もやい 結び。 もやい結び

もやい結び:図解!ひも・ロープの結び方

もやい 結び

もやい結びの手順 まず、上の画像がもやい結びの概略的な手順を示したものです。 (輪っかが自分の体よりも遠い場合)まずは大まかなイメージを掴んで下さい。 そもそも一般的なロープテクニックの教科書を拝読していつも思うことなのですが、結ぶまでの順番と構造は説明されています。 しかし肝心要の手の型が抜けている事が私にとっては目につくのです。 上の画像は手の型が抜けていますね。 つまり一般的な教科書はここまでの説明しかない訳です。 紐 ヒモ を結ぶのは手な訳ですから、結ぶ過程でどういう手の型で紐を握っているのかが抜けていると人間どうしても覚えられないのですね。 今回は 輪っかが自分の体よりも遠い場合のもやい結びの詳しい手順を説明します。 まず もやい結びに取り組む際に形作るはじめの握り方がこちらですが前提としてロープの長い方を右側、短い方を左側にくるように徹底してください。 (つまり右手側からロープを回してきて、短い方の先端が左手手前に来る様にする)この前提が崩れると全てが崩れてしまいますのでご注意下さい。 上の画像の様に三角形を作るわけですが、 左手の三本指(人差し指、中指、親指)でロープの短い方(左側)の先端とロープの長い方の腹をつまみます。 そして右手の三本指(人差し指、中指、親指)を上の画像の様にロープの長い方に手前から奥に差し込むと自然と三角形の形が出来上がると思います。 右手を手前に手繰り寄せると 小さな輪っかが誕生します。 そして左手のロープの短い方(先端)を 右手にパスして 小さな輪っかに通します。 通りましたね。 そうしたらロープの短い方を左手側から グルっと奥へ回し、右手に持ってきます。 そして、先ほどの輪っかに返します。 後はキュッと絞るだけでもやい結びの完成です。 このもやい結びですが、紐の長い方から引っ張りの力が働いている限りほどける事はありません。 結び目の構造さえ知っていれば、ほどくのも簡単ですので舫い もやい 結びはぜひともマスターしましょう。 (おまけ) もやい結びの手順(別角度より) もう一つのイメージとしてもやい結びを別角度から見るとこの様になります。 (輪っかが自分の体側にくる場合です) 輪っかが奥か手前かの違いなのですが、こちらのイメージも頭に入れておくと良いと思います。 自分の体にもやい結びを掛ける場合はこちらのイメージで結ぶことになるからです。 ちなみに自分の身体にもやい結びを結ぶ場合 左側のロープを長くし、 右手を逆手にして左側の長い方のロープをつかみ、 手を返すと小さな輪が出来ます。 小さな輪っかに通し、 返すと、 完成です。 奥と手前が逆になるだけでかなりイメージが変わってきますよね。 今日もブログに来てくれてありがとうございます。 またね.

次の

もやい結び 〜ロープワーク 初級者向けから上級者向け〜

もやい 結び

もやい結び(ブーリン結び)は本当に危険なのか? もやい結び(ブーリン結び、ボーラインノット)は素早く結べて、強度があり、力がかかっても結び目が固く締まらないので解きやすい。 海上で使用されているもやい結びは、かつて登山界でも当たり前のように使われていました。 しかし、もやい結びはあらぬ方向にテンションをかけると解けてしまうということがあり、過去、ロッククライミング中に事故が発生してからは、登山の世界では積極的に教えなくなりました。 そもそも、ロープワークは結び方によって使い分けされるという大前提がありますので、「もやい結び=事故が起きたから危険=登山では使わない」と考えるのならば、それは思考停止でしょう。 筆者は元船員(航海士)ですが、もやい結びの本家である船舶では、現在でもありとあらゆる場面でもやい結びは普通に使われています。 今回はもやい結びの有効性と誤った使用法、ロープワークのあれこれについて説明します。 もやい結びが解けた!?危険なリング負荷と呼ばれる現象 まず、もやい結びが解けるという現象について説明します。 もやい結びはもともと、船を岸壁に係留する時に係留ロープの先端に輪を作り、岸壁にあるビットと呼ばれる鉄の支柱にその輪をかけて船を係留するために使用していました。 もやい結びはAを支点として矢印方向に力が働く時に使用する結び方です。 そして、結び目がカチカチに固くならないから、解こうとすれば解けるのです。 即ち、もやい結びは一方向に物を引っ張ったり、吊るしたりする時のアンカー的な使われ方をするのです。 このことを良く理解していれば、登山では使えないということにはなりません。 ところが、「危険なリング負荷」と呼ばれるテンションのかけ方をすると、条件によっては簡単にもやい結びが解けてしまうという現象が起こります。 今度はBを支点に矢印方向にテンション強くをかけると、結び目がするすると解けるという現象が起きます。 この現象は必ずしも起きるわけではなく、ロープの材質やロープの形状で大きく変わります。 これに対し、登山用のザイル(クライミングロープ)は編索といって表面が滑らかです。 材質も比較的つるつるしてしている素材を使用しているために、ロープ表面の摩擦抵抗が少なく、結び目は締まりにくいと言えます。 登山用ザイルがこのような形状をしている理由は、編索はロープに撚りがかかりづらいので、懸垂下降などを行うロッククライミングでは都合が良いからです。 結んだロープが解けるという現象には、端末の長さの問題もあります。 結んだあとのロープの端末が短いと、どんな結び方でもテンションがかかれば解けることがあります。 一重結びしただけでも、筆者が実験した限り、危険なリング負荷でテンションをかけても、もやい結びは解けません。 もやい結びは正しく使えば優秀な結び方です 以上のように、もやい結びは使用法、ロープの材質、端末処理などによっては解けやすいことがあります。 肝心なのは使用法です。 そもそも「危険なリング負荷」と呼ばれるような、おかしなテンションのかけ方をするのが間違いなのであって、もやい結び自体が危険ということではありません。 いろいろな方向にテンションがかかる可能性があるのなら、もやい結びを使ってはいけません。 8の字結びは、万一、おかしな方向にテンションがかかっても解けにくい結び方といえます。 ロープワーク関連記事•

次の

もやい結び 〜ロープワーク 初級者向けから上級者向け〜

もやい 結び

で紹介! 2:輸送結び 複数の荷物を荷台に固定するときにオススメ。 で紹介! 3:もやい結び 大きくて重い荷物を荷台に固定するときに便利荷台の荷物を固定しやすく、調整も簡単にできるので、長時間の運搬向け。 で紹介! これらの結び方は、 ロープを引き締めながらしっかり固定することができます。 ちなみに、その他のロープの結び方では、以下のような方法と用途がありますよ。 トラックドライバーは滅多に使うことはないけど、言葉だけでも知っておくとドヤれるかも!! ロープを結ぶ方法は、ずいぶん沢山あるんですね~。 レッスン2 南京結びについて[結び方の手順] まずは 「南京結び」について! 南京結びはロープの最後を確実に固定できるので、アジャスターのように使えます。 特に 大きな荷物を結ぶ際、重要な部分に南京結びを使えば、緩むことなく固定できますよ! 南京結びはトラックの荷台にしっかり固定することができ、振動でも緩むことがありません。 南京結びの方法 南京結びを行う際、慣れないうちは 1人が荷台の反対側に回って、ロープの位置を調整して、フックの場所を指示しても良いでしょう。 こちら、まずは『トラック王国(神奈川展示場)』整備スタッフのレクチャー動画をご覧ください。 ロープの片方を荷台の反対側に投げて、先端をフックにかけます。 荷台の反対側でロープをフックにかけた後は、ロープを投げた手前側に戻り、ロープで数字の「8」を作ります。 8の字のくびれ部分を、下の輪の部分で一回巻いて、首輪のようにかけます。 同じように下の輪の部分で巻いて、一回巻いた部分の下に巻きます。 下の輪からロープを通して、フックにかけます。 この際2人いるならば「せーの」で引いて、緩まないようにして下さい。 ロープを後ろへ回して、張ったロープの下を通してフックにかけます。 ロープをねじった上でフックにかけるとより効果的ですが、外すのに時間が掛かってしまいます。 また、長さに余裕があったらロープの下から通してフックにかけます。 南京結びで気を付けておきたい点 南京結びを行う上で、 気をつけないといけない点もあるのです。 この点とは、以下の2点が挙げられます。 ・ロープを締めたら張りのチェックを行う• もしも荷物が動き緩んでしまっている場合は、もう一度 手順を見直してみましょう。 そのままでいると、 荷物を路上にばらまいてしまうことになりますよ! また、南京結びに使うロープは、丈夫でありながらも柔らかい ビニロン製が良いでしょう。 南京結びは慣れないうちは1人で行うのが難しいため、 慣れるまで2人で結んでみてはいかがでしょうか? この際、締め付けを強くするために 上の方で結んだり、荷物が飛ばないように ロープを増やす方法もありです。 余ったロープは束ねておいて、ロープにくくりつけるなど、 走行中ほどけないようにしておきましょう! レッスン3 輸送結び[結び方の手順] 次は、実用的な 「輸送結び」についてご紹介! 輸送結びは滑車の原理を活かして、小さな力から大きな力を生み出せます。 特に、 複数の荷物を固定する場合などに活用できますが、自分の力以上の負担が荷物にかかることも覚えておきましょう! このためトラックの積荷に使用する場合は、ロープが触れる部分に毛布などを敷いて、積荷が傷つかないようにします。 ・滑車の原理を使った結び方• ・複数の荷物を固定するとき活用できる! 輸送結びとは 輸送結びは、一見 「こんな方法で上手くできるの?」と思うこともあるかもしれませんが、引くほどに締まり、解くときもカンタンなんです! このやり方とは、 ロープを引く時に体重をかけることによって、滑車の原理で締まるようになっているのです。 この際は、2人での作業がオススメ。 ロープを締める人とともに、荷物の上でロープを引いたり放したりする人がいれば、 さらに締まるようになるからです! 1人で一方的に締めた場合は、ロープと荷物に摩擦が生じて、 上手く縛れないこともありますしね…。 さらに荷物に耐久性が無いとダメージを負うこともあるので、 しっかり梱包してから結んだほうが良いでしょう。 次の項目では、 具体的な輸送結びの方法を確認していきます! 輸送結びの結び方 輸送結びは、以下のような手順で行ないます。 荷物の上にロープを引っ掛け、片方をダブルエイトフィギュアノットの状態で固定します。 もう片方のロープは右手で二つ折りを作り、先端部分を左手に持ったロープの上から交差させます。 交差部分から飛び出る先端は、後ほど結ぶことになるので、15センチ程度の長さを残します。 左手で持ったロープを、飛び出た先端部分の上に絡めて、上下2個の輪っかを作り、矢印の方向へ、それぞれ引っ張ります。 下方向に伸びたロープをたぐり寄せるように、下側の輪に通します。 下側の輪を下に伸ばして、荷台フックに引っ掛けます。 ロープの端側の部分は引けば引くほど荷物がどんどん締まるようになっています。 ただし引っ張りすぎると、荷物が破損してしまうのでご注意ください! 7. 残ったロープの端側を、荷台と荷物の間に挟んで下さい。 引っ張った状態のロープを荷台フックに再度かけます。 ロープのあまった部分を荷物のフックにかけて、荷物のかかるロープの裏側に通します。 ロープの裏側に通したら引っ張り、ある程度伸びたら荷物を押さえるロープに結びつけます。 最後に、残った端末を荷台と荷物の間に挟めば完了です。 レッスン4 もやい結びとは[結びの手順] もやい結びは 別名自在結びとも呼ばれ、バケツの上げ下げや人命救助など、 幅広く使われています! 強固に結ぶことも解くことも簡単にできますが、完成した輪にかかる力によっては、 結び目が解けてしまうことも。 トラックの場合は、 荷台の荷物を固定する際に使われ、増し締めも簡単にできるので、 長時間運搬の際にオススメ!• ・強固に結ぶことも解くことも簡単• ・増し締めで長時間運搬も安全に ちなみに、もやいという 語源は、船を岸につなぐ 「もやう」という動詞が名詞に変化したものです。 練習を重ねれば、 片手で結ぶことも可能になりますよ! もやい結びの結び方 もやい結びは、 以下のような手順で行ないます。 ロープの上下に注意しながら荷台のリングなどに交差させて、輪を作成します。 輪の下側からロープを通して、ロープの元側の下に通します。 さらに上に折り返し、輪へ上から通します。 ロープの両端を絞れば終了。 もやい結びの注意点 もやい結びを行うにあたり、注意しないといけない点とは?• ・ロープの向き• ・輪の向き• ・輪の中に指を挟まないようにする もやい結びは慣れると簡単に結べるようになりますが、向きなどに注意しないと、 ロープが外れてしまいますよ! 結ぶのに慣れるまでは、 練習を重ねておきましょう。 積み方の注意点 ちなみに、 荷台に荷物を積む際は、正しい方法で積んでいないと、荷崩れが起きることもあります! もしも荷崩れが起きたら、荷物が破損して、 事故につながってしまうことも…! このような事態を防ぐためにも、 荷物の積み方のポイントも覚えておきましょう。 積み方の中でも注意していただきたいのが、 積み付ける位置。 左右に寄った状態で積み付けてしまうと、カーブなどを曲がる時や、 傾斜のある道路で横転してしまいます! さらに、荷台後部に片寄った積み方だと、前輪の荷重が足りなくなります。 すると、ハンドルが上手く操作できなくなり、発進する時や踏切を通過する際に 車体が持ち上がってしまうことも! 荷物を積む際はバランスを考えた上で、 ロープでの固定もしっかり行なって下さいね。

次の