エアー ブラシ コンプレッサー。 コンプレッサーの騒音・消音対策|プラモデルのエアブラシ塗装

エアブラシ用コンプレッサー

エアー ブラシ コンプレッサー

パワーの違い、音の大きさ 殆どのタイプはパワーの大きな物ほど音が大きく小さい物ほど音が小さいです。 パワーのあるコンプレッサーは使える機種の幅が広がりますが、殆どの方が部屋の中で使うので、音の大きさも考慮しなければなりませんね。 音の気にならない所で使う方や、部屋の中で静かに使いたい方も居ますので、使用環境によって選べば良いと思います。 パワーを計る場合、毎分どの位のエアーの量をコンプレッサーから出力出来るかの数字が有ります。 これは1分間に22リットルエアーを出力しますよ!という事です。 エアブラシワークスの推奨は 毎分20㍑min以上です。 20㍑min以上あれば、殆どのエアブラシで使用可能です。 パワーのあるコンプレッサーはエアブラシだけでは無く、小型のスプレーエアブラシも使えたりと、使い用途の幅が広がります。 このサイトを見ている方、殆どの方がエアブラシで絵を描く事を前提としていますので、パワーの違いでの要点をまとめてみました。 右の画像は小型コンプレッサーの中では非常にハイパワーです。 同時に3~4本のエアブラシを同時に使用出来ます。 小口径のスプレーエアブラシも使えますので、カスタムペイントなどを考えている方には向いています。 ただし、音がかなり大きく、使う環境も考慮しなければなりません。 (音の大きさはdbという単位で表示されているのも有りますが、ここでは私の聞いた感覚で表現しています。 ) オイル、オイルレスの違い コンプレッサーは機械的に空気を圧縮しますので、コンプレッサーによって内部にある金属の摩擦部分にオイルを使っているか、オイルを入れずにベアリングを使っているかの違いが有ります。 簡単に言うと、オイルを使っているコンプレッサーはとても静かなタイプが多く、オイルレスコンプレッサーは「ドコドコ」とエンジンの様な機械音がします。 一見静かな方が良さそうなのですが、そうばかりでもありません。 オイルコンプレッサーを使用するとホースを伝ってオイルがエアブラシから出てきてしまいます。 なので塗装で使用するコンプレッサーは殆どオイルレスを使用しています。 塗膜にオイルが付着すると、ブリスターと言って表面にブツブツと吹き出物の様なものが出て来てしまう事があります。 オイルコンプレッサー レトラ Jun-air 風量・・・16㍑min 音の大きさ=とても静か 現在は別メーカーから販売されていますが、 エアブラシからオイルが出てきてしまいます。 圧力スイッチの有無 これは何かというと、空気(以下エアー)を使っている(出している)時にはONになり、エアーを使っていない(出していない)時はOFFになるスイッチです。 圧力スイッチが付いているコンプレッサーは、設定した圧力までエアー圧が上がると自動でスイッチがOFFになり、圧力が下がると自動でONになってくれます。 なので、エアーを出していない時には勝手にスイッチが切れてくれる便利な機能です。 しかし、機敏にON、OFFが切り替わるとスイッチの接点が消耗し、圧力スイッチが壊れてしまうトラブルも良く有ります。 機敏にON,OFFとならない様に、 大きなエアータンクを中間に入れてあげると圧力スイッチが長持ちします。 圧力スイッチが付いていないタイプのコンプレッサーは常にコンプレッサーが回っている状態となります。 フィルターはエアー内の埃や水を除去して、綺麗な空気を供給する部分です。 レギュレターはエアー圧を調整する部分です。 殆どのタイプがフィルターとレギュレターと圧力ゲージ(空気の圧力のメーター)がセットになっています。 フィルターレギュレターはコンプレッサーとエアブラシの間には必ず付けなければなりません。 殆どのコンプレッサーにはフィルターレギュレターが内臓されています。 このフィルターレギュレターには2種類あって、エアーを逃がすタイプと、エアーを逃がさないタイプが有ります。 圧力スイッチの無いタイプのコンプレッサーは常にコンプレッサーが回っていますので、使用していない時はどこかでエアーを逃がさないと、エアーが溜まる一方でどこかが破裂していまいます。 圧力スイッチの無いコンプレッサーに付属しているレギュレターは、設定した圧力になるとエアーがフィルター下部から逃げる様な構造になっています。 圧力スイッチの有るタイプのコンプレッサーに付いているレギュレターは、圧力を調整してもエアーが逃げない構造になっています。 最高圧力 : 約0. 55Mpa 約5. 0kg 音の大きさ=普通 APC-001R2とパワーは同じなのですが、エアタンクが付いています。 初期投資費用に余裕がある場合はこちらに機種をお勧めします。 他メーカーからも良いコンプレッサーが沢山有りますので、以上の要点を理解した上で探してみるのも良いですよ。 まだ道具を持っていない方は私のサイトの「生徒さん専用のページでお勧めセットを販売していますので、そちらも参照してみて下さいね! ここから下は塗装用のコンプレッサーです。 中型コンプレッサー クリアーを吹く時や広い面をフラットにペイントする場合は中型以上のコンプレッサーが必要です。 こちらの物はホームセンターで購入するのが一番安いです。 殆どの物は音が強烈に大きいので部屋の中では使用出来ません。 もし使用したら苦情が殺到するでしょう。 クリアーなど塗装で使うスプレーガンを使用する場合、最低でもこの位(2馬力)のコンプレッサーは必要です。 ガレージなどが有る方は周りの環境を考えて使用して下さいね。 広い面にクリアーなどを吹く場合、このコンプレッサーでもパワーが足りません。 最低3馬力(推奨5馬力)以上のコンプレッサーが必要で、本格的な塗装システムも必要になってきますので、非常に高価になります。 私が思うには、普通の方が趣味で塗装をするのなら、ホームセンターなどのコンプレッサーで十分だと思います。 ただ、ホームセンターのコンプレッサーは殆どがオイルコンプレッサーです。 オイルが出て来てしまいますので、 オイルフィルターを別途取り付けて下さい。 オイルフィルターもホームセンターなどで購入出来ます。 それと オイルフィルターは定期的なメンテナンス(掃除)が必要です。

次の

エアブラシの圧力の設定について

エアー ブラシ コンプレッサー

そもそもコンプレッサーとは? コンプレッサーとは、エアブラシを使うための圧縮した空気を作り出す装置の一つです。 電気で動く「空気入れ」ですね。 ちなみに自転車や車のタイヤの空気を入れる機械も模型と同じ「コンプレッサー」です。 模型用のコンプレッサーは、そこから「サイズ」や「パワー」が落としてプラモデルで使えるサイズにしてあるイメージです。 駆動方式には、「リニア方式」「ダイアフラム方式」「ピストン方式」などがあります。 そのほか、コンプレッサー選びで重要となってくる、「最大吐出空気量」「作動音」「連続作動時間」がありますね。 このような違いについて、詳しく解説していきます。 スペック最大連続使用圧力 : 約0. 10MPa 最大吐出空気量 : 5. 05MPa 作動音量 : 50db (無負荷時) 最大連続使用圧力 最大連続使用圧力から見てみましょう。 リニアコンプレッサーL5では「約0. 10MPa」と書いてあります。 で、コンプレッサーを持ってない方からすれば、「0. 10Mpa」と言われても、それがどのくらいの空気の量なのかピンとこないと思います。 プラモデルの塗装をする時に必要になる圧力は、ほとんどの場合「0. 05MPa」から、高くても「0. 15MPa」程度です。 この、「リニアコンプレッサーL5」は、空気を減圧して調整なくてもそのまま使える丁度いい圧力ということが分かります。 じゃあ、「最大連続使用圧力が 0. 20MPa以上 のハイパワーの大型コンプレッサーはプラモデルに使えるのか?」という質問もよくあります。 答えは、「圧力が高いものも模型用として使えます。 」です。 コンプレッサーには「レギュレーター」という空気の圧力をさげられる減圧装置があります。 上部のつまみを回せばコンプレッサーの圧力を減圧できるようになっており、0. 3MPaの入力空気圧を0. 1MPaや0. 05MPaなんかに減圧調整することが可能になっています。 「レギュレーター」はコンプレッサーに付属しているものもありますが、付いていない場合は別途購入する必要があります。 Amazonの情報を掲載しています ただし、大型のコンプレッサーになるにつれ「駆動音」や「消費電力」が大きくなったり、値段も高くなってきます。 なので模型ユーズだけを考えるのなら、必要最低限の能力の備わった模型用コンプレッサーがオススメというわけです。 最後に、参考になるか分かりませんが、私がエアブラシを使用するときに設定する空気圧を書いておきます。 ガンプラのパーツ塗装時 【0. 05Mpa】• ガンプラのトップコートを塗装時【0. 08Mpa】• スケールモデル 車、バイクのボディー塗装時【0. 1Mpa】• 粘度の高いウレタン塗料を使用する時【0. 15Mpa】 最大排出空気量 リニアコンプレッサーL5には、「5. 05MPa」と書いてあります。 これは最大で「 0. 05MPaの圧力で毎分5. 27リットルの空気を出せます。 」って意味です。 サブタンクの付いているコンプレッサーを検討する際はここをチェックするといいでしょう。 この最大排出空気量が多いほど、素早くタンクに空気が貯められます。 作動音量 これはそのままですね。 「作動させた時にどのくらいの騒音がでるのか」を指します。 最近はスマホのアプリ等でも騒音計があるので、50dbがどのくらいの音量なのか調べられるのでそちらも参考にしてみて下さい。 騒音を見る時に気をつけないといけない事があります。 同じ50dbでも「高い音の50db」と「低い音の50db」では、響き方が全然違ってくる、というというところです。 音の種類と言ったら分かりやすいでしょうか。 低い音の場合音の力が強く、壁を突き抜けてしまいがちなので、隣や上下の部屋まで響いてしまう可能性があります。 意外と小さい音だと思っていても、床を通じてコンプレッサーの動作音が伝わっているかもしれません。 ただし低音は、人の耳では聞き取りにくい音なので騒音値は大きくても小さい音に聞こえます。 騒音対策として、「自作で防音ボックスを製作する」などをして動作音を遮断すれば解決出来ます。 写真のような防音BOXを作ることで、60db近いコンプレッサーでも、夜間作業できるくらいの音量に抑えることができます。 コンプレッサーの振動による音もあるので、簡単なものなら「コンプレッサー用のスポンジマット」なんかも販売されています。 Amazonの情報を掲載しています 作業環境をよく考えて、「アパート、マンションなので夜の作業ではうるさくできない」という方はこの「作動音量」を重点的にチェックして選ぶといいですね。 大きな模型店なんかだと実機を展示していて、「実際の作動音を聞かせてくれるお店」もあったりします。 それ以外にも、YouTubeとかで「コンプレッサー 動作音」で調べると、作動音を撮った動画が結構あるのでオススメです。 コンプレッサーの「駆動方式」の違いについて コンプレッサーの駆動方式には、「リニア駆動方式」「ダイヤフラム駆動方式」「ピストン駆動方式」があります。 種類によって、特徴が変わってくるのでコンプレッサーを選ぶ時の参考にしてみてください。 リニア駆動方式 サブタンク付きコンプレッサーの特徴最大連続使用圧力の数値が上がる コンプレッサーの連続作動時間を短く出来る コンプレッサー自体の空気の脈動が無くなる 空気中に含まれる水分が取れる コンプレッサーを動かして無くてもタンクのエアーを使える。 タンクを付けることによって、 「動作音」「エアーの脈動」「長時間の連続使用」というピストン駆動方式特有の問題がすべて解決されます。 ちなみに、「既にタンクの付いてないピストン駆動方式のコンプレッサーを持っている」という方も、コンプレッサーに「圧力スイッチ」が付いている機種なら、別途でサブタンクだけを購入して後付することもできます。 ピストン駆動方式のコンプレッサーの頭には、こんな形の黒いスイッチがあります。 これが「圧力スイッチ」です。 これがついているコンプレッサーなら、別売りのサブタンクを接続することが出来ます。 Amazonの情報を掲載しています アネスト岩田製のサブタンクです。 タンクの容量は3. 5リットルで「圧力計」「安全弁」「空気」「水抜き弁」と、必要なものが全て付いているコスパがいい商品です。 購入するときは、 サブタンクの容量に注意して選んでください。 模型用以外のサブタンクだと、大きさが20L、35L、と大型の物が殆どです。 大型のタンクは空気を貯めるのに時間がかかり、模型用のコンプレッサーでは、容量が大きすぎて使えません。 自分の所有している模型用コンプレッサーの性能にあった、1. 0L~4. 0L程度の小型のサブタンクを選びましょう。 「圧力スイッチ」について 一部のコンプレッサーには「圧力スイッチ」というものが付いているモデルがあります。 これはコンプレッサー内が一定の圧力まで上がったら、自動的にスイッチをオフにしてくれるという装置です。 エアブラシから空気を出してないときや、サブタンク内に空気がいっぱいになったときに動作してコンプレッサーの動作を止める役割があります。 この圧力スイッチにも読み方もあります。 大抵はコンプレッサーの説明書に書いてあったりしますが。 写真の圧力スイッチには 「ON 40PSI OFF 60PSI」と記載されています。 「1PSI=0. 00689476MPa」なので適当に計算すると、 60PSIは0. 413MPa 40PSIは0. 275MPa となります。 413MPa(60PSI)まで空気圧が上がったらスイッチが作動してOFFになり、0. 275MPa(40PSI)まで空気圧が下がったらスイッチがONになることがわかります。 このコンプレッサーに取り付けられている圧力スイッチは、このような動作をするという事がわかりました。

次の

エアブラシのおすすめ人気ランキング7選【使い方が簡単な充電式も!】

エアー ブラシ コンプレッサー

まず、手元で塗料の噴出量を操作するパーツ、ハンドピースをチェック。 ハンドピースには、ダブルアクション、シングルアクション、トリガーアクションの3タイプがあります。 ボタンを押して、引くという2段階操作で塗料とエアーを同時に操作。 量の調整もしやすい 「 ダブルアクション」は、 細吹きから広範囲の吹き付けまで幅広く対応 できるタイプのハンドピースです。 長時間作業をするなら、トリガーを握るだけで操作できる「トリガーアクション」がおすすめ。 価格は高めですが、握るだけなので疲れにくいですよ。 初心者なら、 ボタンを押すだけと単純操作の「シングルアクション」も視野に入れておきましょう。 吹付け量の微調整は難しめですが、均一できれいな塗装ができ、何よりも価格がお手頃です! ハンドピースについては、以下の記事でもご紹介しています。 より詳しく知りたい方は、チェックしてくださいね。 塗料が出てくる先端の穴の大きさを「ノズル口径」といいますが、このノズルによっても、作業感や仕上がりが変わってきます。 ノズル口径は、0. 2・0. 3・0. 5㎜の3種類が主なサイズ。 口径の数字が小さいほど塗料の出る量は少なく・細くなるため、使う目的を考えながら選ぶことがおすすめです。 小回りが利く口径0. 3㎜の先細形状は、模型用などで使いやすいタイプ。 細吹きができ、細かい部分まできれいに塗れます。 アートなどで広い範囲に単色を塗るのであれば、口径0. 5㎜の広口タイプがおすすめ。 スピーディーに作業することができ、疲れにくいですよ。 ネイルアートの場合は、クラウン形状の0. 2㎜口径のノズルをチョイス。 ギザギザ部分が吹き返しを予防し、爪とノズルが近接していてもきれいな仕上がりになります。 塗料を噴出させるためには、空気を送り出すためのエア源も必要。 エア源には、小型のガスボンベのようなエアー缶やエアコンプレッサーがあります。 使用頻度が低い場合は、使い捨てのエア缶でも充分。 どこでも使えるため、イラストやネイルなどちょっと使いたいときに便利です。 使い捨ての場合、空気量が限られているので、どうしてもコストは割高になってしまいます。 繰り返し色塗りをするなら、コンプレッサーがおすすめです。 家庭で使うコンプレッサーの主流は給電式ですが、最近は場所を選ばず使える充電式も。 大きな絵画作成や車の塗装には、パワフルで 業務使用向きの ガソリンエンジン式もチェックしてみてくださいね。 ただし、コンプレッサーなどエア圧が高いものは作業音も大きくなります。 エアブラシ選びで迷ったら、ブランドの特徴から選んでいくのも選択肢の一つ。 メーカーの主力商品や開発コンセプトを抑えておくと、自分にとって最適な1台が選べるでしょう。 例えば、世界的なプラモメーカーの タミヤは、ホビー制作やプラ塗装では信頼性抜群。 種類も豊富で、塗料などもまとめて揃えられます。 「Mr. HOBBY」ブランドの GSIクレオスは、シンプルなものからハイスペック品までバリエーションが豊富なため、自分の技術にあわせて選びやすいのが魅力です。 他に、 絵画やイラストなどのアートにおすすめのエアテックス、 コンパクトで小回りが利く メテオ、 業務用商品が多いアネスト岩田なども有名。 安心して使える1台を探すために、ぜひチェックしてみてくださいね。 ダブルアクションタイプなので、ボタンで塗料の噴射を調節ができます、 塗装している途中でも噴射量の調節が可能なので、エアブラシは初めてという方でも安心です。 付属のUSBケーブルを使って充電することで、どこでも気軽に使うことができます。 プラモデルや車を塗装した男性はもちろん、ネイルやボディアート、スマホケースを自分なりにアレンジしたいという方におすすめの入門版です。 ハンドピースのタイプ ダブルアクション ノズル 0. 3mm 塗料カップ 分離型( 7,20,40cc) エアー源 充電式コンプレッサー エア圧 0. 14MPa 20Psi 作動音 - セット内容 ジョイントパーツ・プラスチックカップ・USBケーブル・ミニレンチ・スポイト・クリーナーセット コンパクトな作りなので、本体を片手で持って作業できるのはもちろん、バッグにも収まりやすいサイズで持ち運びにも重宝します。 それでもダブルアクションで、塗料とエアを調整できるので、塗装はもちろんスイーツのデコレーション等、利用シーンは幅広いです。 付属のUSBケーブルを使えば、どこでも充電が可能。 日本語の説明書が付属するので、使用方法に迷うこともなく安心です。 ハンドピースのタイプ ダブルアクション ノズル 0. 3mm 塗料カップ 9cc エアー源 充電式コンプレッサー エア圧 17PPsi 作動音 - セット内容 ミニコンプレッサー・ダブルアクションエアブラシ(0. 3mmノズル+9ccカップ)・USB充電ライン・ドロッパー コンパクトで音も静かと、とにかく使い勝手のよさが目立つエアブラシです。 ダブルアクションで塗料の噴出量をコントロールできるので、重ね塗りで厚みを出したいときにも、繊細なグラデーションを表現したいときにもうってつけ。 コンプレッサーもコードレス、60分の充電で30分稼働と取り回しがいいので、自宅ではもちろん、外に持ち出しての使用にも最適です。 ハンドピースのタイプ ダブルアクション ノズル 0. 3mm 塗料カップ 分離型(7cc ・20cc・40cc) エアー源 充電式コンプレッサー エア圧 17. 4psi 作動音 - セット内容 USB充電ケーブル ・小型レンチ ・スポイト ・変換プラグ M7x0. シングルアクションなので、ダブルアクションのように塗料の噴出を調整はできませんが、ムラなく塗装することが可能です。 USBケーブルで充電が可能なうえ、最大で45分の連続使用が可能となっています。 クリーニングブラシやスポイト、ノズルレンチといったお手入れ用グッズもしっかり付属しており、すぐに使ってすぐに掃除ができる手軽さも魅力です。 ハンドピースのタイプ シングルアクション ノズル 0. 3mm 塗料カップ 7cc エアー源 充電式コンプレッサー エア圧 - 作動音 - セット内容 高級クローム製エアブラシ・コンプレッサー・USBケーブル・ノズルレンチ・スポイト・ユーザーマニュアル・保証書 ハンドピースのタイプ シングルアクション ダブルアクション ダブルアクション ダブルアクション ダブルアクション ダブルアクション ノズル 0. 3mm 0. 3mm 0. 3mm 0. 3mm 0. 3mm 0. 3mm 0. 3mm 塗料カップ 7cc 分離型(7cc ・20cc・40cc) 7ml 一体式(7cc) 一体型 7cc 9cc 分離型( 7,20,40cc) エアー源 充電式コンプレッサー 充電式コンプレッサー - - - 充電式コンプレッサー 充電式コンプレッサー エア圧 - 17. 4psi 0. 4Mpa - - 17PPsi 0. 14MPa 20Psi 作動音 - - 48db - - - - セット内容 高級クローム製エアブラシ・コンプレッサー・USBケーブル・ノズルレンチ・スポイト・ユーザーマニュアル・保証書 USB充電ケーブル ・小型レンチ ・スポイト ・変換プラグ M7x0. 3mmノズル+9ccカップ)・USB充電ライン・ドロッパー ジョイントパーツ・プラスチックカップ・USBケーブル・ミニレンチ・スポイト・クリーナーセット 商品リンク•

次の