お腹 が 張っ て 痛い 対処。 お腹に空気が溜まって痛いし不快!原因や今すぐできる対処方法

お腹がシクシク痛むときに考えられる原因と対策について解説

お腹 が 張っ て 痛い 対処

お腹の張りによる痛みの原因は何? お腹の張りに悩まされる人は男女問わずいると思いますが、比率的には女性のほうが多くなっています。 というのも、女性は女性ホルモンの一種である黄体ホルモンが多くなることで腸の動きを弱めてしまうようになるため、多く分泌される時期、すなわち生理前から便秘がひたすら続くようになってしまって、生理中まで続いてしまうことがあるのです。 また、女性は男性に比べると圧倒的に筋肉量が少なくなっているので、腸が重力に押されて下に押し込まれてしまい、まともに動けなくなる確率が高く、一度便秘になってしまうとなかなか解消されなくなってしまうのですね。 そして、お腹が張ってしまう原因は「腸内ガス過剰型」と「腸内ガス排泄低下型」に分けられるのですが、便秘が発生すると腸内ガスが作られやすくなるので腸内ガス過剰型に分類されることになります。 それから、便秘ではなく暴飲暴食が酷すぎることで消化不良が発生すると胃腸がまともに動けなくなるので、消化不良が発生するようになり、お腹が張ってしまうこともありますし、胃腸炎などのトラブルが発生してまともに胃腸が動かなくなってしまう時は、腸内ガス排泄低下型に属するということを覚えておきましょう。 つまり、便秘のように腸内に停滞してガスが出やすくなるとか、炭酸飲料や糖質やでんぷん質のものを食べすぎてガスが出きすぎると腸内ガス過剰型になってお腹が張り、ずっと食べ続けたり、胃炎が発生することで胃腸の動きが鈍くなって腸内ガスがうまく除去できなくなると腸内ガス排泄低下型になってしまってお腹が張るようになるということです。 ちなみに、お腹が張るという状況は腸が膨張しているということにもなるので、他の臓器がどうしても圧迫されるようになり、腹痛が発生してしまうということも覚えておきましょう。 要するに、お腹が圧迫されるような状況になったら、痛みが発生する可能性が高いということなのですが、いつまでたっても痛みや圧迫感が消えない場合は腸捻転や過敏性腸症候群が考えられますので、病院で検査をしてもらいましょうね。 おならとの関係性について 腸内ガスは食べ物を分解することで自然と発生するもので、食事と一緒に空気を飲む混むことでその空気がガスとなって腸内に溜まるようになるため、ガスが発生しやすい食べ物をよく食べる人は腸内ガスを排除するために自然とおならが出る確率が上がります。 また、腸内ガスの発生量は通常の人でも3リットルは発生していると言われていますが、基本的にこれらのガスの9割は血液中に吸収されて肺を通って呼吸の時に排出されるようになり、そこで排除できなかったらゲップやおならとして除去されるようになるのです。 つまり、腸内ガスの発生量が多くなりすぎている人や腸内ガスを除去する能力が低下している人たちは、どうしてもおならやゲップが多発するようになるということなので、おならが増えている人はちょっとした胃腸トラブルを抱えている可能性があります お腹の張りと下痢は一緒になるものなの? 多くの女性を苦しめているお腹の張りというのは腸内ガス過剰型になってしまうことで発生するガス溜まりであり、大抵のケースでは便秘とセットになっていると思います。 しかし、稀にですが、お腹の張りに下痢がセットになることもあり、それは胃の粘膜が炎症を起こしてしまうことで機能低下が発生し急性胃炎などの病気になってしまったケースです。 つまり、お腹の張りと下痢がセットになっている場合は胃腸がやられているサインでもあるので、急性胃炎や過敏性腸症候群、最悪の場合は大腸がんの可能性すらあるのですね。 もちろん、過敏性腸症候群や大腸がんの場合はお腹の張りと便秘がセットになることもありますが、下痢とセットになるケースもあるということを覚えておきましょう。 他の症状が出ている人について お腹の張りや便秘は頻繁に発生する傾向が強いので、放置してしまう方もいるかもしれませんが、それに強い痛みや黄疸、発熱などの症状が出ている人の場合は何らかの病気を引き起こしている可能性がかなり高いので、必ず病院で診てもらうようにしてください。 生理中や妊娠期間中のお腹の張りについて 生理前ではなく生理期間中にもお腹の張りを感じている人は血液の流れに滞りが発生している可能性が高いので、対策として生活習慣に気を付けて運動不足や血流を良くする食品を摂取するようにしましょう。 また、妊娠初期のお腹の張りと痛みは便秘気味とか、子宮を支えている靭帯が引っ張られているとか、子宮が収縮していることで張っている気がするといったものなので、身体を冷やさないようにして休むようにしてください。 基本的に、妊娠中期以降の段階ならばお腹の中の赤ちゃんが大きくなることでお腹の張りが出るのは当たり前なのですが、妊娠初期で張りをいつまでも感じて痛みがある場合は流産の危険性があるのですぐに産婦人科で診察してもらいましょう。 スポンサーリンク お腹の張りや痛みがある時の対処法や対策は? いつまでたっても痛みや張りが引かないという状況の人たちは病院で検査をしてもらうのが良いのですが、ちょっとしたガス溜まりが原因の場合は下記の解消方法を試すことで解放されることがしばしばあります。 ・空気をたくさん飲み込まないようにしっかりかんでから飲み込むようにする ・ストレスから解放されるように趣味を楽しむ ・冷え性を解消するべく半身浴をする ・お腹をホッカイロや温湿布で温める ・軽いウォーキングなどを実行して腸の運動を活発化させる ・うつ伏せになって膝を曲げて両足を交互に動かしかかとでお尻を叩くストレッチを行う ・睡眠不足を減らす ・深夜の食事を止める ・おならを我慢しすぎない、トイレに駆け込む習慣をつける ・温かい飲み物を飲む このように解決法及び予防法はいくつもありますので、これらを実行することが基本ではありますが、今現在張りによる痛みがひどいという人は、お腹を温めるために温かい飲み物を飲むとか、毛布などで外部から温めるようにするといいでしょう。 良い食べ物と悪い食べ物 便秘で苦しんでいる人にとっての良い食べ物というのは善玉菌を増やしてくれるもので、食物繊維や乳酸菌やオリゴ糖やグルコン酸等が該当します。 また、ガスを発生しやすい食べ物は豆類・一部の果物・乳製品・甘味料・穀物・肉類・アブラナ科の野菜などで、便秘が酷い時はこれらの食べ物の量は減らしたほうがいいでしょう。 ちなみに、炭水化物は便となって排出されるときにガスも除去してくれる作用があると言われていて、推奨している医師もいるので摂取できると考えてください。 そして、食物繊維は便秘の味方とよく言われますが、摂取しすぎは逆効果になりますし、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが崩れている人も危険なので、必ず2:1になるように摂取してください。 具体的には、水溶性食物繊維はアボカド・ゆりね・オクラ・ゴボウ・納豆・海藻類等が該当し、不溶性食物繊維はインゲン豆・えのき・エリンギ・おから・小豆・アーモンドなどが該当します。 また、乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていますし、オリゴ糖はニンニク・玉葱・エンドウ豆・ゴボウ・インゲンなどに含まれ、グルコン酸は大豆・椎茸・発酵食品・ワイン・蜂蜜などに含まれていますので覚えておきましょう。 スポンサーリンク まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、お腹が張って痛い時の原因や病気と対処法について、様々な疑問にも回答し、便秘や下痢との関係も解説いたしました。 お腹の張りによる痛みは便秘が原因となることが多いのですが、それ以外にも胃腸に炎症が発生している等の病気が原因の可能性もあるとのことでしたね。 また、お腹の張りと痛みが長期間続いたのなら病気の可能性がありますし、お腹の張りと下痢が発生したのなら何らかの病気の可能性が高く、熱などの症状を伴っているのなら今すぐにでも診察を受けたほうが良いということでした。 そして、お腹の張りによる痛みから解放されるためには日々の生活を見直す必要があり、今現在痛みがひどい時の対処法は体の中と外から温めることが有効ということでしたね。 最後に、女性の場合は女性ホルモンの関係上、便秘が多くなりがちですので、ガスが溜まりにくくなるように、男性よりも積極的に腹筋を付けて食生活などの日常生活にも気を付けるようにしてください。 スポンサーリンク カテゴリー•

次の

食べ過ぎによって腹痛がするときの対処法と2つのやってはいけないコト

お腹 が 張っ て 痛い 対処

こんな症状が出ていたら注意! 過敏性腸症候群の主な症状は、腹痛と便通異常です。 持続性の鈍痛であることが多いのですが、おなかに刺し込むようなキリキリした「疝痛(せんつう)」が起こることもあります。 痛みは便意をともない、お手洗いに行った後には痛みは軽快しますが、何度も繰り返すこともあります。 急な腹痛というと下痢を想像しますが、腸管のけいれんから起きる便秘やガスが異常に出るという症状に悩まされている人も多くいます。 「悪いものを食べた」などの原因がはっきりした突発的な腹痛ではなく、原因不明の便秘や下痢が続いたり臭いの気になるおならがたくさん出る場合は「過敏性腸症候群」を疑っても良いでしょう。 下痢は必ずと言っていいほど腹痛とセットになっています。 それでは下痢と腹痛はなぜ一緒にやってくるのでしょうか。 腹痛を伴う下痢が続くのは、なぜ? 腹痛と下痢の関係 下痢のときはおなかがゴロゴロしますよね。 これは実は腸の運動が激しくなったことにより引き起こされています。 本来は栄養や水分をゆっくり吸収しながら小腸から大腸へ送られる食べ物が、腸が過敏に動いてしまうことにより通常のスピードより速く排出されようとします。 そのため、消化途中の食べ物が水分と一緒に体外へ出てしまうのです。 そしてその際には、腸の異常な動きによってキリキリした痛みも感じられます。 これが急な腹痛と、下痢の関係性です。 腹痛を伴う下痢の原因は? それでは、このつらい腹痛と下痢はどのように引き起こされるのでしょうか。 原因は幾つか考えられますが、「冷え」が主な原因とかもしれません。 「冷たい飲み物・食べ物を食べた」「ビールを一気飲みした」などの理由により急に内臓が冷えてしまうと、腹痛をともなう下痢になりやすいです。 同様におなかの冷えにも注意しましょう。 夏の薄着で、おなか周りが冷え冷えになっていると下痢になりやすいです。 ストレス性の過敏性腸症候群の場合は、緊張や対人関係のストレスでおなかが痛くなることもしばしば。 腸は、脳と同じくらいストレスに過敏に反応してしまいます。 「体性痛」「内臓痛」「関連痛」 3種類の腹痛があります。 痛みの表現も、「鈍痛」「キリキリ」「じんわり」などたくさんありますよね。 それでは腹痛の3つの種類についてみていきましょう。 「体性痛」 痛みのポイントがはっきりしており、そこを押すと強い痛みを感じるのが「体性痛」です。 強い痛みが30分以上続くのも特徴で、ジグジグと突き刺す鋭い痛みを感じます。 体をひねったり歩いたりするとひびくように痛むため、やっかいな腹痛です。 自然に治らない場合は医師の診断を受けるべきです。 「内臓痛」 キリキリという痛みが一定の時間をおいて繰り返すのが「内臓痛」です。 いったんおさまったと思ったらまた痛みが・・・という経験は誰しもがしているのではないでしょうか。 これは胃や腸、胆嚢などの「管腔臓器」が伸び縮みするときに起きる腹痛です。 おなか全体が痛み、吐き気や冷や汗などが同時に起こるのも特徴です。 「関連痛」 あまりにもおなかが痛いと、おなか以外の場所も痛んでくるような気になりますね。 それは気のせいではなく「関連痛」かも知れません。 これは内臓の炎症が激しいとき、隣接する別の部位の神経までもが刺激されて起こる痛みです。 おなか周り以外にも生じることもあり「放散通」とも呼ばれます。 「過敏性腸症候群」とは 主な症状 それでは改めて、過敏性腸症候群をご説明します。 おなかの痛みが慢性化し、少しの刺激で反応してしまう状態が「過敏性腸症候群」と呼ばれます。 この病気の難しいところは、検査では診断ができないところです。 よく起きる腹痛について問診をすることでしかわからないため、病気だということに気が付かず悩んでいる人も大勢います。 「ずっと下痢気味で、困っている」 「頻繁におなかが痛くなる」 「ストレスを感じるとすぐに便意が」 このような悩みがあるなら、過敏性腸症候群を疑って病院へ行きましょう。 過敏性腸症候群になるのは、こんな時 過敏性腸症候群になる原因ははっきりしないものの、引き起こされるポイントとして考えられるのが「精神的なストレス」や「自律神経の異常」です。 一見腸に関係のないことから発症することも多く、病気の発見を遅らせる理由のひとつとなっています。 また、生活習慣の乱れも密接に関わっています。 不規則な性格でホルモンバランスなどが狂うと自律神経にも影響が出てしまいます。 その結果腸の動きに悪影響が及び、体へのダメージを与えます。 過敏性腸症候群を治す方法 毎日のように腹痛が続くと、生活にも支障が出ますよね。 それではこの過敏性腸症候群はどのように治療をするべきなのでしょうか。 病院に行って治す まずは医者へ行きましょう。 慢性的な腹痛はガンや腫瘍などの大きな病気の可能性もあります。 しかし検査で他の腸の病気が見当たらないとき、過敏性腸症候群が疑われます。 何科にいけばいいのか? 内科もしくは消化器科へ行きましょう。 過敏性腸症候群には「下痢型」「便秘型」「交代型」「分類不能型」の4つのタイプがあります。 自分がどの型なのかを判断してもらい、治療に繋げます。 また患者さん自身の自覚症状で診断する「ローマ基準」という世界的な診断基準が使われており、このような診断は病院に行かなければ知ることができません。 下痢の時の食べ物は? 日常生活の中では食べ物に気を付ける必要があります。 腹痛の原因になりやすいものはなるべく避けたいですよね。 特に、電車に乗る前や大事な仕事の前の日には注意しましょう。 そして、おなかに良い食べ物を積極的に摂るようにしましょう。 良い食べ物3つ 「柔らかい麺類・ごはん」消化がよく栄養価が高いものをゆっくり食べるようにしましょう。 「あたたかいお茶・白湯」脱水症状に気を付け、胃腸に優しい飲み物を飲みましょう。 「豆腐・白身魚」肉類は避け、負担の少ないものでタンパク質を補いましょう。 悪い食べ物3つ 「冷たいもの・刺激物」激しい症状を抑えるためにも、冷たい飲み物やアルコールは避けましょう。 「揚げ物・肉類」脂肪を多く含むものは胃腸への負担になります。 「食物繊維の多いもの」下痢の際には、腸を良く動かす繊維質のものは控えましょう。 まとめ 過敏性腸症候群は原因不明で治療法も確立していないため、なかなか対処が難しい病気です。 周囲に理解されにくいことも、つらさを増す要因ですね。 しかし、なるべくストレスを溜めないようにセルフコントロールすることで緩和も可能です。 そして自分で抱え込まず、専門医にかかることも検討してくださいね。

次の

腹痛や下痢の時の対処法|消化に良い食べ物と十分な水分補給が必要!

お腹 が 張っ て 痛い 対処

日常生活を送っている中で、急に腹痛や下痢に襲われてしまい、辛い思いをする方は少なくありません。 そこでここでは、腹痛や下痢になってしまった時の対処法などについてご紹介をしていきます。 腹痛や下痢になる原因 腹痛といっても、お腹のどこが痛いなど、部位によって原因も変わってきます。 腹痛の場合には様々な病気にかかってしまっている場合もありますので、注意が必要です。 また、それだけにとどまらすただお腹を冷やして腹痛になったり、ガスが溜まってお腹が痛くなったりなどと軽い症状の場合もあります。 下痢の原因としては、以下の3つのものが主に挙げられます。 暴飲暴食 食べ過ぎてしまった食べ物が、腸に届いた時消化しきれなかったことにより下痢を引き起こしてしまいます。 また、アルコールを過度に摂取してしまった時にも、アルコールが腸を刺激してしまい下痢を引き起こしてしまいます。 その他にも、冷えている飲み物を飲みすぎた場合にも腸が刺激されてしまい、大腸のぜん動運動が活発になりすぎて水分を吸収しきれなくなってしまい、結果として下痢を引き起こしてしまいます。 ストレス 精神的な不安や・苦痛・緊張をしてしまった時、自律神経のバランスが崩れてしまいます。 このことによって、腸が過敏に反応をしてしまいぜん動運動が過度に活発になってしまい、下痢が引き起こされてしまいます。 食中毒 O-157、サルモネラ菌、ノロウイルスなどといった様々な食中毒の原因となる細菌やウイルスが体内に入り混んでしまうと、急性の下痢が引き起こされます。 食中毒は、食品の加熱不足や生物を触った手を口に持っていくなど、様々なことが原因で起こります。 下痢の時の対処法 下痢になってしまった時、1番の対処法としては、水を補給し消化に良い食べ物を食べることが良いとされています。 下痢を引き起こしてしまっている時には、体内中の水分と電解質が失われてしまいます。 このことから、しっかりとその失われてしまっている分の水分補給が必要になってきます。 もちろん水でも大丈夫ですが、1番適しているものはスポーツドリンクです。 しかしながらスポーツドリンクの場合には大量に飲むのであれば、少し水で薄めてから塩を少量いれて飲むと良いです。 消化に良い食べ物としては、炭水化物をしっかりと摂取することが1番良いです。 では、どのようなものが良くてどのようなものが良くないのかいくつかご紹介をします。 消化吸収が良い食べ物 おかゆ、うどん、 重湯、味噌汁、 野菜スープ、すりおろしたリンゴ、脂肪分の少ないアイスクリーム、脂肪分の少ない肉や魚、豆腐、プリンなど 消化吸収が良くない食べ物 脂肪分の多い肉や魚、ラーメン、玄米、そば、赤飯、生野菜、海藻、ケーキ、人工甘味料、菓子パンなど 腹痛や下痢に異常を伴う場合 ただの腹痛や下痢の場合、ある程度の時間が経ったり、お腹を温めたり、先程ご紹介をした対処法を実施すれば治ることがほとんどです。 しかしながら、腹痛や下痢の中には、吐き気や嘔吐や発熱など様々な物を併発する場合があるのです。 激しい腹痛を併発してしまった場合には、胆石・尿管結石・急性膵炎・大動脈解離などといった病気にかかってしまっていることが考えられ、これらの病気のなかには酷い場合には命に危険が及んでしまうとても危険な病気もあります。 このことから、なにか異常がある場合には、すぐにかかりつけの病院へ受診をすることがおすすめです。 吐き気・嘔吐がある場合 食あたりで腹痛や下痢を引き起こしてしまった場合には、吐き気や嘔吐といった症状を伴う場合があります。 かかりつけの病院に相談や受診をするなどしましょう。 発熱がある場合 腹痛や下痢とともに発熱がある場合には、かなり重い食中毒を引き起こしており、それによって腹痛や下痢を引き起こしてしまっている可能性があります。 この場合には、様子を見るのではなく速やかに医療機関にて受診するようにしてください。 発疹が出ている場合 腹痛や下痢とともに発疹が身体へと出てしまっている場合には、何らかのアレルギー物質を体内へと摂取したことにより腹痛や下痢が引き起こされてしまっている可能性が考えられます。 この場合には、そのアレルギー反応を起こしてしまった原因となる物質を摂取することを控えるようにしてください。 万が一何が原因かわからない場合には病院にてアレルギー検査をすることをおすすめします。 下痢止め薬を4~5日服用しても改善しない場合 腹痛や下痢が引き起こされてしまった場合に、市販の下痢止めの薬を服用する方もいると思います。 しかしながら、この下痢止めの薬を服用したとしても4〜5日にわたって下痢が一向に改善されないという場合には、何らかの病気にかかってしまっているということが疑われますので、かかりつけの病院にて直ちに診察することをおすすめします。 便の状態がおかしい場合 腹痛や下痢をした時、排便したものをみたときに色が黒色や白色だった場合、血が混じっていた場合、粘液が混じっていた場合など、便の状態がおかしかった場合には、その便の状態をしっかりと覚え 場合によっては写真を撮っておくこともおすすめ 、かかりつけの医師へ相談することがおすすめです。 腹痛や下痢にならないために 日頃から腹痛や下痢にならないためには、日頃から気をつけなければなりません。 腹痛や下痢になってしまうと自分自身がしんどい思いをしてしまうだけでなく、会社や学校へ行けなければ、または病気を患ってしまえば周りにも迷惑がかかってしまいます。 少しでも腹痛や下痢になってしまうような原因は避けることができると良いですね。 水分補給と消化に良い食べ物を! 腹痛や下痢になってしまった場合には、水を補給し消化に良い食べ物を食べると良いです。 万が一、便の状態がいつもと違ったり、下痢や嘔吐や発熱を伴ってしまった場合には、それぞれにあった対処をしましょう。

次の