一色いろは ss。 一色いろはの声優、佐倉綾音が演じた有名キャラまとめ【俺ガイル】【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

比企谷八幡×一色いろは
いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」

一色いろは ss

77 ID:mPoZCHso0 (初回) 八幡「あ?…えーと、一色、だったか?」 いろは「わー!本当にせんぱいだー懐かしい!」 八幡「一色…いろは?」 いろは「そうですよー。 一色いろはです。 今日もよろしくね」 八幡「うっす」 店長「じゃ、僕は裏で発注しとくから…」 いろは「…店長って発注とか言って裏でずっと漫画読んでるんですよー」ヒョコッ 八幡「いきなり背後に忍び寄って耳元で囁きかけるな、野原さんちのしんのすけくんかお前は」 いろは「何言ってるんですかあ。 可愛い可愛い後輩の一色いろはちゃんですよー。 あ、ここでは私先輩でしたね」 八幡「…はあ。 そりゃそうですよ、だって今から飲み会ですもん」テクテク 八幡「そうか。 いってら」テクテク いろは「せんぱいと!」ピタ 八幡「は?」ピタ いろは「本日二度目のは?いただきましたー」テクテク 八幡「………」スパー いろは「せっかく同じバイト先になったんだし、仲良くしましょうよー。 あ、せんぱいのコミュ能力を考慮して私と二人だけの飲み会なので安心してください」 八幡「………」スパー いろは「お金なら、安い居酒屋だから大丈夫ですよー多分。 二人で飲み放題にしても3000円かかりません。 私出しますよ。 せんぱい、お酒だめな人ですか?」 八幡「金は俺が出してもいいし、酒は嫌いじゃないが…」 八幡 飲みニケーションとかいう風習は嫌いだが 八幡「やっぱり、俺が行く理由がないな」 いろは「こーんな可愛い女の子と飲み会ですよ?」 八幡「自分でいうかお前」 いろは「まあまあ。 行きましょうよー」テクテク 八幡「…しょうがねえな」スパー いろは「…!? 」 八幡「なんでお前がびっくりしたような顔してんだよ。 ほら、行くぞ」テクテク いろは「あ、はい。 乾杯」 いろは「せんぱいテンションひくーい」ゴクゴク 八幡「俺にテンションを求めんな」グビグビ いろは「そーでしたねー。 せんぱいそーゆー人ですもんねー」 八幡「…うっせ」グビグビ 八幡 一色はスクリュードライバーか。 いかにもだな グビグビ いろは「せんぱいってーそういえばどこ大ですか~?」ゴクゴク 八幡「K大だよ。 あそこの3年だ」グビグビ いろは「K大かー。 いっしょです。 学部どこですかー?」ゴクゴク 八幡「法文だよ」グビグビ いろは「へーそうなんですかー法文」ゴクゴク 八幡「ああ」グビグビ いろは「へー…」ゴクゴク 八幡「………」グビグビ、ップハア いろは「………」ゴクゴク、ップハア 八幡「次、何頼む」 いろは「あー私カルーアミルクでお願いします」 八幡「はいよ。 すみませーん、生中とカルーアミルクください」 ハーイ! いろは「ていうか先輩、今日来てくれるとぶっちゃけ思いませんでした」 八幡「だろうな。 俺もびっくりしてるんだ、ちょっと」 いろは「なんですかあそれ。 意味分かんないですね」 八幡「…まあ、せっかく久しぶりに会ったのにろくに話もしなかったからな。 一回ぐらいいいかと思ったんだよ。 可愛い後輩の言うことだしな」 いろは「だ、だから狙いすぎで気持ち悪いんですって」 八幡「それはすいませんね。 お前見るからにやばいぞ、飲みすぎだ」 いろは「えーそんなことないですってー!」キャハハ 八幡「いや、明らかにお前つぶれる寸前だから。 帰る準備しろ、送るから」 いろは「……」 八幡「おい?一色?」 いろは「なあんかせんぱいってえ、ちょっと変わりましたよねえ。 物腰が大人っぽくなったっていうかあ」 八幡「…そうか?そうでもないだろ」 いろは「ある意味昔から大人っぽくはありましたけどお、なあんか捻くれてる部分がなくなったっていうかあ」 八幡「まあ、21にもなりゃな。 ちっとは変わるさ」 いろは「へええ。 ……ねえ、せんぱい。 私ね、ずっとせんぱいに伝えたかったことがあるんです」 八幡「……なんだよ?」 八幡 まさか告白か?なんて期待をするような俺ではない。 そこら辺の心構えは高校時代から変わらずだ いろは「……ありがとうって、ずっと言いたかったんです」 八幡 だが、一色の口から出た言葉は完全に俺の予想外だった いろは「せんぱいがあの時ああしてくれなかったら、きっと私の高校1年のときの思い出って、いや~な思い出が大きくなったと思うんです」 いろは「周りの子たちにいいようにハメられて、いやいや生徒会長やらされて、仕事やらされて」 いろは「きっと、すごくつまんなかったと思います、それ」 いろは「…でも、せんぱいのおかげで、やる気になって生徒会長ちゃんと頑張れたし、高校生活もすっごく楽しかった!だから、ありがとうございます」 八幡「…あの時、生徒会長になるって、最終的にちゃんと決めたのはお前だ。 だからお前が高校生活楽しめたのは、お前自身のおかげだろ」 いろは「それでもです。 私が私の主観でせんぱいに感謝したいと思ってるからこれでいいんです。 私の感謝、ちゃんと受け取ってください」 八幡「……そうか、どういたしまして」 いろは「それでいいんですっ。 …やっと言えましたー前、再会したときから言おー言おーとは思ってたんですけど。 …ったく、ほら肩貸すから掴まれ」ヒョイッ いろは「っ……はあい」 八幡「ん?おい、お前まだ顔真っ赤じゃねえか、ったく、やっぱ飲みすぎなんだよ」 いろは「……私の方が勘違いしますよこれ」ボソッ 八幡「は?なんか言ったか?」 いろは「おんぶしてって言ったんです~。 足もう疲れた~」 八幡「お前学校とバイト以外全ての時間部屋に引きこもってるインドア大学生なめんな。 29 ID:sBrt5MgEi やっぱ7. 24 ID:FBB8vVsOi ショコラが出るなら、小町のすず化も出来るはずだ! 期待。 03 ID:FgzcRYMF0 まだあんのか 保守して無理矢理続編書かせる算段なのか.

次の

一色いろは : ポチッとSS!! SSまとめ

一色いろは ss

このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。 この作品は執筆を終了しています。 81758• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• (出血描写 これの前の2作が終わったら書く。 つか、お前俺に最も近いけど?」 めぐり「そーだよ、私なんか今すぐ襲って持ち帰りたいの我慢してるのにー」 八幡「さらっと怖いこと言わないでくださいよ…」 めぐり「えへへ。 お疲れ。 じゃな」 いろは「待ってくださいよー私と一緒に帰るんですからー」 八幡「え……はぁ……分かった。 (なんて言ったんだろう)」 いろは「ふふっ…やった」• 」 八幡「そ、そうか…(なぜ聞き取れないんだろう)」• こんな仕草よりももっと可愛い仕草見せてあげるんで、今日家に来てください!あ、もちろん先輩なんかに拒否権はありませんよ?話戻りますけど、先輩。 さっき言った事、勿論冗談ですよね?もし本気で言ってるのなら私の家で監禁…ですから。 まぁ、先輩のことなんて私にゾッコンなんでしょうけど。 」ギュツ 八幡「……っ(なんか言ったら殺される…)」 めぐり「んー?今のは聞き捨てならないなー」 いろは「は?なんですかめぐり先輩。 いくら先輩でも私と先輩の蜜月のひとときを邪魔するなら殺しますよ?」 めぐり「だーかーら!八幡は私のだよ?いろはちゃんより前から私と八幡は親密で、愛を誓いあっていたんだよ。 だから、いろはちゃんなんかに八幡の所有権はないし、八幡も貴女なんかを愛さないよ?だって、八幡は私だけにドキドキして、私だけを愛して、私だけとキスしてギュッてして…だから貴女みたいな娘のものではないの。 分かった?だから今日いろはちゃんの家になんか八幡は行かないし、行かせない。 あ、そーだ!八幡!私の家でさ、書類の整理とか手伝ってもらっていいかなぁ?勿論。 手伝ってくれるよね?拒否権ないけど。 もういいでしょ?八幡の腕から離れて…ね?」ギュ-ッ 八幡「…(あー今日はいい天気だなー)」 いろは「はぁ?もういいです!話になりません。 行きましょ先輩!」グイッ 「先輩を奪うなら本気で殺す」ボソッ 八幡「え?あ、うん」 八幡「えと、じゃあ先輩また生徒会室で」 めぐり「あ……」スルッ 「私の八幡を奪うなら消すね」ボソッ 放課後…………• 続きは明日書きます。 今日は他作品の文章を考えたいので• ふ、た、り、で」 八幡「…別にいいけど」 こいついつから奉仕部に入ったの?辞めてくださいよ〜いろはすが居ると俺の死ぬ回数が増えるじゃないですか〜。 ありがとうございました!」 八幡「……ん?なっ!?」 八幡「なんで、小町以外の女子の連絡先が全部消えてるんだ…」 八幡「一色。 お前か」 いろは「一色?」 八幡「……い、いろは。 お前なのか?」 いろは「はい!」ニコッ 八幡「なんで…なんでだ」 いろは「なんで?そんなの決まってるじゃないですかー先輩が私以外の女と関係を持たないようにですよ。 まぁ、妹さんは私の将来の義妹なので、残しておきましたが」 八幡「………(ここまで……ここまでやるのか…)」 八幡「(1回家で整理しよう)そ、そうなのか。 じゃあ、俺はもう帰る。 また明日な」 いろは「帰っちゃうんですか〜んー………まぁ、いっかじゃあまた明日です!先輩!」 八幡「あ、あぁ……」• 式はどこで挙げる?あ、もちろん子供欲しいよね。 何人作ろっか?私は何人でもいいよ。 それは……」 いろは「そうか、その女のせいですね?」 いろは「殺さなきゃ」ボソッ いろは「殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺さなきゃ殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺すあ、でも先輩を監禁すれば…うん。 そうしよ。 待ってて。 だから今日は恥ずかしいけどめぐり先輩には俺の家に泊ってもらう事になった。 小町もいるし大丈夫だとは思う。 一色には由比ヶ浜経由で早退したと言ってある。 さらに生徒会は今日行事の準備のため、追ってくることなどありえない。 雪ノ下は心底心配してたように思える。 珍しいな…明日は雪が降るんじゃないかな…雪だけにね! …っ辞めとこ。 なんか悪寒を感じたわ。 さて、あと少しで正門だ。 チャリは予め取ってあるから後ろに(小町専用だが、可愛い過ぎるため許可)めぐり先輩を乗せて行けば勝ちだ。 ………なんかフラグを感じるわ。 可愛いねー」 小町「うっわ棒読み。 小町的にポイント低い!」 小町「あ、そういえばお兄ちゃん。 」 なんか嫌な予感がするんだけど…… これふりじゃないからな! どうか予感的中しませんように… 小町「いろはさんも後で来るって。 」 これは…まずいな。 知ってた だってこんな簡単に物事が上手くいくわけない。 どうしようか… どうやって家に来させないようにする…… ………あいつは俺の事が好きなんだよな… なんでここまで…… 一色…… 俺の好きだったあざとくも、信念は貫き通すお前はどこ行っちまったんだよ。 …………好き…だっ…た? 俺が…一色…を? でも俺はめぐり先輩が…… なんだ…なんなんだ…この気持ちは…… 八幡「あぁ!もう何もわかんねぇよ!!」バンッ めぐり「は、八幡?どうしたの?」ビクッ 八幡「…すいません。 取り乱しました。 」 めぐり「大丈夫?相談なら乗るよ?」 八幡「……大丈夫です。 少し部屋に1人で居させてくだ…」ピ-ンポ-ン 八幡「……っ…こんな時に…」 俺には分からない。 人の気持ちなんて分からないし、感情もすべては汲み取れない。 この時もっと有効な対処方はあったはずなんだ…でも… 八幡「……」ガチャ いろは「先輩。 俺の選択が…… ……敷かれてしまったレールを外れることはもう出来ない。 嬉しいです!やっと私の元へ帰ってくるんですね!やっぱりめぐり先輩とは遊びに過ぎなかったんですね!一瞬浮気だと思ってそこにいる女狐を殺そうと思ったんですけど、大丈夫ですね。 あぁ……先輩…大好きです。 愛してます」ギュ-ッ 八幡「い、いや、ちょっと待つんだ一色!」 いろは「…………一色?」 八幡「い、いろは!」 いろは「はい!なんですかぁ?」ギュ めぐり「……………八幡?」 めぐり「なんで?ねぇ?なんで浮気するの?なんで?ねぇ?意味分かんないよ…………私には全く分かんない!!!!」 めぐり「酷いよ……あんまりだよ…」 いろは「所詮遊びだったんですよ、めぐり先輩は!」 八幡「お、おい。 あまり刺激するな!」 いろは「なんですか?めぐり先輩の肩を持とうって言うんですか?」 めぐり「……いろはちゃん。 貴女が居るから八幡は浮気しちゃうんだ……そうだよ。 いろはちゃん」ニィ いろは「貴女が死ぬんですよ。 めぐり先輩」ニコッ 小町「キャぁぁぁぁ!!!!!!!!!」• あんな行動取らなければ、最悪の事態は起こらなかったのに… 俺がやれる事を考えた時…… …これしかない。 俺が正気に戻してやる。 八幡「二人共!」ザッ 八幡「頼む正気に戻ってくれ…」 いろは「先輩!?」ヒュッ めぐり「八幡!?」ヒュッ グサッ いろは めぐり「「あ…ああ…」」ガクッ その不快な音は静かな空間に響きわたった。 まるで、なにかを訴えるかのように…悲痛な叫びが聞こえるように… 真っ赤な液体が空中を舞い、地面に静かに落ちる。 2本のナイフから零れる赤い液体が、地面におちた。 その瞬間、止まっていた時間が動き出すかのように小町の口が開く 小町「キャアアアアアアアア!!お兄ちゃん!!!! 」 そんな不快な和音を奏でながら俺は意識が飛んでいった。 その際に見えたのは絶望と悲しみの顔をする3人だった。 八幡「ここは……」 ピコンピコン 八幡「…点滴…」 八幡「白い布団に点滴…ここは病院か…」 八幡「」ムク 八幡「うっ……」ズキッ 八幡「…!!」 小町「すぅ……」 八幡「小町…ずっと手を…」 八幡「……ありがとな」ナデナデ 小町「んんっ……お兄ちゃん…」ツ- 八幡「…寝ながら泣いてるのか………ごめんな。 心配かけて」ナデナデ コンコン 看護婦「失礼します……………!!」 看護婦「比企谷さん!起きられましたか!」 八幡「まぁ…はい」 何この人胸大きいな。 」 由比ヶ浜「失礼します〜」 雪ノ下「あら?比企谷くん。 長い眠りから覚めたようね。 そのまま寝てくれれば良かったのだけれど」ボソッ 八幡「雪ノ下さん?俺難聴じゃないから聞こえるからね?というか、とうまわしに死ねって言うの辞めてもらっていいですか…」 雪ノ下「ふふっ…冗談よ。 元気そうで何よりだわ」 由比ヶ浜「ヒッキー生きててよかったぁ」ホッ 八幡「勝手に殺すな」 由比ヶ浜「ち、違うし!そんな意味で言ってないし!」 由比ヶ浜「あ、そうだ!林檎持ってきたんだ!剥いてあげる!」 八幡「…雪ノ下。 皮むいてくれるのか。 ありがとう」 雪ノ下「えぇ。 私が剥くわ。 私が」 由比ヶ浜「ちょっ。 私が剥くんだし!というか、剥けるし!」 八幡「そうかそうか。 雪ノ下頼む」 由比ヶ浜「ゆきの〜んヒッキーがいじめるよ〜」 雪ノ下「由比ヶ浜さん」ニコッ 由比ヶ浜「なに?」 雪ノ下「貴女の行為のほうが充分いじめだと思うわ」ニコッ 八幡「たしかに。 、それもそうだな」 由比ヶ浜「うわ〜んゆきのんまで〜小町ちゃぁん〜」 小町「え!?わ、私ですか!?え〜っと、えと〜」 八幡「我が神聖な小町に触るな。 ビッチとアホが移る。 」 由比ヶ浜「ビ、ビッチじゃないし!アホでもないもん!」 八幡「じゃあ、1+1は?」 由比ヶ浜「2だし!それくらい分かるし!」 八幡「じゃあ敬語と尊敬語と謙譲語の違いは?」 由比ヶ浜「え〜と。 名前?」 八幡「帰れ」 雪ノ下「帰った方がいいわ」 由比ヶ浜「二人して〜うわ〜ん」 コンコン 八幡(ここに来るやつなんかもういないはず…誰だ…) とてつもない緊張感の中その扉は開かれる• 」 なんやかんやで今日1日、めぐり先輩といろはが来ることはなかった。 八幡「寝るのが…こわいな…」 今どこで…何をしているのか分からない。 ただ、改心して無事で戻ってきて欲しい。 それを願ってる。 そうして、八幡は目を閉じた… …………が 夜中。 …何かが違う。 …口を開けたままの俺に、着実にそして確実に近づいていく あぁ…何をしてくるんだいろは? 怖い…怖い… あと数cm…• お兄ちゃんが大好きだから。 」 いろは「はぃ…」グスッ 八幡「…その…怖がったりして悪かった」 八幡「今深夜だからな。 しょうがないんだよ。 怖くてな。 幽霊かと思った。 」 いろは「…先輩はやっぱり優しいです」 八幡「…」 いろは「…先輩。 本当に自分が何をしたかは分かっています…でも…私…は!グスッ先輩と離れたくな………いです!」 いろは「だから…先輩……うわぁぁぁん!」グスッ ボロボロ 八幡「いいんじゃねぇか別に」ポンッ いろは「…え?」ポロポロ 八幡「俺の側に居ても。 こうして、俺の少しおかしい日常が普通の日常へと変わった ……そう願っていた …だけど… ??「………」ギリッ ドックン めぐり「………」 ドックン いろは「先輩〜」フリフリ 八幡「おう」 ………本当の恐怖はこれからだった。 ……To be continued• この作品を見てくださった皆様ありがとうございました。 また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 著者情報 夢渡 閃 現実多忙• 8 投稿数• 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」カテゴリの最新記事• 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

比企谷八幡×一色いろは
いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」

一色いろは ss

好きな後輩キャラクターNo2が一色いろはの凡夫です。 ちなみに1位はアマガミの七咲逢です。 この記事では俺ガイルの一色いろはがヒロインになっているおすすめのSS・二次小説作品を紹介していきます。 凡夫は孤独な一人っ子なので甘やかしてくれそうな姉キャラに心惹かれていたはずなのに、このツートップのせいで後輩属性・妹属性が弱点になりました。 ・・・・・・なんかもう弱点じゃない属性がない気がします。 凡夫のメンタルスペックはドラクエのスライム並です。 この状態を萌え豚と呼ぶのかもしれません。 罵りたまえ、ゆかな声で! そろそろ色んな声優さんに罵倒されるCDがディスク4枚組くらいで発売されてもいいと思います。 頑張れランティス。 まじ頑張れ! 無理なら無理でいろはの無理ですOVAとか出せばいいと思うよ。 最初は本気で無理です!と言っているのに最後の方は、まだちょっと無理ですとだんだん攻略されているのがもうたまらないわけです。 なんでこんなにかわいいキャラクターが多いんだろ俺ガイル。 ・・・・・・でも一番見た目でかわいいのは戸塚で性格がかわいいのは八幡なのはどうなんだろう? 病気でした。 そりゃあこの動画をながしながら記事を書いているんだからそうなるよな。 脳内から何かが出ている気がします。 関連記事をまとめておいたので良かったら一緒に読んでください。 ・・・・・・あれ? 多くね? なんかすんごい増えてる。 タグ俺ガイルを作ったのでそちらもどうぞ。 Contents• いろはSS・二次小説おすすめランキング• 最近友達の一色いろはがあざとくない件について 総武高校一年生で生徒会長・一色いろはがあざとさを忘れている? いろはの心情の変化を友達視点から見た日常の1ページ。 いろはの友達視点から八幡といろはの関係を語る少し変わり種な作品です。 原作やアニメより身近にいろはを見られるので、破壊力がインファイトの一歩並です。 ボディブローで腹が吹っ飛ぶレベルです。 なんでこんなにかわいいんだろうね。 そして切ない。 いろはにとって奉仕部の先輩は皆好きなんだろうけど、コンプレックスを抱く相手でもあるんだろうな。 あの3人で完成しているから近づきたいのに立ち入れないとか泣くぞおい。 いろは生徒会長で奉仕部メンバーが生徒会入りしたルートも読んでみたいな。 誰か書いてくれないだろうか。 いろは「家族旅行?」 八幡といろはが結婚して、さらにだいぶ後のお話です。 注意なのはオリキャラで子供たちが出てきます。 八幡といろはが結婚した後のお話です。 八幡は39歳、いろはは38歳で高校生の娘が二人と生まれたばかりの長男が一人の五人家族。 長女は八幡に、次女はいろはに似ています。 遺伝子仕事しすぎというレベルです。 特に長女がいいな。 ・・・・・・八幡のTSもの、ありかもしれない。 問題は八幡を女性化するとヴィジュアルがこれしか思いつかないということだな。 続編もあります。。 八幡と同じ捻デレな長女の破壊力がすごかった。 やはり一色いろはの青春ラブコメは終わらない。 一色いろは24歳 大学を卒業し、社会人になったいろは。 彼女もすっかり、社畜として染まってきていた。 それでも彼女の青春ラブコメはまだ終わっていない。 俺ガイル社会人編です。 八幡が商社に勤めているとか本当にハイスペックだなおまえ。 もうすっかり大人の女性と言っていい年齢になったはずなのに、八幡の一挙手一投足に振り回され我を失ういろはがかわいすぎてやばいです。 いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」完結 短編• こちらは大学生編です。 ですが結婚ルートまで完備されています。 いろはすルートの真髄が見られるSSです。 ・・・・・・やっぱり高校生の時だと奉仕部が強すぎていろははやっぱ厳しいよな。 ダークホースポジションではあるけれど本命ゆきのん対抗がはまさんは強い。 ・・・・・・戸塚はたぶん銀と金に出てくる偽装馬。 八幡「最近いろはが好き過ぎてヤバい」いろは「へぇ」短編• さくっと可愛い短編SSです。 いろは「…ほんと、せんぱいってカッコ良くないですねー」 八幡 「悪かったな。 葉山みたいな先輩じゃなくて」 いろは「でも、わたしはせんぱいがいいです」 八幡 「…勝手に言ってろ」 なんだこれ。 剛速球かよ。 まっすぐいって萌え死にました。 満足です。 やはり俺の幼馴染と後輩がいる日常は退屈しない 幼なじみがあーしさんで後輩がいろはすというドリームタッグなSSです。 いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」 ガハマさんSSで紹介したの作者が書いたいろはSSです。 この人の書いたSSは全部オススメです。 俺ガイル関連記事•

次の