クレジットカード現金化 問題点。 クレジットカード現金化を女性が利用する場合の注意点

クレジットカード現金化とは|現金化の仕組みやリスクを解説|あなたの弁護士

クレジットカード現金化 問題点

キャッシュバック式• 商品買取式 それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。 キャッシュバック式:あくまで商品購入のキャッシュバック ある商品を購入すると、あとでお金がいくらか戻ってくるキャンペーンを聞いたことがあるのではないでしょうか。 こういったキャンペーンを キャッシュバックキャンペーンという名目で行われていることが少なくありません。 そういったことをクレジットカード現金化業者が行っているのです。 あくまで商品を買ってくれた見返りに、キャッシュバックという形で現金を振り込んでくれるという仕組みのため違法でないという見方です。 つまり、キャッシュバックキャンペーンをいつもやっているお店で、 クレジット決済をしただけで違法性がないというのが理由になります。 商品買取式:商品を購入する業者と買取業者が違う クレジットカードで商品を買って、 別の買取業者が買い取ってくれるため違法ではないという理由です。 例えば、バッグをクレジットカードで決済して、デザインが気に入らないからとすぐに買取業者へ売ったという行為がこれに当たります。 ネット通販で、あるいは実店舗でクレジットカード決済によって商品を買い、たまたま近くにあった別業者やネットの買取業者が買い取ってお金を渡してくれたり、振り込んでくれるという仕組みです。 あくまで別の業者なので違法性はないというのが理由という考えになります。 クレジットカード現金化業者以外でも同じ手法を行っているところがある 上記で挙げた方法は、クレジットカード現金化業者以外でも行われています。 例えば、キャッシュバックはスマートフォンの購入による手法やキャッシュバックキャンペーンなどがありますし、三店方式はパチンコ店の現金化などで黙認されています。 違法性があれば、これらの手法を取る業者が摘発されるでしょう。 パチンコ店・景品交換所・景品問屋の3つの業者、および、パチンコ遊技者が特殊景品を経由することで、違法性を問われにくい形でパチンコ玉の現金化が行われる。 出典: クレジットカード現金化業者でこれらのいずれかのルールで現金化を行っている場合も摘発されてはないのです。 他の業界でも行われている方法で摘発されてないため違法性はないのです。 クレジットカード現金化が違法であるという主張 クレジットカード現金化が違法であると言っている弁護士さんもいます。 業者側ではなく、 利用者側のお話です。 また、現金化のためにクレジットカードで商品を購入する行為は、クレジットカード会社からお金を詐取する行為として、「詐欺罪」に該当する可能性があります。 現金化業者を利用することは、犯罪にもあたる違法な行為となります。 出典: グレイゾーンだからこそ、「違法である」、「違法でない」どちらの見解も存在するのが現状です。 ただし、今の時点(2020年6月時点)で業者を通したクレジットカード現金化を行った利用者が逮捕されたという事例はありません。 クレジットカード現金化のリスクが高い理由 違法性はないものの、クレジットカード現金化は とてもリスクが高いのです。 そういった業者を利用してしまうと先ほど触れた詐欺や犯罪に巻き込まれてしまうのです。 そんな業者を誤って利用した事例について紹介していきましょう。 クレジットカード情報が盗まれた事例 クレジットカード現金化業者を利用すると、当然 クレジットカードの情報を提示する必要があります。 この時、クレジットカード現金化業者が スキミング行為などを行い、クレジットカード情報を盗んだという事例があります。 そして知らず知らずのうちに不正利用が行われ、現金化で利用した以上の金額が請求されるという事例です。 被害者もクレジットカードの不正被害を受けたことが分かり、会社に連絡してもクレジットカード現金化が発覚するリスクもあることから、なかなか連絡できないという面もあります。 お金が正しく振り込まれない お金が振り込まれないという事例は多くみられます。 商品を買っても買取業者がいないといわれたり、決済だけ済んで現金が受け取れないということがあるのです。 つまり対価となるものが得られず 使用したという履歴だけがついてしまいます。 これもクレジットカード会社に連絡しようにもクレジットカード現金化がばれてしまうので、被害を連絡できなかったというジレンマが起きた事例でもあります。 事前に利用するクレジットカード現金化業者をリサーチしておくことが大事ですが、換金率の高さに騙されて下手な業者を利用するとこういったケースに陥ることが多いのです。 換金率が不当に低い事例 クレジットカード現金化業者のホームページに書いている換金率よりも、 かなり低い金額で振り込まれるという事例です。 例えば、換金率98%と書かれているのに実際は40%だったというようなことです。 サイトや店舗に表記された換金率とは、大幅にかけ離れた金額が振り込まれるということが少なくありません。 なので、クレジットカード現金化の際は信用できる業者を利用する必要があります。 【関連記事】 日雇いのパートなどを利用して稼ぐ 日本は不況とはいうものの、募集している仕事はゼロではありません。 日雇いのパートも実はたくさんあります。 そのため一日時間が無くなりますが、日雇いのパートをして一日頑張ればある程度のお金を手にすることができます。 こういった方法を使って現金を何とか手にすることが可能なのです。 たしかに 働けないというケースもあるかもしれません。 そういった場合は、今回紹介するほかの二つの手段を使って現金を手にすることをおすすめします。 行政や友人や家族から借りる クレジットカード現金化をするくらいなら お金を借りた方がマシです。 友人や家族も事情を話せば、お金を貸してくれるかもしれません。 そんなことはしたくないという場合は、 行政に相談するという方法もあります。 事情を説明すれば、非常に低金利でお金を貸してくれますし、家族などの保証人を用意すれば金利ゼロでお金を貸してくれるのです。 クレジットカード現金化を行う前に、 借りてみるという手段を取ってみるのも良いのではないでしょうか。 クレジットカード現金化は最後の手段|リスクが高いことは忘れずに クレジットカード現金化は違法ではない、そういった見解もあります。 しかし、クレジットカード現金化を行う上でリスクもあり、カードの利用停止や業者による詐欺のような案件にも引っかかってしまう危険性も少なくありません。

次の

JCBカードでのクレジットカード現金化で絶対に注意すべきこと3選

クレジットカード現金化 問題点

JCBクレジットカードで現金化はできる? JCBカードのショッピング枠を使って現金化することは、厳密に言えば 法律的に違法とは言えません。 但し、本来ショッピング枠とキャッシング枠が別々になっていることからもわかるように、 何も問題がないというわけではなく、グレーゾーンの扱いになっています。 クレジットカードの現金化ですが、先ほど解説したしくみを見ただけでも、正当な手法ではないという印象を受けたのではないでしょうか。 しかし、これらの現金化に関しては、明確な法律違反とはなっていないのが現状です。 そのため、現金化するときにはその方法が問題ない手段なのか、万が一問題視されたときにはどうなるのかということを知っておく必要があります。 また、違法ではなくてもカード会社ごとに現金化のペナルティを設定していることがあるため、注意が必要です。 JCBカードを現金化するときの注意点 JCBカードとアメックスは、他のカードブランドと比べても現金化についてチェックが厳しいと言われています。 常にカード不正使用検知システムのロボットに監視された状態で利用しなければならず、これが反応してしまうということはいつもと違う使い方をしていると認識されてしまうのです。 そこで、以下の注意点を踏まえて利用するようにしましょう。 いつもより高額な商品の購入すると疑われやすい どこのカードブランドでも、利用者ごとに普段購入する商品の価格帯をチェックしています。 カードの現金化を利用する人は普段から高額の決済をすることは少ないため、いつもより飛び抜けて高額な商品を購入した場合、疑われやすくなります。 そこで、可能ならば普段利用している価格帯で数日に分けて商品を購入するなど、工夫する必要があります。 ・同じものを一度に購入しない 現金化業者を利用したり、オークションで希少価値の高い商品を大量に換金したりしたい場合、どうしても自分一人で消費しきれないほどの同じ商品を購入する必要があります。 この場合も、異常な消費と判断されることが多くなりますので、注意が必要です。 例えば、店舗を変えて決済することで商品名の表記が変わりますし、日にちをずらして購入する、他のカードブランドも利用するなど、対策をとってみるのも良いでしょう。 新幹線チケットなどは疑われやすい 金額や数量にかかわらず問題視されやすいのが、商品券やギフトカード、新幹線チケットなどの金券類です。 普段から出張、付き合いなどで少量を長期的に購入し、なおかつきちんと返済している場合には、常識の範囲内であれば問題にされることは少ないですが、これまで全く購入していなかった金券類を突然まとめてカード決済で購入した場合、ほぼ確実にカード会社から問い合わせが来るでしょう。 返済期間が長いと問題視されやすい 現金化というのは、現金化した金額を後日ショッピングの返済として返していかなければなりません。 ですが、カード会社からすると金額や数量が不審な買い物を長期間かけて返済するという条件では、現金化に利用しているのではないかと疑うのは必然です。 そのため、せめて翌月一括払いにしてきちんと返済する意思を表示しておくと、少なくとも翌月きちんと支払えば問い合わせをせずに終わる可能性が高まるでしょう。 JCBカードで現金化がバレたらどうなる? JCBカードは現金化の対応が厳しいと言われており、チェックだけでなくペナルティもかなり厳しいと認識しておく必要があります。 もちろん、現金化の内容にもよりますが、代表的なペナルティとしては以下のようなものが考えられます。 一括返済を求められる ショッピング枠の利用を分割で返済できるのは、利用者とカード会社の間に信頼関係が成り立っているからです。 本来推奨されていない現金化のためにショッピング枠を使った場合、分割払いを認めずに一括返済を請求されることもあるでしょう。 カードの利用停止をされる カードを現金化に利用し、さらに返済をきちんと行わないなど悪質な利用だった場合には、をされることがあります。 こうなるとキャッシングにもショッピングにも使えなくなるばかりか、ブラックリストに入ってしまい、他のカードを作るのも困難です。 自己破産ができなくなる 借金の返済を免除される自己破産は、正しい借入れをしている人に限定されています。 そのため、カードの現金化というグレーゾーンの手続きをしたことが発覚すれば、自己破産の申し立てをして挟んできたとしても、借金は免除されません。 JCBカードで購入できる金券・商品券 カードが利用できないところで買い物をしたい場合には、JCBギフトカードや商品券などの金券を購入し、それを使って買い物をすることも可能です。 また、商品券などは金券ショップでも高い換金率を誇っているため、これを売って現金を手に入れることも可能ですが、カード会社にチェックされる可能性が高く、リスクも大きくなります。 どうしてもJCBで現金化したいなら 他のクレジットカードと比べても条件が厳しいJCBカードの現金化ですが、どうしても利用したいときにはいくつかのポイントを踏まえ、問題視されないように努力しましょう。 まず、現金化するときにはどうしても普段の買い物とは異なる内訳になりがちです。 そのため、長期的な返済になって滞納する恐れがあるリボ払いはしないように気を付けて、翌月必ず一括で返済するようにしましょう。 また、金額が大きいとそれだけでチェックされる可能性が高まります。 現金化するときには10万円以下を目安に、少額にしておくと良いでしょう。 それから、金券類の購入はロボットに監視されます。 商品の選択にも十分注意しましょう。 いざというときの非常手段と認識しておきましょう。 このように、JCBカードのショッピング枠を使った現金化というのは不可能ではありませんが、リスクも存在します。 とはいえ、通常のキャッシングやカードローンではなくカードの現金化を検討しているという人は、大体利用限度額いっぱいまで借りている、ブラック扱いされたくないなどの問題を抱えてお金に困っているものです。 そのため、決して安易にやってはいけませんが、いざというときの手段として知っておくのも良いでしょう。

次の

JCBカードでのクレジットカード現金化で絶対に注意すべきこと3選

クレジットカード現金化 問題点

2010年に定められた法律、総量規制。 この総量規制の結果、カードローンの借り入れに制限がかかるようになり、その代わりにクレジットカード現金化の利用者が増えています。 しかし、クレジットカード現金化が話題になればなるほど、その問題点も指摘されるようになってきました。 クレジットカード現金化はその便利さとは裏腹に、危ない問題も抱えているんです。 クレジットカード現金化は出資法違反になる? クレジットカード現金化は、大きく分けて購入した商品を業者に購入してもらう買取方式と、指定した商品を購入したらキャッシュバックという形でお金が貰えるキャッシュバック方式の2つがあります。 この内の買取方式が、出資法違反に触れているのではないかと言われています。 とは、貸し付けの際に金利の上限を設ける事で、高金利の貸し付けを防ぐ法律です。 例えば、クレジットカード現金化を利用して50万の商品を購入したとします。 業者が40万で買取をしてくれるとはいえ、翌月以降に50万円の支払いはしなくてはいけません。 もし、その支払いを2ヶ月後にすると、利息は年で150%。 これは、出資法に触れてしまう高金利です。 このように、買取方式は出資法に触れるのではないかと言われ、実際に2011年に出資法違反で逮捕された現金化業者もあります。 しかし、間違えてはいけないのは、クレジットカード現金化自体が法律違反というわけではない事です。 買取方式自体は法律に触れる部分があるものの、クレジットカード現金化全体が法律に触れているわけではありません。 だからこそ、クレジットカード現金化は「グレーゾーン」と言われているんです。 キャッシュバック方式は景品表示法違反? 近年主流になっているキャッシュバック方式ですが、こちらは景品表示法に触れるのではないかと言われています。 景品表示法とは、商品の品質や価値を実際以上のものだと表示するのはダメという法律です。 例えば、容量が100しかない商品を容量110あるように宣伝したり、実際には効果が無いのに効果がある商品のようにうたったりなどが、景品表示法に当たります。 つまり、商品の虚偽の表示をしたり、購入者を勘違いさせるような表示をすると、景品表示法に触れてしまうんです。 キャッシュバック方式は、この景品表示法の総付景品に当たるのではと疑いを持たれています。 総付景品ではキャッシュバックの上限が10分の2までと定められていて、例えば1万円の商品を購入するとキャッシュバックは2千円までとなります。 その為、普通に考えれば景品表示法違反になります。 しかし、キャッシュバック方式は景品表示法違反にはなりません。 なぜなら 「取引が妥当な場合は景品表示法に当たらない」という景品表示法の例外が、キャッシュバック方式にも適用されるからです。 つまり、キャッシュバック方式は法律に触れないサービスという事です。 クレジットカード現金化のキャッシュバック方式は景品表示法違反ではないので、安心してくださいね。 クレジットカード現金化=法律違反ではない クレジットカード現金化自体はグレーゾーンなサービスです。 法律違反で検挙される業者も増えていますし、実際に出資法に触れるのではないかともいわれています。 しかし、クレジットカード現金化全体が法律に触れているサービスではありません。 現金化業者の中には、会社設立から5年以上たった今でもサービスを提供し続けている業者も普通にあります。 クレジットカード現金化自体が違法なら、何年もサービスの提供を続けられる業者がいるはずがありません。 クレジットカード現金化には法律に触れないサービスを提供する優良業者もいて、逆に悪質業者ばかりが警察に検挙されているんです。 また、そもそもキャッシュバック方式ならば、法律には触れてはいません。 クレジットカード現金化がグレーゾーンなのは事実ですが、法律に触れない 「便利なサービス」であるのも事実です。 クレジットカード現金化自体を敬遠するのではなく、法律に触れる悪質業者を利用しない、という風に考えてみてはいかがでしょうか。

次の