ジャニー喜多川 葬式。 ジャニー喜多川氏の「家族葬」タレントとの関係を強調か

ジャニーさん「家族葬」 司会は国分さんと井ノ原さん:朝日新聞デジタル

ジャニー喜多川 葬式

Contents• この日、同事務所が発表した。 事務所によると、会場はジャニーさんが大好きだった「ジャニーズアイランド」の稽古場。 、合わせて約150人が参列した。 会場の設営から当日の運営まで、全てをタレント達が行った。 ジャニーズの新旧ヒット曲が絶え間なく流れ、遺影の周りを、SMAPや嵐らの名が刻まれた色とりどりのプレートが囲む祭壇。 TOKIOの国分太一(44)とV6の井ノ原快彦(43)が司会を務め、近藤真彦(54)、少年隊の東山紀之(52)、KinKi Kidsの堂本光一(40)、HiHi Jetsの高橋優斗(19)がジャニーさんへの感謝の気持ちを読み上げた。 事務所は「これまでジャニーはタレント達の活躍をいつもステージの下から見守ってまいりましたが、最後に、その姿をステージの下から約150名のタレント達が見届けました。 ジャニーの最後は優しく、心が温かくなるステージとなりました。 家族葬が進むにしたがって、タレント一人一人の目に力強さが増していったように感じました。 ジャニーは、最後の最後まで人を育て続けたプロデューサーでございました。 そして、これからもジャニーの意思を受け継ぎながら、成長し続けることができるよう、皆で精進してまいります」とコメントした。 出典:ヤフーニュース.

次の

ジャニーさん「家族葬」 司会は国分さんと井ノ原さん:朝日新聞デジタル

ジャニー喜多川 葬式

新幹線の移動中も香取と草彅は隣同士。 「ジャニーズ事務所」社長のジャニー喜多川さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため亡くなった。 享年87。 マスコミ各社は同日午後11時30分の情報解禁と同時に速報し、芸能界のみならず、日本全国に衝撃が走った。 事務所発表によると、連日所属タレントが病室を見舞い、最期の瞬間は「最愛の子供達の愛に包まれながら、人生の幕を下ろしました」という。 当面、ワイドショーはこの話題一色。 そんななか、蚊帳の外だったのが、17年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾。 それはジャニーズ絶頂期を牽引した元SMAPメンバーも例外ではありません。 なかでも小学4年で入所した香取はジャニーさんを父親のように慕っていました。 その恩人が生死の境にいるなか、何もできなかったことは歯がゆいに違いありません」と、心中を察する。 「メンバーは誰ひとり悪くない」と言われるだけに、3人が退所を決めた際にジャニー氏は、 「どこにいようとも、又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに代わりはありません」「S(すばらしい) M(MEMORIES) A(ありがとう) P(POWER)」 と、異例のコメントを発表した。 「辞めたあともジャニーさんは3人の行く末を案じていました。 仮に病室のジャニーさんに意識があったのなら、絶対に面会を許可していたと思います。 それを阻んだのは、メリーさん。 彼女にとって、3人と飯島氏は今も裏切り者なのです」(前出スポーツ紙記者) ファンの声援に笑顔で手を振る香取(18年) 飯島氏の手腕を高く買っていたのはジャニーさんで、一時は「次の社長は飯島しかいない」と明言していたほど。 娘のジュリー氏を次期社長に推すメリー氏にとっては面白いはずがない。 事務所発表によれば、ジャニーさんの通夜・告別式は「ジャニーの子供でございますタレント達とJr. のみで執り行う家族葬とさせていただきます」。 この「子供」がどこまでを指すのか。 ジャニーズに残留した木村拓哉と辞めた3人、とりわけ香取との確執はまったく解消されていません。 ジャニーズとしては当然、木村を優先するはずで、3人の参列は厳しい状況です。 そこで退所後も活躍する新しい地図の3人が話題の中心になってはいけないのだ。 ファンが期待する光景は望めなさそうだ。 PHOTO:島颯太、原一平、西原秀.

次の

【名前入り画像・動画】ジャニーさん家族葬の集合写真が圧巻!森田剛が話題に?!

ジャニー喜多川 葬式

日本初!東京ドームでのお別れの会 東京ドームでの芸能関係者のお別れの会は史上初。 ジャニー喜多川さんが大の野球好きだったことから、東京ドームでのお別れの会が実現しました。 お別れの会は2部制で行われ、11時からは案内状が届いた芸能関係者のみの「関係者の部」、14時からは案内状のないファンの皆さまも参列できる「一般の部」となりました。 関係者の部には、KinKi Kidsや嵐をはじめとする所属タレントのほか、武田鉄矢さんや黒柳徹子さん、爆笑問題、みのもんたさんなど多くのタレントや関係者が参列したほか、内閣総理大臣の安倍晋三さんから弔電も届きました。 また14時からの「一般の部」にでは、21時の終了時点で、88,000人という大勢の方々が参列しています。 ジャニー喜多川さんお別れの会に参列された方々 KinKi Kids お別れの会の後、報道陣の取材に応じてくれたKinKi Kidsのお二人。 東京ドーム開催という大々的なお別れの会に対し、堂本光一さんは「ジャニーさんがこの光景を見たら『やめてよ〜』と言ってると思います。 でも、やっぱり僕らからありがとうを伝えたかった」と語りました。 堂本剛さんも「自分のためにこれだけの人が時間を割いてくれたことを、心苦しく思ってるんじゃないかな」とジャニーさんの気持ちを代弁していました。 「ジャニーさんはどんな存在でしたか?」という質問に対し、堂本剛さんは「家族以上に長く一緒にいた人でもありますし、お父さんのかわりをしてくれたり、友だちみたいにしてくれたりした人」と回答。 また、ひとつ謝りたいこととして「ジャニーさんのものまねをめちゃくちゃやりすぎました。 公認ではありましたが、イジらずにはいられなかったんです」と語り、場を和ませました。 嵐 「ジャニーさんから学んだことは?」との質問に対し、嵐の大野智さんは「あいさつなど根本的なことを全部教わった」と回答。 「Jr. の頃は引っ込み思案だったので、レッスン終わって帰るとき、誰にも見られないように帰っていた記憶があります。 ジャニーさんはそういうのを見逃さない。 『なんでお疲れさまが言えないの?』と言われました。 それからはあいさつを欠かさなくなりました」 櫻井翔さんは、ジャニーさんが「見ている人は見ていてくれているんだな」と実感させてくれた最初の人だといいます。 「Jr. の頃、自分は真ん中にいるタイプではありませんでしたが、あるときジャニーさんが褒めてくれて、その直後から雑誌の取材をいただくなどの機会が増えた。 努力をしていれば、誰かが見てくれているんだと実感させてくれました」 相葉雅紀さんは、ジャニーさんとの印象深い思い出として「オーディション会場に入ったらイスを並べているおじさんがいたこと」だと語り、場を和ませました。 「並べ終わったら『私がジャニーです』と一言。 社長ってこういうことするんだとびっくりしました。 それだけ自分で現場に立って第一線で、死ぬまでずっとそうやってきた方なんだなと思っています」 二宮和也さんは、ジャニーさんから「人間性を深めるためにいろいろなことを経験しなさい」と言われたといいます。 そして、自分たちの世代は「できるかできないか」の判断ではなく、「やるかやらないか」という判断で仕事をすることをジャニーさんから教わった世代なのではないかと語っていました。 松本潤さんは、「自分がいま嵐のライブで(演出などを)中心になってやっているのは、ジャニーさんが小さい頃から『こういうのやりなよ、やったほうがいいよ』とやろうとしていることを後押ししてくれたから」と自分のやりたいことを後押ししてくれたジャニーさんに感謝を述べました。 Say! JUMP〉山田涼介、知念侑李、中島裕翔、有岡大貴、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、薮宏太 〈Kis-My-Ft〉北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣 〈Sexy Zone〉佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、マリウス葉 〈A. SP〉 林蓮音、和田優希、松尾龍、中村浩大 林翔太、高田翔、寺西拓人、野澤祐樹、室龍太、小川優 (取材:八木麻理恵).

次の