エア リズム マスク。 通気性最強!ユニクロのエアリズムでマスクを手作りしてみた。

ユニクロ「エアリズムマスク」を使ってみた!使用感は?色は?MとLサイズの差は?

エア リズム マスク

ユニクロエアリズムマスクはウイルス感染を防げる?効果と機能や値段は? ユニクロのエアリズムマスクとは? 1000RT:【計画明かす】ユニクロ、今夏マスク販売に参入 顧客の要望が強いことから、販売に乗り出すことにした。 通気性や速乾性に優れた肌着「エアリズム」の素材を使った蒸れにくいマスクを扱う。 — ライブドアニュース livedoornews ユニクロは、2020年4月の時点でマスクを作ることに消極的でしたが、 お客さんからのマスクを要望する声が多く、それに応えるためにマスクの販売を決定しました。 しかも、マスクの素材が機能性商品「 エアリズム」を使用したものになることで、 発売前でもかなり注目を集めています。 エアリズムは、 湿気を逃がす、熱気を逃がす、汗を吸収し乾かす などの機能があり、 『 まるで呼吸するように衣服内の環境を自ら調整して、なめらかな着心地が一日中続く』 が売りの商品ですよね! このエアリズムでできたマスクは、 夏の暑い中マスクをしなければならない状況でも、 快適にマスクをして過ごすことができそうですよね! 夏場のマスク着用は、熱中症の危険も考えられますし、 夏のマスク着用にエアリズムマスクはかなり需要がありそうです。 でも、気になることがあるんですよね。 エアリズム= 通気性や速乾性に優れている ということですが、 通気性があるってことはウイルス感染を防ぐことができるのか? かなり気になりますよね。 ユニクロエアリズムマスクはウイルス感染を防げる? エアリズムは通気性や速乾性に優れている商品ですが、 その素材を使用したマスクは、 通気性がよく蒸れを防いでくれそうです。 ですが、 通気性がいいということは、マスクの意味があるのか? と素人の私は思ってしまうのですが、どうなんでしょう。 一般的なマスクの種類は、以下のようなグループに分けられます。 家庭用マスク 防寒対策、花粉対策、風邪対策、ウイルス対策、 PM2・5など防塵対策 この分類を見ると、 エアリズムマスクは、ガーゼマスクなどの家庭用マスクに分類されそうです。 エアリズムがどのような構造になっているのか分かりませんし、 エアリズムマスクがまだ販売されていないので、どのような構造なのかもわかりません。 通気性がいいということは、それだけマスクの外から空気を吸い込むことになりますし、 逆にくしゃみや咳をしたときは、拡散させやすくなりますからね。 どうしても3層構造の使い捨てマスクより、 ウイルス感染を防ぐ能力は劣りそうな感じがしますね。 しっかりウイルスから身を守るとなると、息苦しくなりますし、 夏でも快適にマスクができる通気性の良さを求めると、 ウイルスから身を守るのは弱くなりそう・・・ という、抜け出せないループにはまってしまいます笑 ユニクロさんなので、この辺のことはしっかり考えているとは思いますけどね! スポンサーリンク ユニクロエアリズムマスクの効果と機能や値段は? ユニクロのエアリズムマスクの効果や機能などの メリットやデメリットなどが気になりますね。 エアリズムマスクのメリット 通気性がいいので 夏のマスクの息苦しさが軽減されそうです。 また、マスクをしていることによる 熱中症の危険も少なるのではないかと思います。 暑い中マスクをしないといけないという心理的負担も減りそうですよね! マスクをしていることで周りの目も気にしなくて良さそうです。 エアリズムマスクのデメリット ウイルスから身を守るという点では弱そうですよね。 さらに、エアリズムは汗をかくと体にまとわりつくので、 エアリズムマスクも蒸れてくると、まとわりついて呼吸がしづらくなることもありそうです。 しかし、 今の状況でマスクを着用せずスーパーなど買い物に行ったりすると、 周りの目も気になりますよね。 このエアリズムマスクは『 マスクしてますよアピール』にもいいかと思います。 新型コロナウイルスの感染拡大も落ち着いてきているの今の状況では、 これでも十分かもしれません。 あっ! 決してエアリズムマスクがダメとは言っているわけではないですよ! こういう考えや意見もあるから、 通気性とウイルス予防の両方を満たすのは難しいかもしれないけど、ユニクロさんがんばって! という意味を込めてです! また、 マスクを使い分けることも重要な気がしますね! 空調が効いている涼しい場所では、不織布のマスクを使って、 気温や室温が高い場所ではエアリズムマスクを使うようにするのもいいかもしれません。 エアリズムマスクの値段 エアリズムTシャツは大体790円(夏季限定価格)です。 エアリズムマスクがいくらになるのか・・・全く予想ができません笑 洗って何度も使える布製マスクの相場は、大体1,000円くらいからになると思います。 エアリズムマスクも何枚かが1セットになって、 1,000円くらいになるのではないかと思います。 エアリズム商品の特徴である通気性のよさを考えると、 ウイルス感染予防という点では弱そうですが、熱中症予防や息苦しさの軽減になりそうです。 まだ発売前なので、どのような機能や効果があるのか分かりませんが、 ユニクロさんに期待して発売まで待ちましょう! 最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!.

次の

ユニクロの「エアリズムマスク」を1ヶ月使ってみて分かったこと。蒸れるのに手が伸びる理由とは?

エア リズム マスク

エアリズムマスクの使い心地はどんな感じ?• 蒸れるって聞いたけど実際はどう?• 購入を迷っているから実際の評価が知りたい! ユニクロから発売されている 「エアリズムマスク」。 某ウイルスの影響で発売されてからかなり話題になっていましたが、なかなか手に入らなかった人も多いと思います。 ユニクロの代表衣類でもある「エアリズム」を使用しているので、マスクとしての着け心地が気になるところ。 今回はそんな「エアリズムマスク」を実際に購入出来たので、 2週間ほど使用してみての評価や感想を書いていきます。 発売直後に購入できなかった人は、ここ最近になって買おうか迷っていると思うので良ければ参考にしてください。 結論から言うと、 かなりしっかりした作りで非常に安心感のあるマスクでした。 エアリズムなので肌触りも良いし、割と通気性もあるように感じたので、夏でも割と使いやすいマスクかなと思います。 外側:紫外線をカットするメッシュ素材• 真ん中:粒子をカットするフィルター• 内側:エアリズム素材 となっているので、 細菌や花粉などをカットしつつも肌触りが良いマスクとなっています。 また、 マスク自体のサイズも結構大きめ。 一般的なマスクよりも顔を広範囲にわたって覆ってくれます。 もみ上げの手前、アゴの内側くらいまで覆われるので、 マスクによる隙間があまり無い構造になっているのも特徴です。 使う前に確認!マスクにある「AIRism」というロゴが肌に触れる面です 僕も最初勘違いしていたのですが、 装着する際はエアリズムマスクの表裏に注意してください。 一見、「AIRism」というロゴがある方が外側だと思いがちですが、 実際はロゴが内側、つまり肌に触れる方に来ないといけません。 正しく装着しないとメッシュ素材が内側に来てしまい、非常に肌触りが悪いです。 装着の際はそこだけ注意してください。 実際に2週間ほど使用してみた感想 さて、やはり一番気になるのが使用感ですよね。 夏真っ最中のなか通勤中に使用したので参考にしてください。 着け始めは若干ひんやり。 肌触りが良いので着け心地は問題なし 内側がエアリズム素材なだけあって、 装着してすぐは若干ひんやりとしていて気持ちいいです。 ただ、冷感マスクではないのですぐに普通の布マスクと同じになります。 エアリズムはサラサラした素材なので、着け心地は結構良いです。 ふんわりと顔を覆ってくれるので、普通のマスクよりも広範囲を覆っていても 不快には感じませんでした。 僕の場合はマスクが擦れることもあまりなかったので、マスクが擦れて肌が荒れちゃったって人も使いやすい気がします。 個人的には肌触り、着け心地に関してはかなり良い感じでした。 表生地:ポリエステル、ポリウレタン、キュプラ• 裏生地:ナイロン、キュプラ、ポリウレタン• フィルター:ポリプロピレン かなり蒸れると言われてるけど思ったほど蒸れなかった エアリズムマスクは3層構造で割とブ厚いので、他の人のレビューでもかなり蒸れると言われています。 個人的にもそこが気になっていたのですが、1週間ほど使ってみたところ、 普通のマスクと同じくらいの蒸れ具合かな?って感想でした。 そもそも夏場のマスクなんて大体が蒸れるので、「蒸れ」に関して言えばどのマスクもほとんど同じだと思います。 むしろエアリズムマスクは肌触りがめちゃくちゃ良いので、 蒸れても不快感がないんですよね。 3層構造と言えど通気性も割とあるなと思ったので、 個人的には余裕で及第点です。 マスク自体が洗いやすく、汚れも落ちやすかった エアリズムマスクの特徴として、 洗濯機で洗ってもフィルターの機能が落ちにくいという点が挙げられます。 何度か洗濯機で洗いましたが、 今のところヨレやシワなどもないので普通に使えていますね。 一般的な洗えるマスクよりもガッツリ洗えるのは良い感じでした。 また、汗を吸っちゃったから水洗いしようってときでも簡単に洗えるのも良かったですね。 水に濡らしてちょっとだけゴシゴシするだけで汚れもすぐに落ちたので、手洗いでも洗濯機でも洗いやすいマスクだと思います。 表裏が逆だと最悪のマスクになる 上の方にも書きましたが、 エアリズムマスクは表裏の確認が非常に重要です。 マスクにプリントされている「AIRism」というロゴが肌に触れる内側に来るのが正解なのですが、僕は1週間ほど表裏を逆にして装着していました。 これがマジで最悪で、 表裏が逆になるだけで呼吸ができなくなるんですよね。 メッシュ部分が内側に来ると、 呼吸をする度にメッシュが鼻の穴をふさいできます。 それによって息苦しいどころが息ができなくなるので非常に危険。 ツイッターなどで検索すると、僕と同じようにエアリズムマスクで鼻の穴がふさがれている人を見かけるのですが、 表裏を逆にして装着している可能性が高いです。 これから購入する人はマスクの表裏を間違えないようにしてください。 逆にして装着するとマジで最悪なマスクになります。 まとめ:使い方さえ間違えなければ最高のマスク 使用開始から1週間は表裏逆にしていたため、「マジで最悪だわこのマスク」と思っていたのですが、端に使い方を間違えているだけでした。 正しく使えばエアリズム素材が肌に触れるので、非常に心地良いですし使い勝手も良いです。 個人的にはマスクの蒸れも許容範囲だったので、オールシーズン使えるマスクかなと感じました。 やはり他のマスクとは違い、洗濯機でガッツリ洗えるのは便利ですね。 ユニクロによればフィルターの性能もそこまで落ちたりはしないみたいなので、機能的にも良いマスクだと思います! そんな感じでした! そりでは。

次の

エアリズムでマスクを自作する方法!(ユニクロ)

エア リズム マスク

エアリズムマスク入手方法 私は、エアリズムマスクをネットで購入しユニクロの店舗に発送してもらい、受け取りました。 ネットで購入して店舗に取りに行くと送料が無料。 少しでも値段を抑えたい方で近くに店舗があるかたはその方法がオススメです。 店舗に行ったら売り切れだった。 ということがないのでありがたいです。 次の日ぐらいには店舗に到着した連絡も来たので発送も早いです。 ちなみに3枚入りです。 エアリズムマスクのサイズ Lサイズが普通サイズなので注意です。 私自身普段普通の使い捨てマスクをしているのですがLサイズで問題なかったです。 S 子供向け M 小さめ L ふつう 横幅 18 22 23 高さ 12 14 14. 5 エアリズムマスクの裏表 エアリズムマスクを手に入れていざつけよう!と思った時疑問が出てきます。 「どっちが裏で、どっちが表?」 本当にわかりづらいです。 パッケージには裏表について書かれていません。 色々調べた結果こちらのAirRismと書いてある方が裏側(口側)のようです。 逆につけてマスクの効果半減は嫌なのでしっかり確認してつけましょう。 エアリズムマスクでランニングしてみた 実際にエアリズムマスクをつけてランニングしてみたので普通の使い捨てマスクと比べてのメリットデメリットを書きます。 エアリズムマスクでランニングのメリット 洗える ランニングをするとマスクはびちょびちょになります。 なので使い捨てマスクを毎回捨てていました。 30分でマスクを一枚消費するのはもったいなかったので洗えるのはありがたいです。 口に張り付きづらい 使い捨てマスクはランニングしていると汗で濡れてきて口に張り付いて息できない。 苦しい。 とよくなっていました。 使い捨てマスクよりは布なので口にくっつきづらいです。 (それでもくっつくけど・・・) エアリズムマスクのデメリット 汗を吸って落ちてくる 先ほど上げた口に張り付きづらいというのには理由があって、汗をかくと布が重くなってマスクが落ちてきます。 鼻は半分ぐらい出てきてしまうので私はマスクの位置を直しながら走りました。 汗を吸うと通気性が悪くなる これは、使い捨てマスクでもそうですが通気性が悪くなります。 たまに人がいない場所で少しマスクをおろしたりして空気を吸っています。 いかがだったでしょうか? エアリズムマスクはあまりランニングには向いていなそうです。 ランニングするならランニング用にマスクを買った方が良さそうですね。 ただ、普段使いでは快適ですし値段も安い。 何度も使えるのでオススメです。 コロナウイルス対策グッツの記事はこちら 関連する記事• Macbookにはトラックパッドがあるのでマウスはいらない。 なんてことを何度も言われましたが、今までMacbookでマウスを使い続けていました。 マ[…]• ソフトバンクエアーに興味をある方多いと思います。 工事不要で、ネット回線が引ける。 今回1年間、ソフトバンクエアーを使ってみたので実際どうだったかを解[…]• 最近 有田焼 LOCA ロカ セラミックフィルターを買いました。 コーヒードリッパー 有田焼 ペーパーレス LOCA 日本製 セラミック Sサイズ 価[…].

次の