ソフトバンク プラン 見直し。 ソフトバンクのスマホ料金は3年目にご注意!プランの見直しをしました。

ソフトバンクの料金プランは高い?月額料金をもっと安くするための見直しポイント|スマホラボブログ

ソフトバンク プラン 見直し

ソフトバンク光で変更できるプラン ソフトバンク光は、契約した後でもプラン変更は可能です。 様々なプランが用意されているので、自分の環境にあった最適なプランを選びましょう。 回線タイプ 契約期間なし 2年契約 5年契約 ファミリー・ギガスピード(NTT東日本エリア) 6,300円 5,200円 4,700円 ファミリー・スーパーハイスピード(NTT西日本エリア) ファミリー・ハイスピード ファミリー ファミリー・ライト 5,500円 ~7,200円 3,900円 ~5,600円 - ソフトバンク光のプランでは、自分に合った契約期間を「契約期間なし・2年契約・5年契約」の中から選べます。 プランの中でも「契約期間なし」は、いつ解約しても違約金がかからないメリットがありますが、他より月額料金が高い欠点があります。 月額料金の料金設定は、契約期間が長いほど安くなるので、ソフトバンク光を2年以上利用する予定の方は、契約期間が長いプランに変更したほうがお得です。 月額料金を500円安くするために、毎月750円かかる光テレビに加入する意味はないので、利用目的がインターネットのみの方は、2年契約が最安のプランとなります。 プラン変更前に、自分が契約しているプランを確認しておきたい方は以下の手順で確認してください。 逆に契約期間を短くする場合は、一旦解約扱いとなり解除料がかかってしまうので、プラン変更は慎重におこなったほうがよいでしょう。 工事内容 工事費 工事なし 2,000円 室内工事のみ 9,600円 室内工事・建物内工事 24,000円 工事費は最大で24,000円と高額ですが、一般的には室内工事か、工事不要なケースが多いです。 どのような工事が必要になるか詳しく知りたい方は、サポート窓口に問い合わせるとよいでしょう。 サポート窓口を通し、NTTの工事業者に連絡をとってもらい工事内容を確認することができます。 もちろん工事内容に納得できなければ断ることも可能なので、気になった方は気軽に連絡してみてください。 変更予定のプランによって料金が変わるので、電話だと相談しながら手続きが進められて安心です。 プラン変更をすると、回線工事が必要な場合があります。 工事内容ついて後日連絡があるので、内容に問題なければそのまま工事日程を決める流れになります。 プランが切り替わるタイミングは、変更するプランによって変わります。 例えば、ファミリープラン2年契約から5年契約に契約期間を変更する場合、手続きした翌月1日から切り替わります。 ファミリープランからファミリー・ハイスピードに回線タイプを替えるプラン変更の場合、工事完了日のタイミングで切り替わります。 SoftBank 光 サポートセンター TEL:0800-111-2009 (従来の電話番号:093-288-0110) 受付時間は10時~19時 ソフトバンク光のプラン変更したほうがいい人 ソフトバンク光では様々なプランが用意されていますが、どんな人がどのプランを選ぶべきか判断に困ってしまいます。 そこで、プラン変更においてメリットがある人の一例をお伝えします。 あまりネットを利用していない人 ソフトバンク光を戸建てで契約し、インターネットを利用する機会が少ない方は、月額料金を安くできる可能性があります。 一般的な光回線は定額料金ですが、ソフトバンク光ではデータ通信量によって月額料金が変わるプラン「ファミリー・ライト」を提供しています。 ファミリー・ライトは、毎月データ利用量が3ギガまでなら3,900円で利用でき、3ギガ以上は使った分だけの料金が加算されるので、あまりネットを利用しない方に最適なプランです。 回線タイプ 2年契約 ファミリー・ライト 3,900円~上限5,600円 ファミリー・ギガ・スピード(NTT東日本エリア) ファミリー・スーパーハイスピード(NTT西日本エリア) ファミリー・ハイスピード ファミリー 5,200円 もし使い過ぎてしまっても、上限金額が設定されているので、高額な料金を請求されるリスクはなく安心して利用できます。 毎月のデータ利用量を確認し、データ利用量が3ギガ未満であれば、ファミリー・ライトへの変更を検討するとよいでしょう。 速度が遅い人 ソフトバンク光を契約すると、建物にあった最速のプランが適用されるので、今以上に速度を速くすることはできません。 ただし、ソフトバンク光を長期利用していて、速度上限が100メガのプランを契約している方は、プラン変更で速度を速くできるかもしれません。 ワンランク上のプランに変更できるかどうか知りたい方は、サポート窓口に連絡をいれ、自分の住んでる住所を伝えれば教えてもらえます。 ソフトバンク光はいつでもプラン変更が可能ですが、プラン変更で現状が良くなる人は限られています。 この記事が、プランを見直したい方のお役にたてれば嬉しいです。

次の

「ソフトバンク光が高い!」料金の見直し方法と請求額が安くなる節約術!

ソフトバンク プラン 見直し

ソフトバンクで料金が決まる仕組み 2020年現在、ソフトバンクの料金プランはどうなっているのでしょうか。 ソフトバンクで料金が決まる仕組みは、加入するデータプランと通話プランの組み合わせという基本要素に加えて、適用されるキャンペーンや割引などの種類からなっているので、それぞれを詳しく見ていきましょう。 2種類のデータプラン ソフトバンクにはデータプランが2種類用意されています。 以前はいろいろあってややこしい面もありましたが、現在はシンプルに「データ通信量がたくさん必要かどうか」を考えるだけです。 ただ、具体的にどのぐらい通信量を消費するかで、どちらのプランがよりお得になるかのラインがありますから、その辺を踏まえてそれぞれについて以下で詳しく解説します。 従量制のミニモンスター ミニモンスターは、使用した通信量によって月額料金が決まる従量制プランとなっています。 1か月で使用するデータ通信量が1GBまで、もしくは、2GB、5GB、および50GBまでという4段階のプランです。 1か月1GB以内に収まるなら、月額基本料金は3,000円(税抜き。 以降も基本的にはすべて税抜き表記)であり、それに音声通話の基本プラン980円をプラスして、割引やキャンペーンなど何も適用されない状態では合計3,980円になります。 一方、1か月に使用したデータ通信量が1GBを超えると、2GB以内の時は5,000円、2GBを超え5GB以内の時は6,500円、5GB超50GB以内の時は7,500円と基本料金がかなり高くなってしまうことに注意です。 2GB超5GB以内になると、音声通話を含めた月額料金は7,480円になってしまいます。 月2GB未満に抑えられる自信がある人のためのプラン 1か月に2GB以上のデータ通信量を使用する可能性が高いのであれば、ミニモンスターは選ぶべきではありません。 とはいえ、ふつうに使っていると月に2GBぐらいすぐに消費してしまいますので、このプランを選べるのは「自宅にWi-Fiがあり、高速データ通信はたまの外出時ぐらい」という方に限られるでしょう。 いつでも誰でも3,480円で利用できると誤解しないよう注意してください。 これに音声通話の基本プラン980円を加えるため、月々支払う金額は合計7,480円です。 一つ前で見た3,480円と比べると高い印象を受けますが、上で解説したミニモンスターで2GBを超えた時と同じ値段になることに注目してください。 ミニモンスターでも2GBを超えても高速通信は可能ですが、かなり割高になってしまいます。 ミニモンスターの方がはるかにお得です。 動画サービスなら、たとえばYouTube、Abema TV、GyaO、Huluなどの視聴で使用するデータ通信量はカウントされません。 自宅や職場などよくスマホを使用する場所がWi-Fi環境でない場合は、必須と言ってもよいぐらいです。 通話料金を含めて月に7,480円という金額は高く感じますが、後述する割引やキャンペーンを上手に利用することで、一定期間はかなりお得に利用できるはずです。 いずれにせよ、「速度制限を気にしていつもストレスを感じている」という方はこちらを選ぶべきでしょう。 追加データを購入すれば50GB以降も高速通信ができますが、それだとかなり割高になってしまいますので、なるべく月の使用量は50GB以内に抑えるように努めましょう。 iPhoneやスマートフォンでのネット利用では加入が必須ですので、金額は小さいですが注意してください。 ほかにも希望に応じて加入できる有料のオプションはありますし、適用される割引によっても金額は大きく変動しますが、基本的にはデータプランと通話プランの基本料金、それに実際の通話料金の合計が月額料金を決めると考えてよいでしょう。 まさに基本のシンプルな基本通話プラン 先ほどのデータプランのところでも見たように、基本通話プランの基本料金は月額980円です。 基本料金は安いのですが、通話料金は30秒につき20円と高額なので、あまり通話しない方に向いているプランと言えるでしょう。 もしくは、通話はしてもLINEやSkypeなどの無料通話アプリをおもに使うという方向けです。 そうやって一般の電話での通話にお金をかけずに済ますことができる方にとっては、月額980円の基本通話プランはお得と感じられるでしょう。 ただ、無料通話などの特典が何もないため、多少なりとも電話する必要があるのであれば、次に紹介する準定額オプションか定額オプションを選ぶことになります。 月額500円プラスの準定額オプション 基本料金の980円に、オプション料金として月額500円プラスすることで、国内通話が5分以内なら何度でもすべて無料になる準定額オプションが使えるようになります。 「電話は必要だが、1回の通話に5分以上かかることは滅多にない」という方にとって、このオプションはおすすめです。 月額1,500円プラスの定額オプション 基本料金に1,500円のオプション料金をプラスすることで、通話時間にかかわらず国内通話がいつでもどこでも何度でもずっと無料になる定額オプションが使えます。 スポンサーリンク 5分以上の通話をよくする方なら必須のオプションでしょう。 特に、仕事で電話をかける必要がある方には外せません。 家族や友人との電話なら、「5分以上話すとお金がかかるから切るね」ということもできますが、仕事上の電話でそれはできません。 かといって、「もう何分経ったかな?電話代がかかるからそろそろ切りたいな」と上の空では仕事にも不都合を来たしてしまいます。 そういうわけで、時間を気にせず電話したいのであれば定額オプションの加入は必須です。 ソフトバンクの料金を見直す際のポイント ソフトバンクの月額料金は、上で見たようにデータプランと通話プランの組み合わせで決まります。 わりとシンプルではありますが、現在の契約状況が最もお得なのかもう一度見直してみましょう。 以下に、その見直すポイントについて詳しく解説します。 自分が月にどのぐらいデータ通信量を使っているかを把握する 現在お使いのプランが最もお得なプランかどうかを判断するには、やはり毎月ご自身がお使いのデータ通信量を把握するところからがスタートです。 一度、「My SoftBank」で確認してみてください。 それで、毎月、どのぐらいスマホでネットを利用しているのかを把握し、現在支払っている料金がその使用頻度のわりに高いのか安いのかを判断します。 加入中のオプションは本当に必要なのか見直そう 現在、オプションにはいくつぐらい加入しているでしょうか? もしかすると、ご自分ではどのオプションにも加入していないつもりでも、実は何かしらのオプションに加入しており、知らない間に月々オプション料金まで支払っているというケースも考えられます。 ソフトバンクだけでなく、キャリアでの契約ではオプション加入を条件に料金がお得になるキャンペーンがよくあります。 料金が発生する以前にオプションを解約すればよいのですが、それを忘れたまま使いもしないオプション料金を支払い続けている人は意外と多いものです。 先ほどの通信量と同じく、一度「My SoftBank」で加入中のオプションがあるかどうか確認してみてください。 ご自身にとって必要性のあるオプションに加入しているのであれば構いませんが、「このオプションは何だ?」というのがあるようなら、必要ないサービスのために毎月料金を支払い続けている可能性が高いです。 オプション料金はたかだか月数百円ですが、「塵も積もれば山となる」と言うように、年単位で考えるとかなりの出費になります。 即刻、不要なオプションは外しておきましょう。 プラン変更のタイミングを計る 現在、加入中のプランが自分にぴったりではないことがわかっても、すぐに変更するとかえって不利益を被る可能性もあります。 キャリアの場合、多くのケースでは、契約する段階で指定のプランに加入することによって月額料金や端末代金からいくらかの割引を受けています。 その割引を受けられるのは、指定のプランに加入していることが条件であって、今プランを変更してしまうと割引の適用がなくなり、元の代金を支払わなければならなくなる可能性も大いにあるのです。 プランの変更は、なるべく契約期間の満了時を狙って行う方がよいでしょう。 スポンサーリンク 逆に、端末代金をすでに完済しているのであれば、今すぐ変更しても大きな不利益は生じないはずです。 プラン変更のタイミングはいつがベストなのかを確認しておきましょう。 ソフトバンクの月額料金のシミュレーション 公式サイトを見ても、割引やキャンペーンの記述ばかりで、純然たる月額料金がいくらなのかひと目でわからないのが面倒なところです。 そこで、ここではスマホとガラケー別に、ソフトバンクで最も月額料金が安くなるプランを考えてみます。 スマホが最も安くなるパターン スマホのデータプランでは、先ほど紹介したように、ミニモンスターが月1GB以内の時に月額3,000円で最安です。 これに音声通話の基本プラン980円を加えた、合計3,980円が1か月に支払う最安料金となります(ウェブ使用料は別)。 ただ、これは何の割引も適用されない場合です。 実際は、最初の1年間に限る場合が多いですが、いくつかお得になる割引が選べます。 たとえば、「1年おトク割り」という割引は、新規契約か機種変更の人を対象に12か月間月額料金が1,000円引きになるという内容です。 ほとんどの方がこの割引の適用対象となりますから、ソフトバンクでスマホを利用する場合、ほかの割引が適用されないとしても初年度は2,980円という格安料金が実現できます。 スマホデビュープランに加入できればさらにお得に 先ほどソフトバンクのデータプランは2種類だと紹介しましたが、実は、ソフトバンクと契約するにあたってガラケーをやめてスマホデビューするという方を対象にした「スマホデビュープラン」というのもあります。 文字通りソフトバンクでスマホデビューする人が対象なので、契約の際にこれまで使っていたガラケーを持っていく必要があるのですが、このプランに加入できれば月額基本料金を最安980円にすることも可能です。 その合計2,980円から、先ほどの1年おトク割りの適用で1,000円引きになるのに加えて、「1GB専用割引」というこれまた1,000円引きとなる割引が適用されますから、都合2,000円の割引を受けて最終的な月額料金が980円になるという仕組みです。 月額料金が980円といっても、実際は「スマホデビュー」というぐらいですので、ガラケーから新しく乗り換える用のスマホを調達するのにお金がかかります。 ソフトバンクで分割で購入して月額料金と一緒に支払うか、よそで購入したSIMフリーの端末を持ち込むことになりますが、いずれにせよその端末代まで無料になるわけではないので、その点は心得ておいてください。 なお、1年おトク割りの期間は12か月ですので、2年目以降は割引が適用されませんが、1GB専用割引は2年目以降も続きます。 ですので、2年目以降も最安1,980円で使い続けることが可能です。 ただ、その料金を実現するには月1GB以内にデータ通信量を抑えなければなりません。 追加でデータを購入することも可能ですが、それには1GBにつき1,000円と割高の料金がかかります。 それを考えると、スマホデビュープランは、スマホの利用はLINEやSNSのチェック程度というライトユーザーのためのプランと言えるでしょう。 ガラケーが最も安くなるパターン ソフトバンクには、上で紹介したスマホ向けのプランだけでなく、ガラケー専用の料金プランも存在します。 その最安プランである「ケータイ100MB」(月額300円)を選べば、音声通話の基本プラン料金980円と合わせても月に支払う合計はわずか1,280円に抑えることが可能です。 もっとも月にわずか100MBしか使えないため、たとえガラケーといえどもメインで使うのには向いていません。 「メールチェックの緊急用としてガラケーを1台持っておきたい」というような方のためのニッチなプランと言えるでしょう。 スポンサーリンク 月額料金がもっと安くなるソフトバンクの割引 ほとんどの方が適用を受けられる「1年おトク割り」については先ほど紹介しましたが、ソフトバンクにはそれ以外にも数々の割引があります。 上記のシミュレーションで出した最安金額はあくまで特別な割引を使わなかったケースです。 可能な限り割引を適用させることができれば、もっと安い月額料金も実現できます。 そこで、なるべく適用しておきたいおもな割引を詳しく見ていきましょう。 インターネットも乗り換えるならおうち割がお得 スマホと一緒に、ソフトバンクが提供するインターネットの光回線を契約すると「おうち割」という割引が適用されます。 スマホの料金を見直すのであれば、ネットの固定回線もついでに見直しましょう。 おうち割が適用されれば、期限の定めなく1,000円の割引が適用されるので、長く利用するほどお得です。 なお、おうち割の対象となるネット回線は、光回線である「ソフトバンク光」か家庭用Wi-Fiの「ソフトバンクエアー」となっています。 他社からの乗り換えで解約違約金が発生した場合、ソフトバンクがそれを負担してくれるので、ぜひスマホと一緒に乗り換えを検討してはいかがでしょうか。 家族割 「家族割」とは、対象プランに加入する家族の人数によって割引額が決まる割引です。 なお、ここでいう「家族」とは、同居する血縁関係のある家族だけではありません。 遠方に済む親戚も対象になりますし、血縁関係になくても、たとえば同棲中のカップルやシェアハウスで暮らす仲間たちなども家族割の対象です。 関係を証明する書類の提出が必要ですが、他社の家族割より適用される範囲が広いので、ソフトバンクに一本化することでかなりお得になります。 トクするサポート 「トクするサポート」とは、ソフトバンクで端末を分割払い(48回)で購入し、25か月目以降にその端末をソフトバンクに返却することで、その返却した端末の分割代金、最大24回分の支払いが不要になるというキャンペーンです。 この説明では少々ややこしい印象を受けますが、要は、端末を最大半額程度の割引価格で購入できるお得な内容だということです。 iPhoneの最新世代も対象なので、「人気機種をお得に手に入れたい」、もしくは「新製品が出るたびに次々買い替えたい」という方にぴったりの割引と言えるでしょう。 SoftBank学割 2020年6月までの期間限定ですが、最大1年間ギガ使い放題に加え、音声通話の基本プラン料金980円が6か月無料になるなどの「SoftBank学割」という学割サービスをソフトバンクでは提供しています。 そのほか、ミニモンスター、スマホデビュープラン、ソフトバンクの電力サービス「おうちでんき」でも割引が受けられるお得な内容です。 なお、「学割」とはありますが、必ずしも学生である必要はなく、学割の対象年齢の方なら誰でも適用されます。 ソフトバンクでの料金プランの変更方法 ソフトバンクの料金プランを詳しく見てきて、今とは違うプランに変更したくなった方もいるのではないでしょうか。 そこで、ソフトバンクで料金プランを変更するには、具体的にどのような方法があるのかをお伝えします。 ソフトバンクの店舗での手続き 料金プランを変更する最も簡単な方法が、ソフトバンクの店舗に行ってスタッフに変更したい旨を伝えることです。 詳しいことまで自分でわかっていなくても、スタッフが最適なプランを提案してくれますし、具体的な手続きも含めてその場ですべてやってもらえます。 自分の認識が間違っている場合でもそれを正せるので、ソフトバンクのスタッフから直接説明を受けられるメリットは大きいです。 スポンサーリンク わざわざ店舗に足を運ばなければならず、店内でもしばらく待たなければならないことがある点だけがデメリットですが、時間がある方、または自分で変更手続きをすることに不安がある方にとっては、最良の方法ではないでしょうか。 My SoftBankでの手続き 店舗に行く時間がない方は、ソフトバンクが会員向けに用意するマイページ「My SoftBank」を使うことによって、ネット上で24時間いつでもプラン変更の申し込みができます。 ただし、My SoftBankにログインするには、SoftBank ID(または携帯電話番号)とパスワードが必要です。 これまでMy SoftBankを使ったことのない方の場合、IDとパスワードがわからないということもあるでしょう。 しかし、ネット上の手続きだけで再発行できるので安心してください。 My SoftBankでの具体的な手続き方法は、まずメニューから「契約・オプション管理」を選び、そのなかから「料金プラン」を選んで、次に「通話基本プラン」と進んでください。 データ定額プランや通話プラン、それにオプションについての変更ができます。 なお、希望の変更を行った後、内容を確認して申し込みボタンを押しますが、その時点ですぐに変更が反映されるわけではありません。 基本的に、変更は手続きを行った翌請求月からの適用です。 ソフトバンクでは、ユーザーによって請求締め日が異なり、そのため変更の適用日もユーザーごとに異なります。 適用日についてはMy SoftBank内に表示されるので、それで確認してください。 LINEでの手続き ソフトバンクでは、料金プランの変更がLINEでできるようになっています。 やり方はMy SoftBankでの方法と大きな違いはありませんが、LINEで変更するには先にソフトバンク公式アカウントを友だちに追加しておかなければなりません。 公式アカウントは「 SoftBank」です。 それでもなおソフトバンクの料金が高いと感じるのなら格安SIMを検討しよう 料金が高いイメージのあるソフトバンクですが、使用するデータ通信量次第ではかなり安く抑えることも可能です。 しかし、ミニモンスターで月2GB以内に抑えれば料金が安いといっても、わずかそれだけのデータ通信量では不便に感じる方も少なくないでしょう。 そこで、もっと安い料金でスマホを楽しみたい方に格安SIMを提案します。 ソフトバンクからの乗り換えならワイモバイルがおすすめ 格安SIMは多数ありますが、ソフトバンクのようなキャリアと比べると品質やサービスに不安を感じという方もいます。 実際はそんなこともありませんが、「安いけれど通信速度は物足りない」というのはよく聞かれる格安SIMに対する感想です。 格安SIMに不安を感じているそんな方には、をおすすめします。 ワイモバイルは格安SIMではありますが、ソフトバンクがサブブランドとして展開しているサービスですので、通信回線はもちろんソフトバンクであり、その品質もソフトバンクと同等です。 ソフトバンクより安くほぼ同じ使用感 ワイモバイルの料金プランは、「スマホベーシックプラン」の一つだけであり、その内容も「S」、「M」、「L」の3つから選ぶというシンプルな内容です。 Sが月3GBまで、Mが月9GBまで、Lが月14GBまでのデータ通信量で、料金はそれぞれ2,680円、3,680円、4,680円となっています。 ただし、これは割引を何も適用しない場合の料金であり、実際は家族割やおうち割などのソフトバンクの割引が適用できますので、さらにお得な料金で利用可能です。 1回10分以内の国内通話が無料になる特典付きですし、今なら新規や乗り換えの方を対象に月500円かかるデータ増量オプションが1年間無料で利用できる「データ増量無料キャンペーン」もやっています。 スポンサーリンク ワイモバイルには利用期間の制限もなく、違約金などもないため、満足できない時はすぐに解約して他社に乗り換えられるという大きなメリットもあります。 ソフトバンクでは毎月の料金がどうしても高すぎるという時は、ほぼ同じ使用感で料金を安くできるワイモバイルへの乗り換えを検討してはいかがでしょうか。 実はシンプルなソフトバンクの料金体系 ソフトバンクの公式サイトを見ると、割引やキャンペーンなどの表示で本来の料金プランがわかりにくくなっていますが、実は、上で見てきたようにわりとシンプルな構成です。 そのほかにも料金が安くなる見直しポイントはいろいろありますが、それでもなお高いという場合は、ソフトバンクと同系例の格安SIMであるワイモバイルへの乗り換えも検討してみましょう。

次の

ソフトバンク料金プランの仕組み解説|料金見直し方法と最安プランの組み方|スマちょ。

ソフトバンク プラン 見直し

なぜ高い?SoftBankのスマホ料金を節約する方法5つを紹介! 節約効果 手軽さ SoftBankの料金を節約する5つの方法を上の表にまとめました。 契約はSoftBankのまま、 手軽に安くできるのが「基本プラン見直し」「オプション確認」「割引活用」です。 他社へ切り替える手間があるものの 大幅な節約に期待できるのが「2年ごと乗り換え」「格安SIM」です。 SoftBankから変えたくないという人や、逆に安ければどこでも良いという人もいると思います。 それぞれの事情を踏まえて自分に合った節約方法を実践してくださいね! では一つ一つ詳しく解説していきましょう。 SoftBankの契約プランを見直す 節約効果 手軽さ SoftBankの 契約プランを見直すことは一番基本的な節約術です。 来店せずMySoftBank(SoftBankのマイページ)でも手続きできるので手軽ですが、 通話時間やデータ容量を大幅に下げない限りあまり節約に繋がりません。 基本料金は「通話プラン+データプラン+ウェブ使用料300円」この3つから成り立ちます。 この中で見直すポイントは• 1GB~50GBまである データプランの選択は適切か まず通話プランとデータプランが利用状況に適しているか確認しましょう。 でシュミレーションしたり、SoftBankショップで料金診断したりと、自分に合ったプランを見つけて節約しましょう! 2. 不要なオプションを確認・解約する 節約効果 手軽さ スマホを契約するときに色々なオプションへ加入させられたり、オプションに入らないと割引が適用されなかったりしますよね。 そのまま契約内容を変えないでいると、 使っていないオプションに毎月料金を支払っている場合があります。 あんしん保証パック• テザリング• スマートフォン・iPhone基本パック• とく放題• アニメ・ブック放題 契約のときに「2か月経てば不要なオプションは解約していいので!」と言われることがありますが、 意外と解約は忘れてしまいますよね。 見直すためには毎月の請求内訳を確認して、現在どのオプションに加入しているか確認してみてください! 3. SoftBankの割引プランを最大限活用する 節約効果 手軽さ SoftBankには スマホ料金を安くできる割引プランがあります。 学割放題や25歳以下割引も魅力的ですが割引期間が3か月と短いので、 ずっと割引されるプランがおすすめですよ! それが「」と「」です。 家の固定電話・ネットがSoftBank光ではない• 家族全員がSoftBankのスマホを使っていない このような場合は SoftBankに契約をまとめるだけで月額500円以上、家族が多ければそれ以上に節約することができます。 【おうち割 光セット】ネット回線をSoftBank光にする おうち割 光セットとはSoftBankスマホを持っている人が、家の ネット回線をSoftBank光にするだけでスマホ代が 月額500円~1,000円の割引が適用されるものです。 スマホ・タブレット・ケータイ・iPad・Wi-Fiルーターも対象なので、複数台持ってればさらにお得に! SoftBank光の月額料金は比較的安く、通信速度も最大1Gbpsと超高速なのでおすすめですよ。 スマホ・タブレットをSoftBankで契約しているなら見逃せない割引なのでチェックしておきましょう。 2年ごとにdocomoやauに乗り換える 節約効果 手軽さ 3大キャリアは乗り換え時に 「高額キャッシュバック」や「2年間月額料金割引」などのキャンペーンを行っていることがほとんどです。 それを利用するために 2年ごとにdocomoやauに乗り換える節約方法です。 キャリアや代理店によって様々なキャンペーンを行っているので、そのまま使い続けるより断然お得に使うことができます! しかも2年縛りがちょうど終わるタイミングなので 違約金もかかりません。 安く使えてキャッシュバックなどがありがたい一方、2年ごとの乗り換えは 手間がかかるというデメリットもあるので注意してくださいね。 2年乗り換えするデメリット• 来店して乗り換えの手続きをする手間がある• キャリアメールアドレスが2年ごとに変わる• セットの固定ネット回線も変更するならさらに面倒• 家族で使っているならもっと面倒 5. SoftBankから格安SIMに乗り換える 節約効果 手軽さ スマホ料金を手っ取り早く節約するのに 一番おすすめなのが格安SIMに乗り換えることです。 現在のプランにもよりますが、毎月のスマホ代が 1万円だったのが3千円になった!という人もいます。 少し前までは格安SIMなんて大丈夫?と不安がっている人も多かったと思いますが、最近では賢く節約する人がどんどん格安SIMに乗り換えていますよ! 実際、でも格安SIMの利用者が増えていることがわかります。 これまで興味がなかった人も、ぜひこの機会に格安SIMについて詳しく調べてみてくださいね! 格安SIMの全体像・各キャリアの特徴については「」も参考にしてくださいね。 一番のおすすめは格安SIM!でも格安SIMって大丈夫…? SoftBankのスマホ料金を大幅に節約するなら格安SIMが一番有効だと紹介しましたが、まだまだ 格安SIMに不安を持っている人はいると思います。 「 格安だから通信が遅いのでは…」「 困ったときは助けてくれるの?」と心配する方のために、よくある疑問について解説します。 通信速度• 手続き・サポート面• はじめての格安SIMの選び方 このあたりについて紹介するので参考にしてくださいね。 メリットやデメリットなど格安SIMについてもっと知りたい!という方は「」も読んでみてください! 通信速度は意外と遅くない 料金が安い分、 速度が遅くてストレスを感じるのでは…?といった速度の不安はどうしても出てきますよね。 でも、そんな心配はしなくて大丈夫です。 格安SIMだからといって遅い・重いということはないので安心してください。 多くの格安SIMがdocomo・au・SoftBankの回線を使用しているので3大キャリアと同じような速度で使えますよ。 ただ、回線が混み合う夕方以降や通信が混雑する場所では遅くなることがありますが、それはどのキャリアにも言えることです。 格安SIMの中でも速いものがいい!という方は速度面で満足度が高い UQモバイルや Y! mobileをチェックしてみてくださいね! はじめての格安SIMなら人気キャリアから選ぶのがおすすめ はじめて格安SIMに乗り換えるなら、やはり利用者が多くてテレビCMもやっているような 人気キャリアがおすすめです。 ネット上の情報も多いですし、実際に使用している人の口コミもたくさんあるので安心できます。 人気キャリアなら困ったことがあっても、実店舗に行かず周りに聞けば解決することもありますよ。 「」では人気の格安SIMの選び方などを紹介しているのでぜひ目を通してみてくださいね! SoftBankからの乗り換え先としておすすめな格安SIM・格安スマホ3選 SoftBankから乗り換えるのにおすすめしたい格安SIM・スマホを紹介します。 今まで通りの使い勝手のまま、料金だけ節約できて SoftBankユーザーが切り替えやすいものを選びました。 SoftBank回線が使える• 料金・速度どちらも高評価• 実店舗が多い このあたりを基準にしています。 SoftBankからの乗り換えでも比較的スムーズに、安心して手続きできる3社なのでぜひ参考にしてみてくださいね! 【Y! mobile ワイモバイル 】ソフトバンクのサブキャリアで使い心地も高評価 【運営のコメント】 「今までと同じソフトバンク回線が使える」「実店舗数No. 1」「価格・速度面に定評がある」としてSoftBankからのおすすめな乗り換え先はY! mobileを選びました!実は同じグループということでSoftBankからの乗り換えは「番号移行」と呼んでいます。 SoftBankの格安スマホに切り替えるようなイメージですね。 料金は格段に安くなり、何度でも使える10分間の無料通話もついているので節約にはかなりおすすめできます!実店舗数が多いので何か困ったことがあればすぐに駆け込めるのも安心ですね。 SoftBank同様にYahoo! プレミアムの会員特典が無料で使えるので、とにかくお得にスマホを使いたいならY! mobileを選べば間違いありません!• 基本の料金プランを見直す• 使っていないオプションはすぐに解約する• 割引プランを適用させる• 2年ごとにdocomoやauに乗り換える• 特に5の 格安スマホに乗り換える方法はかなり節約できるうえに通信速度はそんなに変わらないのでおすすめです! SoftBankの次の更新月がきたら格安スマホへの乗り換えも選択肢に入れてみてくださいね。

次の