お通夜数珠。 お通夜に数珠は必要?|意味・選び方・男性・女性・ない場合|終活ねっと

お通夜で数珠のタイミングと持ち方とは?さらに意味も知れば知識人!

お通夜数珠

この記事に書かれていること• なんと!お葬式に数珠は必要ない さて、見出しにも書きましたが実はお葬式に数珠は必要ありません。 これは何故かというと 数珠というのは念仏・真言・お題目を何回唱えたか数えるためにある仏具なんですね。 仏教では人間は108の煩悩があると考えられていて、数珠には108の玉があり、その玉一つ一つが108の煩悩を司る仏様と考えられています。 (108個玉がついているのは正式数珠で、数珠の玉の数が少ない1連の略式数珠も最近ではよく使われています。 ) そして、 人間のあらゆる煩悩を数珠が引き受けてくれているとも考えられており、昔から厄除け・お守りとしての役割も持っています。 現在は現実的には亡くなられた方や仏さまに敬意を表すものとして捉えられています。 それで、 少し話は戻りますが、お参りにいらっしゃる一般の方は、お坊さんでもないので、お経をあげなければいけないというわけでもありません。 だから、 お葬式に数珠というのは本来は必要ないものなのです。 しかしながら、仏教のお葬式では基本的に数珠を持ってお焼香するのがパターンとなっていますので、人によっては数珠を持っていないと非常識だと見る人もいる事は確かです。 だから、 現実的には数珠をお葬式は持って来たほうが無難だと言えるでしょう。 また、 自分が神道だったり、キリスト教など、仏教以外を信仰している場合は基本的に数珠は必要ありません。 お葬式は自分の宗派の作法で参加してOKといわれていますので、信仰している宗教が数珠を使わないのであれば、持っていなくても全然大丈夫です。 数珠を忘れた時はどうすればいいの? では数珠を忘れた時はどうすれば良いのでしょうか? 数珠というのはお守りや厄除けという役割も持っているので、本来1人1人がそれぞれ持っているもので、貸し借りをするようなものではないと言われています。 お葬式やお通夜でよく見る「数珠を貸して~」と言って数珠を借りて御焼香に出たりするのは本来はNGな行為なのです。 数珠の本来の意味を知っている方は、数珠を借りている場面を見ると不愉快に思う方もいらっしゃるかもしれません。 葬儀屋さんにご用意している数珠はお客様のご要望があればお貸ししますが、本来数珠というのはなくても大丈夫なので、そのままお参りしても本来大丈夫です。 それでも気になる方は、まずは葬儀屋さんの職員に数珠がないか聞いてみてくださいね。 (お参りされている方の面前であまり貸し借りはしないほうがいいかと思います。 ) また、 コンビニや百均などでも数珠は売っていることもありますので、急ぎで手に入れたい場合はそういう所で探してみるのも良いでしょう。 スポンサーリンク 子供は数珠がなくても大丈夫? 子供がお葬式で数珠がないという場合に悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、上でお話しした通りお葬式に数珠はなくても大丈夫なので、お子さん用の数珠がなくても、もちろん大丈夫です。 ただ、お子さんは大人の真似をしたがる子が多いので、持たせておくと落ち着いたりする子も見受けられます。 そういった面で、持たせてあげたいと考えるのであれば、持たせてあげても良いでしょう。 まとめ 本日は数珠はお葬式で必要かどうか?について述べさせていただきました。 数珠というのは念仏をあげるときに唱えた数を数えるためにもともとあるものなので、念仏を上げるわけではないので数珠は必要ありません。 それでも数珠はお葬式では一般的にはあるのが常識のように思われている面もあるので、気になる方はもっていくのが良いでしょう。 スポンサーリンク.

次の

知らないと恥ずかしい葬儀で使う数珠の色のマナー。選び方を詳しく解説

お通夜数珠

この記事の目次• お通夜 葬儀 の焼香で数珠を持つのはなぜ?何か意味があるの? お焼香の数珠を持つのか持たないかというのは、 「こうしなければならない!」 というはっきりとしたルールはないようです。 お通夜やお葬式には数珠を持っていくべきだと思っている人もいるし… 初めからお通夜やお葬式に数珠は持っていかないという人も… 仏教徒以外の神道やキリスト教などを信じているので、数珠を使わないというはっきりした理由がある人も… なので、「数珠を持つのか持たないのか」というのは、人それぞれの考えでよいのかなと思います。 というのも、数珠はお通夜やお葬式で使う道具というだけではなく、数珠の持ち主の身を守る「お守り」のような意味もあるから。 本来は、1人1つ持つのが数珠で、たとえ身内であっても数珠の貸し借りはしません。 ところで正式な数珠には、玉が「 108個」あります。 この数字を、どこかで聞いたことはありませんか? そう、一年の終わりを締めくくる除夜の鐘! 決まって108回鳴らしますよね。 数珠は、108ある玉その1つ1つが除夜の鐘と同じように、人間の煩悩を引き受け、清めてくれるありがたい物です。 そのため、数珠を持っているだけでも厄除けになったり、数珠を持って拝むだけで仏の世界に通じて福を授かるとも言われています。 またお焼香をするときに、左手で数珠を持つ意味は、左手が「仏様の世界に通じる清浄な手である」とされているから。 左利きの人の数珠の持ち方は、少し勝手が悪いかもしれませんが、数珠を左手にかけて、右手でお焼香をしてくださいね。 お通夜やお葬式のお焼香は、故人との最後の別れを1対1 自分と故人 でできる唯一の場です。 お焼香で数珠を持つのは、煩悩を消し去り、仏の世界に旅立つ故人の心と、自分の心をつなぐためなのかもしれません。 なので、輪が一重で、ちょうど片手でも持ちやすい小さな数珠です。 お焼香で多くの参列者が持っている数珠は、この「 略式数珠」と呼ばれる数珠。 略式数珠は、数珠の玉が108個ないから「数珠としてのありがたさがない!?」というわけではありませんよ。 玉の数を少なくしていますが、数珠としての役割は十分にあり、どの宗派 日蓮宗以外 の葬儀でも使えます。 略式数珠は「女性用」と「男性用」の2つに分かれていますが、持ち方は基本的に同じです。 また葬儀場でのお通夜やお葬式でも、たとえ故人の自宅にお焼香をあげに行った場合も同じ持ち方をします。 それでは、略式数珠の正しい持ち方を紹介していきましょう。 初めに「お焼香をあげるとき」の略式数珠の持ち方です。 まず、 左手の親指以外の4本の指をしっかりとそろえて伸ばします。 そして、 その4本の指と親指の間に、数珠をかけます。 数珠を持った左手に軽く右手を添えて合掌しましょう。 次に、自分のお焼香の順番を待っていて、椅子などに「座っているとき」の数珠の持ち方です。 座っているときの数珠の持ち方は、左手首に数珠をかけるのが一般的です。 左手首に数珠をかけた状態で、ひざの上に両手を置き、静かにお焼香の順番を待ちましょう。 最後に「歩いているとき」や「立っているとき」の数珠の持ち方です。 例えば、• 自分のお焼香の順番が来て、椅子から立ち上がり、祭壇に向かって歩いているとき• 告別式などで故人をお見送りするために、他の参列者と一緒に立っているとき このような場合の数珠の持ち方は、 数珠の房 ふさ の部分を下にして、左手で持つのが一般的です。 数珠は、お焼香の時だけ使うものではなく、お通夜や葬儀、告別式など故人との別れを行う儀式の間中ずっと使うもの。 また「数珠を使わないとき」は、必ず鞄 バッグ やポケットの中にしまいましょう。 例えば、ちょっとお手洗いなど。 その場を離れるとき、数珠をそのまま椅子や机の上に置きっぱなし… なんてことは決してないように! そんな時のために、数珠を入れるための袋 数珠袋 があると便利ですよ。 また略式数珠よりも、数珠全体の長さが長いので、数珠を2重にして使います。 女性用の長さは8寸 約30㎝ 、男性用の長さが2尺 約60㎝ あります。 本式数珠は、宗派ごとに数珠の持つ意味や数珠の形が違っています。 また数珠の持ち方も、宗派ごとに少しずつ違います。 ここでは代表的な7つの宗派の「お焼香をあげるとき」の、数珠の持ち方を紹介していきます。 真言宗 数珠は、一重の状態で両手の中指に数珠をかけて、そのまま手を合わせます。 浄土宗 浄土宗の数珠は、2つの輪を交差させた独特の形をしています。 2つの輪をそろえて両手の親指にかけ、房を自分の手前に垂らします。 親指をそろえて、数珠を親指で押さえるようにして持ちます。 浄土真宗 2重にした数珠を両手にかけて、親指で軽く上から押さえ、残りの4本の指はきちんと閉じてそろえます。 合掌した手は、胸の前に持っていき、指全体が斜め45度くらいに上に向くようにします。 日蓮宗 日蓮宗の本式数珠は、房が全部で5本あり、2本の房と3本の房に分かれています。 数珠を8の字にねじり、2本の房がでている方を右手の中指にかけます。 さらに3本の房が出ている方を左手の中指にかけ、房は両方とも手の甲側に垂らして合掌します。 曹洞宗 輪を2重にして、親玉 一番大きな玉 が左手の人差し指の上になるようにかけます。 右手を左手に添えて、房は下に垂らして合掌します。 臨済宗 2重にした数珠を左手にかけ、右手を添えるように合わせ、房は下に垂らして合掌します。 天台宗 数珠の輪を一重の状態で、両手の人差し指と中指の間に挟み、そのまま手を合わせて合掌します。 本式数珠は、宗派ごとに違いがありますが、「自分の宗派のお通夜やお葬式にしか使えない」ということではありません。 宗派の違いがあっても、本式数珠を持ち、心から故人への冥福を祈る気持ちが大切です。 それよりも、昔から日本に伝わる数珠について、もう少し興味を持ってみることが大切なのかなと思います。 ちー婆 ばぁ は、数珠の意味や正しい持ち方を知って、自分の数珠を1つ持ちたいなと思いました。 また数珠は、お通夜やお葬式でしか使わない物だと思っていたのですが、自分だけのお守りとして常に持っていたいとも。 お通夜やお葬式で「マナー」であると昔から言われていることには、何にでも大切な意味があります。 自分の数珠を持っている人は、あらためてじっくりと数珠を眺めてみるのもいいかもしれません。 数珠が使われる意味をしっかりと理解して、お焼香をする。 そのことで、故人に対しての想いがより強まり、故人に届くのではないでしょうか。

次の

葬式に数珠は必要?忘れた時はどうする?

お通夜数珠

[お通夜と葬式・葬儀・告別式] 都合で葬儀や告別式に出席・参列できない時には、葬儀や告別式に参列できない代わりに通夜に弔問しても良いでしょう (どうしても葬式葬儀に出席・参列できない時には、それほど親しくなくても通夜に弔問して構いません)。 以下は仏式の場合の【通夜】ですが、神式では「通夜祭」と、それに続いてとり行われる「遷霊祭」という神事がそれにあたります。 キリスト教式でも、通夜の儀式を行います。 いずれも参列者が一同に揃って行われます。 [お通夜に香典を持参する時のマナー] 香典は、お通夜または葬儀葬式・告別式のいずれかに持参します。 お香典を入れるのし袋は宗教によって異なるため注意して下さい。 宗教がわからない場合は「御霊前」と書いたものであればたいていの宗教に用いることができます。 また「御霊前」は通夜・告別式のいずれにも使えます。 なお、香典については別ページでご紹介しています。 [受付で述べる挨拶の例]… 「このたびはご愁傷さまです。 」 「大変お気の毒でございました。 」 「お寂しゅうございますね。 」 「お悪うございました。 」など。 軽く黙礼のみでも良いでしょう。 香典を出す際には、ふくさごと受付の台に置いて目の前で開けます。 香典の向きを相手から見て正面になるようにして、両手で差し出します。 もし 受付が無い時には、遺族か世話役に手渡すか、拝礼の後、霊前に供えます。 あいさつも目礼する程度にします。 訃報を聞いてかけつける通夜の場合、数珠は(持参するのが望ましいのですが)持っていなくても会葬者として失礼になることはありません。 焼香の際には数珠は左手にかけます。 また僧侶が読経している際には、数珠は左手の親指と人さし指の間にかけて両手ではさむように手をあわせるか、または人さし指と親指とではさむようにして自然に両手を合わせます。 葬儀日程を決める際は寺、斎場、火葬場などの空きを確認し、調整する必要があるので葬儀社に段取りをお願いする方が良いでしょう。 友引の日は火葬場が休みのため葬儀をしないという地域もあります。 しかし、「絶対に友引には葬儀をしてはいけない」ということではなく、地域によっては友引でも葬儀をすることがあります) …葬儀社の見積りは、料金に何と何と何が含まれているかを細かく確認することをおすすめします。 バッグや靴、ストッキングなども黒で統一する。 アクセサリーは光るものは避け、パール、ブラックパール、黒珊瑚などをつける(立場によってはつけないことも。 傘やコート類も、できれば黒、なければグレーなどに。 ヘアアクセサリーも派手なものはNG。 エナメルや爬虫類の革のものなどは避ける。 サンダルもタブー。 心配であれば、周りの人に確かめる。 また、金時計など光るものは外し、ネクタイピンも用いない方が良いが、パールなど光らない物ならOK。 カフスボタンとお揃いで。 制服があれば、それを着せる。 届け先の近くのお花屋さんが 直接手渡しでお届け。

次の