梨泰院クラス あらすじ。 今韓国で人気のドラマ「梨泰院クラス」あらすじと相関図も紹介

韓国ドラマ「梨泰院クラス」のあらすじ、キャスト、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

梨泰院クラス あらすじ

梨泰院 イテウォン クラス-韓国ドラマ-あらすじネタバレ-最終回まで感想あり-初回視聴率4. ポータルサイトDaumで連載されて、ウェブ上の漫画「梨泰院クラス」が原作になっています。 そして舞台は小さな街の梨泰院! 若人たちが、理に合っていない世間で生きていく中で〜こだわりを持ち続けて..。 そんな若人たちは各々、自分の価値観の中で自由を追跡して、起業を夢みています。 でも一筋縄にはいかず、苦悩しながら〜反乱を描いた物語です。 そして、イケメン社長のパク・セロイの学歴は、中学校を卒業したけれど〜なんと犯罪を犯した過去があり、前科持ち! パク・セロイは、世間からは犯罪者扱いされながらも、我が道を進みながら梨泰院に来たのだった。 その後、新たな屋台であるタンバムを開店したパク・セロイ!! そんなパク・セロイは、飲食の世界内で怪物!と言われているチャンガに対して、対立し始めるのだった。 しかも天使みたいに可愛い顔をしているけれど、密かにダークなオーラを放ちているのだった。 そんな優秀なチョ・イソが、有名大学の入学を断念してしまい...。 パク・セロイがいるタンバムに入社したのです。 チョ・イソは性格が真っすぐな為、判断力に長けている為、タンバムにとって優秀なマネージャーとして一役買ってくれる存在ののです。 そんな中、チャン・グンスは、学生の頃から〜チョ・イソとは親友で..。 チャン・グンスは、密かにチョ・イソに片思いをしています。 そんなチェ・スングォンは元ヤクザ出で、現在はホールを担当しています。 そして自分自身と正反対な生き方をしているパク・セロイに憧れたことがきっかけで、今まで過ごしてきたヤクザ人生を捨て去ったチェ・スングォン! その後、タンバムで生涯を捧げる!と決めたのだった。 そんな熱い若人達の青春! 夢を抱きながらも壁にぶつかり〜対立をするけれど...。 若人達のエネルギッシュな青春物語です。 そしてイケメン社長でもあります。 そして、天使みたいな可愛い顔をしている反面、密かにダークなオーラを放ちています。 そして、チャン・デヒ会長の次男です。 チョ・イソに片思いをしています。 だがホールを担当しています。 そしてイケメンだけれど性格は頑固! でもキッチンに入ったら〜カリスマ的な料理人です。

次の

梨泰院クラス(イテウォンクラス)キャスト・登場人物 パク・ソジュン&キム・ダミ主演韓国ドラマ

梨泰院クラス あらすじ

スポンサーリンク 「梨泰院クラス」のキャスト一覧 「梨泰院クラス」の全キャストをご紹介します。 色がついているのが主なキャストです。 パク・セロイ役・・・パク・ソジュン• チョ・イソ役・・・キム・ダミ• オ・スア役・・・クォン・ナラ• チャン・デヒ役・・・ユ・ジェミョン• チャ・グンス役・・・キム・ドンヒ• チャン・グンウォン(グヌォン)役・・・アン・ボヒョン• カン・ミンジョン役・・・キム・ヘウン• チェ・スングォン役・・・リュ・ギョンス• マ・ヒョニ(ヒョンイ)役・・・イ・ジュヨン• キム・トニー役(クリス・ライアン)• パク・ソンイル役(ソン・ヒョンジュ)• イ・ホジン役・・・イ・ダウィ• オ・ビョンホン役・・・ユン・ギョンホ• チョ・ジョンミン役・・・キム・ヨジン• キム・スルレ役・・・キム・ミギョン• キム・ヒフン役・・・ウォン・ヒョンジュン• オ・ヘウォン役・・・ミ・サン• キム・ソネ役・・・ユ・ダミ 次に、主なキャストの役どころと簡単なプロフィールをご紹介します。 消えない怒りを抱いて梨泰院を町に入り、タンバム屋台を舞台にチャンガへの反撃に乗り出していく。 身長185㎝、体重69kg。 中学生までは野球選手が夢だったが、高校1年生の頃から俳優を夢見るようになり、ソウル芸術大学演技科へ進学。 2011年パン・ヨングクさん(元B. P のミュージックビデオ「I Remember」に出演し、デビュー。 翌年2012年にドラマ「ドリームハイ2」から本格的な演技活動を始めます。 「サム、マイウェイ」のような覇気ある若者の役から、「」のような完璧主義者の役まで、幅広くこなし女性を魅了します! 主な出演ドラマ• 2015 キルミー・ヒールミー• 2015 彼女はキレイだった• 2017 サム、マイウェイ• 身長170㎝。 両親が共働きだった影響で、留守番中に多くの映画やドラマやテレビを見て育った影響から、自然に俳優の道を目指すことに。 2018年映画「マリオネット 私が殺された日」でデビューし、そのわずか2ヶ月後に公開された映画「魔女」で主演を努めます。 「魔女」では卓越的な演技を披露し、各種映画授賞式を総なめにした注目の期待株。 今作「梨泰院クラス」がドラマ初作品にも関わらず、主演を務めています。 ライバル企業チャンガの戦略企画チーム長。 正直な性格に、完璧な実力を兼ね備えており、チャン・デヒ会長の絶大的な信頼を得ている人物。 身長171㎝。 2012年、6人組アイドルグループHELLOVENUSのメンバーとして歌手デビュー。 2017年にはドラマ「あやしいパートナー」で演技に挑戦しました。 その後、数々のドラマに出演しながら女優としての活躍の幅を広げていき、2019年のドラマ「ドクタープリズナー」ではで新人賞を獲得しています。 主な出演ドラマ• 2017年 あやしいパートナー~Destiny Lovers~• 2018年 マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~• 2018年• 2019年 ちなみに現在、元HELLOVENUSメンバーのさんもドラマ「」に出演中。 いつもお腹が空いていた子供時代の記憶から料理人になって成功した財閥で、慈悲のない権威主義者。 息子の事故で絡んだ目の敵のようなセロイに再開し、平和だった彼の人生が少しずつ揺らぎ始める。 youchmy がシェアした投稿 — 2017年 6月月7日午前4時57分PDT ユ・ジェミョンさんは1973年6月3日生まれ、釜山広域市出身。 身長183㎝。 釜山大学在学中に、演劇サークルに入ったことで演技に触れることとなります。 2001年映画「黒水仙」でデビューし、釜山で演劇を続けてきました。 上京したのは40歳の時で、そこから映画やドラマで顔を知られるように。 その後はドラマと映画を行き来しながら、数々の作品で活躍中です。 主な出演ドラマ• 2015 応答せよ1988• 2017 秘密の森• 2018 ライフ• 2019 私にとっては「」の時の優しいお父さんのイメージが強いので、今回冷徹な役・・・ということでちょっと戸惑っております。 笑 「梨泰院クラス」のネタバレあらすじや原作との違い 「梨泰院クラス」の原作とドラマでは、あらすじやキャラクター、ラスト結末に違いがあるんでしょうか? まずはドラマのあらすじを見てみましょう。 ドラマあらすじ 不合理な世界、固執と血気が溢れる若者たちの反乱を描いた作品。 世界を圧縮したような梨泰院の小さな街で、それぞれの価値観で自由を追う彼らのストーリーを綴っています。 私も早速読み始めました! が、まだ序盤なので、すでに見た人の情報をまとめてみたいと思います。 原作あらすじ セロイは父親が務めている会社(チャンガグループ)の転勤によって田舎に引っ越すことに。 転校先にはチャンガグループの御曹司がいたが、絵に描いたような悪ガキでいじめやパシリなどをさせており、先生までもが言いなりの状態。 悪態ぶりに我慢できず、セロイは御曹司を殴ってしまい、転校初日に退学処分に。 さらにこの一件で父親は会社を辞めることになりチキン屋を開くも、配達中に御曹司が起こした事故により亡くなってしまう。 セロイは犯人である御曹司をボコボコにして刑務所行きに。 数年もの計画を立てたのち、復讐のため梨泰院を舞台に再起を図るー なるほど〜! ドラマのあらすじでは細かい経緯はわかりませんでしたが、ストーリーはほとんど同じみたいですね。 また、原作を書いたチョ・グァンジンさんが直接脚本を担当し、原作キャラクターの魅力を最大限に生かした作りということなので、その点からもあまり相違はないように思われます。 ただ、ドラマでは漫画にはいないトニーという外国人キャラを投入。 梨泰院という街は、外国の大使館や領事館が集まっており、外国人が多く行き来することで知られています。 「梨泰院クラス」をまだ見ていない人、結末を知りたくない人はご注意ください。 飲食業界の大手企業チャンガの会長とその息子のせいで父親を亡くす経験をした主人公セロイが、梨泰院で店を開店し、チャンガに反撃を食らわすストーリーでかなりおもしろそう。

次の

『梨泰院クラス』の全話あらすじ一覧とキャスト!ネタバレや口コミ 感想も │ がんばる女子のつれづれブログ

梨泰院クラス あらすじ

2020. 02 梨泰院クラス-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで! 韓国ドラマ-イテウォンクラス-あらすじ-全話一覧 このドラマの評価: 4. 日本ではネットフリックス限定のドラマとして話題になっています! ある事情で前科者になってしまった青年がソウルの梨泰院に飲食店を開き、個性的な仲間と共に復讐をしていく反撃ストーリードラマです。 刑期を終え、貯めたお金で梨泰院に飲食店「タンバム」を開いたパク・セロイを演じるのは、パク・ソジュン。 梨泰院クラス あらすじ 警察官を夢見る、正義感の強い高校生パク・セロイ(パク・ソジュン)は、転校先初日にいじめを目撃してしまう。 いじめの加害者は飲食業界で大手の「チャンガ」の息子チャン・グニョン(アン・ボヒョン)・・そんなグニョンのいじめを止めに入ったことが原因で喧嘩になってしまうセロイ。 学校の先生ですらグニョンの父でチャンガ会長、チャン・テヒ(ユ・ジェミョン)には逆らえず、セロイは退学になった上、チャンガに勤めていたセロイの父パク・ソンヨル(ソン・ヒョンジュ)はクビになってしまう。 その後、心機一転、お店を開くことにしたソンヨル・・しかし、そんな矢先、グニョンの運転していた車に轢かれ、亡くなってしまう。 しかし、チャンガ会長がお金で解決する。 そんなある日、グニョンのせいで父が亡くなったことを知ったセロイは、グニョンに殴りかかる・・その結果、殺人未遂の罪で服役することになってしまったセロイ。 ・・刑期を終えて出てきたセロイ。 そこで同級生だったスア(ナラ)の住む梨泰院を訪れたセロイは、この土地で店を開くことを決心する・・。 「 梨泰院クラス-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。 主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。 パク・セロイ役(パク・ソジュン) 正義感が強く、いじめをしていた大手外食企業チャンガの息子グンウォンを殴り、退学になる。 その後、またしてもグンウォンが轢き逃げしたせいで父ソンヨルを亡くし、その結果、暴行したセロイは刑務所へ。 父からの教えを胸に復讐をするために、チャンガに対抗すべく、梨泰院に「タンバム」という店をオープンさせる。 学生時代から友人のスアに好意を寄せている。 チョ・イソ役(キム・ダミ) IQ162の天才少女。 精神鑑定でソシオパスと診断を受け、愛なんて愚かな行為だと思っている。 また、大人気インフルエンサーという一面を持つ。 そんなイソが自分とは正反対なセロイと出会い、セロイの内面や過去を知って行くうちに気になって行く。 セロイの力になりたいと「タンバム」でマネージャーとして働くことに。 チャン・グンス役(キム・ドンヒ) チャンガの会長の次男。 しかし、愛人の子どもだと、チャンガの中で疎外されながら育ち「チャンガに居場所はない」と出て行くことに。 イソの良き理解者で、イソに好意を寄せているものの、想いは明かしていない様子。 そんなグンスは初めて頼りたいと思ったセロイの「タンバム」で働くことに・・。 チェ・スングォン役(リュ・ギョンス) 暴力団に属し、刑務所でセロイに出会う。 出所後、セロイが店を出し、堂々と自分の可能性を信じ、進んでいる姿を見て、ヤクザから足を洗い、「タンバム」で働くことに。 セロイや仲間たちのことをとても大切に思っている。 マ・ヒョニ役(イ・ジェヨン) 工場で働いていた時にセロイに出会い、今は「タンバム」の厨房で料理人として働いている。 とてもきれいな顔立ちで、スングォンに対する口調は強いものの、一番周りのことをよく見ている。 明るい性格だが、タンバムメンバーには言っていない秘密がある・・。 キム・トニー役(クリス・ライアン) 父が韓国人、母がギニア人のハーフ。 英語が話せるだろうと採用されたものの、英語が全く話せない。 「タンバム」で働きながら、韓国人である父親を捜している。 パク・ソンヨル役(ソン・ヒョンジュ) セロイの父親でチャンガで働いている。 セロイが会長息子のグンウォンを殴り、土下座して謝罪しろと要求されるも、信念を貫き断ったセロイを誇らしく思い、チャンガに辞表を出す。 自分の店を開こうとした矢先、車に轢かれ、亡くなってしまう。 チャン・デヒ役(ユ・ジェミョン) 大手外食企業チャンガの会長。 「弱肉強食」という言葉が好きで、財力と権力を使って、様々な悪事を行っている。 しかし、自分の財力や権力に屈しないセロイを小馬鹿にしながらも脅威を感じているようで、「タンバム」を開いたセロイを潰そうと色んな手を使う。 チャン・グンウォン役(アン・ボヒョン) チャン会長の長男。 自分は王だと言って、高校生の時はいじめを行い、車で登校、先生たちもチャン会長の圧力が怖いため、何も言えない状況の中、育ってきたやりたい放題な人物。 ソンヨルを轢くという事故を、父親のチャン会長にもみ消してもらい、チャンガ常務という役職についている。 実は学生時代からスアのことが好き。 オ・スア役(クォン・ナラ) 母親に捨てられ、施設で育つ。 そのため、誰にも頼らずに生きていきたいという気持ちが人一倍強く、とても気が強く、他人の優しさを信用していない。 しかし、施設を支援しているソンヨルを「おじさん」と呼び、信頼している様子。 そんな中、息子であるセロイと出会う。 今はチャンガで企画チーム長として働いており、その能力はチャン会長も認めている。 カン・ミンジョン役(キム・へウン) チャンガ創立メンバーで今はチャンガの大株主ボヒョンを父に持ち、専務としてチャンガで働いている。 スアのことをとても可愛がっており、密かに会長の座を狙っている。 主人公のパク・セロイがイケメンとは対極なイガグリのような髪型をしているのに、どんどんかっこよく見えてくる不思議な感覚が味わえます。 (もちろん俳優さん自体イケメン長身なので当たり前といえば当たり前かもしれませんが…。 )主人公の仲間たちも梨泰院という地域の特徴を表すようなメンバー構成で、今までよくあった韓国ドラマとは一味違う感じでした。 特にトランスジェンダーのヒョニさんが仲間として受け入れられていて、これからのドラマはもっとこんな風にすてきなお手本を示していける作品が増えていってくれたらいいなと感じました。 最初から最後の直前まで、悔しい出来事がたくさん起こるのですが、最後はすっきり大団円なので「悪役を倒して復讐してスッキリ」が好きな人におすすめです。

次の