マイ バッグ コロナ。 【新型コロナ】エコバッグは危険?情報に踊らされないために今、必要なこと

進化するマイバッグ あふれ出る“岩手愛”のものやハンカチ機能も レジ袋が有料化で注目【岩手県】

マイ バッグ コロナ

「Getty Images」より 環境意識の高まりを受け、長らく政府は レジ袋有料化を検討してきたが、小売店・流通関連事業者の反対は根強く、なかなか道筋はつけられなかった。 しかし、環境省などを先頭に経済産業省なども同調し、ついに実現。 7月1日からスタートする。 小売店各社はレジ袋の有料化に反対を表明する一方、トレンドを察知して新年度が始まる4月1日から有料化へと切り替えた小売店も多く見られる。 レジ袋有料化は環境意識を高めることが狙いだが、それは消費者に負担を求めることにもつながる。 そのため、プラスチック製ではなく環境に優しい植物由来成分を配合したレジ袋を用意し、有料化しない方針を貫く小売店もある。 社会全体がレジ袋削減へとひた走るなか、ここにきてレジ袋が見直される空気が漂い始めている。 そのきっかけとなったのが、世界を震撼させている新型コロナウイルスの感染拡大だ。 それまで経済成長を優先し、衛生環境を整えることを後回しにしてきた新興国は、新型コロナ拡大から次々と衛生環境を向上させる政策を打ち出している。 また、マスクが世界各国で必須アイテムとなり、すでに奪い合いも起き価格は高騰している。 そのため、稼働率の悪い工場をマスク製造工場へと転換する動きも各国で見られる。 さらに公共施設や大規模商業施設の入り口などに置かれているアルコール消毒液なども世界各国で導入が進む。 それまで「清潔すぎる」と見られていた日本の衛生概念は、新型コロナ感染拡大によってスタンダードになっているのだ。 衛生意識の高まりは、レジ袋から マイバッグへ切り替えるという潮流を大きく変えている。 マイバッグは繰り返し使用するために不衛生とされる。 1度使用するたびにマイバッグは洗う人は少ないだろう。 食料品とその他の雑貨類でマイバッグを使い分ける人は少なく、マイバッグは不衛生なアイテムとされつつあるのだ。 ある小売店関係者は言う。 「スーパーなどで販売している生肉や鮮魚などは、一般的に発泡スチロールのトレーに盛られて販売されています。 しかし、トレーを捨てるのが面倒くさいというお客様も多くいます。 スーパーではリサイクルの観点からトレーの回収箱を設置しています。 この回収箱はあくまで使用した後に水洗いなどをしたトレーを家庭から持ち込んでもらうために設置されています。 ところが、会計直後に購入した肉・魚を持参したラップで包み、その場で不要になったトレーを回収箱へと廃棄していくお客様が増えています。 持ち帰るのが面倒だからという理由からだと思いますが、お客様の再ラップは簡易なものです。 そのため、肉・魚の汁がエコバッグ内で漏れてしまうことは珍しくありません。 しかし、汁が漏れてもマイバッグを洗濯する人は多くないでしょう。 衛生の観点から見れば、マイバッグはかなり不衛生なものだと思われます」.

次の

新型コロナウイルスの影響により米国8州でエコバッグの使用が禁止に

マイ バッグ コロナ

わたしの友人の中でも一番コロナを怖れまくってる友人の話。 以前ここでも話題にした。 7月からいよいよレジ袋の有料化が始まるね、エコバッグ使わなきゃねというような話になった時に彼女は言った。 「エコバッグはコロナ感染の危険があるから使いたくない」 と。 情報の確認 正直「は~?」と思ったのだけど、調べてみたら、確かに「エコバッグを介してコロナに感染する危険がある」というような考えからエコバッグの使用を中止する動きがアメリカなどであったようである。 国内でもそういった内容の「お願い」を出している自治体が見つかった。 <(3)エコバッグへのレジ対応> ・繰り返し使うエコバッグに付着したウイルスから、感染が拡大するおそれがあります。 ・エコバッグへの商品詰め込みサービスを提供している店舗では、一時的に詰め込みサービスの中止をお願いします。 なるほどね。 「エコバッグから感染が拡大する恐れがある」とハッキリ書いてある。 それから、4月19日付の東京新聞のウェブサイトから。 ただし、こちらは「裏付けなし」という言い方。 マイバッグ使用を巡っては、米東部ニューハンプシャー州が三月、コロナ対策のため食料品店でプラ製か紙製の使い捨てレジ袋のみ使用を認めると発表。 東部メーン州もプラ製レジ袋を禁止する法律を留保し、発効時期を来年一月に延期した。 これらの州は環境意識が高く、これまでマイバッグを推進していた。 米国では店員がレジで買い物客からマイバッグを受け取り、商品を詰めて客に手渡すケースが多い。 店員と客の直接の接触が多くなることから感染への懸念が生じたとみられる。 プラスチック業界団体による政府への働き掛けも強い。 一方、日本は客が自分で商品を詰めることが多く、米国とは事情が異なる。 記事の中では、エコバッグ(マイバッグ)を利用するにあたって危険なポイントは「客が持ち込んだバッグを店員が触ること」だとしている。 が、 アメリカでは店員がバッグに商品を詰める 日本では客が自分でバッグに商品を詰める という違いがある。 よって「日本ではエコバッグ利用を禁止する必要はない」というのが日本政府の考え方。 だから、7月からのレジ袋有料化は予定通り進めます、と締めくくられている。 先に紹介した岡山県のサイトでも「エコバッグへの商品詰め込みサービスを提供している店舗では、一時的に詰め込みサービスの中止をお願いします」という内容であってエコバッグを全面的に控えるようにお願いするものではなかった。 コロナ対策とエコバッグの関係についてのわたしが思うこと わたし個人としては、エコバッグをやめて有料のレジ袋をつかうことにしたところで、飛躍的に安全性が向上するとは思えない。 カウンターで有料のレジ袋を「ください」とお願いすると、店員がカウンターの下から1枚袋を取ってカゴに入れてくれるわけだけど、店員がさっき現金を触った手でそのままこちらへ袋を寄越してくるのであれば、そのときに表面が汚染される可能性がある。 また、袋の中に入れる商品が元から汚染されていれば、袋だけが新品でもしょうがないよなって気がする。 スーパーの店頭ある商品というのは、様々な出発点から様々なルートを経て運ばれているものだ。 そこへ至るまでにはたくさんの人の手がかかっているのだから、商品全部、ウイルス一粒付いてない完璧な状態であるはずがないと思った方が良い。 買い回りのときに使うカゴやカートだって、一定時間ごとに消毒する店は増えてきたみたいだけど、一人が使って返すごとに消毒されてるわけじゃないし。 そうやって全体を考えてみると、エコバッグを店員に渡して商品を詰めてもらうから危険で、エコバッグに自分で詰めるなら安全、というのもかなり怪しい話だと思う。 流通まで含めた「買い物」という壮大なプロジェクトの中では、「帰りにエコバッグを使うかレジ袋を使うか」なんてちょっとした「誤差」にしかならないはずだ。 結局のところ、感染症対策というのは「自分の目や鼻や口を触る前には必ず手をしっかり洗う(消毒する)こと」というのが最大にして最後の砦だと思う。 これは以前にも引用した記事。 手すりを何分おきに消毒すれば正しいのかとか、エレベーターのボタンを何分おきに消毒するのが正しいのかという命題には、答えはありません。 答えがないのなら、むしろどこにでもウイルスがいる前提で、手指消毒をして、鼻や口には触らないようにすることでリスクをヘッジしたほうが、より堅牢なやり方なんです。 環境を消毒してもきりがないから、手指消毒をする。 この理屈そのものは理解できても、心情的に納得できない人もいるかもしれません。 こう言ったら失礼かもしれませんが、その納得できない心情こそが、我々の社会のいろんな問題の原因かもしれないと、ぼくは思います。 「エコバッグは危ない気がするからビニールのレジ袋を使う」 っていうのは、感染症対策としてはあまり意味がなくて、岩田先生のことばを借りれば「心情的に納得」するためにやることでしかないと思う。 1枚3~5円で片が付くことなので、やりたい人はそうすればいいし、わたしは3~5円といえどお金を余分に払うことのほうが心が傷むので、エコバッグを持ち歩く。 それでいいんだよね、きっと。 「レジ袋有料化政策」そのものについては思うところがそれなりにあって(わたしはレジ袋有料化にはどっちかというと反対です)それは前にも少し触れたことがあったし、また別の機会に語るかもしれないけれど、今日はとりあえずコロナ関連の話だけで終えようと思います。 まとめ 最近、その友人と話をするとモヤッとすることが多い。 家族の誰が発熱してるわけでもないのに体温計が欲しくなって、身近な店で手に入らないと大騒ぎしてみたり。 (結局遠方の親類に頼んで送って貰ったとか) 体温計が買えなかった教訓を活かして、品薄になる前に「パルスオキシメーター」を買ったりとか。 パルスオキシメーターってなんぞやって思った方は「パルスオキシメーター コロナ」で検索してみてね。 なんとなく不安だとかなんとなく安心だとか、そういう心情的な部分での納得を追い求めて不確かなことをさも確かなことのように言い回るその姿勢が、わたしの価値観と全く合わないので、とてもイライラするんだろうなと思う。 わたし自身、ストレスの多い日々の中で余裕がなくなって、イライラしやすくなってるんだよなあ。 こういう時には、勇気を持って離れるという選択もありなのかなあ。 彼女の話が流れてくるのは学生時代の友達と複数名で作っているLINEグループの中なので、わたしがそこを開かなければいいだけの話なのだけど……。 atemonaku.

次の

コンビニのレジ袋1枚3円に、マイバッグ促すも課題多く(BCN+R)

マイ バッグ コロナ

「Getty Images」より 環境意識の高まりを受け、長らく政府は レジ袋有料化を検討してきたが、小売店・流通関連事業者の反対は根強く、なかなか道筋はつけられなかった。 しかし、環境省などを先頭に経済産業省なども同調し、ついに実現。 7月1日からスタートする。 小売店各社はレジ袋の有料化に反対を表明する一方、トレンドを察知して新年度が始まる4月1日から有料化へと切り替えた小売店も多く見られる。 レジ袋有料化は環境意識を高めることが狙いだが、それは消費者に負担を求めることにもつながる。 そのため、プラスチック製ではなく環境に優しい植物由来成分を配合したレジ袋を用意し、有料化しない方針を貫く小売店もある。 社会全体がレジ袋削減へとひた走るなか、ここにきてレジ袋が見直される空気が漂い始めている。 そのきっかけとなったのが、世界を震撼させている新型コロナウイルスの感染拡大だ。 それまで経済成長を優先し、衛生環境を整えることを後回しにしてきた新興国は、新型コロナ拡大から次々と衛生環境を向上させる政策を打ち出している。 また、マスクが世界各国で必須アイテムとなり、すでに奪い合いも起き価格は高騰している。 そのため、稼働率の悪い工場をマスク製造工場へと転換する動きも各国で見られる。 さらに公共施設や大規模商業施設の入り口などに置かれているアルコール消毒液なども世界各国で導入が進む。 それまで「清潔すぎる」と見られていた日本の衛生概念は、新型コロナ感染拡大によってスタンダードになっているのだ。 衛生意識の高まりは、レジ袋から マイバッグへ切り替えるという潮流を大きく変えている。 マイバッグは繰り返し使用するために不衛生とされる。 1度使用するたびにマイバッグは洗う人は少ないだろう。 食料品とその他の雑貨類でマイバッグを使い分ける人は少なく、マイバッグは不衛生なアイテムとされつつあるのだ。 ある小売店関係者は言う。 「スーパーなどで販売している生肉や鮮魚などは、一般的に発泡スチロールのトレーに盛られて販売されています。 しかし、トレーを捨てるのが面倒くさいというお客様も多くいます。 スーパーではリサイクルの観点からトレーの回収箱を設置しています。 この回収箱はあくまで使用した後に水洗いなどをしたトレーを家庭から持ち込んでもらうために設置されています。 ところが、会計直後に購入した肉・魚を持参したラップで包み、その場で不要になったトレーを回収箱へと廃棄していくお客様が増えています。 持ち帰るのが面倒だからという理由からだと思いますが、お客様の再ラップは簡易なものです。 そのため、肉・魚の汁がエコバッグ内で漏れてしまうことは珍しくありません。 しかし、汁が漏れてもマイバッグを洗濯する人は多くないでしょう。 衛生の観点から見れば、マイバッグはかなり不衛生なものだと思われます」.

次の