ウテナ 歌詞。 ウテナ Reol 歌詞情報

少女革命ウテナ(Revolutionary Girl Utena)のネタバレ解説まとめ

ウテナ 歌詞

絶対! 運命! 黙示録 ! 概要 の劇中歌。。 児童団が部を担当している。 もともとはの宰する劇団・の作品「パー」の為の曲だったが、の参加により楽曲がされることとなった。 で隠喩的なの雰囲気に相応しく、の一生を的にたどる内容になっており、一度聴いたら忘れられないを与えてくれる。 なお、配信もされているがは「もくしくくくくしくも」という部分が延々繰り返される為、いつまでたっても終わらないに非常に気になる可性があるので注意。 関連では1の児童団のもの、2のindl 、3ののもの、の絶対運命黙示録〜 of UA、版の絶対運命黙示録(部がさらに増えている)、BOXのでついてきた版の6が存在する。 幻の2番 元々この曲には1番のしかなかったが、に演「U」に際して2番のが作成され、初披露された。 その後は長期にわたって開されることはなく、「幻の2番」と言われていた。 しかしそれから10年以上(放映から15年以上)が経過したにのである「の来る日」で再披露された。 は1番とはあまり関連性はなく、どちらかといえば他ので使用されたを思い起こさせるものとなっている。 は「の来る日」のの、および自身のである「のための」において聴くことができる(音はどちらも同じ)。 さらにになって「絶対運命黙示録・」として音が「子黙示録 -セノテリュス絶対復活と絶対府闇- 」に収録されることとなった。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

少女革命ウテナ

ウテナ 歌詞

Reol れをる が2019年03月20日 EP『文明EP』をリリースします。 1曲目に収録されているリード曲の 新曲「ウテナ」について。 今回は「ウテナ」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「ウテナ」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 PV YouTube動画 は 歌詞の下に設置しています。 ぜひ歌詞をご覧になって 歌ってみて下さいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 Reol れをる 「ウテナ」歌詞 ウテナ 作詞 Reol 作曲 Reol ほらそこに横になって 壊して幾度でも再生 あなたと機械になって オメガの通り さあ 浮かぶ理想郷 さあそこで前に習え 壊せば幾度でも再生 あなたと機械になって 気持ちすら制御してよ Right now ウテナ Let me say right now Now, let go 物事 ああすべて無理だから 跳ね返る場所はどこ 特定して位置情報 もう疲れました 別れ話ばっか 嫌だ 上達して進化僕ら今お値打ちなんだ 取っていた さあ いちもんめ この目は さあ さらに にもんめ ビルの高さ競い合って豊かな国 ブラブラ そこがベータ 「ああ、まだね」 答え合わせはパパママ ほらそこに横になって 壊して幾度でも再生 あなたと機械になって オメガの通り さあ 浮かぶ理想郷 さあそこで前にならえ 壊せば幾度でも再生 あなたと機械になって 気持ちすら制御してよ Right now ウテナ Let me say right now Now… ねえウテナ 思想上がり暮らすTerror シンクロシャングリラの上は 理屈じゃないよ 傷が溶かして あー君が悪い子 交錯する螺旋の塔はLoop… 満たし合う 満たされぬままは嫌 あー嫌 Uh 青さだし 愛よろしい 次々に舐め取り蜜の味 皆愛しい 高らかに 誘われたい 踊れ 踊れ Now ばちきな脳 数字未踏 アダムとイブのFavorite 8ビート The show が止まるまでのShowbiz 否むボーイ 恥さらせ 日が混ざり 無事なロケ 日ごと入れ替える細胞 どうか この子が死ぬまでウツツでいて はい、Go Go あー、動じないな Now… ねえウテナ 思想上がり暮らすTerror シンクロシャングリラの上は 理屈じゃないよ 傷が溶かして あー君が悪い子 さあウテナ お目通りで暮らすTerror 見るとシャレコベすらは なら 帰るはほら 願った形で あー君が悪い子 あー僕が悪い子? Reol れをる 「ウテナ」歌詞の意味を解説 ねぇ…そこにいてよ いつものように うまく行かなくなって離れても また元に戻ること 何度もくり返す… 機械の歯車どうしのように あなたと繋 つな がっていたい… ふたりの関係が終わる その時までは 幸せな世界がここにある。 ねぇ…今までのように そばにいてよ うまく行かなくなって離れても また元に戻ること 何度もくり返す 機械の歯車どうしのように あなたと繋 つな がっていたい… あやふやで迷う気持ちを 見せないでよ…今は… 女神様…今すぐ言わせて もう離れていいよ…って… 何もかも思い通りには 行かない気がする 何をやっても うまく行くとは思えない。 もし離れてしまったら どうなる… 泣くのかな…胸が痛むかな… いつも別れる話に振り回されて 疲れてしまいました。 もうそろそろ… この無限にも感じられる ループから逸 そ れて… 成長すべきなんじゃないかな 僕らはまだ…これからなんだ 豊かな国に生まれた 未熟なこの目はいつだって 子供の遊びのように くだらないことを競い合う この国の姿を見ている。 まだまだだなぁ…と 親も一緒に眺めてる! ねぇ…そこにいてよ いつものように うまく行かなくなって離れても また元に戻ること 何度もくり返す… 機械の歯車どうしのように あなたと繋 つな がっていたい… ふたりの関係が終わる その時までは 幸せな世界がここにある。 ねぇ…今までのように そばにいてよ うまく行かなくなって離れても また元に戻ること 何度もくり返す 機械の歯車どうしのように あなたと繋 つな がっていたい… あやふやで迷う気持ちを 見せないでよ…今は… 女神様…今すぐ言わせて… ねぇ女神様… 思い上がりで生きてくのは 怖いことだよ 何が幸せなのか 人それぞれ違ってるハズなのに 同じ理想郷をめざすのは変だろ 頭で考えても 心が傷ついてたら 分からなくなるんだ… それでいいの…? 僕らの関係は入り乱れて 同じことを何度もくり返す。 互いの心を満たし合い そのうちまた満たされなくなる こんなのはもうイヤだ! そんな愛もあるだろうなんて なぐさめられると気が楽だし 優しくされると心傾きそうになる 誘いに乗ってもいいかな… なんて思うだろ ハジけてしまえ…踊れ…踊れ! バカな頭だから 難しい事わからない… 生まれる前からズレてるんだ 人生はショーだよ 終わる時まで どれだけ笑って生きられるか… 真面目な男子はヤボだよ 昼間は真面目でも… 夜はハジけなきゃ! 細胞は毎日、入れ替わるんだ メリハリは大事だろ この世界は夢と現 うつつ で 成り立ってるんだ ハジけなきゃ! そう簡単じゃないケドね… ねぇ女神様… 思い上がりで生きてくのは 怖いことだよ 何が幸せなのか 人それぞれ違ってるハズなのに 同じ理想郷をめざすのは変だろ 頭で考えても 心が傷ついてたら 分からなくなるんだ… それでいいの…? ねぇ女神様… 当たり前のように 不安はいつもそこにあるよ 本当の願いは 自分の心の奥にあるんだ… それに気づかない振りするのは 君が悪いの? 僕が悪いの? 最後に 恋愛では くっついたり離れたりは よくある事です。 何度もくり返すうちに 疲れてしまいます。 本当は他の人に 目を向けるべきなので しょうが… 離れたとたんに 幸せな思い出が 心によみがえってきます。 そうして 結果的に結婚という形に おさまったカップルも あるでしょう。 また、もしかしたら 別の道を歩くようになる カップルもあるでしょう。 恋愛は自分を成長させる 素晴らしい経験です。 どんな恋も 美しい輝きを持っていると 思う…今日この頃です。 関連記事.

次の

Reol ウテナ 歌詞

ウテナ 歌詞

OP輪舞-revolution歌詞に見るアンシーの気持ち 歌詞を読むと、アンシーの気持ちを歌っているようにおもえてくるんですよね。 歌詞から連想するシーンや歌詞の解釈を順を追って説明していきます。 歌詞の解釈と関連するシーン・出来事 光り射すガーデン手を取り合い誓い合った慰め合った もう恋は二度としないよって。 いきなりだけど、ここの部分は解釈は難しい。 恋をするというのは、アンシーが暁生に依存していた事をいっているのかな?そのせいでつらい思いしたし。 ほほを寄せ合って映る写真の笑顔に少しのさみしさ詰め込んで。 この写真っていうのは、最終回の最後にでてくる写真ですかね?ウテナとアンシーの手つなぎツーショット写真。 あの写真を見た時は少し驚きました。 写真を撮るとき、アンシーが暁生とウテナの間に入ってきましたよね。 そのシーンを見た時は、アンシーが暁生とウテナが隣でくっついている事にやきもちを焼いているのだと思っていました。 しかし、最終回の最後に出てきた写真をよく見ると、アンシーはウテナと手をつないでいます。 じわじわと感動がきました。 まさか、暁生とウテナの間にはいったのがウテナと手をつなぐためだったとは。 あのシーンでアンシーがそんなにウテナの事を好きだとはお思いませんでした。 ウテナ・アンシー・暁生の3人でとった写真だと思いきや、暁生がまさかのフレームアウト。 これにはちょっと笑えた。 この写真を撮ったのはアンシーですよ?兄ちゃんどうでもよかったとはね。 夢を見て涙して傷ついても現実はがむしゃらにくるし。 アンシーにとって、ウテナと一緒過ごすのは夢なんだろうか…とちょっと切ない。 いつしかアンシーにとってウテナが特別になりました。 でも、アンシーは暁生の妹。 大好きなウテナを利用しなければいけない。 ウテナとの時間を無邪気に楽しく過ごすことは夢なのだろうか?…と切なく思いました。 暁生や生徒会メンバーにより、薔薇の花嫁という現実ががむしゃらにやってきてしまいますし。 自分の居場所存在価値を見つけたい。 アンシーはこの気持ちが強いですよね。 最終回では薔薇の花嫁を辞めて、この言葉の通りに旅に出ていったのではないかな? 薔薇の花嫁だったころは「薔薇の花嫁が居場所であり存在価値」だという思いが強かったため暁生に利用されてしまったのかな?とも思いました。 今日までの自分を潔く脱ぎ捨てる裸になる。 自由を舞う薔薇のように。 この部分の「潔い」については、二つの事を思いました。 一つ目は「今まで依存していた暁生をスパッと捨てた」という事。 例え二人離れ離れになっても私は世界を変える。 OPの始まりでは、ウテナとアンシーが眠っている姿が描かれていました。 そして、この歌詞が流れるときには、ウテナだけになっています。 眠っているだけのウテナの目線での歌詞とは思えません。 アンシーがウテナと離れ離れになって、それでも世界を変えようとしているんでしょうね。 実際にアンシーはウテナと離れても自分の世界を変えましたよね。 暁生中心だった世界を捨てましたし。 おわりに 国語が苦手なので、突っ込みどころ一杯かもしれません。 でもいいんです。 自由に解釈!人それぞれ!.

次の