寒冷 アレルギー。 寒冷アレルギーは東洋医学専門の鍼灸院へ

急激な温度差で起こる「寒冷じんましん」

寒冷 アレルギー

こんにちは、さらくりです。 寒い時に鼻水が出てしまったり 逆に鼻づまりを起こしてしまったり 咳がなぜか止まらなくなってしまう といった症状が出てしまう原因は 寒冷アレルギーになってしまって いることが多いです。 寒冷アレルギーとはいったい何なのか どうして色々な症状が起こってしまのか 調べてみました。 鼻や喉がおかしくなる 暖かい春や暑い夏の時期は大丈夫なのに 少し肌寒くなってくる秋から冬にかけて 急に鼻水が止まらなくなってしまったり 鼻づまりを起こしてしまったり 鼻の症状だけではなく咳が止まらなく なってしまったりといったとても厄介な 症状に襲われてしまうことがあります。 スポンサーリンク 寒さから体調を崩してしまって風邪を ひいてしまったかな? って思うのですが特に熱が出ている わけでもなく、さっきまで全然大丈夫 だったのに急に辛い症状が出てきてしまう このような症状で悩んでいる人が とても多いです。 いったい何が原因なの? 働き過ぎや勉強のしすぎで体調が 変になってしまったのではって 思ってしまう瞬間もあります。 笑 この寒い時特有のこれらの症状の 原因となっているものは 寒冷アレルギーといわれるアレルギー が原因のことがとても多いです。 寒冷アレルギーとは 寒冷アレルギー? どんなアレルギーなの? そんなアレルゲンが自分にはあるの? っていう感じになってしまうかも しれませんが この寒冷アレルギーとは 寒い時期に多く現れるアレルギーで 激しい気温の変化によって体内温度 が急激に変化した時に起こってしまう アレルギーです。 体内温度の激しい変化というと 自分の体温より低い物に触れて しまったりした時で 寒い外気や冷たい物などに触れた 時などですね。 この時に体内の 自律神経が乱れてしまい 正常に喉や鼻が機能しなくなってしまいます。 喉や鼻の粘膜がとても敏感になって しまって少しの変化でも過敏に反応 してしまう状態になってしまうのです。 なので鼻水が止まらなくなってしまったり 逆に鼻が詰まってしまったり 咳が止まらない状態になってしまいます。 これが寒冷アレルギーの症状なのですが ここで注意してほしいことがあって 寒い場所にいるから症状が出てしまう のではなくて、温度差が激しいと 症状が出てしまうので 暖かい場所から寒い外に出たとき 逆に寒い外にいて暖かい部屋に入った 瞬間などに起こりやすくなってしまいます。 スポンサーリンク この寒冷アレルギーは温度差によって 症状が出てくるので普通のアレルギー とは違っているのでなかなか最初は アレルギーだという感覚がありません 普通アレルギーというと何か自分の 体質にダメなものを食べてしまったり 触ってしまったりしたときに症状が出て きますからね。 しかし特にそんなアレルゲンには 触れていないのでまさか 自分が アレルギーにかかっているって 思いにくいのがこの寒冷アレルギー の特徴でもあります。 寒冷アレルギーは鼻や喉の症状 だけではなく突然肌が赤くなって しまって痒くなってしまう 寒冷蕁麻疹もその症状のうちの 一つです。 寒冷蕁麻疹についてはコチラの 記事に詳しく書いてあるので よかったら参考に読んでみてください。 寒くなり始める秋から寒さのピーク をむかえる冬にかけて起こりやすい 寒冷アレルギー 原因となっているのは激しい温度差 によって鼻や喉の機能が正常に 機能しなくなってしまい それが原因でとても敏感に色々な ものに反応してしまって起こって しまいます。 目に見えないアレルゲンだと僕は 思っていますね。 なので風邪をひいていないのに 鼻水がダラダラと出続けてしまう 咳やくしゃみが止まらなくなって しまった時は寒冷アレルギーでは と注意してください。 寒冷アレルギーの対処法については コチラの記事に書いてあります。

次の

温度差で鼻が過敏になる病気 寒暖差アレルギーの対処法|シティリビングWeb

寒冷 アレルギー

寒冷アレルギーとは? 寒冷アレルギーとは、昨日までは気温が温かかったのに、翌日に急に冷え込んだなど… 寒暖差によって自立神経が乱れることで起こるようです。 血管は寒いと縮み、暑いと広がります。 寒暖差が激しいと、血管の収縮が環境に追いつけなくなり、自律神経が誤作動を起こし身体に不調をもたらしてしまいます。 また、自律神経は激しい気温差で乱れるのが特徴です。 そして、どちらかと言うと 女性に多いというのも大きな特徴です。 例えば、次のような状況で寒冷アレルギーを引き起こしてしまう可能性が高くなります。 スポンサーリンク 治し方も調査! 医療機関などでの寒冷アレルギーの治療では、症状を抑える対症療法が基本となります。 内服薬として自律神経の働きを整える抗ヒスタミン薬、鼻の炎症を抑える点鼻薬としてステロイド薬が処方されることが多いようです。 また、1番の予防策は自身で日ごろから心がけていくことでしょう。 それでは、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか? マスクを着用、胸首・手首・足首を冷やさない 寒冷刺激を緩和するために、気温が低い場所や寒い屋外に出るときは、 マスクを着用しましょう。 呼気がマスクに適度な温度と湿度を与えますので、鼻粘膜の寒冷刺激が和らぎ、アレルギー反応も軽減されます。 また、 胸首・ 手首・ 足首にはいずれも体表の近くを動脈が流れているので、厚手の上着にマフラーやストール、レッグウォーマーなどで防寒対策をしましょう。 体力をつけるための適度な運動 寒暖アレルギーにかかりやすいのは、筋肉量の少ない高齢者や女性と言われています。 毎日できる簡単な運動やウォーキングなどを行い、 基礎代謝をあげていきましょう。 規則正しい生活を心がける 肉体的・精神的にストレスが多い生活をしていたり、夜遅くまで起きているなど不規則な生活も自律神経のバランスがくずれる原因となってしまします。 早寝早起きを心がけ、生活のリズムを整えましょう。 また、適温のお風呂にゆっくとつかることも自律神経を整えることに繋がります。 バランスのとれた食生活を心がける 3食をしっかり食べること、そしてエネルギー源となるタンパク質や、疲労回復に良いとされるビタミン、ミネラルを満遍なく摂取することを心がけましょう。 タンパク質を取るならツナ缶や、鶏もも肉、豆腐、卵、牛乳など。 ビタミン B1や2など沢山種類がありますが… を取るなら、レバーやうなぎ、バナナ、緑黄色野菜など。 ミネラルを取るなら、さといもやそば、するめ、ししゃも、トマトジュースなど。 寒冷アレルギーは、 冬だけに見舞われる症状ではなく、年間を通して改善や悪化を繰り返し、完治は難しい病気とされています。 しかし、上記でお伝えした予防策や服薬等によって、症状を和らげることは可能です。 健康的な生活を送るためにも、出来ることから始めていきましょう!!.

次の

温度差で鼻が過敏になる病気 寒暖差アレルギーの対処法|シティリビングWeb

寒冷 アレルギー

昭和大学 医学部 小児科学講座 教授 今井 孝成 先生 複数の症状がみられたら「アナフィラキシー」かもしれません アナフィラキシーの症状はさまざまです。 もっとも多いのは、じんましん、赤み、かゆみなどの「皮膚の症状」。 次にくしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなどの「呼吸器の症状」と、目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなどの「粘膜の症状」が多いです。 そして腹痛や嘔吐などの「消化器の症状」、さらには、血圧低下など「循環器の症状」もみられます。 これらの症状が複数の臓器にわたり全身に急速にあらわれるのが、アナフィラキシーの特徴です。 特に、急激な血圧低下で意識を失うなどの「ショック症状」も1割程みられ、これはとても危険な状態です。 アナフィラキシーの可能性が高い場合 次の3つのうち、いずれかに当てはまる場合は、アナフィラキシーの可能性が高いとされます。 Simons, F. et al. :J Allergy Clin Immunol 127(3):587, 2011より作図 症状が出るまでの時間は、アレルゲンによってことなります アナフィラキシーの特徴のひとつは、短時間で症状があらわれること。 症状が出るまでの時間は、アレルゲンや患者さんによって差があります。 薬物や蜂毒は直接体内に入るため、早く症状が出る傾向があります。 これに対し、食べ物は胃や腸で消化され吸収されるまでに時間がかかるため、症状が出るまで薬物や蜂毒よりは時間がかかることが多いです。 アナフィラキシーが原因で心停止に至った例の、心停止までの平均時間は、薬物で5分、蜂毒が15分、食物では30分といわれます(アナフィラキシーがすべて心停止に至るわけではありません)。 「おさまったから大丈夫」と安心はせず、すぐに病院で診断を受けることが大切です。 アレルゲンによる心停止発現までの時間(中央値)[海外データ] 【試験概要】 対象:英国立統計局(The Office for National Statistics:ONS)に1992~1998年までに登録された死亡を含むアナフィラキシー患者124例 方法:死亡を含む致死的アナフィラキシー発現症例の、既往歴、ショック反応、検死などの調査結果から、アナフィラキシー発現から心停止までの時間、アドレナリン使用のタイミング、予後などを調査した。 Pumphrey, R. : Clin Exp Allergy 30(8):1144, 2000より作図.

次の