三年a組 ネタバレ。 3年A組|9話ネタバレと感想。さくらの犯人告白に衝撃!本当に黒幕?

3年A組|9話ネタバレと感想。さくらの犯人告白に衝撃!本当に黒幕?

三年a組 ネタバレ

3年A組の教室に入ると、他の生徒たちも集まっている。 兵頭新(ひょうどうあらた/若林時英)は寿司職人、辻本佑香(つじもとゆうか/大原優乃)は歌手デビュー、結城美咲(ゆうきみさき/箭内夢菜)はユーチューバーに。 そこに現れたのは、仲よさげに腕を組んだ魚住華(うおずみはな/富田望生)と須永賢(すながけん/古川毅)の姿。 12回の華の猛アタックに負けたそうだ。 里見海斗(さとみかいと/鈴木仁)と金沢玲央(かなざわれお/新條由芽)、そして変わらず水越涼音(みなこしすずね/福原遥)と中尾蓮(なかおれん/三船海斗)も仲良し。 真壁翔(まかべかける/神尾楓珠)、熊沢花恋(くまざわかれん/堀田真由)、瀬尾雄大(せおゆうだい/望月歩)はスポーツ、諏訪唯月(すわゆづき/今田美桜)も事務所を変えて1からモデル活動を頑張っているようだ。 思い出話しに花咲かせる教室の教壇には、柊一颯(ひいらぎいぶき/菅田将暉)の遺影が。 今日は一颯の三回忌。 全員揃ったら、逢沢博己(あいざわひろき/萩原利久)が撮影していた景山澪奈(かげやまれいな/上白石萌歌)のドキュメンタリー映画を見る予定。 しかし、茅野さくら(かやのさくら/永野芽郁)がまだ来ていない。 先に上映を始めることになったが、遅れてさくらもやってきた。 3月9日現在 ヒーローの正体 一颯と郡司真人(椎名桔平)の戦いに、手を差し伸べたのはガルムフェニックス。 その正体は、衣装を着たファイター田中(前川泰之)。 ファイター田中の手助けにより、郡司を人質にできた一颯。 しかしその後は体調不良で倒れてしまった。 一転、一颯が悪者扱い 郡司を人質にされ、身動き取れない警察は一颯からの連絡を待っていた。 しかし倒れた一颯から連絡が来るはずもなく、宮城遼一(細田善彦)は事情を知ってるであろう相楽文香(土村芳)の父・相楽孝彦(矢島健一)の自宅前に待機。 その頃、 防犯カメラのフェイク動画の編集前、つまり一颯がビルから出てきた動画がSNSにアップされた。 ネット上では武智大和(田辺誠一)が殺人犯説が一転、 一颯が悪者に。 しかしその動画は、一颯の共犯者である孝彦がアップしたものであり、それは一颯との作戦通りの様子。 そしてそのまま孝彦は自首したのだった。 今日の授業 意識の戻った一颯は教室に戻り、いつも通りの授業を始めた。 そして、SNSにフェイク動画の元動画をアップし、犯人扱いになることも計画通りだという。 「今日はすべてを話す。 俺の計画も、本当の目的も。 想像力を掻き立ててよく聞いて欲しい」 一颯には学生時代からの恋人がいた。 彼女は武智のヒミツを暴いて、フェイク動画を流され、精神を病んだ。 そのフェイク動画の証拠を掴むために武智のいる魁皇高校に入った。 しかし、学生時代から患っていた癌が再発してしまい、無駄に月日が流れていた。 そんなときに、澪奈のフェイク動画が流れたのだ。 澪奈と話をして、フェイク動画の犯人に会うとひとり学校を出たその日、亡くなった。 しかしあの日、 澪奈は武智と会っていない。 澪奈を殺した犯人は・・・。 目的は3つ 澪奈は泣きながら一颯に訴えていた。 「助けて、先生」 なのに結局、澪奈の力になってやれなかった。 澪奈が亡くなった日、一颯は余命宣告を受けていた。 自分のほうが先に死ぬはずだったのに。 そんな自分には何が出来るのか。 自問自答を続けて、今回の計画に至った。 1つ目。 武智に自分が犯した過ちに気付かせること。 彼女たちが味わった苦痛を追体験させることで罪の重さを知ってほしい。 2つ目。 これが立てこもった最大の理由。 それは・・・。 3つ目の目的 突然ナイフで自分の手の甲を刺した一颯。 ナイフを刺せば血が出る、痛みも伴う、場合によっては命も奪える。 当たり前のこと。 今の社会はこんな当たり前のことに気がつく暇もないくらい忙しく回り続けている。 相手に何をしたら傷つくのか、何をしたら痛むのか。 みんなにはそれに気付かない感情が麻痺した大人にはなって欲しくなかった。 想像力を働かせて、自分の言葉や行動に責任を持つ。 決断をする前に踏みとどまって、本当にこれが正しいのかを問いただす。 誰もが分かっているのにできていない考えることの大切さを伝えたかった。 それが3つ目の目的。 俺を教師にしてくれてありがとう 余命宣告されるまでこんなこと、考えもしなかった。 教師を名乗りながらも、まだ何も教えていないって、澪奈が教えてくれた。 みんなに怖い思いをさせて申し訳なかった。 けど、この10日間で見違えるほど変わってくれたのが、何よりも何よりも嬉しかった。 「俺を教師にしてくれてありがとう。 」 涙する生徒たち。 そして、明日の昼にみんなを開放するという。 「俺の授業はこれで終わりだ。 今までお疲れ様。 」 最後の要求 授業後、一颯はさっそく警察に連絡した。 郡司をつれて屋上に出て、そこで最後の要求を伝えるという。 それを盗み聞きしていたさくらは止めにかかる。 「これ以上、先生に悪者になってほしくない!」 「先生は何のために、誰のために戦っているんですか?」 しかし一颯の爆弾に足止めをくらってしまう。 爆発音を聞き、駆けつけた逢沢は、さくらの元へ駆け寄った。 止めれなくて泣いているさくらのに対し、これは先生の望みだと伝える。 「最終的に全国民の敵になる必要がある。 これは茅野のためでもある」 そう言っていたこと、その言葉を信じて逢沢は協力したということを。 さくらの涙 屋上に郡司を連れて現れた一颯。 生中継もされており、生徒たちも教室で見ている。 そこにさくらが入ってきた。 「みんなに話がある。 」 しかし一颯が屋上にいることでいっぱいで、それどころじゃない生徒たち。 「私が澪奈を殺したの。 」 途端にクラス内の空気が変わった。 その時、銃声が。 「柊一颯が撃たれました!」 ニュースの声に、生徒たちは動揺を隠しきれないようだ。 ミスリードにミスリードを重ねているようにしか思えないです。 Let's think… — kazu映画 kazueigaaka ここに来てのこの結末…実際に手を下したのか、それとも自殺に追い込んだのか、、、 「3つ目の目的」に涙 「相手に何をしたら傷つくのか 何をされたら痛むのか そんな当たり前のことに気づかない感情に麻痺した大人にはなって欲しくなかった」 この10日間で見違える程変わったのは、3Aの生徒だけじゃなくて教師として今の世の中に必要なことを教えてくれた柊先生もだよ。 俺の授業ありがとう。 世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。 とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。 そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。 本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。 これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。 3年A組が迎える運命の10日目。 是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

次の

3年A組 1話のロケ地!学校の場所は?撮影地への行き方をまとめ

三年a組 ネタバレ

3年A組の教室に入ると、他の生徒たちも集まっている。 兵頭新(ひょうどうあらた/若林時英)は寿司職人、辻本佑香(つじもとゆうか/大原優乃)は歌手デビュー、結城美咲(ゆうきみさき/箭内夢菜)はユーチューバーに。 そこに現れたのは、仲よさげに腕を組んだ魚住華(うおずみはな/富田望生)と須永賢(すながけん/古川毅)の姿。 12回の華の猛アタックに負けたそうだ。 里見海斗(さとみかいと/鈴木仁)と金沢玲央(かなざわれお/新條由芽)、そして変わらず水越涼音(みなこしすずね/福原遥)と中尾蓮(なかおれん/三船海斗)も仲良し。 真壁翔(まかべかける/神尾楓珠)、熊沢花恋(くまざわかれん/堀田真由)、瀬尾雄大(せおゆうだい/望月歩)はスポーツ、諏訪唯月(すわゆづき/今田美桜)も事務所を変えて1からモデル活動を頑張っているようだ。 思い出話しに花咲かせる教室の教壇には、柊一颯(ひいらぎいぶき/菅田将暉)の遺影が。 今日は一颯の三回忌。 全員揃ったら、逢沢博己(あいざわひろき/萩原利久)が撮影していた景山澪奈(かげやまれいな/上白石萌歌)のドキュメンタリー映画を見る予定。 しかし、茅野さくら(かやのさくら/永野芽郁)がまだ来ていない。 先に上映を始めることになったが、遅れてさくらもやってきた。 3月9日現在 ヒーローの正体 一颯と郡司真人(椎名桔平)の戦いに、手を差し伸べたのはガルムフェニックス。 その正体は、衣装を着たファイター田中(前川泰之)。 ファイター田中の手助けにより、郡司を人質にできた一颯。 しかしその後は体調不良で倒れてしまった。 一転、一颯が悪者扱い 郡司を人質にされ、身動き取れない警察は一颯からの連絡を待っていた。 しかし倒れた一颯から連絡が来るはずもなく、宮城遼一(細田善彦)は事情を知ってるであろう相楽文香(土村芳)の父・相楽孝彦(矢島健一)の自宅前に待機。 その頃、 防犯カメラのフェイク動画の編集前、つまり一颯がビルから出てきた動画がSNSにアップされた。 ネット上では武智大和(田辺誠一)が殺人犯説が一転、 一颯が悪者に。 しかしその動画は、一颯の共犯者である孝彦がアップしたものであり、それは一颯との作戦通りの様子。 そしてそのまま孝彦は自首したのだった。 今日の授業 意識の戻った一颯は教室に戻り、いつも通りの授業を始めた。 そして、SNSにフェイク動画の元動画をアップし、犯人扱いになることも計画通りだという。 「今日はすべてを話す。 俺の計画も、本当の目的も。 想像力を掻き立ててよく聞いて欲しい」 一颯には学生時代からの恋人がいた。 彼女は武智のヒミツを暴いて、フェイク動画を流され、精神を病んだ。 そのフェイク動画の証拠を掴むために武智のいる魁皇高校に入った。 しかし、学生時代から患っていた癌が再発してしまい、無駄に月日が流れていた。 そんなときに、澪奈のフェイク動画が流れたのだ。 澪奈と話をして、フェイク動画の犯人に会うとひとり学校を出たその日、亡くなった。 しかしあの日、 澪奈は武智と会っていない。 澪奈を殺した犯人は・・・。 目的は3つ 澪奈は泣きながら一颯に訴えていた。 「助けて、先生」 なのに結局、澪奈の力になってやれなかった。 澪奈が亡くなった日、一颯は余命宣告を受けていた。 自分のほうが先に死ぬはずだったのに。 そんな自分には何が出来るのか。 自問自答を続けて、今回の計画に至った。 1つ目。 武智に自分が犯した過ちに気付かせること。 彼女たちが味わった苦痛を追体験させることで罪の重さを知ってほしい。 2つ目。 これが立てこもった最大の理由。 それは・・・。 3つ目の目的 突然ナイフで自分の手の甲を刺した一颯。 ナイフを刺せば血が出る、痛みも伴う、場合によっては命も奪える。 当たり前のこと。 今の社会はこんな当たり前のことに気がつく暇もないくらい忙しく回り続けている。 相手に何をしたら傷つくのか、何をしたら痛むのか。 みんなにはそれに気付かない感情が麻痺した大人にはなって欲しくなかった。 想像力を働かせて、自分の言葉や行動に責任を持つ。 決断をする前に踏みとどまって、本当にこれが正しいのかを問いただす。 誰もが分かっているのにできていない考えることの大切さを伝えたかった。 それが3つ目の目的。 俺を教師にしてくれてありがとう 余命宣告されるまでこんなこと、考えもしなかった。 教師を名乗りながらも、まだ何も教えていないって、澪奈が教えてくれた。 みんなに怖い思いをさせて申し訳なかった。 けど、この10日間で見違えるほど変わってくれたのが、何よりも何よりも嬉しかった。 「俺を教師にしてくれてありがとう。 」 涙する生徒たち。 そして、明日の昼にみんなを開放するという。 「俺の授業はこれで終わりだ。 今までお疲れ様。 」 最後の要求 授業後、一颯はさっそく警察に連絡した。 郡司をつれて屋上に出て、そこで最後の要求を伝えるという。 それを盗み聞きしていたさくらは止めにかかる。 「これ以上、先生に悪者になってほしくない!」 「先生は何のために、誰のために戦っているんですか?」 しかし一颯の爆弾に足止めをくらってしまう。 爆発音を聞き、駆けつけた逢沢は、さくらの元へ駆け寄った。 止めれなくて泣いているさくらのに対し、これは先生の望みだと伝える。 「最終的に全国民の敵になる必要がある。 これは茅野のためでもある」 そう言っていたこと、その言葉を信じて逢沢は協力したということを。 さくらの涙 屋上に郡司を連れて現れた一颯。 生中継もされており、生徒たちも教室で見ている。 そこにさくらが入ってきた。 「みんなに話がある。 」 しかし一颯が屋上にいることでいっぱいで、それどころじゃない生徒たち。 「私が澪奈を殺したの。 」 途端にクラス内の空気が変わった。 その時、銃声が。 「柊一颯が撃たれました!」 ニュースの声に、生徒たちは動揺を隠しきれないようだ。 ミスリードにミスリードを重ねているようにしか思えないです。 Let's think… — kazu映画 kazueigaaka ここに来てのこの結末…実際に手を下したのか、それとも自殺に追い込んだのか、、、 「3つ目の目的」に涙 「相手に何をしたら傷つくのか 何をされたら痛むのか そんな当たり前のことに気づかない感情に麻痺した大人にはなって欲しくなかった」 この10日間で見違える程変わったのは、3Aの生徒だけじゃなくて教師として今の世の中に必要なことを教えてくれた柊先生もだよ。 俺の授業ありがとう。 世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。 とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。 そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。 本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。 これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。 3年A組が迎える運命の10日目。 是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

次の

3年A組 4話ネタバレ・感想・菅田将暉と、片寄涼太の壮絶なバトル・あらすじも

三年a組 ネタバレ

『なんだ、反論なしか。 お前らみんな、茅野が死んだほうがいいと思ってんのか。 はっはっは。。。 あはっはっはっは!お前ら揃いも揃ってクズだな!自分が助かれば他人がどうなっても構わない。 イカれてるねぇ。 どうしてそんな貧しい考えが生まれるのか。 モラルの欠如、アイデンティティーの拡散、要は中身が空っぽなんだよ!お前たちはさっきの茅野を見ても、何も思わなかったのか?景山の死から、目を背けていた自分を奮い立たせて向き合おうとした茅野を見ても何も思わなかったのか?過去の自分が今の自分を作る!だから過去から逃げてるお前も、お前も、お前も、極めて幼稚なガキのまま成長が止まってるってわけだ。 そんな奴らが一体何から卒業するっていうんだよ!いいか、聞け!何故、景山澪奈は死ななければならなかったのか。 これから彼女の生き様を通して、お前らの考えがいかに脆く弱いものなのか思い知らせてやる。 そして、変わるんだ。 悪意にまみれたナイフで、穢れなき弱者を傷つけないように、変わるんだよ!変わってくれ!』 茅野が出した答えが不正解だったため、誰かが犠牲にならなければならない。 誰が犠牲に?不安が場を覆う中、男子生徒の石倉が『茅野が犠牲になるべきだ』と言う。 それを黙って聞いているA組すべての生徒たちに叩きつけた言葉。 現実に、柊先生の問いに答えられる大人がどれだけいるんだろうか?ドラマを見ながら本当に胸がズキズキ痛みます。 視聴者全生徒状態。 菅田先生の全10回の授業が終わった時には、ちょっと違う自分になれそうな気がします。 3年A組の見逃し配信はhuluで 涙の卒業式動画も配信中 名言連発の3年A組を『何度でも見たい!』『見逃してしまった!』という人にはhuluがおすすめです。 最終回の放送に合わせて、ドラマでは見ることができなかった 涙の卒業式動画も配信中。 過去放送分からスペシャル動画が今なら 2週間無料でチェックできます。 huluなら3年A組だけではなく映画・ドラマ・アニメなど 約60000本が 月額1026円 税込 で 見放題です。 しかも テレビ・ スマホ・ タブレット・ パソコンなど 視聴可能端末が豊富。 家ではテレビ、外ではスマホで。 いつでもどこでも見放題です。 眼力、言葉力がハンパないです。 上白石萌歌さん演じる景山澪奈が半年前に何故自殺してしまったのかをA組の生徒ひとりひとりに問いかけ、考えさせるわけですが、そのやり方が過激。 学校を爆破し、閉じ込め、人質に取り、問いに答えられなければ生徒1人が順に犠牲に。 果たしてA組の生徒たちは景山の自殺の真意を明らかにできるのか。 1人の命を見殺しにしてしまった自分を変えることはできるのか。 そして無事に10日後の卒業式を迎えることができるのか。 目が離せません。

次の