育児 給付 金 延長。 育児休業給付金の延長申請について

育児休業給付金の延長に関する手続きをを忘れてしまったらどうなるの?

育児 給付 金 延長

「育児休業給付金がもらえるのは知っているけど、延長できるんだっけ、、、?」 「育児休業給付金の延長手続きってどうするの?」 など、育児手当についていろいろな疑問を持っている方がいらっしゃると思います。 そもそも育休は赤ちゃんのお世話をするために、女性は産後休暇(出産の翌日から8週間)の翌日から、男性は子どもの出生日から取得できます。 その育休中に、子どもが1歳になるまでの間にハローワークから受け取れるお金が「育児休業給付金」です。 しかしその後、保育園を利用したいと思っても入所できないケースなど、働きたくても働けない親が増えています。 そういった方は、最長で子どもが2歳になるまで育児手当の 延長が認められています。 育休手当の延長は種類によって、申請のタイミングや提出書類、期間が変わってきますので、くわしくご説明していきます。 育児休業給付金を延長するには下記のような条件があります。 育児休業の申し出に係る子が、保育所(認可保育園)の利用を希望し申し込んだが、その子が1歳6か月(または2歳)になる前に利用できない場合• 育児休業の申出に係る子の養育を行っている配偶者であって、その子が1歳6か月(または2歳)に達する日後の期間、その子の養育を行う予定であった方が死亡、負傷、 疾病等に該当した場合 これらの条件に当てはまると、延長することが可能です。 しかし、手続きは該当する月にするのではなく、その前に手続きを行わなくてはいけません。 たとえば、1歳6ヶ月まで延長したいとき、子どもが1歳のときまでに申請し、2歳まで延長したいときは子どもが1歳6ヶ月のときまでに再度申請を行うこと必要があります。 パパ・ママ育休プラス制度を使うと、特に厳しい条件なしで1歳2か月まで延長することができます。 パパ・ママ育休制度とは、両親ともに育休を取得すると育休をトータルで「子どもが1歳2か月になるまで」に延長できる制度です。 育休の期間は、女性は産休の8週間後の 10ヶ月間取得でき、男性も 最長1年間取得することができます。 この制度を利用するには以下の条件に当てはまっている必要があります。 ママが、子どもが1歳になるまでの間に育休を取得している• パパの育休開始予定日が、子どもの1歳の誕生日以前である• パパの育休開始予定日が、ママの育児休業の初日以降である (事実婚の場合も可能) またパパ休暇を利用すると、パパはママの産休中とその後の2回にわけて育休を取ることができます。 この制度を利用することで、• パパとママが同時に育児をする• パパとママが交互に育児をして分担する• 専業主婦のママをパパが手助けする といったことが可能になります。 昔はママが専業主婦の場合、パパは育児休暇を取れなかったので、この制度によってママが専業主婦の場合でも一緒に育児をすることが可能になりました。 それぞれ必要になる手続きと書類をご説明します。 育休期間の延長に必要な書類• 育児休業申出書• 育児休業申出書をもとに勤務先が作成する育児休業等取得者申出書 こちらを会社がハローワークに提出します。 育休手当に必要な書類• 育児休業給付金支給申請• 2カ月分の賃金台帳• 出勤簿またはタイムカード• 「育児休業」の延長が必要だという事実を証明する書類(幼稚園の入所不承諾書など) そもそも延長に関係なく、育休期間中は2月か月に1回育児休業給付金支給申請書をハローワークに提出する必要があります。 これらの書類を2ヶ月に1回会社に提出してください。 これに加え、延長の際には延長が必要だという 証明書(入所の不承諾通知など)を会社に提出し、会社がハローワークに申請することで手続きを完了することができます。 育児休業給付金は延長に関係なく、2か月ごとにきっちりと支給額が定められています。 また、 育休手当を受け取れるのは、申請してから3ヶ月後となるので注意が必要です。 育児休業給付金の計算方法は以下のように定められています。 昨今では育休手当の延長目的で裏ワザを使い、条件をかいくぐり、育休手当を受け取るケースが増えています。 例えば、• 落選狙いでわざと倍率の高保育園に応募• 幼稚園の内定を辞退する• 産休・育休をとっても復職しない• 産休や育休手当を多くもらえるように妊娠中に残業する(産休前の6か月間の給与に基づいて手当が支払われるため) という裏ワザを使うケースが増えています。 そういったケースが多発しているため、本当に幼稚園を利用したい人が利用できなくなったり、会社も復帰の前提でいたので仕事が回らなくなるなど、こういった裏ワザは周囲にたくさんの迷惑をかけてしまいます。 そういったケースに対し国は、• 育児休業給付金の全額返還• 雇用継続給付、基本手当等を受ける権利を剥奪• 最高、全額返還と2倍の金額を納付.

次の

育児休業延長の実例!給付金など申請手続きに必要な書類や方法

育児 給付 金 延長

育児休業給付金の延長タイミング• 1歳時点で保育園待機 1年半• 1歳半時点で保育園待機 2年(最長) 育児休業給付金の期間を1年半まで延長 1歳の時点で保育園に入れず待機児童となっている場合、 育休を1年半まで延長することができます。 育児休業給付金も延長です。 育児休業を延長するために、保育園の落選時に受領する「不承諾通知」を持って延長申請を行います。 育児休業給付金の期間を2年まで延長 1回目の延長後、1歳半の時点で保育園に入れず待機児童となっている場合、 育休を2年まで延長することができます。 育児休業給付金も延長で、2年までが延長の限度です。 育児休業を延長するために、1回目と同様に保育園の落選時に受領する「不承諾通知」を持って延長申請を行います。 育児休業給付金の期間の延長を申請 育児休業給付金を延長するために、以下の必要書類とともに申請を行います。 基本的には、勤めている会社に申請してもらうため、延長も会社に相談して行いましょう。

次の

育児休業延長の実例!給付金など申請手続きに必要な書類や方法

育児 給付 金 延長

1歳の誕生日の前日までに保育園に申し込みしている• 保育園の入園希望日が1歳の誕生日以前である• 1歳の誕生日以後の期間について保育所へ入所できない これらの条件にすべて当てはまる場合に2歳まで給付金の支給が延長になるのです。 ちなみに、最初から1歳の誕生日以降に保育園入園を希望していた場合は、例え待機児童になったとしても手当金延長の対象外となります。 また、 自己都合による育休延長など、正式に待機児童となったわけでない場合も対象外です。 あくまでも、1歳前に保育園に入園させて育休復帰予定だったのに、結果として待機児童になってしまい育休を延長した人のための制度ですので、 入園不承認の証明書などの提出も必要となります。 特別な事情による育休延長 特別な事情とは以下のとおりです。 養育予定だった配偶者が以下の事情に該当した場合等• 離婚等による別居• 産休(別の子供を妊娠し産休期間に入った) 具体的に例をあげて説明します。 例えば男性公務員が育児休業を取得していて自分が育休から復帰した後は妻が子供を養育する予定となっていた場合。 妻が死亡・怪我・病気・別居・産休などの事情により子供を養育できなくなったために育児休業延長するような時は、手当金の受給期間も2歳まで延長されます。 共働き夫婦で育児休業を取得 「育休パパ・ママプラス」という言葉を聞いたこともあると思いますが、その制度がこれ。 共働きの夫婦二人がそれぞれに育児休業を取得する場合、育児休業手当金の支給対象期間が2か月延長され、1歳2ヶ月まで受給できます。 これはパパの育児参加促進を目的とした制度です。 制度利用の条件は以下の4点。 ややこしいので一般的な例をあげて説明します! 【具体例】 妻が産休からそのまま育休に入り、子の1歳の誕生日前日まで育休手当金を受給するケースで考えます。 つまり パパのみが育休プラスの恩恵を受けられます。 しかし、妻と同時に育休を開始すると、子が1歳になったときには育休手当金の上限一年間に達してしまうため、妻より遅く育休を開始しないとパパママプラスには該当しません。 まとめると、 妻より遅れて育休をスタートさせた夫にメリットがある制度 ということになります。 あまり無いとは思いますが、夫と妻の立場は逆でもOKです。 本当に共働きにメリットが大きい世の中になってきたと感じます。 まとめ 育児休業手当金は子供が1歳になったら終了というのが基本ですが、延長も可能です。 特に今は、待機児童が大きな問題になっていますので、育児休業手当金延長の条件に該当している人も、地域によっては沢山いると思います。 待機児童になるほどの保育園激戦区でなくても、 育児休業手当金の延長ができる裏ワザもある!?という裏ネタについては、以下の記事を参考にどうぞ。 それでは、今回も貴重なお時間のなか『現役公務員ママの本音とリアル』をご覧いただきまして、ありがとうございました!.

次の