縮毛とストパーの違い。 サラサラ髪デビューするならどっち?ストパーと縮毛矯正の違いとは

ストレートパーマと縮毛矯正の違い|選ぶ時のポイントとは?

縮毛とストパーの違い

リンク 縮毛矯正は痛むのか はっきり言って、 痛みます。 こんなこと言ったら、やっぱりかぁ。 じゃ、縮毛矯正やーめたっってなりますよね。 原因は2つ考えられます。 1つ目は、 薬剤です。 縮毛矯正の薬剤は、髪の毛の形を変えていくため、強い薬を使っています。 そこで髪へダメージを与えてしまうのです。 なので美容師さんは、髪への負担を最小限に抑えるように、私たちの髪の毛に合わせて薬剤を調合してくれているのです。 美容院で使っている薬剤、美容師さんの腕により、縮毛矯正による髪の痛みは変わります。 もう1つの痛みの原因は、 ストレートアイロンです。 縮毛矯正の施術ではストレートアイロンで熱を加え、くせ毛を伸ばしていきます。 そのため、アイロンの熱と、板での圧力で髪の毛が痛んでしまうのです。 でも、痛みを最小限に抑えるいい方法を、美容師さんに聞きました!!! それは、 「2回目以降は根本だけかける」ということです。 縮毛矯正は1度かけた部分は半永久的にまっすぐなんです。 なのでうねって出てきた根本だけに縮毛矯正をかければいいんですって!これは、目からうろこでした。 何度も重ねて縮毛矯正をかけることによって、痛んでいたんですね。 ストパーとの違いって何? それでもやっぱり髪の毛が痛むならストレートパーマにしようかな。 と思う方もいるでしょう。 では、縮毛矯正とストパーの違いは何なのでしょう。 ズバリそれは! 縮毛矯正は くせを伸ばす、ストレートパーマはパーマを伸ばすため、 くせは伸びない。 のです。 ストレートパーマは、くせをしっかり伸ばすことは出来ないのです。 ストレートパーマの方が向いているのは、「1度かけたパーマを落としたい」「軽いくせや、ボリュームを落としたい」方です。 それでも、縮毛矯正よりは髪の ダメージが少ないため、痛むのが気になる方は試してみるのもいいかもしれません。 それと、サロンによっても変わりますが、 値段と時間も縮毛矯正より少なく済みます。 持ちは約3カ月くらいです。 アイロンやコテを使って大丈夫? 伸びてくせが出てきた部分にアイロンかけて大丈夫か心配な方、縮毛矯正したまっすぐの髪もいいけど、たまには外はねやカールをして楽しみたい!こう思っている方は多いのではないでしょうか。 とくに、ヘアスタイルを少し変えただけでも、雰囲気は変わりますし、ファッションの印象も変わりますので、おしゃれな女性はきっと気になると思います。 そこで、アイロンやコテを使って大丈夫なのか。 痛んだり、取れたりしないのか。 疑問に思ったので調べてみました。 アイロン(ストレート) 基本的に問題は無いのですが、毎日アイロンをあてるとやはり傷んでしまいます。 こちらの商品は使うとつやが出るのでおすすめです。 リンク コテ(カール、巻き髪) 基本的に、 問題はないそうです! 縮毛矯正した後の髪の毛であっても、ヘアアイロンやコテを使って髪の毛を巻くことは出来るそうです。 また、巻いた後も縮毛矯正が取れてしまう事もないそうです。 これは、縮毛矯正がアイロンやコテよりも強力な「くせ」だからなんですって。 熱と薬剤でしっかり付けたくせは、アイロンやコテの熱よりも強力なんだそうです。 でも 注意点がありまして、 縮毛矯正した直後は絶対にダメだそうです。 縮毛矯正を行った直後は髪が不安定な状態です。 そのためその段階に巻いてしまうと、伸ばしたくせが戻ってしまう可能性があります。 出来れば髪が落ち着く1週間くらいまでは、やめた方がいいでしょう。 くせが取れてしまうだけではなく、髪へダメージも与えてしまいます。 髪が落ち着く期間については、使用した薬剤やくせの強さによっても変わることがあるみたいなので、美容師さんに確認した方が良いでしょう。

次の

ストパーと縮毛矯正の違いとは?メリット・デメリットを比べてみた!

縮毛とストパーの違い

ストパーと縮毛矯正?クセが気になる人にはとても良く聞くワードだと思います。 イメージとしては、しっかりまっすぐになるのが縮毛矯正で、 自然にまっすぐになるのがストパー? まっすぐになりすぎるのが嫌なら、縮毛矯正ではなくてストパーの方がいいって聞いたことあるけど、、、 実際どーなの? という事で 目指すのは、サラサラストレート 少し髪の毛に癖や広がりがあるけど、縮毛矯正をするほどでもない。 まっすぐにしすぎると逆に扱いずらくなる。 硬くはなりたくない、柔らかな感じで自然に、とか トリートメントだけでは物足りない。 とにかくまとまる髪にしたい。 多くの方が、このような悩みを抱えていますよね。 「ストパー」とは何でしょうか? ストパーとは「ストレートパーマ」の略語です。 元々はウェーブやパーマをかけた髪をストレートに戻すための技術でしたが、 最近ではちょっとうねる髪を何とかしたいとか、広がりを抑えたい、ツヤを出したい、静電気を抑えたい、 まとまりを良くしたいなどの場合にも広く施術されるようになってきました。 ストパーの色々 ストパーと縮毛矯正の違いって? 基本的には前述のようにストパーはもともとパーマやウェーブをかけた髪をストレートに戻すような施術です。 一方、縮毛矯正はくせ毛を伸ばす技術。 曲がっているものをまっすぐにする。 なんとなく同じような技術に聞こえます。 曲がっているものをまっすぐに、 もっと詳しく言うとストパーはお薬を使い髪を柔らかくしてパーマを伸ばし、固める技術。 縮毛矯正はお薬で髪を柔らかくしたら、アイロン(熱)を使い形を矯正して固めていく技術。 簡単に言うとアイロンを使い伸ばすかのか伸ばさないのかというような違いです。 (まあ美容室によって多少その概念が変わってくるとは思いますが、) なので使うお薬はそんなに変わらないというのが現状です。 ただお薬の種類はたくさんあって、施術の仕方もたくさんあります。 美容室によってはアイロンで伸ばしていってもストパーとしていたり。 縮毛矯正だけどストパーとよんでいたり。 なので最近ではそんなにストパーと縮毛矯正の違いという境界線があいまいになってきているような気がします。 それぞれのサロンでの基準をもとに名前をかえて、技術を変えて施術している。 という事になります。 ですから担当の美容師さんと相談して自分の今の状態、どうしたいのかの未来像、 料金などをしっかりと話した上でストパーか縮毛矯正かの決定をすると良いと思います。 ストパー の良さはなに? ストパーの魅力としては、縮毛矯正ほどまっすぐにならず 自然な仕上がりに、 まとまりや つやが アップして サラサラに、 結果 スタイリングが楽になります。 ですが、そこはやはりお薬を使うものになりますので頻繁にしたり、 髪の毛のケアを怠るとダメージが進行してきます。 ですのでご自宅でのケアは必須になります。 メリットだけでなくデメリットもきちんと把握することが大切です。 ストパーのデメリットはあるの? ストパーのデメリットとしては、強度なクセを伸ばしにくいという点です。 良さでも書きましたが、 縮毛矯正ほどまっすぐにならず自然な仕上がりにということなのでクセが強い方には不向きかもしれません。 そういう方には縮毛矯正が良いかと思われます。 ストパー 頻度ってどのくらい? ストパーが初めてというなら美容師さんと相談して初めは全体にかけても良いと思います。 ただ髪のダメージとの相談によると思います。 そして、2回目以降なら気になるところ(ポイントストパー)、 とか根本(リタッチストパー)だけにかけるといいと思います。 期間でいうなら髪が太い方なら2~3ヶ月に一回。 細い方なら半年もしくは1年に1回とかが良いと思います。 あとはもちろん根元のクセや、毛先のまとまりが気になったらという感じでもいいと思います。 ただ毎回全体にかけていくというのはあまりお勧めしません。 髪の毛が 痛みやすくなります。 ポイントストパーってなに? ポイントストパーというのは部分的なストパーのことです。 気になるところを気になるところだけ施術するということが可能です。 例えば、 前髪だけ気になるとか、顔周りが気になる、というのにも対応できます あとは応用として、ハチ周りだけ膨らんでしまい抑えたいけど毛先はクセを活かしたいとか、 お客様のクセの状態や髪のダメージにより応用がきくところがポイントストパーの良さになります。 ぜひカウンセリングの時にお伝えください。 リタッチストパーってなに? なんとなくイメージがつくと思いますが根本だけをストパーすることです。 これにより髪が伸びてきて気になる部分だけストパーをするので 髪のダメージを最小限に抑えることが出来ます。 これにより繰り返しストパーが楽しめると思います。 ストパー はメンズもできる? もちろん 男性の方にもおすすめです。 男性の場合は特にまっすぐにしすぎないほうがスタイルとして馴染みやすくなります。 ポイントで部分的なストパー(上部に記載)もおすすめしています。 特に男性はくせ毛の場合顔周りだけにストパーをすると「決まり」ます。 ストパーの種類はあるの? 実はたくさんの種類のストパーがMINXにはあります。 そしてそれぞれに特徴があります。 お薬の種類もたくさんありますので、 クセの特徴そしてなりたいスタイルによって美容師さんと相談して頂くとよいと思います。 2・プレミアムストパー(プレミアムストパー) MINXではトリートメントと一緒に施術が出来るストパーになります。 髪のダメージや、ピーンとまっすぐになりすぎないのが特徴になります。 3・プラチナストパー(プラチナストレートパーマ) 全く新しい酸性域でのストパー技術になります。 髪を傷ませすぎず、柔らかで自然な仕上がりになります。 お勧めは「プラチナストパー」です。 このストパーは髪に対して優しく、柔らかく施術することが可能です。 仕上がりもサラサラでダメージレスになります。 ただしデメリットとしてはあまり癖が強すぎると伸びない可能性があります。 この場合は縮毛矯正が良いかと思います。 髪が細いのだけどストパーはなにがいい? ズバリ「プラチナストパー」ですね自然に仕上がって、まっすぐになりすぎないと思います。 細い髪の方はやはりペタッとはしたくないと思います。 なのでプラチナストパーです。 もちろんカウンセリングをしたうえで施術内容は決めていきますのでご安心下さい!! 髪にクセがあまりないけどパヤパヤ飛び出るのが気になる!場合はなにがいい? この場合はまずカウンセリングが大切です。 癖がありパヤパヤするのか?髪のダメージによりパヤパヤするのか?季節で湿気でパヤパヤするのか? この判断で「プラチナストパー」か「トリートメント」か決めていった方が良いです。 クセがあって髪が太いこの場合は? クセが強い場合は「縮毛矯正」の方が合う場合があります。 「ストパー」だと癖が伸び切らない場合があります。 お客様自身では判断が難しいと思いますのでご相談して決めていった方がベストだと思います。 男性でも「ストパー」にいっていいですか? もちろん男性の方大歓迎です。 髪のダメージや仕上がりのイメージによって 部分のストパーがいいのか、全体がいいのか、 しっかりとカウンセリングはさせて頂きますので、 お時間があるときにご来店下さい!! ストパーまとめ いかがでしたでしょうか?ストパーかけたくなりましたよね。 MINXではこのようにたくさんの種類や技術があります。 カウンセリングもしっかりとお客様の要望やイメージに合わせてストパーの施術を選んでいきます。 このように種類や技術があるのはたくさんのお客さまに喜んで頂けるようにです。 日々新しい技術も出てきています。 お客さまには最新の技術で日々のスタイリングが楽に、 お悩みが1つでもなくなるように努めていきますので是非「ストパー」技術、 お任せください。 ~お客様からの嬉しい口コミ~ 高校生のときから縮毛矯正歴20年のクセ毛です。 何度リピートしたかわからない、担当スタイリストさんのプラチナ縮毛矯正。 本当に、良いです!!!!!!!!!!!!! くせ毛で悩まれている方、一度相談してみてください。 博識な方なので、いろいろ踏まえて上手に対応してくださいますよ。 一見、お値段が高いように思いますが、半年もつのでこの仕上がりだったらお得なぐらい。 縮毛矯正とMINXスペシャルトリートメントの力で、とても気分が変わったので大満足です。 的確なアドバイスとテクニックが大変ありがたいです。 強いクセ毛ですが頑張って伸ばせそうです。 髪の量とうねりがコンプレックスで今まで通った美容室以外では扱えないとばかり思っていました。 この度お世話になってすごく綺麗に仕上げて頂けて良かったです。 ストレートは持続性も大事だと思いますが 6日経った今のところ問題なくキープ出来てます。 次回はヘッドスパやトリートメントもしたいと思いました•

次の

美容院のストパーと縮毛矯正の効果と違いは?髪が痛まないのはどっち?

縮毛とストパーの違い

ストレートパーマについて まず最初はストレートにする際の定番、ストレートパーマ。 昔と今ではだいぶ技術が変わり、昔に比べて今のストパーではあまりダメージは見られません。 ストパーは髪をストレートにしながらもナチュラル感もだし、更にツヤ感を出したい!という人にオススメ。 ウェーブをとって直毛にツヤを与えてくれます。 経験した方はわかると思いますが、ストパーは最初に液をつけて時間をおいて落とすのを2回ほど繰り返します。 そしてアイロンで直毛にした後、また液をつけて落とすというやり方。 縮毛矯正ならどんなウェーブ髪でも一回行えば、直毛になり微妙なくせもしっかりと伸ばしてくれます。 ただし液が結構強いので、ダメージのリスクがあるとも言われています……。 ストパーと縮毛矯正 どっちの方が傷むのか? ではここで気になるダメージについて紹介します。 もちろんストパーだろうが縮毛だろうがダメージはあります。 しかしやっぱり液が強い縮毛矯正の方が、ダメージは大きいと言われています。 縮毛矯正は、今でも正しい方法で行っている美容室さんとそうでない美容室さんがあります。 縮毛矯正した後に枝毛が増えたり、バサバサになった経験ありませんか? それは液が髪に合わなかったりしたときになり、意外と多くの人がそうなってしまいます。 確かに面倒くさくないし、毎日直毛にするのに時間がかかったりしないので楽ですが……トリートメントやアフターケアをしっかりしないと後で髪が大変なことになります。 自宅でできる縮毛矯正もある!? 薬局のヘアケアコーナーに行ったら自宅でできる縮毛矯正セットがあるの知っていますか? サロンでやってもらったら2万円近くかかってしまいますよね。 根本だけ矯正したい!前髪だけ伸ばしたい!と思っている人にはどうしようかと悩んでしまうところ。

次の