ノースリーブ 肩幅。 花柄ノースリーブブラウス

Home

ノースリーブ 肩幅

この夏ちょっとレディな気分で過ごしたいなら、ノースリーブを使ったコーディネートがおすすめ。 でも「袖なしの服って二の腕がちょっと……」、そんな不安を持った大人女子も多いはず。 でも大丈夫! 実は気になる二の腕を強調させない裏ワザがあるんです。 今回は注目のノースリーブコーデの中から、安心して着こなせるバランステクニックをお届けします。 【二の腕スッキリ技1】ボトムにはボリュームを、上半身はノースリーブで軽くコンパクトなバランスに まずテーマとして提唱したいのは、二の腕カバーは「何か羽織って隠す」部分に重点を置かないこと。 その上で他の部分を強調させると、二の腕を目立たせず全体のバランスが整い、スタイルアップも期待できます。 例えばスナップのように、ティアードのロングスカートとノースリーブを合わせたスタイリングは、ボトムのたっぷりなボリュームに反して上半身がコンパクトな印象に。 この夏チャレンジしたいコーディネートです。 【二の腕スッキリ技2】肩幅と身頃幅があるノースリーブがGOOD! 二の腕の内外をカバーできる ピタッとしているノースリーブを着こなすにはどうしてもハードルが高いですよね。 そこでおすすめしたいのが、モデルさん着用のような「身頃がゆったりしたノースリーブ」です。 肩幅を強調させないのでノースリーブ一枚でも過ごしやすく、初心者向きともいえるデザイン。 あらゆるコーディネートで活躍して、こなれた印象をつくれるはずです。 【二の腕スッキリ技3】レイヤードは「ブラックのノースリーブ」で引き締めよう 春に続いて注目のキャミソールワンピース。 夏らしくノースリーブトップスを合わせて、涼しげにアップデートしてみませんか? レイヤードとしてご紹介する「ブラックのノースリーブ」は視覚効果で上半身が引き締まって見え、またIラインが強調されるので小柄な人にもGOOD。 さらにキャミソールワンピースと重ねると、ブラックもドレッシーに色付けされます。 何色にもマッチするブラックだからこそ、夏のワードローブに一枚加えておきたいですね。 【二の腕スッキリ技4】夏らしいノースリーブワンピースは「肩掛けカーディガン」で不安解消 お気に入りワンピースがもしノースリーブで、二の腕ラインが気になる場合は、カーディガンを肩掛けしてオシャレに不安解消を。 カーディガンの色や素材によってアクセントを加えることもできます。 スナップのように首から離し、肩から二の腕をさっと包むように掛けると、涼しげで自然な雰囲気に仕上がります。 でも付け加えたいのは、Vネックベストが持つ応用力の高さ。 Vネックには首筋を長く見せる効果があり、肩幅とのバランスがキレイに整います。 そこにブラックの引き締め効果が加わると、トップス全体が少しスッキリしたように感じませんか? 個人差はもちろんありますが、視点をちょっと変えて全体のバランスを意識してみると、ノースリーブが断然着こなしやすくなりますよ。 外部サイト.

次の

肩幅が広くてノースリーブに抵抗がある方へ! をご紹介♪(CUBKI magazine(カブキマガジン))

ノースリーブ 肩幅

夏になるとノースリーブが着たくなりますよね。 夏だからこそ着られるおしゃれアイテムです。 でも、ノースリーブを着てみたら、肩幅が広く見えてしまうことも。 ガタイよく見えてしまうために、つい避けてしまっているという方へ、ノースリーブを着こなすテクニックをご紹介します。 肩紐が広めのノースリーブで肩幅をうまくカバー 肩紐が細いタイプは横のラインを強調してしまうので、肩幅が気になってしまう原因になります。 スナップのような腕にかかるくらいの広めの肩紐のノースリーブを選べば、うまく肩幅をカバーできます。 ストンと落ちるシルエットのものを選べば縦のラインが強調されるのでおすすめです。 ノースリーブのコーデ一覧 プチプラのノースリーブ一覧 胸元が開いた開襟シャツやVネックノースリーブを選ぶ 胸元が開いたタイプを選ぶと、肩から視線を散らすことができます。 肌見せすることで夏らしく涼しげな雰囲気にもなります。 フェミニンで可愛いので、デザイン性を楽しめるのも嬉しいポイントです。 UV対策にもなるので日焼けをしたくない方にもおすすめです。 昼間暑くても夜は肌寒くなることもあるので薄手の羽織りアイテムは夏でもあると安心ですよね。 アパレル販売、ヘアメイク、美容部員、エステティシャンを経て現在はフリーで活動中です。 キュンとするものだけを集めて暮らしています。 mamikoさんの記事一覧.

次の

肩幅が広くてノースリーブに抵抗がある方へ! をご紹介♪(CUBKI magazine(カブキマガジン))

ノースリーブ 肩幅

夏になるとノースリーブが着たくなりますよね。 夏だからこそ着られるおしゃれアイテムです。 でも、ノースリーブを着てみたら、肩幅が広く見えてしまうことも。 ガタイよく見えてしまうために、つい避けてしまっているという方へ、ノースリーブを着こなすテクニックをご紹介します。 肩紐が広めのノースリーブで肩幅をうまくカバー 肩紐が細いタイプは横のラインを強調してしまうので、肩幅が気になってしまう原因になります。 スナップのような腕にかかるくらいの広めの肩紐のノースリーブを選べば、うまく肩幅をカバーできます。 ストンと落ちるシルエットのものを選べば縦のラインが強調されるのでおすすめです。 ノースリーブのコーデ一覧 プチプラのノースリーブ一覧 胸元が開いた開襟シャツやVネックノースリーブを選ぶ 胸元が開いたタイプを選ぶと、肩から視線を散らすことができます。 肌見せすることで夏らしく涼しげな雰囲気にもなります。 フェミニンで可愛いので、デザイン性を楽しめるのも嬉しいポイントです。 UV対策にもなるので日焼けをしたくない方にもおすすめです。 昼間暑くても夜は肌寒くなることもあるので薄手の羽織りアイテムは夏でもあると安心ですよね。 アパレル販売、ヘアメイク、美容部員、エステティシャンを経て現在はフリーで活動中です。 キュンとするものだけを集めて暮らしています。 mamikoさんの記事一覧.

次の