ハイキュー 西谷 名言。 【ハイキュー!!】心に沁みる忘れられない名言集まとめ!|MACHAブロ

【ハイキュー!!】西谷夕がかっこよすぎる!名シーンや声優を紹介!

ハイキュー 西谷 名言

見た目は髪の毛が薄い茶髪で、黒目が縦長なので特徴的です。 好物は紅しょうがです。 ピンチの際にサーバーとしてチームを救う役割をしており、鵜飼監督からも実力は信頼されています。 そういった理由もあり、春高予選以降は出場回数が多いです。 木下久志の性格 実は木下は一度、部活をサボっていたことがあります。 それは、名将烏養監督(現在の監督である鵜飼一心の祖父)が指導した時期に、その練習の厳しさに耐えることが出来ずにサボってしまいました。 1年生の頃のエピソードです。 しかし、縁下力、と一緒にバレー部へ戻り、一度は逃げ出しましたが自らを省みてもう一度厳しいバレーの世界に向き合うことを決心しました。 一度逃げ出したからこそ、人一倍努力する気持ちを持っています。 それはサーブ練習を見ても明らかです。 自分に実力が無いと分かっているからこそ、自分と向き合い努力をしています。 このように木下は、弱さもありながら諦めない心を持っています。 隠れたエピソード.

次の

ハイキュー!!西谷夕の烏野高校を選んだ理由は?名言は?なぜリベロになりたかったのか?

ハイキュー 西谷 名言

【ハイキュー】のリベロとは バレーボールにおいて重要なことの1つに、いかにボールを落とさず仲間へつなげるかということがあります。 ボールが地面に落ちてしまっては、どんなに強いスパイカーや優れたセッターがいても勝つことに繋がりません。 逆に相手からすると サーブやスパイクで攻撃したものがすべてレシーブで返されるほど嫌なものはないと思います。 そんなレシーブを巧みに使い仲間の元にボールを届けるという重要な役目を果たすのがリベロという役割です。 リベロは相手からのサーブやアタックに対してどれだけ正確にレシーブをしてセッターへ返すかが重要になっており、これが勝負の分かれ目でもあります。 より正確にセッターへ返すことができればそれだけも攻撃にも余裕ができ、攻めの戦術が広がることになるのです。 リベロはイタリア語で「自由」という意味を持ち、名前の通りコートの出入りが自由にできるという特徴を持っていますが、この特性のため、タイムアウトやメンバーチェンジを使うことなく監督やコーチの指示をコート内のプレイヤーに伝えることができます。 さらに何回でも交代ができるので選手の負担を軽減でき、交代してコートから出た選手の体力を回復できるというメリットもあります。 しかしリベロにも制限されていることもいくつかあります。 1つ目はサーブやネットより高いスパイク・バックアタックのような攻撃的なプレーのほとんどができないという点です。 2つ目は交代できる選手は後衛の選手のみで、コートの外に出るときは交代した時に入れ替わった選手のみということです。 そんなリベロの選手は低い位置からのレシーブがかっこよく、鮮やかに返すところが魅力的なのです。 【ハイキュー】リベロキャラの名前一覧!名言や身長についても ハイキューに登場するリベロのキャラクターを1人ずつ解説していきます。 烏野高校のリベロ:西谷夕• 名前:西谷夕• 背番号:4• 2年生• 身長:159cm• 名言「いいじゃないスかどう見られるかなんて!自分でカッコイイと思ってれば!!」• 名言2:「俺が繋いだボールをアンタが勝手に諦めんなよ!!!」• 名言4「俺はこの身長だからリベロやってるワケじゃねえ たとえ身長が2mあっても俺はリベロをやる。 スパイクが打てなくてもブロックができなくてもボールが床に落ちさえしなければバレーボールは負けない。 そんでそれが一番できるのは・・・リベロだ 」 鳥の高校の背中を守っている守護神で、前髪にメッシュが入ったツンツン頭をしているリベロです。 髪型が特徴的なので、お風呂上がりなどのセットしていない時には西谷夕本人だと気が付かれないことも。 元気で心の強さでチームを支える人気リベロです。 名前:桜井大河• 背番号:12• 2年生• 身長:164cm• ユニフォーム:白色と青色 ふわっとしている髪で分け目が真ん中にあり、プレーの方は田中龍之介のサーブをレシーブでしっかり返していました。 試合では進んで声を出していて、チームで悪い流れを断ち切るような発言もあったりしました。 伊達工業高校のリベロ:作並浩輔• 名前:作並浩輔• 背番号:13• 1年生• 身長:166cm• ユニフォーム:深緑色 伊達工業高校のリベロも髪をちょうど真ん中で分けており、顔はキリっとしています。 同じ1年生の大型セッターである黄金川貫至の得意とする高さがある位置へレシーブを返したりと正確性が良く、後ろからしっかりチームを支えています。 名前:横手駿• 背番号:12• 1年生• 身長:165cm• ユニフォーム:白色と紺色 アッシュグリーンの髪の色でオールバックにしており顔は少し恐めです。 プレーでは活を入れられると根性と熱意を感じられるものがあり、キャプテンである十和田良樹がつなげたボールを一番に拾いに行き、つなげていました。 角川学園高校のリベロ:南田大志• 名前:南田大志• 背番号:12• 1年生• 身長:161. 8cm• ユニフォーム:深緑色• 名言「他の学校の連中がとやかく言おうと知ったこっちゃねーから兎に角百沢を褒めて褒めて伸ばしたい! 」 広い心を持っており、周りの嫌味や悪口を気にせずに仲間のケアをしてチームを前向きにしたりしています。 プレー自体は安定していながら大事な場面での掛け声をしっかりかけ、チームの士気を高めていました。 条善寺高校のリベロ:土湯新 ハイキューキャラのイイとこ勝手に言っていくコーナー 今日は「土湯新」くん 条善寺高校のリベロ! 常にテンション高くて遊んでる条善寺の中では静かな方だよね😑😑自由奔放に遊ぶメンバーをフォローして支えてる人こそ新君なのかもしれないね!🤔 — 塩キャラメル🐳低浮上 shiokyarameru0• 名前:土湯新• 背番号:11• 1年生• 身長:165. 8cm• ユニフォーム:白色 茶髪で目が少したれ目になっているのが特徴的ですが、本人は目立つようなプレーやチームのノリにはあまり参加せず、わりと後ろから見ていることが多いです。 マネージャーである三咲華が言った「こいつらのケツ叩いてくれって頼まれている」という中の「ケツ」という言葉や、試合後の「常に本気で遊ぶというスタイル、結構好きよ」という一言に一番顔を赤らめていました。 和久谷南高校のリベロ:秋保和光 ハイキューキャラのイイとこ勝手に言っていくコーナー 今日は「秋保和光」!! 和久谷南高校の2年生リベロ! リベロで身長は172. 名前:秋保和光• 背番号:10• 1年生• 身長:172cm• ユニフォーム:白色とピンク 側面を刈り上げにして上から髪の毛をもっさりのせたような見た目をしています。 残念ながらレシーブをするシーンはほとんどありませんでした。 白鳥沢学園高校のリベロ:山形隼人• 名前:山形隼人• 背番号:14• 3年生• 身長:174. 3cm• ユニフォーム:白色と紫色• 名言「汚職があったなんておー、ショック」• 名言2「猛暑はもうしょうがない」• 名言3「茄子をなすりつける」• 名言4「アスパラ食べれば明日パラダイス」 目つきが鋭く髪が後ろに逆立っている特徴があります。 白鳥沢学園高校のレギュラーなだけあり、強いサーブやスパイクを的確に拾いレシーブを上げています。 性格は冷静ながらも精神力が高く、ポイントをとられても切り替えが早いです。 白水館高校のリベロ:黒石純二 Kuroishi Junji「黒石純二」 — 1st year — libero — paige ilygyeom• 名前:黒石純二• 1年生• 身長:173cm 音駒高校のリベロ:夜久衛輔• 名前:夜久衛輔• 背番号:3• 3年生• 身長:165cm• ユニフォーム:白色と赤色• 名言「たとえコートの外にいようが心支える守護であれ」• 名言2「お前は5点ミスったって10点取ってくれりゃあいいんだよ。 後は相手に獲られなきゃいいハナシだ。 」 クリーム色が混じった茶髪で、烏野高校の西谷夕も一目を置いています。 練習試合で初めて烏野高校と試合をした時、初見である東峰旭のサーブに触れてきたり反応速度や能力が高いです。 合宿中にはリエーフにレシーブを教えたりしていましたが、逃げられたりもしていました。 名前:芝山優生• 背番号:12• 1年生• 身長:162. 5cm• 名言「僕 後ろにいるから」 音駒高校の控えレシーブとして1年生ながらメンバー入りしています。 おとなしい性格でしっかり返すレシーブが得意なため、1年生ながらもしっかりチームの役に立っていました。 名前:小見春樹• 背番号:11• 3年生• 身長:164. 7cm 眉毛がきっちりしていて髪型が茶髪でソフトモヒカンのようになっています。 大体のサーブやアタックをうまくレシーブで返し、キャプテンである木兎光太郎が気落ちしてもしっかりチームを支えていました。 合宿後のバーベキューの時には清水潔子に声をかけようとして西谷夕・田中龍之介・山本猛虎ににらまれていました。 戸美学園高校のリベロ:赤間颯• 名前:赤間颯• 背番号:8• 1年生• 身長:172. 3cm 坊主頭が似合う選手です。 」製作委員会・MBS 引用元:より• 名前:古森元也• 1年生• 身長:180cm 眉毛が特徴的ですが、リベロの中でも身長が高い大型リベロで、高校No1のリベロとして紹介されています。 椿原学園高校のリベロ:貝掛亮文• 名前:貝掛亮文• 背番号:12• 2年生• 身長:173. 」製作委員会・MBS 引用元:より• 名前:赤城路成• 背番号:15• 3年生• 身長:174cm 稲荷崎高校なので、名前の由来がアカギツネだと言われています。 顔だちも目が大きくキツネのように見えてきます。 早流川工業高校のリベロ:輪島友和• 名前:輪島友和• 背番号:9• 2年生• 身長:171. 2cm 鴎台高校のリベロ:上林鯨一郎• 名前:上林鯨一郎• 3年生• 背番号:13• 身長:173cm まとめ リベロは一見地味なように見えますが、レシーブでチームを支える大事な使命を持ってコートに立っており、かっこいいスパイクやサーブができなくても大事な役割を担っています。 相手からの攻撃を確実にレシーブで上げるというのは簡単なことではありませんが、その分仲間からの信頼も強くチームを大きく変えることができるのです。 西谷夕が「試合の中で最も会場中が盛り上がるときはどんなすげえスパイクよりもスーパーレシーブが出た時だぜ」と言っていましたが、本当にそう感じてしまいますね。

次の

ハイキュー!!名言・名セリフ

ハイキュー 西谷 名言

スポンサーリンク 【ハイキュー!! 】西谷夕の名言は? 基本的に西谷は言動がワイルドで、男前なので、名言っぽいものがたくさんあります。 その中でも今回は5つを選んでピックアップしてみました! (1)3巻:伊達工業高校との試合でブロックされ続けて、トスを呼ぶのが怖くなり、敗北してしまったことがトラウマになっている旭への一言 (壁に跳ね返れたボールも 今度こそ繋いでみせるから) 「 だからもう1回、トスを呼んでくれ エース!!!」 (2)5巻:伊達工業VS鳥野の試合開始前 「心配することなんか何も無え!! 皆 前だけみてけよォ!!背中は俺が護ってやるぜ」 (3)17巻:白鳥沢VS烏野の試合序盤、左利きのウシワカのレシーブに対して。 実際に有言実行の3本目で完璧なレシーブをして見せたからこその名言! 「・・・3本下さい 必ず慣れてみせる」 (4)21巻:白鳥沢VS烏野の試合最終盤、春高がかかったシーンでのファインプレー後 「烏野には俺有りっスから でも俺にも出来ない事がある だから無理を承知で言います! 太ももがはち切れようとも 空中戦は頼みます!!」 (5)26巻:苦手なオーバーハンドトスの練習中 「…俺も アンダーで全部取れるならそれでいいと思ったしできると思ってたんだよ でも もっと上が居る 選択肢が増えるってわかってて やんないなんてつまんねえよ」 他にも、表紙が西谷の3巻は、とにかく西谷がカッコイイ巻となっています! 他の巻でも、様々な回想シーンや、神レシーブのシーンなど、【名言】とは言えないけれど、西谷がめちゃくちゃカッコイイシーンはたくさんあるので是非探してみてください! 特にチームがピンチに陥る試合でこそ、西谷は本領を発揮しています!(リベロだからでしょうね!) スポンサーリンク 【ハイキュー!! 】西谷夕はなぜリベロになりたかったのか?身長は関係ない!? 西谷がリベロになりたかった理由は、3巻17話「嵐」に描かれています。 西谷がリベロになったのは、単に身長が低かったからではありません。 西谷にとってリベロは、どんなスパイクが打てるアタッカーよりも、優れたポジションだと考えています。 その理由は、 リベロの仕事には試合に負けないために、ボールを床から落とさないようにレシーブという大事な仕事があります。 その仕事が一番できるのはリベロであります。 西谷はたとえ2m以上の身長があったとしても、「俺はリベロをやる!」と宣言していることからリベロのカッコよさを知っています。 そして試合中、一番「ワっ!!」と盛り上がるのは、どんなすげえスパイクよりもスーパーレシーブが出た時と断言しています。 それだけリベロの面白さや醍醐味をわかっている西谷にとって リベロは一番カッコ良くてなりたいポジションだということです。 スポンサーリンク 【ハイキュー!! 】西谷夕の苦手なことは? 漫画9巻73話「東京遠征への道」では、来たる烏野高校の定期テストのために、 バレー部員たちはテストで赤点を取らないために必死で勉強します。 (赤点をとってしまうと東京遠征へ行けなくなってしまうため) 西谷が勉強ができるタイプには見えないとは思いますが、 一番苦手なのが「現代文」です。 前の日の小テストで、物語を読んで、登場人物の気持ちを問われる設問において、気合の入りすぎた回答でバツになっています。 ポジティブでワイルドな西谷には、ネガティブな登場人物の気持ちは理解し難いのかもしれません。 しかしながら、暗記は得意なようで、そちらで赤点をまぬがれたようです。 オーバーハンドトス また、西谷は天才的なレシーブ力をもつリベロではありますが、アンダーレシーブは得意なものの、 オーバーハンドトスは苦手なようです。 名言でもピックアップしている26巻の練習シーンでは、元々オーバーハンドトスが苦手で、アンダーだけでやっていこうと思っていたようですが、 全国行きが決定して、自分のレベルアップの為にも苦手に取り組むその姿が描かれています。 青葉城西高校のリベロが元セッターで、オーバーハンドトスが得意だったこと、烏野の攻撃に、セッターがレシーブをした時にアタックラインよりも手前でジャンプをしてトスを上げるパターンが組み込まれた事も苦手克服に踏み切った理由の一つかもしれません。 スポンサーリンク 【ハイキュー!! 】西谷夕の本当の身長は?ごまかしている!? 西谷は、登場当初から、日向に「高校入って初めて人を見下ろした」と言われ、烏野高校の男子バレー部で一番身長の低いプレーヤーです。 (存在感は一番大きいかもしれませんが) そんな西谷の本当の身長というか、実寸?がわかるシーンがあります。 漫画3巻25話「遭遇」で、烏野高校の男子バレー部は、高校の施設である学習合宿・部活動合宿用施設に宿泊をします。 ここで、夕食を食べて布団を引き、お風呂の順番になった日向は、廊下でみた事もない子供と遭遇します。 中と一緒にその子供をちゃんと見ると… 実はそれは西谷だった、というオチでした。 西谷の髪型は、チョロンと飛び出た前髪にメッシュが入っていて、その他の毛はは逆立てた状態になっています。 ちなみにこのエピソードからは、 逆立て分でだいたい10cmくらいあるということがわかります。 …かなり盛ってますね。。。 ですので、西谷の本当の身長は、普段(ツンツン頭の時)の見た目よりも小さいことになります!.

次の