リシテア 支援会話。 【FE風花雪月】食堂特殊会話のキャラ組み合わせと会話内容まとめ(支援なしver)

ファイアーエムブレム風花雪月 支援レベルと獲得支援値の仕様

リシテア 支援会話

初期クラス 貴族 趣味 魔道や戦術の研究、密かに甘いものを食べること 好きなもの 甘いもの、可愛いもの、百合 嫌いなもの 子ども扱いされること、体力を使うこと、お化け、苦いもの 概要 レスター諸侯同盟に加盟している貴族・コーデリア伯爵家の長女。 一人称は「わたし」。 誰に対しても敬語を使うが二人称は何故か 「あんた」。 1部では士官学校で最年少の生徒。 フォドラ十傑のカロンの紋章を宿す。 シリーズ恒例の子供であることを気にしている魔道士だが今回は少年ではなく少女。 早熟ながら魔道の天才であり、また決して才能に溺れない勉強家。 本人も努力家であることを自負しており、プライドが高く子供扱いされることを嫌う。 一方で可愛いもの・甘いものが好きで、お化けが苦手という年相応の面も併せ持つ。 自他に厳しく言いたいことはハッキリ口に出してしまう性分。 そのため時には他の生徒に強く当たったり上から物を言ってしまうこともあるが、非を認めた時はきっちり自分から謝りに行く。 生徒の中で一番、嫌いな食べ物が多い。 プロフィールには苦いものが嫌いと記載されているが、その実態は極端な野菜嫌いで、わずかでも野菜が入っていると嫌いなものに分類され、「一緒に料理」しても野菜を抜こうとするという徹底ぶり。 肉は比較的食べるがシンプルな肉のカタマリである「獣肉の鉄板焼き」「熟成肉の串焼き」が対象外、魚も嫌いだが「2種の魚のバター焼き」は例外的に好きなことと合わせると、肉自体より油が好きである可能性が高い。 性能 ステータス・技能素質は魔法系だが、カロンの紋章のが剣のためか剣の才能も秘めている。 成長率合計値は全キャラの中でも最弱クラスだが、魔・技・速に完全特化した成長をし、 やられる前に高火力の魔法で一撃必殺することが可能。 さらに個人スキルで技能経験値の伸びがよいためいち早く強力な技能を取得できる。 風花雪月最強の魔法アタッカー。 さらに、味方を任意の場所に送り込めるワープを習得できるが、回復は苦手でライブのみ。 剣術才能開花で取得できる「魔法剣」もボスすら一刀両断できる切り札として便利。 弱点は防御面がペラペラな上、魔法の射程が全て最大2マスなのでこなせる「役割」は多くなく、事故死しやすい事。 また、一般的な魔法職の移動力の低さと相まって出遅れがちになること…。 固有スキルのお陰で技能経験値稼ぎが容易であるため、意図的な稼ぎプレイがアリなら不慣れなスキルでも無理して習得できる。 アーマーナイトにして「重さ軽減」「金剛の一撃」を得れば敵の反撃が避けられない状況でも攻撃しやすくなる。 成長率、習得魔法、個人スキル、今作の仕様、学級 テュルソスの杖を英雄の遺産とするローレンツと同じ学級なため外伝解放が容易 全てが噛み合った最強の魔砲少女である。 総じて強キャラ認定されることが多く、他学級を選んだ際にもスカウトしておくと便利である。 レギュラーでは初めて始まりの鼓動を持つことになった。 武器の奥義カウント-1と始まりの鼓動により2ターン奥義を毎ターン打てる構成。 ステータスは原作とほぼ同じ高火力だがHP・守備・魔防が低い。 受けには向いていないのでとくに暗器や弓は警戒。 対抗馬となるのは同じ高火力持ちのスキル効果と入手しやすさの。 リシテアとは逆に鈍足だが同じ高火力で守備と魔防が高めのがライバルになる。 余談 担当声優の悠木碧氏はファイアーエムブレムシリーズでは初担当になる。 のをはじめ、演じているためそれぞれ連想する者も多い。 ティアモの海外名がラストネームと同じ。 …同シリーズのロリ天才魔道士。 剣も強力、習得魔法が反則的、脆いのに射程2しかないが同性能のアイテムで解決可能など、性能上の共通点が非常に多い。 …子供っぽいことを気にしている繋がり。 野菜が苦手・暗闇を一人で歩くのを怖がるなどのエピソードも全く同じ。 超強力な魔法を繰り出す点も共通 その際に人格が変わる。 こども扱いが嫌いなのも共通。 こちらは。 こちらは。 は・の。 彼女の抱えている実情 ネタバレ注意 実はカロンに加えグロスタールの紋章も持っており、そちらが大紋章。 このグロスタールの紋章は他者 翠風の章にての関係者であることが示唆される によって無理矢理植え付けられたものであり、 強力な力を代償に髪の色が白化してしまい、短命である事を宣告される。 そのため紋章を二つ持っていることは一部の人間以外には公言しておらず そもそも紋章を二つ持っている事自体が異常 、彼女自身は紋章を忌み嫌っている。 また両親にはその事で大きな苦悩と苦労をさせてきた為、寿命の短さから時間がない事と両親に穏やかな余生を過ごして欲しいとの願いから、はやく大人になることを望んでいる。 普段から背伸びした言動を取ったり、ややせっかちなのもこのことから。 尋常ではない努力も全ては「己に残された時間は決して長くない」との強い自覚からである。 そのこともあってか、紅花ルートでは開戦前の探索において大抵のスカウト生徒は「先生を信じてこの道を進んできた」と語るところがリシテアの場合は「 紋章ばかり重んじる社会を教会が作ったのだとすれば、そんなものは要らない 要約 」とエーデルガルトの理想に賛同する発言をしている。 ちなみに作中で髪の色が白い人物がいるが…? そして…(超ネタバレ注意) 通常の後日談ではあまり長く生きられなかった旨が書きそえられているが、紋章や闇に蠢くものに詳しい人とペアエンドを迎えた場合、体から紋章を消すことで、かつて有していたはずの寿命を取り」して長生きすることができる。 そしてそうなった多くの場合、紋章の力を失ってもその素晴らしい頭脳でペアエンドの相手を助け、後世に残るような大活躍したという旨が記載されている。 彼女は、 紋章とは関係なしに天才だったのである。 そこまではいいのだが、紋章には何もしていないのに短命描写が消えるエンディングが2つあり(うち1つが先述のローレンツで、直接的な言及はないが人並みに長生きしたと推測できる記述がされる)その2つは 支援の過程や後日談内で食生活が改善するという共通点がある。 その結果、短命なのは紋章の他に 酷すぎる偏食にも大いに原因があり、しまいには なんじゃないかと揶揄されることすらある。 紋章の力は強大だが絶対ではない、色々なルートを見ていくと真実が見えてくる、という今作の特徴が良く出ている場面である。 pixivision• 2020-07-19 17:00:00• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 17:14:55• 2020-07-19 17:13:43• 2020-07-19 17:13:38• 2020-07-19 17:12:24• 2020-07-19 17:11:30 新しく作成された記事• 2020-07-19 16:49:41• 2020-07-19 16:49:41• 2020-07-19 16:41:16• 2020-07-19 16:32:41• 2020-07-19 16:19:34•

次の

ファイアーエムブレム 風花雪月

リシテア 支援会話

アーカイブ• 124• 222• 226• 215• 231• 212• 241• 250• 227• 253• 247• 239• 183• 162• 157• 190• 156• 161• 131• 125• 139• 154• 159• 125• 150• 166• 180• 148• 146• 135• 131• 146• 184• 219• 229• 206• 211• 193• 192• 262 リンク集• 新着コメント• に 名無しのエムブレマー より• に 名無しのエムブレマー より• に 名無しのエムブレマー より• に 名無しのエムブレマー より• に 名無しのエムブレマー より.

次の

リシテア

リシテア 支援会話

ベルナデッタ&マリアンヌ C ベルナデッタ「ふんふふーん、いい本を見つけたから、今日は絶好の引きこもり日和だなー」 マリアンヌ「…わっ」 「ふぎゃっ!?」 ぶつかる ベルナデッタ「いたた…ついよそ見を…!?」 「あの…すみません…私の不注意で…あ、拾うの手伝いま…」 「ぎゃああああああああああ!お助けえええええええええ!」 「あ…もう見えなくなって… やっぱり…私が怖く見えるから……あれ?この本…」 場面 寮の前へ マリアンヌ「どうしよう…あの時本が入れ替わって…でも…私が訪ねたらきっとまた…出てくるまで待つしかなさそう…」 夕方 「……」 夜 「…出てくる気配がない…『食虫植物の育て方』……ベルナデッタさんって…私が思っているより変わった人なのかも……」 B ベルナデッタ「ど、どどどどうしよう…!あの時マリアンヌさんと本が入れ替わったことを言い出せないまま随分と経ってしまったあ…!でも、向こうも何も言ってこないし…まだ気づいていないのかな…はっ、マリアンヌさんのことだからもしかして、ベルを恨んで夜な夜な呪いにかけているとか…!?そしてベルをじわじわと追い詰めたところを…す、すぐに返さなきゃ命が危ない!」 場面 厩舎へ 「マリアンヌさんはよくここにいるみたいですけど…あっ!マリアンヌさ…」 マリアンヌ「今日もお疲れ様、ドルテ…どこも怪我してない?え、お腹が空いてるの?いっぱい動いたのね…」 「…どうしよう、思ってたのとは別の意味でやばそう…」 「…あ…ベルナデッタさん…?」 「ひいっ!?じゃ、邪魔してごめんなさいいいいい!どうか、どうか命だけはああああああ!」 「あの…命とかじゃなくて…本…」 「返します返します!本なら返しますからあああああああ!」 「あの…私が怖いのは分かります…ぶつかったことは私の責任ですから…その、本は部屋に置いてきたので今は渡せませんが…」 「本は渡せないから引導を渡すつもりですか!?」 「え、どうしてそうなって…」 「だだだだって、マリアンヌさんはいつもベルをこわーい顔で見つめてくるじゃないですか!それってベルが知らず知らずのうちにマリアンヌさんにとって気に食わないことを重ね重ねて恨みつらみ…!」 「…ふふっ」 「笑った!?なんで!?」 「あ…すみません その…殆ど話したこともないのにそこまで考えるのが面白くて…」 「ま、マリアンヌさんも…そんな風に笑うんだあ てっきり、お人形に嫌いな人の絵を貼って釘でも刺してるような人かと…」 「ど、どうしてそこまで考えて…ふふふ…」 A マリアンヌ「ベルナデッタさんは、1人でいるのが好きなんですね…」 ベルナデッタ「うん、みんなといるのは絶対嫌!ってわけじゃないけど、引きこもっている時が一番ベルは幸せだなあ。 」 「そうですか…私も、あまり人と関わるのは得意じゃなくて…」 「うんうん!最初はものすごく怖かったけど、私たち気が合いそう!その、この前のことはごめんね…?」 「いいんです…私にも非はありましたから…それより、私も誤解していました。 ベルナデッタさんは思っていたよりもずっと…面白い人で…」 「ね、ねえ。 前も思ったんだけど…ベルってそんなに面白いかな?」 「食虫植物が好きなところとか…」 「え、まだ言ってないのにどうして…あっ、本…!」 「ふふ…ベルナデッタさん…ありがとうございます。 」 「ふぇ?今、お礼を言われる流れだったかな?急にどうしたの?」 「こうして話す前は…ベルナデッタさんみたいな人は、私を避けるばかりだろうって…私にとってはその方が都合がいいって思っていたんです。 でも、こうやって話してみないと…何も進まないんだって…あなたにそのつもりがなくても、そう教えてくれました。 …そのお礼です。 」 「マリアンヌさん…それを言うならベルも同じだよ。 ベルも誰かと話すのが怖くて逃げてばかり…だから、今回みたいなきっかけでもないとマリアンヌさんとは話さないままだったんだろうなあ。 」 「あ…!それなら、ぶつかっていけばいいんでしょうか。 」 「いや…そういうのって、ものの例えだからね?あれは事故だよ?本当にぶつかっていったら絶対おかしい人だよ!?」 「分かってますよ…ふふ」 カスパル&フェリクス C カスパル「うおおおおおおっ!どりゃあああああっ!」 フェリクス「……」 「おっ、フェリクスじゃねーか!お前も訓練だな!」 「聞かずとも分かるだろう、こう何度も居合わせてはな。 」 「俺が言うのもなんだけど、お前大体ここにいるもんな!そうだ!たまには一緒に訓練するか?」 「お前の腕を過小評価しているわけではないが…断る。 」 「えっ…なんでだよ!?強くなりたいもん同士、模擬戦とか悪くねえだろ!?」 「分からないのか?」 「全然!」 「…だろうな。 これで察するような奴なら、俺は誘いに乗っている。 」 「うーん…俺、お前に何かしたか?やばいな、全く心当たりが…」 「とにかく、そういうことだ。 俺は先に失礼する。 」 「…行っちまった。 なんだよ、訳分かんねえな…」 B カスパル「おーいフェリクス!」 フェリクス「お前か…何の用だ。 」 「分かったんだよ!お前が俺を避けた理由!」 「ほう…では聞かせてもらおうか。 」 「ずばり、戦い方の違いだ!」 「…どういうことだ?」 「俺は自信のある力で押し切ろう!てことがよくあるんだよ、でもお前は技の鋭さや身のこなしがすごいだろ?だからお前は俺みたいな勝手の違う相手と戦っても得意な部分は伸びねえから、断った…どうだ!」 「なるほど…まさかお前のような奴からそんな答えが出てくるとはな。 ただの猪ではないというわけか。 」 「へへっ、座学と比べりゃこんなもん楽勝よ!」 「いや、合ってはいないぞ。 」 「なにいいっ!?」 「だが…俺はお前のことを買いかぶりすぎていたようだ。 どうだ、一度でいいなら付き合ってやる。 」 「本当かよ!?よっしゃあ、絶対負けねえからな!」 「ふっ…こちらも負けるつもりはない。 」 A 場面 市場 フェリクス「…さて、どれにするか。 」 カスパル「おーいフェリクス!お前も新しい武具買いにきたのか!」 「……」 場面 書庫 フェリクス「…よし、これだけ揃えば充分だろう。 」 「おーいフェリクス!お前も試験の勉強か!」 「……」 場面 食堂 フェリクス「…ふう。 」 「フェリクス!どうだ、一緒に食べねえか!」 「……カスパル、俺があの時お前の誘いを断った理由……やはり理解はしていないようだな。 」 「え?あー…そんなこともあったな!でも、もうそんなのどうでもいいんじゃねえか?俺とお前はもう友達だぜ?細かいことは水に流せばいいじゃねえか!」 「…一度気を許すとこれだ。 」 「ん?」 「俺は人と馴れ合うのは好かん。 前にも言ったようにお前の腕は認めているが…お前みたいな奴はすぐ仲良くなった気になって付きまとう。 俺とお前の違いは戦い方ではない、性格だ。 」 「ああー…なるほど!そういう話だったのか!」 「まったく…やはり猪は猪か。 」 「よし、フェリクス!ご飯食ったら1戦やろうぜ!」 「…一度だけだと言ったはずだ」 「一日一度、じゃねえのか?」 「なぜそうなる…」 「はは!でもさ、お前が答えを教えてくれたってことはよ、俺のこと本気で嫌なわけじゃないんだろ?付き合い方は考えるけどよ…訓練相手、ぐらいならもういいんじゃねえか?」 「都合のいい解釈をしてくれるな… いいだろう、お前の飽きるまで相手してやる。 勝つのは俺だ。 」 「よっしゃあ!その意気だぜフェリクス!」 リシテア&アロイス C アロイス「う…うううむ む、むむむむ!むうううう……」 リシテア「アロイスさん?1人でなーにやってんですか。 」 「おお、リシテア殿!ちょうどいいところに!実は、夜中に誰もいないはずの騎士の間で物音がするという噂が流れ…後日、私が夜警の当番となってしまったのだが…!」 「えっ」 「しかし困ったことに私は幽霊が苦手でなあ…女性の兵士も手伝ってくれているなか、私が断るわけにもいかず…」 「そ、そうなんですか。 でも、皆さんそんな迷信に本気になっちゃって…おかしいですよねえ?ははは」 「盗賊の恐れもあるため楽観視もできず…リシテア殿、幽霊の類は如何か?」 「えっ!?そ、そんなものいるわけないじゃないですか!アロイスさんも騎士でありながら可愛いところが…あ、あるんですねえ!」 「おおー…!その若さでなんという頼もしさ!そうだ、リシテア殿!どうか私の夜警の日、一緒にいてはくれないか!」 「え、えええっ!?」 「このところ様々な件で忙しく、他の騎士の手が借りれないのだ…しかし幽霊に強いリシテア殿がいれば、まさに文字通りの心強さ!お願いだリシテア殿、このとおり!!」 「ちょ、ちょっと!こんなところで座り込まないでください!ああ…もう、分かりました!付き合います!付き合いますから!」 「かたじけない…!このアロイス、リシテア殿の慈悲にそれ以上感謝の言葉が見つからん!」 「お、大袈裟です!早く立ってください!」 「うむ…ではリシテア殿、頼みましたぞ!」 「…行っちゃった…ど、どうしよう…!」 B アロイス「ううむ…そろそろ約束の時間……おおっ、来た!リシテア殿」 リシテア「お…お待たせしました。 い、行きましょう…!」 「リシテア殿…声が震えているような…」 「き、気のせいです!そういうアロイスさんは体が震えてます!」 「こ、これは武者震い……ではないのだ!夜中にこんなところで1人では怖くてたまらなかったのだ!」 場面 夜 騎士の間 リシテア「………」 アロイス「………リシテア殿」 「ひゃいっ!?急に話しかけないでくださいよ!」 「ああ、いや!脅かすつもりは!その…お互い黙っていては2人になった意味がないと思い…」 「わ、私も同じことを考えていました…」 「その…リシテア殿、私の考えが正しければもしかして……」 「! ひいいいいいいっ!?アロイスさん、後ろおおおおおお!」 「うし…ぎゃあああああああ!」 兵士「なんだ、どうした!?」 場面 騎士の間前 兵士「まったく…思い違いでよかったが、大袈裟な真似はやめていただきたい…」 リシテア「お騒がせしました…」 アロイス「反省しています…」 「…アロイスさん、ごめんなさい…まさか物音の正体がただの野良猫だったなんて…」 「う、うむ…しかしリシテア殿も幽霊が嫌いだったとは」 「うう、隠すつもりは……ありました……」 A アロイス「リシテア殿!これは先日のお詫びとはいってはなんだが…」 リシテア「わっ…美味しそうな茶菓子…!でも、受け取れませんよ。 私がウソをついていたのも悪いのに…」 「いやいや!私があそこまでして断るような人ではあるまい!元を辿れば私の幽霊嫌いが招いたこと…」 「うむむ…しかし、アロイスさんもお化けが苦手なのは少し意外だったかも…」 「私は軍人…この手で多くの人間を殺してきた身…いつかその恨みが自分に返ってくるのではないかと思うと…どうしても怖くなってしまうのだ。 」 「アロイスさん…」 「はっ、いかんいかん!詫びをしている中で辛気臭い雰囲気にしてしまった!茶菓子だけに、楽しく茶化していかなければな!わーはっはっはっは!」 「……」 「…こほん、いやーこれはそのいつもの癖というか…お、怒ってはいないよな?」 「アロイスさん、子供みたいだって言われませんか?」 「えっ!?うーむ、人が良すぎるとは言われたことがある。 ……良くも悪くもと。 」 「騎士でここまで純粋な人は、アロイスさんぐらいしか知りません…でも、アロイスさんみたいな人、嫌いじゃないですよ。 」 「り、リシテア殿…!」 「この茶菓子、一緒に食べませんか?今はアロイスさんと一緒に食べたい気分です。 それから2人で一緒にお化けを克服して、見返してやりましょう!私、仲間に会えて本当は嬉しかったんです!」 「おお、なんと可愛げのある微笑み…!よおおおし!このアロイス、望みとあらばどこまでもお付き合いするぞ!」.

次の