ご 送付 させ て いただき ます。 送らせていただきますは正しい敬語表現かを解説 他、類義語の使い方

「お送りさせていただきます」の敬語・二重敬語なのか・使い方

ご 送付 させ て いただき ます

皆さん、 おはようございます。 吉政でございます。 現在、メールマガジンを15本近く担当していることもあり、自分の文章の書き方で勉強になることが多いです。 今日はその中でも特に、「へぇ」というかほとんどの人も間違っているのでは??と思えることがあったのでご紹介したいと思います。 「させていただきます」のよくある使用例 「送付させていただきます。 」 「退職させていただきます。 」 「提案させていただきます。 」 「同行させていただきます。 」 などなど、名詞に「させていただきます」をつなげれば、汎用的に使える敬語として結構便利なものと思っていましたが、実はこの「させていただきます」というのは上から目線の言葉だったようです。 「させていただきます」の意味 「させていただきます」を文法的に分解すると、、 「させて」は「する」の使役形に接続助詞「て」を付加したもの。 「いただきます」は、もちろん「ます」の謙譲形になる。 この二つの動詞が結びついて、複合動詞となり特別の意味を持つ言葉を形成している。 とのことです。 では、その意味合いはと言うと、 「する」「もらう」の動詞が原形で、「する」の使役形を用いて、「もらう」の謙譲表現「いただく」を結びつけ「相手がしてほしいと望むのでしからば、自分が進んでしあげよう」という意味になった。 しかし、この本来の表現が、いつの間にか、相手が望まなくても自分勝手にしてあげよう、という表現をとるに至る。 一意見としてお読みください。 とのことです。 簡単に言うと、表現的には割と尊大な使い方で、強い意志を持った「何が何でもやります」といった意味合いのようです。 上から目線の表現なので、間違っても、お客様や上司には使ってはいけない表現なのですね。 では、先ほどの 「送付させていただきます。 」 「退職させていただきます。 」 「提案させていただきます。 」 「同行させていただきます。 」 を正確な下から目線の表現に変えるとどうなるか、例として下記のとおりご紹介してみます。 「送付いたします。 」 「退職させていただきたく、宜しくお願いいたします。 」 「ご提案いたします。 」 「ご同行いたします。 」 基本として名詞+「いたします」で十分なんですね。 無理に一つの文章でいろいろ敬語っぽいものを連ねて複雑にするよりも、シンプルにして、最後に「宜しくお願いいたします。 」などと丁寧にお願いする気持を添えるとよいと思いました。 ちなみに、今回のブログでは下記のブログを参考にさせていただきました。 おっと失礼!参考にしました。 詳しく書いてありますので、上記も是非ご覧ください。 追伸:現在の私はどんな人かというと、、以下のFacebookアカウントを見てください。 申請されるときはメッセージもお願いします。 ほぼ100%情報公開しているので、フォローするだけで全部見えます。 このブログの更新情報は以下のTwitterでお伝えしています。 宜しければ 是非フォローください。

次の

【状況別】ビジネス文書の例文と手紙での例文|送付状/依頼

ご 送付 させ て いただき ます

添付の際は、送付内容をメール文に明記する• 添付ファイルについての問い合わせ先は、メールの本文に記載する• ビジネスメールのファイル転送は、相手のネット環境に配慮したファイル形式・サイズにする 添付ファイルのあるビジネスメールの書き方 ビジネスシーンでは、メールにて資料やファイルを添付しなければいけないシーンが多々あります。 「添付ファイルがあるときのマナーはあるの?」「添付していることをどうやって伝えたらいいのかな?」と悩むこともあるでしょう。 まずは添付ファイルをつけるときの基本ポイント2つを確認しましょう。 ポイント1.送付内容を件名・本文に書く メールにファイルを添付するときには、「ファイルを添付すること」を伝える必要があります。 もしも、添付したことを伝えていない場合、相手が見落としてしまう可能性もあるので、必ず ファイルを送付することを件名・本文ともに明記しておきましょう。 また、添付ファイルは、受け取った相手にしてみれば「何のデータなのか」がわかりません。 メールの本文には「添付したデータが何であるか」が受け取った相手にわかるように記載することを忘れないように気をつけてください。 資料の送付漏れ・送付忘れをチェックするという意味でも、送付内容を本文に記載するという癖をつけておくといいでしょう。 ポイント2.添付資料の問い合わせ先を明記する メールにファイルを添付するときには、メールの件名や本文だけじゃなくて、ファイル自体にも気を配る必要があります。 メールの送信者が添付したファイルに関する問い合わせの窓口であるとは限りません。 そのため、添付ファイルを送る際は、メールの本文に「 添付資料に関する問い合わせ先」を記載することを心がけましょう。 もし、送信元・担当者が自分である場合は「添付したファイルに関する質問は本メールに返信いただけますと幸いです」など、自分が問い合わせ先であることを明記するのもおすすめです。 添付しているファイルについて「誰に質問すればいいのか」という点をはっきりさせておくと、添付ファイルのメールを受け取った相手も気兼ねなく問い合わせすることができます。 スムーズにやりとりするためにも、問い合わせ先を添付ファイルに明記することを忘れないようにしてください。 ファイルを添付していることを明記する• 送付内容を件名・本文に書く• 添付ファイルに関する問い合わせ先を明記する 添付ファイルのあるビジネスメールを送るときの5つの注意点 添付ファイルのあるビジネスメールは、相手に配慮しないまま送ると余計な手間になってしまう恐れがあります。 先ほど紹介した2つの基本ポイントを押さえたうえで、添付ファイル付きのビジネスメールを送るときの、5つの注意点を確認しておきましょう。 注意点1.ファイルフォーマットに注意 添付ファイルを送信する際は、ファイルフォーマットに気を付けましょう。 文書データの場合、最も一般的な「 PDF」に変換すれば基本的に支障はありません。 しかし、複数のファイルフォーマットが混在する、表計算ソフト・プレゼンテーションソフト・音声・画像・動画などのデータの場合は、相手のPC環境によって、レイアウトが崩れたりファイル自体を開けなかったりといった意図せぬトラブルにつながることがあります。 そのようなデータを添付する場合は、事前に「どのような形式でお送りするとよろしいでしょうか?」と一言確認しておくと、お互いに送信後の手間を減らせます。 注意点2.ファイルサイズ3MB超はZIPに圧縮 ビジネスメールのマナーとして知っておきたいのが、メールに添付可能なファイルサイズです。 基本的に、 3MB以上になる場合は、ZIPファイルに圧縮するようにしましょう。 また、一つひとつのファイルのサイズは小さくても、ファイルが3つ以上になる場合は、ZIPファイルにまとめられると、ダウンロードする手間が減らせます。 ファイルサイズ3MB超はZIPに圧縮• サイズが小さくても、3つ以上のファイルを添付する場合はZIPファイルにまとめる• 10MB以上なら「大容量ファイル転送サービス」を利用する また、大容量ファイル転送サービスを利用する場合、送り先によってはセキュリティの問題で受け付けない可能性もあります。 ファイルサイズが10MBを超える場合、事前に送り先の担当者にファイルの送信方法を確認できるのがベストです。 注意点3.容量が大きいものはストレージサービスを利用する 容量が大きいもの添付ファイルを送付するときに、ファイル転送サービスを使えないこともあるでしょう。 そんなときには、オンラインストレージサービスを活用することもおすすめです。 ビジネスシーンでよく活用されるオンラインストレージサービスは、「」「」などがあります。 決められた容量までは無料で活用できるので、導入しやすいこともポイントです。 会社のセキュリティ的に問題がない場合には、ぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。 注意点4.セキュリティに留意する 添付ファイルを送付するときには、ファイルにウイルスが潜んでいないかどうかも念の為確認しておきましょう。 近年では、多くのメールソフトが自動でウイルスチェックを行ってくれていますが、セキュリティとハッキングはいたちごっこの世界です。 第三者から受け取ったファイルを他者に送付する際には、 セキュリティに問題がないのか確認しておきましょう。 添付ファイルを受け取った際に、セキュリティソフトの警告が出ている場合や送信者不明な場合などは、絶対に開かずに、完全削除することをおすすめします。 特に会社で利用しているパソコンは、企業秘密の情報がたくさん含まれています。 取引先や会社に迷惑をかけてしまわないように、セキュリティには留意しておきましょう。 注意点5.ファイル名にも気を配る ファイルを添付する際には、添付ファイル自体のファイル名にもこだわりましょう。 ファイルを開く前に安心して開けることはもちろん、 ファイルをダウンロードした後、管理しやすいように添付ファイルの内容を端的に表した内容にすることがポイントです。 ファイルの内容がわかるよう、端的に名前をつける• 同じタイトルになる可能性がある場合は「送信者」「日付」などを含めて差別化する• バージョンや日付がわかるようにする 【例文】添付ファイル・資料を送付するビジネスメール では、これまでに紹介した、ビジネスメールで添付ファイルを送るときに気をつけたいポイントを踏まえて、添付ファイルを送るときのメール例文を確認してみましょう。 pdf形式)にてお送りします。 ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 先日お問い合わせいただきました資料を 添付ファイル(. jpeg形式)にてお送りします。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。 先日ご依頼いただきました見積もり書類を 添付ファイルにてお送りします。 ご査収のほど、よろしくお願いします。 今後ともよろしくお願いします。 ファイルや資料を添付するときのビジネスマナーを理解しよう• 添付の際は、送付内容をメール文に明記する• 添付ファイルについての問い合わせ先は、メールの本文に記載する• ビジネスメールのファイル転送は、相手のネット環境に配慮したファイル形式・サイズにする 本記事では、ビジネスメールで添付ファイルを送る際の例文、また添付ファイルを送る際に押さえておきたいポイントについて解説しました。 添付ファイルを送るときには、本記事で紹介した内容を満たしているのか、一度確認してみてください。 また、添付ファイルの有無に限らず、ビジネスメールでは「 受け取った相手にメールの意図が明確に伝わるかどうか」という点が重要です。 ビジネスシーンでメールを送る際は、一度メールの受け取り手の立場になって文章を再読し、丁寧な説明ができているか確認しましょう。

次の

間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

ご 送付 させ て いただき ます

この記事の目次• 「送付させていただきます」は間違い敬語・二重敬語ではない まずは結論から。 「送付させていただきます」は二重敬語ではありませんし、間違い敬語でもありません。 正しい敬語です。 なぜなら、 もとになる単語「送付」 に「させてもらう」の謙譲語「させていただく」を使い、 丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしているからです。 ただし元になる形「送付させてもらう」という表現が日本語としておかしいので、あまり好ましい敬語フレーズではありません。 普通に「送付いたします」という敬語をつかったほうがよいでしょう。 これだけですべてを物語っているのですが説明不足かもしれませんので、• なぜ「送付させていただきます」が正しい敬語なのか?• 「送付させていただきます」のビジネスシーンにおける正しい使い方• そもそも謙譲語って何? という部分についてもくわしく解説していきます。 「送付」に「させてもらう」の謙譲語を使っているから正しい 繰り返しにはなりますが「送付させていただきます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「送付」• 「させてもらう」の謙譲語「させていただく」を使い、• 丁寧語「ます」をくっつけた敬語 「させてもらう」という単語に謙譲語をつかって敬語にしており、正しい敬語の使い方をしています。 二重敬語でもなく間違い敬語でもありません。 【補足】そもそも謙譲語とは? そもそも謙譲語とは… 敬語の一種であり、自分を低くすることで対象を立てる・うやまう・高める敬語。 自分の行為につかい、対象の行為にたいして謙譲語を使ってはいけません。 ただし細かくは謙譲語にも2種類あります。 例文「お伝えします」「お土産をいただく」「貴社へ伺う」• 【出典】文化庁「敬語の指針」 ただし「送付させていただきます」は日本語としておかしい これまでの解説から「送付させていただきます」は敬語としては正しいということが分かりました。 ところが敬語うんぬんの前に… 日本語としておかしい表現じゃないの、というポイントを見るべき。 その点で「送付させていただきます」は日本語としておかしいのです。 日本語としておかしい理由 じゃあなぜ日本語としておかしいのかというと、元の形「送付させてもらう」で考えてみるとすぐに分かります。 「させてもらう」の意味は辞書によると「相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す」です。 つまり、 許しが必要なときにつかう言葉です。 で、 「送付させてもらう」だと「送付するために相手からの許しを得たい」という感じのニュアンスになります。 相手に送付するときに、はたして相手からの許しが必要なのでしょうか? わたしはおかしいと思いますね。 ただしこれは受け手の感情次第であるため、なにが正解とは言えません… 相手の許しを得るために「恐れ多くも送付させてもらいますよ、許してね」というニュアンスだと考えればまぁ許される範囲かもしれません。 正しい使い方にはたとえば、• 例文「ご一緒させていただきます」• 例文「出席させていただきます」• 例文「コメントは差し控えさせていただきます」 などがあります。 これらはよくビジネスメールに使われる表現。 相手の許しがなければ「ご一緒させてもらう=同行させてもらう、仕事を一緒にさせてもらう」あるいは「出席する」ことはできないため、正しいと言えます。 例文「本日は休業とさせていただきます」 原文「休業させてもらう」• 例文「誠に勝手を申し上げますが、製品を10%値上げさせていただきます」 原文「値上げさせてもらう」• 例文「弊社の新商品を紹介させていただきます」 原文「紹介させてもらう」• 例文「貴社の求人に応募させていただきます」 原文「応募させてもらう」• 例文「誠に勝手を申し上げますが、製品を10%値上げさせていただきます」は値上げするには相手の許可がいるわけで、これもまぁOKな使い方といえます。 例文「本日は新商品を紹介させていただきます」も、いちおうは相手の許可がいるわけですからまぁOKな使い方。 例文「貴社の求人に応募させていただきます」も、いちおうは相手の許可がいるわけですからまぁOKな使い方。 ただ、 おっさん営業である私はどれも決して使いません。 必要以上にかしこまるのが嫌いだからです。 客は神でもなんでもなくってただのヒトなのですから。 じゃあ「送付する」をビジネスシーンにも使える丁寧な敬語にするにはどうしたらいいの、ということですが… 答えは簡単で「送付いたします」とすればよいだけ。 敬語の補足 「送付いたします」はもとになる単語「送付」に 「~する」の謙譲語「~いたす」をつかい、さらに丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしています。 謙譲語には他にも「お・ご〜する」「お・ご〜いたす」という使い方があります。 たとえば、 「ご連絡する」「 ご 連絡いたす」 「ご報告する」「 ご 報告いたす」 「ご挨拶する」「 ご 挨拶いたす」 「お願いする」「お願いいたす」 こんな感じでつかう敬語です。 ちなみに丁寧語「ます」をくっつけて「お・ご〜します」「お・ご〜いたします」とするのが一般的。 私はビジネスメールであろうと電話であろうと「送付いたします」しか使いません。 理由は上述したとおり。 ビジネスシーンではとくにメールで「販売会議の資料を送付いたします」などとして使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 「送付いたします」を使った例文• ご依頼の資料につき添付ファイルにて 送付いたします(ビジネスメール)• 下記のとおり資料を 送付いたします(ビジネスメール)• 添付ファイルにてご依頼の見積書を 送付いたします(ビジネスメール) 送付いたします を使ったビジネスメール例文(全文) つづいて「送付いたします」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。 文字通り、何かを送付するビジネスメールにおいて活躍する表現です。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 社外メール例文:見積書を取引先に送付する メール件名: 【製品A】お見積送付の件(ビジネス・のまど) ケミカル株式会社 資材部 三菱 様 お世話になっております。 株式会社転職・ノマドです。 さて、先日ご依頼いただきました製品Aのお見積につき、 添付にて送付いたします。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願いいたします。 株式会社ビジネス・ノマドと申します。 iPhone7の広告代理店業をしております。 このたび、貴社ホームページに弊社製品iPhone7の広告を掲載いただきたく連絡いたしました。 iPhone7のほかにない特徴は「軽く・早く・強い」であり、 貴社でお取り扱いの他製品よりも多くの優れた点を有しております。 なお、製品仕様等の詳細につきましては添付ファイルにて資料を送付いたします。 ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、ご検討いただければ幸いです。 何卒宜しくお願いいたします。 就活メール例文:複数の応募書類を送付する(突然Ver) メール件名: 応募書類送付の件(就活大学・ノマド) 就活株式会社 人事部 採用課 就活 様 突然の連絡にて大変失礼いたします。 私、就活大学・就活学部のノマドと申します。 2019卒予定の就活生です。 このたび、貴社2019卒採用サイトにてご記載の事務系職に応募いたしたく、 添付にて以下の応募書類を送付いたします。 履歴書• エントリーシートES• 運転免許書のコピー• 在学証明書• 成績証明書 以上 お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご査収の上、 お取り計らいのほど何卒宜しくお願いいたします。 省エネかつ丁寧な送付状ができますので、テンプレートとしてご活用ください。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、表題の件につき以下送付いたします。 ご査収のほど何卒宜しくお願い申し上げます。 敬具 記 ・iPhone6 製品カタログ 3部 ・iPhone6 技術資料 3部 ・iPhone6 品質規格書 3部 以上.

次の