胃痛 に 効く 食べ物。 胃痛を治すおすすめの飲み物!胃痛の人が控えるべき飲み物は?

二日酔いをラクに!コンビニの食べ物&飲み物15選【栄養士監修】

胃痛 に 効く 食べ物

もくじ• 胃痛に梅干しが効く理由 梅干しは、漢方の世界では 「毒消し」と言われています。 胃腸の調子を整える作用があり、 身体に備わっている解毒機能を高めてくれるのだとか。 おばあちゃんの知恵ってやつですね! でも、なんとなくフワッとした話で納得できない。 もっとメカニズム的な話はないのか!? ということで、さらにいろいろ調べてみると・・・なんと、梅干しに含まれている成分が、胃痛の原因を抑えるとの情報が!! ピロリ菌ってありますよね?慢性胃炎の原因になって、最悪の場合は胃がんをもたらすというイヤ~な菌。 その ピロリ菌の働きを止めるのが、 梅干しに含まれている「シガレシノール」という成分なのです。 <参考サイト> 紀州梅効能研究会 そして、梅干しの酸っぱい成分「クエン酸」は、唾液と胃液を分泌させます。 胃の不調で、 食べ物を消化できずに胃が痛む場合には、 このクエン酸が消化を助け、 胃痛も抑えてくれるというワケです。 こうやってメカニズムが解明できるとスッキリ!! 昔ながらの健康の知恵って、バカにできないですよね。 スポンサーリンク 梅干しはどんな胃痛に効果があるのか!? 胃痛と言っても、いろいろあります。 胃腸風邪の胃痛、ストレス性の胃痛、妊娠中の胃痛、脂っこいものを食べたときの胃もたれ、などなど。 一体どんな胃痛に梅干しは効くのか!?これもまとめてみたいと思います。 逆に、「胃酸過多によって起こる胃痛」の時に梅干しを食べると、胃酸がさらに多く分泌されて余計胃痛が増す場合があります。 じゃあ胃酸の多い少ないはどうやって判断したらいいの?という話ですが、• そもそも食欲がない• 食べた後に胃が痛くなる• お腹がすくと胃が痛くなる• やたらとげっぷが出る• 胃腸風邪の胃痛、ストレス性の胃痛、妊娠中の胃痛、脂っこいものを食べたときの胃もたれ。 どれも、胃酸が減少しているときにも出るし、胃酸過多の時にも出る胃痛です。 上でご紹介した症状に、自分の胃痛をあてはめてみて、梅干しを食べるかどうか判断の参考にしてみてくださいね。 ちなみに、私が胃腸風邪で苦しんでいるときは、「胃酸が少ないことで起こる胃痛の症状」がまんま出ていました。 梅干し、食べて正解だった・・・。 ただし、塩以外の調味料がやたら入っている梅干しや、はちみつ漬けのような甘~い梅干しは避けましょう。 胃痛に効いてくれるクエン酸の量が少なく、胃痛対策に効果がイマイチです。 個人的な感覚ですが、胃の痛い時に甘~い梅干しは「ウェー」ってなります。 笑 原材料:梅・塩 これくらいシンプルな梅干しの方が胃痛には効きます。 そして、胃痛の時には梅干しの食べ方にもちょっと工夫を! 健康な時はそのまま口にポイっとできても、胃痛で身体が弱っているときは酸味や塩気が負担になります。 次のような食べ方を試してみてください。 <梅湯> 梅干しを湯呑に入れてお湯をかけ、 ちょっとだけつぶして飲む。 胃痛が和らぎ、ついでに身体も温まって免疫力がアップします。 <梅おかゆ> おかゆに梅干しの果肉を刻んで混ぜる。 梅干しに塩分が入っているので、おかゆは味付けしなくてOKです。 私はこれで胃腸風邪の胃痛を和らげました。 <焼き梅干し> その名の通り、 梅干しを焼きます。 二重のアルミホイルに包んでトースターで10分。 フライパンだともっと手軽にできます。 こちらを参考に! 梅干しを焼くことで、血行改善に役立つとされているムメフラールという成分が作り出され、胃痛を抑えると同時に免疫力アップにもなります。 食べ方は普通の梅干しと同じく、何かに混ぜてちょっとずつがおすすめ。 このように胃痛の時には、 温かいものと一緒に、少しずつ梅干しを食べるというのがポイントです。 食べる量は 1日多くても1、2個で十分です。 というか、胃痛の時はこれくらいが限界でしょう。 まとめ 「胃腸の薬」として、日本で昔から食べられてきた梅干し。 酸っぱいトコロに気が集中して、胃痛を紛らわしているだけなんじゃないの?と思っていたら、ちゃんと 胃痛に効く理由がありました。 古臭い食べ物!とバカにはできません。 ちょっと胃の調子が悪いな~と感じたときは、梅干しを一かけら、試してみてください。 梅干しの効能にハマった筆者、こんな記事も書いてます。 あわせてどうぞ。

次の

胃痛を治すおすすめの飲み物!胃痛の人が控えるべき飲み物は?

胃痛 に 効く 食べ物

つらい胃痛の症状。 ひどいときには、その痛みで食欲が湧かない方もおられるかと思います。 痛みが長引くほど、ぐったりとしてしまいますよね。 早めに症状を改善させたいものですが、例えば飲み物などで改善されることはあるのでしょうか?もしもあるのなら、知っておきたいですよね。 そこで今回は、胃痛を緩和させる飲み物について、一般内科、消化器内科医、計535名に聞いてみました。 野菜スープ• ココア• 特になし• その他 以下が結果となります。 今回の調査では、 「特になし」との回答が最も多い結果となりました。 それでは、上位3つに選ばれた「特になし」「牛乳」「白湯」の医師のコメントを見ていきましょう。 50代男性 一般内科 安静にする意味で絶飲食が大切です。 60代女性 一般内科 胃が痛いときには、口から物を入れないのが常識です。 60代男性 一般内科 通常、痛みがあれば 食べないのが原則。 食べて 飲んで 治すという発想がわかりません。 40代男性 一般内科 飲み物で症状を緩和させようとするよりも、胃腸を休めることの方が重要です。 30代男性 一般内科 まずは食べすぎ、感染や食あたりが多いと思うからゆっくり胃腸を休めましょう。 50代男性 消化器内科 飲食しないのが一番効果的だと思います。 50代男性 一般内科 消化器内科 絶食が基本です。 ただし粘膜障害があれば、牛乳は効果がある場合があります。 60代男性 一般内科 場合によっては、中和剤としての牛乳は役立ちますが、リスクもあるので、推奨しかねます。 40代男性 一般内科 個人で感じ方が違うかと思いますが、あまりはっきりした効果を認めたことがありません。 50代男性 一般内科 消化器内科 いずれも悪化させる可能性があると思います。 「特になし」と回答した医師からは、 胃痛があるときは絶飲食が基本、との意見が多く寄せられました。 医師のコメントでは、胃痛の症状が起きているときは、胃腸を動かさず、安静にする必要があることがわかります。 全体的を通して、飲食は症状の緩和に適さないと考えている医師が多いようでした。 一方で、特にないと回答しつつも、一部の医師からは「牛乳」が挙げられました。 昔から「胃の痛みには牛乳が良い」という話を聞いたことがありますが、これは本当なのでしょうか。 続いて、牛乳を回答した医師のコメントを詳しく見ていきましょう。 60代男性 一般内科 胃酸を中和できるものです。 40代男性 一般内科 消化器内科 胃粘膜保護の観点よりおすすめです。 40代女性 一般内科 牛乳を飲むことで症状がましになったという人がいました。 70代男性 消化器内科 少量の温めたミルクが効果的です。 50代男性 一般内科 牛乳には粘膜保護作用があると思います。 60代男性 一般内科 消化器内科 胃酸の中和剤に効果があるためです。 50代男性 一般内科 一時しのぎだとは思いますが……。 60代男性 一般内科 劇的ではないですが、牛乳は胃粘膜保護効果による鎮痛作用があるようです。 50代男性 一般内科 胃潰瘍みたいなものには牛乳のカバー効果はあると思いますが、乳糖不耐症の人には別の症状を起こすことになるので、患者を選びます。 50代男性 一般内科 下痢が無く、潰瘍が強く疑われる時は牛乳を、脱水が強く疑われる時はOS-1(経口補水液)を勧めます。 「牛乳」を選んだ医師からは、 胃酸を中和させる効果や、胃粘膜を保護する効果があるため推奨するといったコメントが見られました。 なかには牛乳を摂取することにより、胃痛が緩和された患者さんがいた、との体験談を交えたコメントも見られました。 しかし、「胃潰瘍みたいなものには牛乳のカバー効果はあると思いますが、乳糖不耐症の人には別の症状を起こすことになるので、患者を選びます。 」とのコメントが寄せられ、すべての方に効果的とはいえないようです。 また、ある医師からは、「 下痢が無く、潰瘍が強く疑われる時は牛乳を、脱水が強く疑われる時はOS-1(経口補水液)を勧めます。 」とのアドバイスを頂きました。 症状によっても、異なってくるようですね。 最後に、白湯を選んだ医師からのコメントを見ていきましょう。 40代男性 一般内科 白湯は効果が有る気がします。 40代女性 一般内科 白湯が一番よいと思います。 30代男性 一般内科 吸収のよい白湯が良いでしょう。 60代男性 一般内科 いろいろと成分が入っていない飲料がいいと思います。 症状が緩和されてから飲用するほうがいいですね。 40代男性 一般内科 白湯で良くなると訴える患者さんはいます。 60代男性 一般内科 胃腸を安静に保つため、刺激のあるものは避けるべきなので、白湯が適当かと思います。 50代男性 一般内科 白湯が良いと思います。 牛乳、甘いもの、刺激のあるもの カフェイン飲料を含む は飲まないように指導しています。 50代男性 一般内科 刺激成分の無い、消化・吸収の良いものなので白湯がいいです。 60代男性一般内科 腸管等への刺激の少ない飲み物(白湯)が考えられます。 60代男性 一般内科 まずは飲まずに受診が原則と考えますが、白湯程度かと思います。 40代男性 一般内科 味や匂いがするものは催吐作用がありそうです。 「白湯」と回答した医師からは、 吸収の良さや刺激物などが入っていないことを理由に挙げるコメントが多く見られました。 前項で記載したように、胃痛が起きているときは胃を休ませる必要があります。 そのため、刺激の少ない白湯が選択されたようです。 また、別の医師からは「味や匂いがするものは催吐作用がありそうです。 」との意見も寄せられており、摂取する飲み物によっては症状が悪化する可能性が危惧されていました。 基本は絶飲食。 胃腸を休めて回復に努めましょう。 今回は胃痛の症状を緩和する飲み物について調査しましたが、多くの医師が「特になし」を支持する結果となり、飲み物で症状を緩和させることは難しいようです。 コメントでは、食べ物や飲み物を摂らないよう促す声が多く寄せられ、飲み物で症状の緩和を試みるよりも、まずは胃腸を休めることが大切と考えられているようです。 一方、「牛乳」や「白湯」と回答された医師もおりました。 「牛乳」を支持した医師からは胃酸の中和や胃の粘膜を保護する効果を期待するといったコメントを頂きました。 しかし、すべての方に効果的とは言えず、また、症状によってはOS-1などの経口補水液を推奨する意見を頂いています。 「白湯」と回答した医師からは、刺激物などの余分な成分が入っていない点や、吸収の良さが挙げられました。 しかし、今回の調査を踏まえると、飲まずに胃を休ませることが原則と考えられ、それでも症状が続くようであれば、医師の診察を受けることを推奨します。

次の

胃が痛い時の食事について!良い食べ物や飲み物まとめ!

胃痛 に 効く 食べ物

みぞおち辺りに 違和感を感じていたり、胸やけや吐き気、胃のあたりを押すと痛いなんて症状が出てはいませんか? それらの症状はもしかしたら胃が荒れていることが原因かもしれません。 胃が荒れる原因は ストレスや 睡眠不足、暴飲暴食など様々で、誰にでも起こり得る身近な症状です。 中でも胃が荒れる原因として多いのが 食べ物・飲み物による 刺激によって胃が荒れる事です。 今回の記事では、胃痛を引き起こす胃に悪い食べ物を中心にご紹介します。 胃痛が起こるメカニズム 健康的な人は胃に痛みを感じることはありません。 胃は消化器官であり、口から入ってきた食べ物を溶かすために強い酸性の 胃液 胃酸 が入っています。 嘔吐すると酸っぱいと感じるのはこの胃酸が逆流してくることによって感じる酸味です。 胃は筋肉で出来ていて、この筋肉を守るように 胃粘膜と呼ばれる保護組織が胃の内部を コーティングしています。 そのため強い酸性の胃酸があるにも関わらず、胃は痛みを感じることなく食べ物を消化することが出来るのです。 しかし何らかの原因でこの 胃粘膜が剥がれてしまい、胃酸から胃を守ることが出来なくなることがあります。 胃粘膜は通常通りに作用しているけれど、 空腹や 刺激の強い食べ物・食べ過ぎによって過剰に胃酸が分泌された際にも バランスは崩れてしまいます。 この状態が一般的に言われている「 胃が荒れている」状態となります。 また、胃酸と胃粘膜のバランスが崩れる以外にもストレスを感じることで胃の筋肉が収縮し、 キリキリとした痛みを感じることがあります。 これらの痛みに関連した症状は様々ありますが、代表的なものは 胃炎と 胃潰瘍の2種類です。 胃の痛みは身体に悪いのはもちろんですが、放っておくと胃炎や潰瘍といった病気にまで発展する可能性があります。 慢性・急性胃潰瘍 胃潰瘍は 慢性と 急性の2種類があり、皮膚や粘膜が浅く欠損した状態が多発します。 胃潰瘍のほとんどは早期に治りますが、再発を繰り返すことで慢性胃炎となります。 40代以上の方に多く発症しやすく、高齢になるほど 心筋梗塞や 狭心症の引き金となるリスクが高まります。 慢性・急性胃炎 胃炎の場合は潰瘍と異なり、 萎縮の症状が現れます。 胃が委縮し、胃酸の分泌が減少する状態を 胃炎と位置付けています。 皮膚や粘膜が浅く欠損した状態になることが多いのですが、 特殊型胃炎という欠損がみられない胃炎もあります。 胃に悪い食べ物とは? 胃潰瘍や 胃炎を引き起こす 原因として最も多いのは 食事です。 消化器官である胃へ直接入るものですから、胃へ負担のかかる食事を続けると胃潰瘍や胃炎など胃痛の元となる病気を 発症しやすいです。 でも食べ物に気を付けようと思っても、何が胃に悪いのかあんまりイメージが湧きませんよね。 次は胃に悪い代表的な 食べ物をご紹介していきます。 香辛料 胃に悪い食べ物として真っ先に挙げられるのが 刺激物の香辛料です。 ある程度の刺激は発汗作用を促し、代謝を上げる働きがあるため体に良いのですが食べ過ぎは体に毒です。 日常的に辛い物を食べている人や香辛料を沢山使うエスニック料理を好んで食べているという人も要注意です。 お酒・コーヒー 一応飲み物として分類されますが、 お酒や コーヒーも胃に 悪い代表的なものです。 アルコールが胃へ入ると胃壁へ浸透し、胃粘膜を引きはがして胃酸がしみ込みやすくなってしまいます。 アルコールは消毒になるなど間違った情報が流れていますが、アルコールは体に 毒なので摂取するのはあまりおすすめできません。 コーヒーや緑茶、紅茶など カフェインを含むものは胃を刺激して胃酸の分泌を促すため、 胃痛の原因となりやすいです。 少量であれば問題はありませんが、飲みすぎはやっぱり胃へ負担をかけてしまいます。 調子の良いときでも普段から会社で仕事をするときにコーヒーや緑茶などを飲んでいるという人は水に変えてみましょう。 食物繊維の多い野菜 胃腸には 食物繊維が良いと言われていますが、実は胃の状態が悪い時には食べては行けない食べ物として分類されます。 食物繊維は消化するのが難しく、胃へ負担をかけてしまいます。 食物繊維は 便秘の解消に 効果があると言われていて、ダイエットをしている女性が野菜を食べていますよね。 しかし野菜の中にも食物繊維が多いものと少ないものがあり、食物繊維が多い野菜は ゴボウや タケノコ、キノコ類、海藻などが当てはまります。 なるべく繊維質な食べ物は避けた方が良いのです。 脂身の多いお肉 肉類全般が胃腸に悪いと思われていますが、実は胃に悪いのはお肉に付いている 脂肪分なのです。 脂っこい食事が胃もたれを起こすようにステーキ肉に付いているような脂身を食べると胃痛の原因となります。 ベーコンや ソーセージ、ハムのような加工食品も同様で、少量でも多くの脂分を摂取することになってしまいます。 加工された製品はなるべく食べないようにし、 赤身肉を中心に食材選びをすると良いでしょう。 嗜好品 チョコレートやクッキー、和菓子など一般的にお菓子と呼ばれる嗜好品は胃痛を悪化させる原因となります。 普段から摂取しているという方は要注意です。 他にも 甘いものは避けるようにしましょう。 ジュースも同様で、甘味料が大量に含まれているジュースを飲むのではなく、お水やぬるま湯を飲むようにしてください。 カロリーゼロの清涼飲料水でも甘味料入りなのでご注意ください。 胃痛を早く治すために 胃痛を早く治すためにはまず胃に 優しい食事を摂ることが大前提となります。 毎日暴飲暴食を繰り返してしまうと、 慢性胃炎や 慢性胃潰瘍になる可能性が高いのです。 胃痛を早く治すためにはどうすれば良いのか、気を付けるべきポイントを見ていきましょう。 食事はよく噛んで食べる 胃は食べ物を溶かすために食事中から食後にかけて 胃酸を分泌しています。 胃へかかる負担を減らすためにも食事を 良く噛んで食べることは大切です。 普段から早食いをしているという人はゆっくり食べる事を心がけましょう。 よく噛むことで満腹感を得やすく、食べる量も減るためダイエットにも効果があります。 消化の良いものを食べる 胃が痛く、食べ物が食べられないというときは無理をしない方が良いですが、少しだけでも何か胃に入れておくことをおすすめします。 特におすすめなのが消化のいい お粥や うどん、ヨーグルトなどで、食欲がないときでも1日三食少しだけ食べるようにしましょう。 冷たい食べ物は身体を冷やしてしまい、胃痛がさらに激しくなることがありますので 人肌以上に温めてください。 普段の食事では野菜を摂るときは煮物など調理されたものを食べることで胃への負担を減らせます。 注意しなければいけないのが大豆で、煮ものに使われている大豆は 良く噛んで食べないと便秘の原因になります。 他にも 牛乳や 豆腐、卵黄なども栄養素が豊富に含まれていて、 消化・吸収を助けてくれるのでたくさん摂取した方がよいです。 異常を感じたら病院へ 生活習慣を改善して時間が経過しているにもかかわらず痛みが続く場合はすぐに内科を受診した方が良いです。 食事に気を使うのはどちらかというと予防の面が強く、炎症が悪化している場合は薬による治療が必要となります。 胃は神経が密集しているので痛みを感じやすく、長続きするのであれば何らかの 病気の可能性が高いです。 吐き気や 下痢などの症状がある場合は 水分補給を欠かさずに行い、 脱水症状にならないように気を付けましょう。 忙しくて時間がないという人でも病院のサイトから内科を予約するとよりスムーズに診察を受けられますよ。

次の