自転車 ブレーキ 直し 方。 自転車チェーンの洗浄・交換方法!たるみの直し方や外れた時の修理方法

自転車の後輪ブレーキからでる音を直すことができました

自転車 ブレーキ 直し 方

ここからは、自転車のブレーキ音の直し方について紹介します。 前に紹介した通り、自転車のブレーキは前輪と後輪の両方についています。 そのため、ブレーキ音を直す前にどちらのブレーキが不調であるかを確認する必要があります。 一般的な自転車のブレーキは右が前輪、左が後輪と言われています。 しかしながら、スポーツバイクは逆である場合があったり、またメーカーによっても逆である可能性があります。 必ず、ご自身の自転車で確かめるようにしてください。 片方ずつブレーキをかけてみて、どちらのブレーキから異音がするのかを確認してから、実際の処置に移ります。 どちらのブレーキが原因であるかによって、行う処置も違ってきます。 それぞれのブレーキに合わせた対処をしましょう。 前輪のブレーキ音に異常がある場合、まずはブレーキが汚れていないか確認してください。 汚れている場合は台所用洗剤などで磨くと綺麗になります。 その際、油分が含まれている洗剤は、ブレーキが滑りやすくなってしまうので使用を避けてください。 磨いても直らない場合は、ブレーキシューを確認します。 汚れがあれば取り除きます。 ブレーキシューは、自転車を長く使うことで、表面が平らになります。 これが異音の原因になりますので、ヤスリなどで表面を削ってザラザラにする必要があります。 それでも直らない場合、ブレーキシューの角度に問題がある可能性があります。 取り付け部分のステーをペンチ等でよじり、ハの字の角度に調整します。 その際、力を加えすぎると逆にブレーキの効きが悪くなるので注意が必要です。 チェーンのたるみが原因でブレーキ音がする場合は、チェーンのたるみを調整することで解決できます。 チェーンのたるみは、スパナ等の専用の工具があれば自宅で調節することが可能です。 まずは後輪を留めているナット、ブレーキネジの両方を緩めます。 次にチェーン調節ナットを、チェーンがちょうどいい張り具合になるまで締めます。 上下1センチくらいの緩み具合が目安とされています。 張り具合が調整できれば、最初に緩めたナットとブレーキネジを再度締め直して調整完了です。 チェーンは強く張りすぎても、緩くしすぎてもダメなので、初心者ではなかなか上手に調整できない場合があります。 うまくできる自信がない方や、調整してもなかなか上手くいかない場合は、専門店に任せることをおすすめします。 チェーンの油膜が切れてしまって軋む音がし始めた場合、チェーンオイルを注油することによってチエーンの動きを滑らかにすることができます。 油膜が切れると、チェーンが錆びてしまったりペダルが重くなったりするので、定期的な注油が必要です。 しかし、自転車に注油する場合には注意点があります。 それは、タイヤ等のゴム製の部分に油を付着させないことです。 誤ってタイヤ等に油が付着してしまうと、滑りやすくなる危険性があります。 注油する際は、注油箇所をきちんと確認しましょう。 もし自分で注油するのが不安な方は、専門店にお願いすることをおすすめします。 注油は簡単な作業のように見えますが、専門店でもきちんと対応していただけますので安心してください。 実際に専門店で修理してもらう際の費用相場について紹介します。 チェーンの調整だけであれば、1000円以内で実施してくれるところが一般的です。 チェーンの交換となると、工賃で1200円~2200円と幅広く、それにチェーン代がプラスされる形になります。 チェーン自体はピンからキリまで種類があるので、安く済ませたい方は、自分の予算に見合ったチェーンを選ぶ方が良いでしょう。 ブレーキの調整費用は前輪調整も後輪調整も500円以内で実施してくれるところが多いです。 前輪よりも後輪の方が若干高いところが多いですが、中には前輪と後輪セットの調整で800円以内のところがあります。 あくまで一般的な相場の話なので、行く予定のお店がある場合は予め電話等で費用を確認しておくことをおすすめします。 まずはバンドブレーキについて紹介します。 こちらはママチャリなど比較的安価な自転車によく採用されているブレーキの種類になります。 バンドブレーキは金属の輪を外側からバンドで締めており、摩擦によってブレーキが効くという仕組みです。 バンドブレーキは、雨が入ってきやすい構造になっています。 そのため長時間雨ざらしにしていたり、頻繁に雨の日に使用していると、どのうちサビてくるようになります。 そのサビが原因で、ブレーキの異音に繋がってしまいます。 できるだけ雨の日に乗るのを避けたり、雨が降っている日は自転車カバーをつけるなどして雨が入ってくるのを防ぐことをおすすめします。 また、定期的にメンテナンスをすることで、ブレーキのサビを防ぐこともできます。 バインドブレーキが採用されている自転車よりも少し値段が張りますが、そのような自転車にはサーボブレーキが採用されていることがあります。 こちらのサーボブレーキは、ハンドブレーキと比べてブレーキ音がなりづらいブレーキとして知られています。 サーボブレーキは自動車で使われているブレーキと同じ方式のものだそうです。 動いている金属の輪を、内側から摩擦材を押し当てて止める方式です。 そのためハンドブレーキのより雨が入りにくく、天候に左右されづらいというメリットがあります。 バンドブレーキとサーボブレーキは互換性があるそうです。 ですから、バンドブレーキでブレーキ音が気になっているという方は、サーボブレーキへの変更を検討してみてもいいかもしれません。 最後に紹介するのはローラーブレーキです。 こちらは先程のサーボブレーキ採用の自転車よりさらに値段が張る自転車に採用されていることが多いです。 ブレーキ音がまったく鳴らないという点で、かなり高い評価を得ているようです。 仕組みとしてはサーボブレーキと似ています。 ローラーブレーキでは、押し当てる摩擦材自身も動いていることから、音が鳴りづらいのだと考えられます。 雨の日でも気兼ねなく使えますし、比較的長期的に使用が可能です。 ローラーブレーキの場合は専用のグリスが充填されていますが、こちらのグリスが切れてしまうと、金属が擦れるような音がするそうです。 ローラーブレーキの自転車から異音がするようであれば、早めに専門店で見てもらうようにしましょう。 先に紹介したように、自転車のブレーキやチェーンのサビは、ブレーキ音の原因にひとつに挙げられます。 雨の日に自転車を使用したり屋外保管で自転車が雨ざらしになっていると、サビが出来やすくなるので、自転車の保管方法もブレーキ音を防ぐポイントです。 最も良いのは屋内保管です。 屋根のある駐輪スペースあるいは、玄関等が良いでしょう。 雨を防げることはもちろん、直射日光をも防げる場所が良いです。 最近は縦置きスタンドや壁掛けスタンドが販売されているので、省スペースで自転車の保管が可能です。 やむをえず自転車を屋外保管する場合は、しっかりとカバーをつけるようにしましょう。 最近では撥水加工のものやUV加工のものがあるので、非常に心強いです。 また付け外しが簡単なタイプもあるので女性でも手軽に付け外しができます。

次の

自転車のブレーキがキーキーうるさい時の対処法。ブレーキ音を抑えよう

自転車 ブレーキ 直し 方

ここからは、自転車のブレーキ音の直し方について紹介します。 前に紹介した通り、自転車のブレーキは前輪と後輪の両方についています。 そのため、ブレーキ音を直す前にどちらのブレーキが不調であるかを確認する必要があります。 一般的な自転車のブレーキは右が前輪、左が後輪と言われています。 しかしながら、スポーツバイクは逆である場合があったり、またメーカーによっても逆である可能性があります。 必ず、ご自身の自転車で確かめるようにしてください。 片方ずつブレーキをかけてみて、どちらのブレーキから異音がするのかを確認してから、実際の処置に移ります。 どちらのブレーキが原因であるかによって、行う処置も違ってきます。 それぞれのブレーキに合わせた対処をしましょう。 前輪のブレーキ音に異常がある場合、まずはブレーキが汚れていないか確認してください。 汚れている場合は台所用洗剤などで磨くと綺麗になります。 その際、油分が含まれている洗剤は、ブレーキが滑りやすくなってしまうので使用を避けてください。 磨いても直らない場合は、ブレーキシューを確認します。 汚れがあれば取り除きます。 ブレーキシューは、自転車を長く使うことで、表面が平らになります。 これが異音の原因になりますので、ヤスリなどで表面を削ってザラザラにする必要があります。 それでも直らない場合、ブレーキシューの角度に問題がある可能性があります。 取り付け部分のステーをペンチ等でよじり、ハの字の角度に調整します。 その際、力を加えすぎると逆にブレーキの効きが悪くなるので注意が必要です。 チェーンのたるみが原因でブレーキ音がする場合は、チェーンのたるみを調整することで解決できます。 チェーンのたるみは、スパナ等の専用の工具があれば自宅で調節することが可能です。 まずは後輪を留めているナット、ブレーキネジの両方を緩めます。 次にチェーン調節ナットを、チェーンがちょうどいい張り具合になるまで締めます。 上下1センチくらいの緩み具合が目安とされています。 張り具合が調整できれば、最初に緩めたナットとブレーキネジを再度締め直して調整完了です。 チェーンは強く張りすぎても、緩くしすぎてもダメなので、初心者ではなかなか上手に調整できない場合があります。 うまくできる自信がない方や、調整してもなかなか上手くいかない場合は、専門店に任せることをおすすめします。 チェーンの油膜が切れてしまって軋む音がし始めた場合、チェーンオイルを注油することによってチエーンの動きを滑らかにすることができます。 油膜が切れると、チェーンが錆びてしまったりペダルが重くなったりするので、定期的な注油が必要です。 しかし、自転車に注油する場合には注意点があります。 それは、タイヤ等のゴム製の部分に油を付着させないことです。 誤ってタイヤ等に油が付着してしまうと、滑りやすくなる危険性があります。 注油する際は、注油箇所をきちんと確認しましょう。 もし自分で注油するのが不安な方は、専門店にお願いすることをおすすめします。 注油は簡単な作業のように見えますが、専門店でもきちんと対応していただけますので安心してください。 実際に専門店で修理してもらう際の費用相場について紹介します。 チェーンの調整だけであれば、1000円以内で実施してくれるところが一般的です。 チェーンの交換となると、工賃で1200円~2200円と幅広く、それにチェーン代がプラスされる形になります。 チェーン自体はピンからキリまで種類があるので、安く済ませたい方は、自分の予算に見合ったチェーンを選ぶ方が良いでしょう。 ブレーキの調整費用は前輪調整も後輪調整も500円以内で実施してくれるところが多いです。 前輪よりも後輪の方が若干高いところが多いですが、中には前輪と後輪セットの調整で800円以内のところがあります。 あくまで一般的な相場の話なので、行く予定のお店がある場合は予め電話等で費用を確認しておくことをおすすめします。 まずはバンドブレーキについて紹介します。 こちらはママチャリなど比較的安価な自転車によく採用されているブレーキの種類になります。 バンドブレーキは金属の輪を外側からバンドで締めており、摩擦によってブレーキが効くという仕組みです。 バンドブレーキは、雨が入ってきやすい構造になっています。 そのため長時間雨ざらしにしていたり、頻繁に雨の日に使用していると、どのうちサビてくるようになります。 そのサビが原因で、ブレーキの異音に繋がってしまいます。 できるだけ雨の日に乗るのを避けたり、雨が降っている日は自転車カバーをつけるなどして雨が入ってくるのを防ぐことをおすすめします。 また、定期的にメンテナンスをすることで、ブレーキのサビを防ぐこともできます。 バインドブレーキが採用されている自転車よりも少し値段が張りますが、そのような自転車にはサーボブレーキが採用されていることがあります。 こちらのサーボブレーキは、ハンドブレーキと比べてブレーキ音がなりづらいブレーキとして知られています。 サーボブレーキは自動車で使われているブレーキと同じ方式のものだそうです。 動いている金属の輪を、内側から摩擦材を押し当てて止める方式です。 そのためハンドブレーキのより雨が入りにくく、天候に左右されづらいというメリットがあります。 バンドブレーキとサーボブレーキは互換性があるそうです。 ですから、バンドブレーキでブレーキ音が気になっているという方は、サーボブレーキへの変更を検討してみてもいいかもしれません。 最後に紹介するのはローラーブレーキです。 こちらは先程のサーボブレーキ採用の自転車よりさらに値段が張る自転車に採用されていることが多いです。 ブレーキ音がまったく鳴らないという点で、かなり高い評価を得ているようです。 仕組みとしてはサーボブレーキと似ています。 ローラーブレーキでは、押し当てる摩擦材自身も動いていることから、音が鳴りづらいのだと考えられます。 雨の日でも気兼ねなく使えますし、比較的長期的に使用が可能です。 ローラーブレーキの場合は専用のグリスが充填されていますが、こちらのグリスが切れてしまうと、金属が擦れるような音がするそうです。 ローラーブレーキの自転車から異音がするようであれば、早めに専門店で見てもらうようにしましょう。 先に紹介したように、自転車のブレーキやチェーンのサビは、ブレーキ音の原因にひとつに挙げられます。 雨の日に自転車を使用したり屋外保管で自転車が雨ざらしになっていると、サビが出来やすくなるので、自転車の保管方法もブレーキ音を防ぐポイントです。 最も良いのは屋内保管です。 屋根のある駐輪スペースあるいは、玄関等が良いでしょう。 雨を防げることはもちろん、直射日光をも防げる場所が良いです。 最近は縦置きスタンドや壁掛けスタンドが販売されているので、省スペースで自転車の保管が可能です。 やむをえず自転車を屋外保管する場合は、しっかりとカバーをつけるようにしましょう。 最近では撥水加工のものやUV加工のものがあるので、非常に心強いです。 また付け外しが簡単なタイプもあるので女性でも手軽に付け外しができます。

次の

超簡単!自転車前ブレーキワイヤーの交換方法を解説するよ

自転車 ブレーキ 直し 方

自転車のブレーキの種類 自転車のブレーキの故障や修理代について考える前に、簡単にブレーキの種類について、触れておきたいと思います。 まず、制動場所から2種類に分けられます。 車輪のタイヤをはめる部分に当たるリムを、ゴムや樹脂でできたパッド(シュー)で両側から挟み付けて、その摩擦で回転を止めるのが「リムブレーキ」です。 ロードバイクやママチャリの前輪などに採用されているのが「キャリパーブレーキ」です。 クロスバイクに採用されているのが「Vブレーキ」で、昔のMTBの主流であった「カンチブレーキ」があります。 これらが、リムブレーキの代表格になります。 一方で、車輪中央のハブにディスクを取り付け、それを挟んで止めるのが「ディスクブレーキ」です。 自動車の前輪に採用されるシステムで、自転車でもMTBは主流、他のスポーツ自転車でも近年、需要が高まっています。 その他には、ママチャリの後輪に採用される、「バンドブレーキ」や「サーボブレーキ」はハブに取り付けられているドラムを、バンドで締め付けて止める方法です。 このように、自転車のブレーキはリムで止める方式と、ハブで止める方式の2種類があるということです。 そのため、故障をした場合の対処も、ブレーキによって変わってくるわけです。 自転車のブレーキワイヤーの修理代は? ここからは、自転車のブレーキの故障や、修理代について考えてみようと思います。 まず、ブレーキの故障で最も多いのは、ワイヤー関係ではないでしょうか。 リムブレーキやママチャリのバンドブレーキは、レバーを引いたときにワイヤーが引っ張られて、ブレーキを作動させる仕組みです。 そのため、ワイヤーは当然のことながら、ブレーキの中では一番仕事量が多いんですね。 また、ママチャリの場合はワイヤーやケーブルは通常、外にむき出しですから、そのぶん劣化も早いのです。 自転車に乗っていて、ブレーキレバーを強く握らないと効かなくなったら、ワイヤーが伸びてしまっている証拠です。 下手をすると、切れかかっているかもしれませんので、すぐに自転車屋さんに点検してもらいましょう。 もしワイヤーに異常がなくても、ブレーキの再点検だけなら修理代は数百円ですし、ワイヤーの交換でも店舗によりますが、平均しても1,000~2,000円くらいです。 自力でも可能ですが、ブレーキの再調整まで考えると、自転車屋さんに任せるのが得策だと思います。 自転車のブレーキはパッドの消耗にも注意 自転車のリムブレーキもディスクブレーキも、パッドを挟み付けて摩擦を起こして制動しています。 そのため、ゴムや樹脂でできているパッドは、当然ながら、すり減ってきます。 パッドがすり減ってくると、ブレーキの効きが悪くなってきますので、交換が必要になります。 このパッドの交換についても、修理代は1,000円前後ですので、ママチャリは頼んでしまいましょう。 しかし、スポーツ自転車の場合は、パッドがカードリッジ式になっています。 なので、ゴムの部分だけを交換で済む場合もあるので、自力での交換がおすすめです。 スポーツ自転車のブレーキパッド(シュー)は制動力に大きな影響があり、ブレーキ自体の性能が低くても、パッドのグレードを上げるだけで、効きの違いを実感できることがあります。 (限度はありますけど…) ブレーキ本体と違うグレードのパッドでも、同じメーカーなら何の問題もなく取り付けられます。 また、グレードの高いものを選んでも、せいぜい1,200~1,500円くらいのものなので、コスパの高いカスタマイズです。 スポーツ自転車のブレーキパッドの修理代は高い!~自力でやろう では、スポーツ自転車のブレーキパッドの交換手順をお話します。 お店に頼むと、部品代込みで3,000円以上の修理代となるはずなので、自力で行えば、結構な節約になります。 パッドの交換は、基本的にブレーキ本体を自転車に付けたままで行えます。 カードリッジを固定しているボルトを六角レンチで外し、パッドを固定しているネジを外します。 後は、新しいパッドをカートリッジに取り付ければ、交換は終了です。 ただ、問題なのはここからで、カードリッジをしっかりとした位置に取り付ける調整が必要です。 一番大切なのは、パッドを正しい角度で取り付けることで、これが曲がっていたりすると片効きになったりして、本来の制動力が発揮されなくなります。 また、自転車のブレーキのように摩擦を起こして止めるブレーキには、構造上音が鳴ってしまうという欠点があるのですが、ブレーキパッドの取り付け角度によって軽減することができます。 では、次項で、その調整方法をご紹介します。 ブレーキパッドの調整方法 ブレーキパッドの調整ですが、もしお店に依頼する場合、調整だけで別途修理代が掛かる店舗が多いことからも、大切なメンテナンスということが分かります。 まずは、ブレーキパッドを調整しやすいように、仮止めしておきます。 ブレーキレバーを引いてアーチを動かして、パッドがリムに平行に、なおかつ左右均等に当たっているかどうかを確認します。 その後、パッドとリムの間隔を調整しますが、ここで先ほども少し触れた、音鳴りを軽減させる「トーイン」という調整法を用います。 自転車の進行方向に向かって前側を狭く、後ろ側が広くなるように角度を付けてあげます。 調整のときに、パッドの後方に0. 5mm~1mm程度の紙などを挟んでから固定すれば、角度が付きます。 ただ、あまり極端に角度を付けると、かえってブレーキの効きが悪くなるので、上記の範囲内で収めてください。 その他のブレーキの修理代は? 自転車のワイヤーやパッドの修理代や方法に関してご紹介してきましたが、意外と需要が多いのは、ママチャリのブレーキ交換です。 前輪はロードバイクと同じキャリパーブレーキなので、あまり問題はないのですが、後輪は結構問題があります。 ママチャリの後輪ブレーキはバンドブレーキが古くから普及しているのですが、これがバンドが古くなってきたりすると、甲高い不快な「キーッ」という音がするようになります。 バンドの劣化が原因なのですが、構造上からも鳴きが避けられないということで、他のブレーキに交換してしまう人が多いです。 そのバンドブレーキの欠点を解消したのが、サーボブレーキです。 このブレーキに交換するわけですが、大きな問題はバンドブレーキのドラムを外すのに、専用の工具が必要なことです。 この工具は5,000円くらいしますし、他に使い道がないので、一家に一台必要なものでもありません。 また、工具を用意できたとして、自力で行うにしても後輪を外してからの作業になりますので、思いのほかハードルが高くなります。 そのため、交換はお店に頼んでしまうのが最善で、工具代と同じくらいの費用でやってくれる所が多いので、決して損ではありません。 ブレーキの修理は基本的にはお店に頼む 今回は、自転車のブレーキ修理について考えてみました。 ブレーキは命を預けている部分ですから、修理や調整に妥協は許されません。 しかし、スポーツ自転車の場合は、ある程度いじれるようになっておいて損はないので、ブレーキパッドの調整くらいは自力で行えるようにしたいですね。

次の