大河ドラマ。 大河ドラマ作品一覧

【開館中】麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館

大河ドラマ

大河ドラマを 動画で観たい。 私は大河歴30云年ですが、一度見た 大河ドラマをもう一度 動画で見たくなる事もあるかと思います。 私、大河ドラマ「武田信玄」は4回見ております。 過去の 大河ドラマを 動画で視聴するのに最もお勧めなのは?過去の 大河ドラマで現在 動画視聴可能な作品をご紹介。 現在視聴可能な大河ドラマは? 管理人はもう3年「U-NEXT」で 大河ドラマ動画ライフを送っております。 2018年は翔ぶが如くを西郷どんに合わせて視聴。 2020年は太平記の配信もスタート!無料お試し期間があるので、迷っている方はまず「U-NEXT」でお試しをしてみるのが良いと思います。 管理人は無料お試しから始めて現在はU-NEXTの月額会費1990円(税抜)内でポイント(継続ボーナスの1200ポイント)を使い、定額で大河ドラマが見放題となる「まるごと見放題パック(必要ポイント990)」を使用しています。 基本会費1990円(税抜)で付与されるポイントのみなので利用なので追加料金はありません。 太平記配信スタート! 無料期間であっても上記のリンクから登録頂くと1,000ポイントの付与があるので「過去の大河ドラマ」が無料で楽しめます。 因みに、管理人が使い始めたきっかけはやはり「リアルタイム」での大河ドラマを見逃したから・・・。 再放送も見る事が出来ないと分かっていたので以前から「無料で見れる(お試し期間中は)」という広告を見ていたので申し込んでみました。 「無料期間中」は無事に無料で視聴が出来ました。 2020年4月12日現在動画視聴可能な大河ドラマは下記の通り。 西郷どん 2018• おんな城主直虎 2017• 八重の桜 2013• 江-姫たちの戦国- 2011• 龍馬伝 2010• 天地人 2009• 篤姫 2008• 風林火山 2007• 功名が辻 2006• 利家とまつ 2002• 北条時宗 2001• 葵-徳川三代- 2000• 徳川慶喜 1998• 信長-KingOfZipang- 1992• 太平記 1991• 翔ぶが如く 1990• 武田信玄 1988• 春の波濤 1985• 徳川家康 1983• おんな太閤記 1981• 草燃える 1979• 黄金の日日 1978• 花神 1977• 風と雲と虹と 1976• 元禄太平記 1975• 勝海舟 1974• 国盗り物語 1973• 春の坂道 1971• 樅の木は残った 1970• 天と地と 1969• 竜馬が行く 1968• 三姉妹 1967• 太閤記 1965• 赤穂浪士 1964 U-NEXTの特徴 前述の通り管理人はU-NEXTの月額会費1990円(税抜)内でポイントを使って視聴しています。 現在放送中の「麒麟がくる」を見逃した時も月額の基本料金だけで視聴可能です。 また、昔懐かしの大河ドラマを見て感想を書いたりもしています。 あと、見放題となっているドラマやアニメも豊富なのでちょいちょい楽しんでおります。 以上、大河ドラマで現在動画視聴可能な作品等について! 今宵は此処までに致します。

次の

大河ドラマ

大河ドラマ

NHKは15日、大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜午後8時)と連続テレビ小説「エール」(月~土曜午前8時)の放送を6月に中断すると発表した。 「麒麟がくる」(全44回)は6月7日の第21回まで放送し翌週の14日から、「エール」は6月27日まで放送し翌週の29日から、それぞれ休止する。 過去には大事件や編成調整で1~2回の休止はあるが、今回のような長期にわたる中断は両ドラマ史上初とみられる。 NHK前田晃伸会長は「ご理解をいただきたい。 代替番組は、現在検討している。 再開は決まり次第、お知らせしたい」などと文書で説明した。 関係者によると、中断期間は総集編や再放送などを軸に検討。 中断が長引く場合は過去の作品を編成する可能性もあるという。 2作品とも新型コロナ感染拡大を受け4月1日から撮影を休止していた。 撮影再開は緊急事態宣言解除後になるが、すぐにとはいかない。 関係者によると大河は出演者やスタッフも多く「3密」になりやすく、セットも大がかり。 役者の日程調整にも時間がかかり、スタートまでに4週間程度はかかる見込み。 撮影後も編集や考査などにやはり約4週間は必要で、仮に6月1日にゴーサインが出ても、放送再開は7月下旬~8月上旬になる計算だ。 今年は東京五輪期間に5週分の余裕はあったが今作はスタートで2週遅れ、今回の中断で8週空くと、年末までに44回の放送が終了できないおそれもある。 「エール」も同様で放送期間を調整することになりそう。 ただ、今秋スタートの「おちょやん」の収録開始も遅れており、後期作のスタート日とあわせて、検討することになりそうだ。 photo• 芸能 ウエンツ瑛士「みんなの味方に」三浦春馬さん追悼 []• おくやみ [7月19日 11:31]• 芸能 [7月19日 11:31]• おくやみ [7月19日 11:01]• おくやみ [7月19日 10:26]• 芸能 [7月19日 10:00]• コラム [7月19日 10:00]• おくやみ [7月19日 9:29]• おくやみ [7月19日 9:27]• おくやみ [7月19日 9:26]• おくやみ [7月19日 9:26]• AKB48 HKT48専用劇場開設へ 300席、10月下旬頃 []• AKB48 [7月18日 8:31]• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• 芸能 [7月19日 8:00]• ジャニーズ [7月18日 19:43]• ジャニーズ [7月18日 8:31]• ジャニーズ [7月17日 15:26]• ドラマ [7月16日 10:25]• ジャニーズ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月16日 5:01]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ハリウッド O・ブルーム溺愛する愛犬が行方不明、情報求む []• ハリウッド [7月18日 10:52]• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• 映画 中年記者には懐かしく甘酸っぱいにおい/劇場(日) []• コラム [7月19日 10:00]• コラム [7月18日 13:00]• シネマ [7月18日 11:31]• シネマ [7月18日 8:31]• シネマ [7月17日 21:00]• シネマ [7月17日 20:56]• シネマ [7月17日 20:56]• シネマ [7月17日 5:23]• シネマ [7月17日 5:00]• シネマ [7月15日 16:32]• ドラマ 沢口靖子「ハートフルな物語がまた」主演時代劇続編 []• ドラマ [7月17日 14:12]• ドラマ [7月17日 10:17]• ドラマ [7月17日 10:17]• ドラマ [7月17日 10:07]• ドラマ [7月16日 15:33]• ドラマ [7月16日 13:47]• ドラマ [7月16日 12:28]• ドラマ [7月16日 10:25]• ドラマ [7月16日 10:06]• ドラマ [7月16日 5:01]•

次の

大河ドラマ作品一覧

大河ドラマ

1 - 10作 [ ] タイトル 放送期間 原作者 脚本 音楽 主人公 主演 備考 1 (38年) - 同 井伊直弼の生涯を描く。 尾上松緑と佐田啓二が共演。 松緑のテレビドラマ代表作。 2 (昭和39年) - 同 討ち入りの回で、大河ドラマ史上最高の視聴率53. 3 (昭和40年) - 同 豊臣秀吉の一生を描く。 当時まだ無名の若手を多く抜擢。 視聴者から役のの助命嘆願が殺到し、の回が延期された。 4 (昭和41年) - 同 村上元三 源義経の一生を描く。 放送から6年後、菊之助と役のが結婚した。 5 (昭和42年) - 同 大佛次郎 永井家の三姉妹 (むら るい 雪) 初めて女性・架空の人物が主役となった。 徳川幕府崩壊後、旗本の三姉妹の視点から見た明治を描く。 6 (昭和43年)- 同 坂本龍馬の生涯を描く。 時代の最後の作品。 7 (昭和44年) - 同 冨田勲 上杉謙信の一生を、宿命のライバルとの戦いを軸に描いた。 初の作品。 8 (昭和45年) - 同 を描く。 ドラマの舞台地でのロケやオリジナルストーリーの追加など初めての試みが導入された。 9 (昭和46年) - 同 杉山義法 (テーマ音楽)/ (劇中音楽) 柳生宗矩・親子の物語。 10 (昭和47年) - 同 吉川英治 冨田勲 清盛を中心に平家の盛衰を描く。 当時では最も高額な費用にて製作された。 11 - 20作 [ ] タイトル 放送期間 原作者 脚本 音楽 主人公 主演 備考 11 (昭和48年) - 同 司馬遼太郎 平幹二朗 斎藤道三と織田信長の生涯を描く。 戦国時代を扱った他の司馬作品から設定を加えている。 放送序盤で主演の渡が病気で降板し、松方に交代。 13 (昭和50年) - 同 石坂浩二 柳沢吉保の視点からを描く。 14 (昭和51年) - 同 海音寺潮五郎 を描いており、2018年の時点では最も古い時代を題材とする。 2018年現在、マスターテープ全話分の現存が判明している最古の作品。 15 (昭和52年) - 同 司馬遼太郎 大野靖子 林光 大村益次郎の生涯を描く。 幕末期を扱った他の司馬作品から設定を加え、幕末をパノラマ的に描いている。 16 (昭和53年) - 同 の商人・呂宋助左衛門を中心に堺の商人たちを描いた作品。 初の日本国外ロケ(フィリピン)を行う。 この作品から初回放送日は基本的に正月3が日に当たる場合は避けた。 17 (昭和54年) - 同 湯浅譲二 石坂浩二 源頼朝と北条政子の生涯を軸にからまでを描く。 18 (昭和55年) - 同 (オリジナル作品) 平沼銑次 苅谷嘉顕 加藤剛 架空の士(菅原)と士(加藤)を軸に、幕末から明治を描いた。 『黄金の日日』以来の日本国外ロケ(フランス・パリ)を行った。 19 (昭和56年) - 同 (オリジナル作品) (作) 豊臣秀吉の正室・ねねの視点から描く戦国作品。 秀吉がねねを呼ぶ際の台詞「おかか」が流行語になった。 20 (昭和57年) - 同 池辺晋一郎 大石内蔵助 緒形拳 放送された当時と江戸元禄期の情勢変化が類似しており、ともに「峠」の時代だとする原作者の観点を軸に、忠臣蔵事件を現代的に描いた。 21 - 30作 [ ] タイトル 放送期間 原作者 脚本 音楽 主人公 主演 備考 21 (昭和58年) - 同 山岡荘八 冨田勲 徳川家康の生涯を平和希求者として描き、それまでの家康像とは異なる作品となった。 22 (昭和59年) - 同 市川森一 林光 天羽賢治 天羽忠 を起点に、強制収容所生活、を通じて、日本とアメリカの狭間での偏見と差別に苦しんだ日系アメリカ人2世の人生の悲劇を描く。 日本国外ロケ(アメリカ)を行った3作目の作品。 主人公らの架空人物と東郷茂徳らの実在人物とが混在した形となっているが、主人公も実在人物がモデルとなっていた。 23 (昭和60年) - 同 中島丈博 佐藤勝 日本初の女優・川上貞奴の生涯と明治の文化人、を描く。 24 (昭和61年) - 同 (オリジナル作品) 橋田壽賀子(作) 坂田晃一 岩田(高原)未希 後を生きた女医の半生を描く。 歴史上の人物が全く登場しない唯一の作品。 25 (昭和62年) - 同 山岡荘八 池辺晋一郎 伊達政宗の生涯を描く。 2018年の時点で大河ドラマ史上最高の平均視聴率を記録した。 「梵天丸もかくありたい」が流行語になった。 26 (昭和63年) - 同 山本直純 武田信玄の生涯を、父子の愛憎という観点から描いた作品。 前年の『独眼竜政宗』に続きヒットした。 「今宵はここまでに致しとうござりまする。 」が流行語になった。 27 (昭和64年) - 同(元年) (オリジナル作品) 橋田壽賀子(作) 坂田晃一 (おふく) 春日局がの乳母として、武家社会で成功する過程を描いた作品。 「お局様」が同年の流行語となった。 28 (平成2年) - 同 司馬遼太郎 小山内美江子 西田敏行 西郷・大久保を中心に原作に無い幕末部分も、他の司馬作品を合わせ創作して描いた維新作品。 大河ドラマ初の二部構成作品。 29 (平成3年) - 同 吉川英治 足利尊氏を中心に、初めて本格的に鎌倉幕府の滅亡やを映像化した作品。 尊氏誕生前の足利家苦難の時代からまでを描いた。 30 (平成4年) - 同 (オリジナル作品) 田向正健(作) 織田信長 宣教師のの目から見た信長の生涯を描いている。 放送期間が半年となった唯一の作品であり、2018年現在で架空人物を主人公にした最後の作品。 32 1993年(平成5年) - (平成6年) 中島丈博 渡辺謙 ・の視点からの100年の歴史を描いたドラマ。 異例の9ヶ月間の作品。 33 1994年(平成6年) - 同 (オリジナル作品) 市川森一(作) 三枝成彰 三田佳子 の正室・日野富子を中心に、とその前後の時期を描く。 狭義のを舞台にした唯一の作品。 の端緒となったも描かれている。 34 (平成7年) - 同 (オリジナル作品) ジェームス三木(作) 池辺晋一郎 西田敏行 吉宗の実像を描いたコメディ色の強い作品。 を解説役にしている。 35 (平成8年) - 同 堺屋太一 豊臣秀吉 豊臣秀吉を現代的な視点から描き、弟・にも光を当てた作品。 36 (平成9年) - 同 永井路子 毛利元就の生涯を周囲の女性の視点を交えながら描いた。 37 (平成10年) - 同 司馬遼太郎 田向正健 湯浅譲二 徳川慶喜の半生を、幕末の動乱からでのまでを描いた作品。 38 (平成11年) - 同 舟橋聖一 中島丈博 池辺晋一郎 大石内蔵助 忠臣蔵事件の仇討ちを幕府への抗議という新解釈のもとに描いた作品。 が悪役として描かれていないのも特徴の一つ。 39 (平成12年) - 同 (オリジナル作品) ジェームス三木(作) 徳川家康 西田敏行 関ヶ原合戦から家光の治世までを濃密に描いたドラマ。 が解説役。 年表的な歴史の流れが重視された。 初の作品。 40 (平成13年) - 同 高橋克彦 鎌倉時代のみを舞台とする唯一の作品で、北条時宗の生涯を描く。 の情勢も詳しく描かれた。 を多用し、副音声解説が初めてつけられた作品。 41 - 50作 [ ] タイトル 放送期間 原作者 脚本 音楽 主人公 主演 備考 41 (平成14年) - 同 渡辺俊幸 前田利家とその妻まつの出世物語。 当時、民放ので活躍していた若手俳優が多く起用された。 42 (平成15年) - 同 吉川英治 宮本武蔵の生涯を、原作にないの決闘以後も創作して描いた作品。 NHKテレビ放送開始50周年、大河ドラマ40周年記念作品。 43 (平成16年) - 同 (オリジナル作品) (作) の戦いと、・・らの友情と絆を描いた作品。 終了後に異例の続編『』が放送された。 44 (平成17年) - 同 岩代太郎 源義経 源義経とその家来、兄弟や親子の生きざまをテーマに描いた作品。 兄弟・源氏・平家・朝廷と、それぞれの葛藤を描いている。 45 (平成18年) - 同 司馬遼太郎 小六禮次郎 とその妻・千代の出世物語。 ストーリーは同時代を扱った他の司馬作品の設定を取り入れた。 46 (平成19年) - 同 初の井上原作作品で、武田信玄の軍師・山本勘助の生涯を描く。 現代的な要素を多く取り入れがちだった近年の作品と異なり、の価値観に極力近づけた。 放送途中で1話追加することを決めた稀な作品。 47 (平成20年) - 同12月14日 宮尾登美子 (篤姫) 徳川13代将軍家定の正室天璋院篤姫の生涯を描く。 宮崎は史上最年少での主役(本放映当時)。 2018年の時点では幕末を舞台とした大河ドラマ中で最高の視聴率を記録している。 48 (平成21年) - 同 上杉景勝の家老・直江兼続の生涯を描く。 女性作曲家が劇伴を担当したのは今作が初めて。 また、関ヶ原の戦いで敗者となった武将が主人公となったのも初の作品。 NHKスペシャルドラマ『』放送のため、史上初めて11月に最終回を迎えた。 49 (平成22年) - 同 (オリジナル作品) (作) 坂本龍馬 龍馬33年の生涯を、経済人・の視点で描く。 龍馬が主人公になるのは42年ぶり2回目。 50 (平成23年) - 同 吉俣良 戦国乱世の時代に翻弄された女性・江の波乱の生涯を描く。 51 - 60作 [ ] タイトル 放送期間 原作者 脚本 音楽 主人公 主演 備考 51 (平成24年) - 同 (オリジナル作品) (作) 平清盛 平清盛が主人公の作品は40年ぶり2回目。 清盛を従来のイメージではなく、新しい時代を切り開いた挑戦者として描く。 52 (平成25年)1月6日 - 同12月15日 (オリジナル作品) (テーマ音楽) (劇中音楽) 関連プロジェクトの一環として製作。 の妻・八重の生涯を描く。 『翔ぶが如く』以来23年ぶりの明治時代が舞台の作品。 53 (平成26年)1月5日 - 同12月21日 (オリジナル作品) 豊臣秀吉に仕えた軍師・黒田官兵衛の生涯を描く。 54 (平成27年)1月4日 - 同12月13日 (オリジナル作品) 『花神』以来38年ぶりに山口県を舞台とした作品。 の妹・文の生涯を描く。 4人の脚本家が各話を書き分ける、異例の執筆体制となった。 55 (平成28年)1月10日 - 同12月18日 (オリジナル作品) 三谷幸喜 服部隆之 「日本一の兵」とうたわれた真田信繁(幸村)の生涯を描く。 56 (平成29年)1月8日 - 同12月17日 (オリジナル作品) 後に徳川四天王になる井伊直政を育てた養母・井伊直虎の生涯を描く。 57 (平成30年)1月7日 - 同12月16日 西郷隆盛 明治維新150年を記念して制作。 維新の立役者・西郷を「愛に溢れたリーダー」として描く。 『翔ぶが如く』の主人公西郷役を演じた西田敏行がナレーションを担当した。 58 (平成31年)1月6日 - 同(元年)12月15日 (オリジナル作品) を記念し、日本が初めてに参加したからまでの約50年間を描く群像劇。 近現代が舞台になるのは33年ぶり。 大河ドラマ初の作品。 が語りを担当。 59 (令和2年)1月19日 - (オリジナル作品) 池端俊策 前川洋一 本能寺の変を引き起こした明智光秀の生涯を描く。 出演予定者の不祥事や東京五輪の影響による放送回数の減少やによる撮影・放送中断に見舞われた。 60 (令和3年)(予定) - (オリジナル作品) 未定 日本資本主義の父・渋沢栄一の生涯を描く。 61 - 70作 [ ] タイトル 放送期間 原作者 脚本 音楽 主人公 主演 備考 61 (令和4年)1月(予定) - (オリジナル作品) 三谷幸喜 未定 脚注 [ ] [].

次の