話 が ある よ 聞い て ほしい よ。 「だれかに話を聞いてほしい」――相談ダイヤルから見えてきた孤立に、どう寄り添えるか|KOKOCARA(ココカラ)−生協パルシステムの情報メディア

話を聞いてくれる人は、本当にありがたい存在 │ Hanashikata Life

話 が ある よ 聞い て ほしい よ

ジョン・グレイ 1951年生まれ。 米テキサス州ヒューストン出 身。 心理学者、カウンセラー。 男女関係 パートナーシップ の専門家。 世界中でワークショップや講演会を開催しており、男性と女性がお互いの違いをより良く理解して尊重する大切さを説いている。 家庭、職場、恋愛……あらゆる場面で異性間コミュニケーションは必須です。 男女が上手に付き合うために必要なことを生物学的に、あるいはコミュニケーションの観点から考え続けてきたグレイ博士の最新の考えを同書から紹介していきます。 25年の時を経て、名著『ベスト・パートナーになるために』待望の続編が8月30日に刊行されます。 家庭、職場、恋愛……あらゆる場面で異性間コミュニケーションは必須です。 男女が上手に付き合うために必要なことを生物学的に、あるいはコミュニケーションの観点から考え続けてきたグレイ博士の最新の考えを同書から紹介していきます。 それから25年以上が経過し、男女の関係は驚くほど変化した。 私たちはもはや、男と女のステレオタイプに縛られることのない自由な社会に生きている。 その結果、男女の役割も以前のようにはっきりとは区別できなくなった。 火星人/金星人というアイデアを時代に合わせて新しくとらえなおす前に、まずは前作のおさらいとして、男女の主な違いを12個の項目で表したものを見ておこう。 この違いが、恋愛における誤解を生む大きな原因になっている。 ただし現代では、外で働くことが多くなった女性には火星人の傾向が、家事をすることが多くなった男性には金星人の傾向が見られるようになった。 他人と差をつけることが最優先。 愛を与え合うことが最優先。 自分が受けとる以上の量になることが多く、結果として疲れ、腹を立てやすい。 32本のバラを贈れば32ポイントが得られると期待する。 1度の愛情表現はあくまでも1ポイント。 32本のバラを受けとっても、1本のバラを受けとっても1ポイント(つまり火星人が32ポイントを得るには、金星人に1本のバラを32回贈らなければならない)。

次の

誰かに話を聞いてほしい お悩み相談なら

話 が ある よ 聞い て ほしい よ

女性専用の電話カウンセリングサービス、ボイスマルシェには、誰かに話を聞いてほしいというお悩みについて、様々な相談事例が寄せられています。 「年の差がある恋人との考え方の違いについて、愚痴を聞いてもらいました」 「他の人には話せない人間関係のモヤモヤを相談しました」 「仕事がうまくいかず、行き場のない思いを吐き出したかった」 仕事、家庭、恋愛問わず、とにかく誰かに話を聞いてほしいという方が多くいらっしゃいます。 また、内容も愚痴を聞いてもらったり、話しづらいことを相談したり、とにかく今すぐ誰かに話したかったりと様々です。 自分の中にたまったモヤモヤを解消したい、とお考えの方から多くご相談いただいております。 誰かに話を聞いてほしいを相談できるカウンセラー 誰かに話を聞いてほしいと考えるのは悩みとは少し違いますが、心に抱えた疑問や不安、モヤモヤを解消せずに放っておくと、スッキリしないまま過ごすことになってしまいます。 モヤモヤを抱えたままにしてしまいがちな理由としては、周囲の方には何となく相談しづらいといったことが挙げられます。 相談内容が特殊であったり、周りの方に遠慮してしまったり、親しいからこそ心配をかけたくなかったりと、何でもすべてを相談できる相手がいる方の方が少ないのかもしれません。 また、誰かに話を聞いてもらうことで、下記の3つの効果があると言われています。 カタルシス効果…話してすっきりする 2. バディ効果…孤独感からの開放 3. アウェアネス効果…頭の中が整理される 心身ともに疲労感がある時や、客観的な意見が聞きたい時、決断したい時、孤独感があって辛い時に、誰かに話を聞いてほしいと思うのは自然なことです。 もし、話せる適切な相手が見つからないという時は、選択肢のなかにプロのカウンセラーも加えてはいかがでしょうか。 誰かに悩みを相談する、というのは非常にデリケートなことですよね。 こんなことを相談していいのだろうか、この人に話しても大丈夫だろうか…、悩みを相談する相手に悩んでしまうかもしれません。 そんな時は、プロのカウンセラーに話をすることをお勧めします。 身近な人には言いづらい 相手に負担をかける、心配させたくない…、などの理由で友人や家族には話せないという人は多いのではないでしょうか。 何の心配も気兼ねもなく、気楽に自由に話せます。 プロのカウンセラーは、あなたの話を否定したり遮ることなく、頭と気持ちの整理をお手伝いすることができます。 有資格者の専門家は、職業倫理上の「守秘義務」があります。 相談者(クライアント)の同意なしには、相談内容を外部に漏らすことは一切ありません。 悩みを解消する第一歩として、まずはカウンセラーにお話してみませんか? 話を聞くことを得意としている職種の専門家はコチラ ・ ・ ・ 誰かに話を聞いてほしいについて相談した人の体験談.

次の

「聞いてよ」の英語!話を切り出す/聞いて欲しい時の表現11選!

話 が ある よ 聞い て ほしい よ

女性は聞いてほしい生き物 基本として、女性との会話は男性が聞き役になることが鉄則です。 女性が話しているのに、「俺もこの前こんなことあってさー」と自分の話に持っていくようなことは絶対にしてはいけません。 女性は話すことでスッキリする生き物です。 よく女性の悩みは解決しなくていいと言われますが、それは女性は相談したいのではなく、ただ話を聞いてもらってスッキリしたいだけだからです。 女性の立場からすれば、アドバイスなんか別にいらないからとにかく話したいということなのです。 社会性まで疑われる 女性の話を遮って自分の話をしてしまう男性は、社会性まで疑われてしまうこともあります。 相手の話も聞かずに一方的に自分の話だけを通そうとする男性に、女性は社会性のなさを感じます。 「この人はないな」と判断されてしまうのです。 女性は減点法で、多くの選択肢の中から最も優秀な遺伝子を持つ男性を吟味するという性質があります。 良いか悪いかは別として、男性よりも女性のほうがパートナーによって人生が左右されてしまうからです。 そのため女性は、イケメンというだけで男性を選びません。 イケメンという魅力はあくまで一分野。 女性が求める男性は、総合的に得点の高い男性なのです。 女性は本能的に自分と自分の子供の生存の確保を重要視します。 社会性に欠ける男性は今はよくても将来食いっぱぐれるかもしれないので、遊ばれることはあっても選ばれることはないのです。 アドバイスしない• 話の腰を折らない• 聞いている間、他のことを考えない 結論の出ない話は男性にとっては苦痛です。 しかし、あなたの目的は自分が話してスッキリすることと、好きな女性を彼女にすることのどちらでしょうか? 好きな女性を彼女にしたいのなら、あなたが話してスッキリしている場合ではないことがわかるはずです。 社会性の仮面をはずす 社会的に「女性であること」を求められる女性は、社会性の仮面を被っています。 特に恋愛に関しては、男性よりも本音を隠さないといけないのが女性です。 そんな女性と付き合うためには、その社会性の仮面を外してあげて、恋愛に興味津々な素顔をさらけ出させることが必要になるのです。 あなたが女性の話をきちんと聞くことで、「私のことをわかってくれる人」と認識され、彼女の特別な存在になることが出来ます。 特別な存在になってから、彼女の社会性の仮面をはずしてあげてください。 「特技:愚痴を聞く」 これは僕が実際にお見合いパーティーに行ったときの話です。 そのパーティーでは始まる前にプロフィールカードを書くことになっていました。 回転ずしのように順番に女性と話していきますが、記入したカードを最初に相手に見せます。 特技の欄に「愚痴を聞く」と書いておきました。 で、僕のプロフィールを見たある女性は、 「特技、愚痴を聞く? えー、男の人って話してばっかじゃん!」 「そんなことないよ、聞く、聞く!」 「えー、そんなわけないじゃーん!」 「そんなことあるって、聞く、聞く!(以下続行)」 これだけで相当盛り上がってしまいカップルが成立してしまいました。 この女性がこれまで出会った男性は一方的に話してばかりで自分の話を聞いてくれなかったようです。 しかしこういう男性が多いからこそ、あなたが聞き上手の男性になればそれだけでスタートで一歩リードできるのです。 7回デートしたのに、女性の話を聞いてなかった男性の末路はこちらからご覧ください。 いかがでしたか? 女性の話を遮って自分の話を始めてしまう男性は、自覚はなくても女性から「この人はない」と思われています。 きちんと女性の話を聞いてくれる男性は多くありません。 あなたが聞き上手になることで、女性にとって「自分をわかってくれる男性」になることができます。

次の