耐久型ポケモン。 【ソードシールド】もう受けさせない!耐久ポケモンの対策まとめ 【ポケモン剣盾】

耐久型のおすすめ|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

耐久型ポケモン

耐久アタッカー型のポケモンは、ただHPに252振ればいいのか? 貴方は、ポケモンを育てる時、火力と耐久の半々に努力値を振る場合、 「攻撃か特攻に252振って、残りはHPに252振ればいい!」なんて思ってないだろうか? 今回は、ポケモンの努力値 基礎ポイント 振りに役立つ話題を提供しよう。 ちょっと数学(算数)のお話もあるが、授業中に寝てしまうタイプの人にも親切に書いたつもりだ。 いや、本当に寝るタイプの人は3行目で寝てるから、この行に書いてあることすらもう読んでいないか……。 さて、本題だ。 最初に例を挙げた話に戻そう。 耐久振りのアタッカーは、ただHPに振ればいいのか、という話だね。 もちろん、それでOKな場合もあるが、育てているポケモンによっては、無駄な振り方をしている可能性もある。 「耐久指数」というものを理解していないとね。 耐久指数って何なのそれ? 耐久指数なんて四字熟語を見ると、いかにも難しそう、と国語が苦手な人は引いてしまうかもしれない。 だが、そんなに難しいことではない。 耐久指数が高ければ高いほどそのポケモンは堅い、ということになる。 かけるのが防御なら 物理耐久指数、特防なら 特殊耐久指数である。 それでは、限られた努力値をHPと防御または特防に振り分ける場合、どうすれば耐久指数が高くなり、堅くなるのだろうか。 次の「なんちゃって数学」問題を解いてみよう。 【数学っぽい問題】 a,bをそれぞれ自然数とする。 少し考えてみよう。 次点で、11と9。 そして最小は19と1。 2つの自然数の大きさが等しい時、その積は最大になる。 証明はめんどくさいからやらない。 私も、数学は得意じゃないし 上の問題を見てまだピンと来ない人のために説明しよう。 「何故、突然数学の講義が始まったんだ?」と思ったかもしれない。 実際、ポケモンバトルは数学が役に立つ。 でも、簡単な話なのでリラックスして読んでほしい。 要するに、ポケモンの努力値と種族値の総和も常に一定である。 つまり、 HPと防御 特防 の和が一定ならば、差が小さければ小さい程、耐久も高くなる。 ということを、覚えておけばいい。 ただ、全ての努力値をHPと防御、またはHPと特防に振る場合は、関係ない。 何も考えずに特化させればいい。 今回のテーマは、あくまで火力と耐久の半々に振るケースだ。 素早さと耐久の半々でもいい。 耐久アタッカー、努力値振りの実践例。 ランターンの場合 例えばランターン。 この愛らしい深海魚 何故か浅瀬に住んでる も、基本はHPに振らないタイプのポケモンだ。 ランターン種族値: H125-A58-B58-C76-D76-S67 個体値が全てV 最大 の時、レベル50ランターン実数値 努力値、性格補正なし H200-A78-B78-C96-D96-S87 ランターンは見ての通り、HPが高い。 そして基本的に火力不足故に、特攻に補正をかけて252振らなければいけない。 では残りは補正なしの256。 どう振ればいいだろうか?面倒だから、素早さに4振って、残りは 252として考えよう。 1.HPに252振った場合。 実数値はH232-B78-D96。 この場合、物理耐久指数は18,096で、特殊耐久指数は22,272となる。 2.防御と特防に124ずつ振り、HPに4振った場合。 実数値はH201-B94-D112。 物理耐久指数は18,894、特殊耐久指数は22,512となった。 その差はわずかではあるものの、物理、特殊ともにHP252振りよりも堅くなっている。 ダイマックスと耐久指数 剣盾にはダイマックスが登場し、耐久の調整はよりややこしくなった……とお思いの方もいるだろう。 実は、そんなことはない。 ダイマックスすれば、単純に耐久指数も2倍になるからだ。 HP200 防御100 とHP100 防御200 のポケモンがいたとして、どちらも耐久指数は20,000。 これがダイマックスすれば、 HP400 防御100 とHP200 防御200 でどちらも耐久指数は40,000。 ただ2倍になるだけだ。 むしろダイマックスと耐久指数の関係で大事なのは、元々の耐久指数が高いポケモン程、ダイマックス時の耐久指数が高くなるという点か。 定数ダメージという面倒な問題 ダイマックスよりも厄介で面倒なのは、定数ダメージだ。 つまり毒や天候とかで、HPの8分の1とか16分の1が削られるなどの、各種ダメージのことを指す。 これらは、防御・特防の高さを無視するため、HPのみで計算をする必要がある。 HPを16の倍数から1を引いた数 16n-1 にしておけば、もうどく、やけど、天候ダメージが最小になる。 これこそが最も美しいのだ、と唱える人もいる。 彼らは16n-1調整に、まるでダヴィンチのアートのような芸術性を感じとっている。 確かに美しい調整だとは思うが、これが実際のポケモンバトルで、どれ程の勝率の違いを生み出すのかは、誰もよく分かっていないのが実際のところである。 かくいう私も、半ば妄信的に"HPは奇数にせよ"という教えを信じてはいるが、そのおかげで勝てた試合があったか、と聞かれれば答えに詰まる。 まだみがわりの試行回数を増やせる4n+1調整とかは、わかりやすいけどね。 結論・まとめ• HPの種族値が高いポケモンを耐久アタッカー型などにする場合、努力値は防御か特防に振った方がより堅くなる。 理想はHP=防御、またはHP=特防という調整。 ただし、定数ダメージを考慮に入れる場合、その限りではない。 はい、長い文章が嫌な人は、ここだけよく読んで覚えよう。 yasuokaden.

次の

努力値の振り方 (応用編)

耐久型ポケモン

ものすごく堅くて、じわじわーっと猛毒・束縛技で攻める型になりますね。 他にもいろいろ調べてみました。 『 フシギバナ 』 持ち物:フシギバナナイト メガシンカする事で、弱点が飛行・エスパーのみに。 メガリザードンのひでり超火力炎技でも一撃では倒れない耐久力。 物理も特殊受けどちらもこなし、[ギガドレイン]で回復も出来る。 初心者には扱いやすい優れた耐久ポケモン。 『 ラッキー 』 持ち物:しんかのきせき とても高いHPと、高めの特防を持っているため特殊受けに。 特性[しぜんかいふく]もあるので状態異常も怖くない(眠る交代コンボも) BD振りにして、性格[ずぶとい]だと物理面も結構耐えられる。 初心者の扱いやすい型らしい。 『 ハピナス 』 ラッキーよりも道具の自由度が出来る上級者向け?(物理耐久は貧弱)。 特殊受けで出しながら、高いHP利用のカウンターで物理退治という手も。 『 ブラッキー 』 防御・特防共に高く、弱点は格闘以外は技マシンであまりない虫・妖精。 PTメンバーによって物理を任せるか、特殊任せるかの自由度がある。 攻撃面は弱そうだが[イカサマ]を教え技で習得させれば対物理型に。 『 グライオン 』 特性:ポイズンヒール 持ち物:どくどくだま 高い防御力と、その特性によって再生能力だけでなく状態対策もある。 攻撃・素早さも水準値はあり、[ハサミギロチン]で一撃必殺型も出来る。 『 ナットレイ 』 特性:てつのトゲ 特性で、対メガガルーラに最適な耐久型。 [ゴツゴツメット]を持たせるとさらに接触型の物理に対し強くなれる。 炎弱点4倍は辛いけど、10タイプに耐性を持ち特防も高い方。 [やどりぎのたね]で再生したり、味方交代でも一応サポートにもなる。 『 イノムー 』 特性:あついしぼう 持ち物:しんかのきせき 対ドラゴン、電気が優秀。 素早さの遅さも[ゆきなだれ][こおりのつぶて]で利用が出来る。 攻撃力も結構あるのでタイプ一致[地震]も少し期待出来る火力。 『 カバルドン 』 特性:すなおこし 砂嵐や[すなじごく]じわじわ攻め[なまける]回復、[じわれ]一撃攻撃や [ステルスロック]まき、[あくび]交代促しなどサポートも出来る。 『 エアームド 』 特性:がんじょう 一撃技無効、防御が高くて耐性も豊富な10タイプ。 BW2教え技[おいかぜ]で味方サポートで優位に立つ事が出来る。 [ステルスロック][ふきとばし]コンボで有名。 『 パンプジン 』 高い防御と[おにび]による火傷狙いで対物理に強力な存在。 回復技は習得しないのが欠点?([やどりぎのたね]くらい)。 [みちづれ][トリック][トリックルーム][かなしばり][ひかりのかべ] という補助技満載でかき乱し&サポート能力の強い耐久型。 『 ヨノワール 』 物理・特防どちらも高く、それでいて攻撃力も結構高めな耐久型。 3色パンチを習得出来たり、[グロウパンチ]で攻撃上昇も出来る。 タイプ一致[かげうち]で遅い素早さ問題も一応解決出来る。 『 サマヨール 』 持ち物:しんかのきせき ヨノワールと違って、火力は低くなり持ち物もバレる欠点有り。 ただし、防御・特防はツボツボに僅差になるぐらいの堅さを誇る。 [のろい][おにび]からの[まとわりつく]攻めで火力不足も解決する。 ヨノワールは扱い方法の違った耐久持久型。 ものすごく堅くて、じわじわーっと猛毒・束縛技で攻める型になりますね。 他にもいろいろ調べてみました。 『 フシギバナ 』 持ち物:フシギバナナイト メガシンカする事で、弱点が飛行・エスパーのみに。 メガリザードンのひでり超火力炎技でも一撃では倒れない耐久力。 物理も特殊受けどちらもこなし、[ギガドレイン]で回復も出来る。 初心者には扱いやすい優れた耐久ポケモン。 『 ラッキー 』 持ち物:しんかのきせき とても高いHPと、高めの特防を持っているため特殊受けに。 特性[しぜんかいふく]もあるので状態異常も怖くない(眠る交代コンボも) BD振りにして、性格[ずぶとい]だと物理面も結構耐えられる。 初心者の扱いやすい型らしい。 『 ハピナス 』 ラッキーよりも道具の自由度が出来る上級者向け?(物理耐久は貧弱)。 特殊受けで出しながら、高いHP利用のカウンターで物理退治という手も。 『 ブラッキー 』 防御・特防共に高く、弱点は格闘以外は技マシンであまりない虫・妖精。 PTメンバーによって物理を任せるか、特殊任せるかの自由度がある。 攻撃面は弱そうだが[イカサマ]を教え技で習得させれば対物理型に。 『 グライオン 』 特性:ポイズンヒール 持ち物:どくどくだま 高い防御力と、その特性によって再生能力だけでなく状態対策もある。 攻撃・素早さも水準値はあり、[ハサミギロチン]で一撃必殺型も出来る。 『 ナットレイ 』 特性:てつのトゲ 特性で、対メガガルーラに最適な耐久型。 [ゴツゴツメット]を持たせるとさらに接触型の物理に対し強くなれる。 炎弱点4倍は辛いけど、10タイプに耐性を持ち特防も高い方。 [やどりぎのたね]で再生したり、味方交代でも一応サポートにもなる。 『 イノムー 』 特性:あついしぼう 持ち物:しんかのきせき 対ドラゴン、電気が優秀。 素早さの遅さも[ゆきなだれ][こおりのつぶて]で利用が出来る。 攻撃力も結構あるのでタイプ一致[地震]も少し期待出来る火力。 『 カバルドン 』 特性:すなおこし 砂嵐や[すなじごく]じわじわ攻め[なまける]回復、[じわれ]一撃攻撃や [ステルスロック]まき、[あくび]交代促しなどサポートも出来る。 『 エアームド 』 特性:がんじょう 一撃技無効、防御が高くて耐性も豊富な10タイプ。 BW2教え技[おいかぜ]で味方サポートで優位に立つ事が出来る。 [ステルスロック][ふきとばし]コンボで有名。 『 パンプジン 』 高い防御と[おにび]による火傷狙いで対物理に強力な存在。 回復技は習得しないのが欠点?([やどりぎのたね]くらい)。 [みちづれ][トリック][トリックルーム][かなしばり][ひかりのかべ] という補助技満載でかき乱し&サポート能力の強い耐久型。 『 ヨノワール 』 物理・特防どちらも高く、それでいて攻撃力も結構高めな耐久型。 3色パンチを習得出来たり、[グロウパンチ]で攻撃上昇も出来る。 タイプ一致[かげうち]で遅い素早さ問題も一応解決出来る。 『 サマヨール 』 持ち物:しんかのきせき ヨノワールと違って、火力は低くなり持ち物もバレる欠点有り。 ただし、防御・特防はツボツボに僅差になるぐらいの堅さを誇る。 [のろい][おにび]からの[まとわりつく]攻めで火力不足も解決する。 ヨノワールは扱い方法の違った耐久持久型。 特殊受けでお勧めの耐久ポケはあるのかならともかく漠然と耐久ポケと質問されても??? でしかないです。

次の

アルセウス : 【砂パ用】耐久型アルセウス

耐久型ポケモン

耐久ポケモンとは 耐久ポケモンとは、防御や特防の種族値が高いことや自身の優秀なタイプによって半減で受けられる技が多いために、 相手の技を受けきることができるポケモンのことです。 耐久ポケモンは攻撃や特攻の種族値が低いことが多いため、補助技による定数ダメージで相手を倒しに行く戦法が主流です。 耐久が高いために 詰ませ性能が高く、対策をしていないと倒せない場合もあります。 使われ方は様々で、どうすることもできない相手のポケモンを引かせたり、ポケモンを交代する際のクッションにしたり、今作では「ダイマックス」のターンを枯らしたりといった使われ方があります。 また、耐久ポケモンだけを集めた「受けループ」と呼ばれるパーティも存在し、 型を知っているだけでも優位に立ち回れるので多くの型を知っておくと良いと思います。 基本的な対策 ・ 定数ダメージで倒そう 耐久ポケモンは攻撃や特攻の種族値が低いことが多いです。 そのため、こちらのポケモンが一撃で倒されることは少なく、 状態異常などによる定数ダメージを入れるタイミングが多く存在します。 定数ダメージと通常攻撃で押していくのが有効的です。 定数ダメージを入れることができる主な技として、「どくどく」「おにび」「のろい」が挙げられます。 ・「ステルスロック」を撒こう 耐久ポケモンを使うバトルでは、ポケモンの出し入れが頻繁に行われる サイクル戦となることが多いです。 そこで「ステルスロック」をフィールドに撒き、相手に少しずつダメージを蓄積させることで倒すことのできるチャンスが生まれやすくなります。 また、今作では「キョダイマックスダイオウドウ」の専用技である「キョダイコウジン」も「ステルスロック」と似たような効果を持っているため有効的です。 ・積み技を使おう 「つるぎのまい」や「わるだくみ」などの 積み技を使うことで相手は受けきることができなくなります。 特性の「いかく」や技の「ちからをすいとる」、状態異常である「やけど」がある関係上「わるだくみ」による特殊アタッカーのほうが安定して積むことができるでしょう。 また、この対策では相手にも積み技があったり、「 くろいきり」をもっていたり、特性が「 てんねん」である場合にはあまり有効的ではないため臨機応変に対応する必要があります。 ・「こだわり」アイテムを渡そう 自身の持っている「こだわりハチマキ」、「こだわりメガネ」、「こだわりスカーフ」のアイテムを 「トリック」や「すりかえ」で相手に渡すことで機能停止に追いやることができます。 「こだわり」アイテムを持った耐久ポケモンは技を1種類しか出すことできなくなるため、 本来の動きをすることができないため倒しやすくなります。 ・「ちょうはつ」で機能停止へ こちらは耐久ポケモンに対しては非常に強力で 最も安定した対策であると言えます。 耐久ポケモンは攻撃技よりも補助技を多く持っており、「ちょうはつ」をうつことでそのほとんどを使用不能にできるうえ、回復手段を失わせることができます。 ただし、特性が「どんかん」のポケモンや「メンタルハーブ」を持っていると「ちょうはつ」が効かないので注意が必要です。 ・一撃技で倒そう 相手がどんなに硬くても、 一撃技を使えば関係なく倒すことができます。 耐久ポケモンの前では一撃技の試行回数が稼ぎやすいので、当たる確率を高めることができます。 ただし一撃技を使う際には次のことに注意が必要です。 「ぜったいれいど」はこおりタイプに、「つのドリル」と「ハサミギロチン」はゴーストタイプに、「じわれ」はひこうタイプにそれぞれ効果がなく、ダイマックスポケモンや特性が「がんじょう」のポケモンにも効かないので注意しましょう。 基本的には物理受けとして使われるため特殊ポケモンで攻めたり、持ち物の 「しんかのきせき」を「はたきおとす」や「トリック」で無効にすると容易に突破することができます。 また、攻撃技が「ナイトヘッド」しかないことが多いためノーマルタイプへの有効打がなく、ノーマルタイプで対面有利をとることができます。 基本的に特殊ほのお技で攻めることで突破しやすいが、「オッカのみ」持ちには注意が必要です。 また、「ちょうはつ」をいれることで本来の動きを封じ込めることができ、攻撃技の「ジャイロボール」のPPは最大8であるため枯らす戦法も有効的です。 「つるぎのまい」や「わるだくみ」などの積み技も有効ですが、「ねっとう」による「やけど」や 「くろいきり」を覚えることから安定した対策とは言えません。 そのため、 「こだわりハチマキ」や「こだわりメガネ」によるもともとの高火力で受けを崩すのがいいでしょう。 その反面で特殊耐久はほとんどなく、 特殊技であればばつぐんをとらずとも大ダメージを与えることができます。 そのため、特殊ポケモンで相手をすることが得策であると言えます。 しかし、特性の「がんじょう」で耐えてから「ミラーコート」で返されるということもあるため注意が必要です。 特殊ポケモンで相手をするか一撃技で落としにいくのがいいでしょう。 中には「タラプのみ」を持った特殊受けの型も存在するため、特殊ポケモンで相手をする場合には積み技を採用しておくと安定して処理をすることできます。 フェアリータイプのポケモンには有効打がなく、「ダイフェアリー」による「ミストフィールド」で「あくび」を防ぐこともできるため、 フェアリータイプで相手をするのがいいでしょう。 また、「ねがいごと」を使ってから控えのポケモンと交代して回復させる動きをとることもあるので、予測して立ち回りましょう。 ・おすすめ対策ポケモン ミミッキュ ・「じゃれつく」でばつぐんをとることができる ・「つるぎのまい」で攻撃をあげることができる トゲキッス ・「マジカルシャイン」でばつぐんをとることができる ・「わるだくみ」で特攻をあげることができる ・「トリック」で「こだわり」アイテムを押し付けることができる ・「イカサマ」を半減で受けることができる ぬめいるさんのバトル講座「まとめ」 選出方法 まず敵のチームを見て大まかな構図を見ます。 慣れたらかなりわかると思うんですがそれまではうまい実況者さんの動画などを見てポケモンの方を覚えときましょう。 おおまかに分けるとダイマエース型、受けループ型、アタッカー型がいます。 これを見分けるのなら簡単なので絶対にしてください 個人の感想です ダイマエース型 大マックス展開が強いポケモンを中心とした構築です。 エースバーン、ギャラドスがいるとなんとなくダイマエース型だと思っていいです。 ダイマエース型で一番恐ろしいのは初手ダイマで全員倒れることなんですよね それを防ぐためにはードリュウズです! ダイマエースの特徴の一つとしてダイジェットがあります。 最初のキャラなどを糧にして無双する感じです。 大体 なので相手がダイマしてから交換だと遅いのでこの型だったらドリュウズを先発で出しましょう。 ドリュウズのタイプを見ると相手はダイマックス警戒も兼ねて一発で落とすために効果抜群技を打ってきます。 気合のタスキ読みでたまにダイジェット始動する人もいる そのダメージはドリュウズが必ず気合のタスキで耐えるので岩石封じ一択でいいです。 そのあとはドリュウズは捨ててOKです。 後は後続にウオノラゴンやドラパルト、ミミッキュを置いて倒せばいいです 相性次第ではゾロアーク、ゴリランダーもOK 素早さが高く突破性能のあるポケモンがいたらドリュウズに頼りましょう 受けループ型 受けループ型とは耐久の高いポケモンや積みを無視してくるポケモンで固められているチームで ドヒドイデ、ピクシー、ポリ2、ヌオーらへんが多かったら大体そうです この受けループ型の対処法は5つ程あるんですけどカビリアスさんのチームでは3つあります。 1、高火力で押し通す カビリアスさんのチームでこれが行えるのは、ゾロアーク、ドラパルト、ウオノラゴンですね メインメニュー•

次の