巻きが軽くなるなどの変化があり、水中からの情報量が増えます。 ローギアと違って少ないハンドルの回転で速く巻けるため、手元や竿先が安定するのもメリットです。 流れの上流(アップストリーム)にキャストすることが多い渓流、速い動きに反応が良い青物、ジグに初速を与える必要があるジギングなどでとくにアドバンテージになります。 ラインが風を受けると、仕掛けの沈みが悪くなったり、ルアーの姿勢が崩れたり、アタリを取れなかったりするので、とくに風が強い日は絶大なアドバンテージです。 また、着水したルアーをすぐに動かせるため、流れが強いフィールドや風が強い状況でも着水後すぐに魚を誘えます。 さらに、瞬間的に糸フケを回収して鈎先に大きな負荷を掛けられるため、巻き合わせが効きやすくなるのです。 魚が飛んだり、手前に向かって泳いだりしたタイミングでテンションが抜けることが多いので、ジャンプする魚や遊泳力が強い魚、流れが強いフィールドで大きなアドバンテージです。 ハンドルを長いものに交換することで巻き重りを解消できますが、感度が低くなり、ギアへの負担も大きくなることがデメリットです。 そのため、引き抵抗の大きなルアーを巻いたり、大型魚とファイトしたりすると、釣り人への負担が大きくなるのです。 ロングハンドルや大型ハンドルノブに換装することで対策できますが、ギアへの負担は大きくなります。 それゆえに、ハイギアを市販化するのが難しかった歴史があり、現在でも一部の超ハイギアリールにはその旨が注意書きされていることも。 全く同じ環境で使った場合、ローギアよりもギアの消耗が早くて交換頻度が高まりますが、現在はギアの製造技術が進歩したために両者の耐久性の差は小さくなりつつあります。 それゆえに、巻き抵抗の大きな大型ルアーや、大型魚とのファイトに適します。 構造上元々の巻き上げ力が強いベイトリールはやや分かりにくいですが、スピニングリールは誰が触っても巻きの軽さを体感できると思います。 ハイギアでも意識的にゆっくり巻くことはできますが、低速域での微妙な巻き速度の調整はローギアが勝ります。 そのため、低速域でのシビアな速度管理が釣果を左右する、エリアトラウトやタイラバではローギアが好まれます。 また、ゆっくり巻けることは「ルアー(仕掛け)の移動距離を抑えられる」と言い換えることができ、障害物周りなどのピンスポットでじっくり見せる釣りとも好相性です。 この点からも、大型魚とのゴリ巻きファイトに適しているといえるでしょう。 回収距離が長いと、いくら巻きが軽くてパワーがあるとは言え、ハンドルを回す回数が多くなるので疲れます。 (負荷が掛かっても巻けてしまう) ショートハンドルにすることで感度は高まりますが、巻き上げ力は低下します。 ラインが風を受けると、ルアー(仕掛け)がなかなか沈まないので底取りが難しくなり、姿勢が崩れたり、泳ぎ出しが悪くなったりします。 とくに、風と流れが強い状況は不向きです。 とくにジャンプする魚や遊泳力が強い魚、流れが強い状況は注意が必要です。 また、竿をポンピングするとテンションが抜けやすいので、竿を一定の角度に保ったままリールを巻いてやりとりするのが、ローギアに適したファイトです。 釣りジャンル別・人気のギア比 釣りジャンルごとに、大まかに好まれるギア比をまとめてみました。 初めてのジャンルに挑戦する時などは、ぜひ参考にしてみてください。 ハイギア ・ショアジギング ・エギング ・シーバス ・ソルトライトゲーム ・フラットフィッシュ ・ブラックバス(汎用・カバー打ち) ・ネイティブトラウト ・オフショアジギング ・オフショアキャスティング ・フカセ釣り ローギア ・アジング ・ブラックバス(巻物) ・エリアトラウト ・タイラバ ・大物釣り(泳がせ釣りなど) ギア比に正解はない 今回は、釣種を限定ぜずにギア比の基礎知識を解説してきましたが、実は、ギア比は釣り人の好みによって選択が大きく分かれる部分でもあるのです。 有名プロアングラーの間でも意見が分かれることもあり、「何を重視するか」は人それぞれ。 基礎知識を踏まえた上で、自分に合うものを選んでくださいね!  筆者について 佐藤稜真 某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。 中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。 関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。 関連記事.

次の