トイ プードル しつけ。 トイプードルのトイレのしつけ

トイプードルの正しいトイレのしつけ方とは?

トイ プードル しつけ

トイプードルのしつけ トイプードルは非常に頭がよく学習能力の高い犬種で、信頼している飼い主さんに教えてもらって褒めてもらうことで子犬のうちは割とすぐにできるようになります。 成犬になってもお手、おかわり、待てを覚えさせることは可能です。 まずは信頼関係や上下関係を作るために、甘やかしすぎず毅然とした態度で接するようにしましょう。 お手とおかわり お手とおかわりはしつけではなく芸の一部なので無理に教え込む必要はありません。 まずはお座り、待て、伏せを覚えさせ、それが出来たらお手とおかわりを教えていくと良いでしょう。 向かい合ってお座りをさせ、かかとをくすぐったりして足を動かすのを待ち、少し動かして浮かせたらすかさずすくいあげてお手の形に持っていきながら「お手!」というようにします。 これが出来たらご褒美をあげ、何度も繰り返しましょう。 人の手の上に前足が乗れば褒められる、美味しいものをもらえると思ってもらうことが大事です。 おかわりをさせたい時は反対の手を出してあげると覚えやすいでしょう。 スポンサードリンク 待て 待てをなかなか覚えてくれないトイプードルは、お座りと伏せは覚えているでしょうか? 待ては、何かの動作をした後にするものなので、必ず「お座り!待て!」と順序をつけてあげないと覚えにくいのです。 お座りを覚えたら、ご飯の用意をした時にお座りをさせ、「待て!」といいましょう。 食べようとしたら顔の前に手を出して遮り、腰の方を抑えてあげます。 これで動きがとまったら成功ですので、良し!といって食べさせてあげましょう。 根気が必要ですが、徐々に時間や距離を長くしていくと良いです。 待てがお上手だね😊 — トイプードルこたろう tpkotaro1109 まとめ 今回はトイプードルがお手やおかわり、待てをしない時はどうしたらと以下についてまとめました! お手やおかわり、待ては、お座りが出来るようになってから順序付けて教えていくと良いでしょう。 教える時間が長すぎるとお互い嫌になってしまうので、根気よく短い時間を何度も繰り返して教えてあげましょうね! スポンサードリンク.

次の

トイプードルのしつけ方

トイ プードル しつけ

トイプードルは賢く、社交的な性格の犬種ではじめて犬を飼育する人でも飼育しやすいといわれていますが、実際には唸ったり、噛まれたりする飼い主や家族がいます。 小型犬なので噛まれてもそこまで大きなけがにはなりませんが、精神的に大きなストレスとなってしまい、触れ合う事にも怖がってしまいます。 ただ、トイプードルだけではなく、犬は唸ったり、噛んだりするのに理由があります。 また、しつけによって唸ったり、噛んだりしないようにする事は不可能ではありません。 トイプードルが唸る理由 トイプードルを含めて犬が唸る理由は100%威嚇です。 何か嫌な事をされたり、嫌な場所に連れていかれたり、かつて嫌な事をされた人などに警戒心から唸る事があります。 唸るという事は、次に来るのは噛むという行動です。 これ以上近づくなという意思表示なので、必要以上に近づかないほうがいいです。 近づかないといけない場合にはかまれないように注意しましょう。 トイプードルが噛んでくる理由 トイプードルが噛んでくる理由としては、仔犬の頃であれば遊んでいる際に興奮して噛んだり、歯が生え変わる時期で痒い為に噛んでしまう事があります。 遊んでいると興奮してきて、何でも噛んでしまう事があります。 たまたまそこに手があれば手を噛んでしまいます。 生後7~10か月の頃は乳歯から永久歯へと歯が生え変わる時期で、この時期は痒みが生じ、何でも噛んでしまいがちになります。 縄張り意識や警戒心から見知らぬ人や犬を噛んだり、自分に危害を加える人に対して噛んだりします。 また、怖がりなタイプは恐怖心から咬んでしまう事もあります。 トイプードルは利口な犬種なので、かつて噛んで自分の思い通りになった事を覚えていて、自分の思い通りにしようとして噛んでします。 また、犬は群れで生活する動物なので、群れの中で自分の位置をはっきりとしておきたいと思います。 家族という群れの中でトイプードルの位置が低いうちはいいですが、中にはトイプードルの方が群れの中で上位であると思っているトイプードルは唸ったり、噛んだりしてしまう事があります。 唸ったり、噛んだりしないようにするしつけの方法 社会化がしっかりとできていないと、人や犬に対して過剰に警戒心を持ってしまう事があります。 なので、社会化はしっかりと行う事が重要です。 社会化は生後2~3か月頃の事で、この時期は全てを受け入れるので人でも犬でも触れ合う事で社交的な性格になります。 犬にとっては噛むという事は意思表現の1つですが、噛まれた方はたまったものではないです。 そこで、噛まれていたいという事を声を低く「イタイ」といって、トイプードルに痛い事を理解させていきます。 仔犬の頃に歯の生え変わる時期に痒みから噛んでしまう場合には、鹿っても痒いものは仕方ないので、おもちゃやタオルなど噛んでもいいものを与えて、噛んでもいい対象を与えてあげましょう。 遊びの延長で興奮して噛んでしまう場合には無視が効果的です。 噛んだ瞬間から5~10分間ほどトイプードルがいないように生活して、時間が経過して興奮が収まったら遊びを再開し、再び噛んだら無視を繰り返していきます。 噛んだら遊んでくれなくなることを学習させて噛んだらいけない事を学習させていきます。 唸った場合にはやろうとしたことを止めてしまうと、唸れば止めてくれるという事を学習してしまうので、やろうとしたことはやっても大丈夫ですが、噛まれる危険性がある事は覚悟してください。 やろうとしたことがそこまで重要でないのであれば、やらなくても大丈夫です。 飼い主や家族の事を見下している場合には服従訓練が効果的です。 服従訓練は、トイプードルに家族と飯村の中での順位をはっきりと理解させる事です。 群れの中で下位の者が上位の者よりも早く食餌をする事はありません。 遊ぶ際にも上位の者が時間やルールを決めます。 服従訓練はそれを行っていく事です。 家族の中でルールを決めて、食餌は常に飼い主や家族がしてから食べさせたり、その間は吠えようが無視をして人間側の食事が終わってから食餌を与えるようにします。 おもちゃなどで遊ぶ際にもトイプードルに要求されたからするのではなく、始まりも終わりも飼い主や家族が決めるようにします。 また、散歩中もトイプードルが散歩コースを決めるのではなく、飼い主や家族がコースを決めるようにします。 食餌やおもちゃなどをトイプードルに与える際には「マテ」「オスワリ」などのコマンドを出して、ちゃんとやったら与えるようにします。 やってはいけない方法 唸ったり、噛んできたからといってやってはいけないのは叩いたり、蹴ったりする事です。 力に力で対抗しても、逆効果です。 むしろ、より唸ったり、噛んだりしてしまう危険性もあります。 まとめ トイプードルは社交的な性格ですが、飼育方法やしつけの方法を間違ってしまうと唸ったり、噛んだりしてしまう問題行動を起こしたりしてしまいます。 利口な犬種なので、しっかりとしつけを行えばしっかりと学習してくれます。

次の

トイプードルしつけ!お手、おかわり、待てをしない時は?

トイ プードル しつけ

飼い主との関係が犬の無駄吠えの原因? 無駄吠えには3つのパターンが考えられます• 犬が恐怖のため、身を守ろうとして吠える• 大切な仲間を守ろう(家族)としたときに吠える• 自分の要求をかなえてもらおうとして吠える どのパターンもトイプードルと飼い主との主従関係がはっきりしていれば、「マテ」「ダメ」と指示をすれば吠えるのを止めます。 しかし飼い主との力関係が逆転してしまっていては、「マテ」「ダメ」と指示をだしても吠えるのをやめません。 恐怖が強くパニックになって吠える 飼い主との関係は問題はなくても、神経質で怖がりなトイプードルの場合は、たとえ守られている環境にいてもパニックで吠えてしまうことがあります。 不安な時に飼い主の冷静な声での指示で、その場では吠えるのを止めることができる犬も多いのですが、怖いものが怖くないと理解できなければ、吠える癖はなかなか治りません。 家族や自分の身を守るために吠える 犬が家族の中でボスになってしまっている場合、散歩で見知らね人や犬に出会い、一緒にいる家族を守らなくてはいけないため、威嚇吠えを始めます。 このような状況で飼い主がいくら吠えるのを止めさせる指示を出しても、群れのボスである犬は言うことを聞きません。 自分の要求を通そうとして吠える 家族の中で一番立場が偉くなってしまった犬が「遊べ」「ゴハン!」「おやつ!」「散歩!」と次々自分の要求を伝えるために吠えるのは当り前の行動なのです。 犬としては当り前の要求でも、家族はその望みをすべて叶えるわけにはいきません。 そうなると、犬としては家族が自分のためにしてくれることをしてくれるまで吠え続けてしまうのです。 トイプードルが要求吠えをする家庭の問題 小さなトイプードルと暮らしだして、子犬のすることだからと我がままを許してしまっていませんか? 知能が高い犬種だからこそ、自分と飼い主の立場をすぐに理解してしまいます。 犬が遊びたがっていたら、すぐにおもちゃを渡して遊んであげませんでしたか? 犬が飼い主の食べているものを欲しがったら、すぐに食べさせていませんでしたか? 犬と一緒に寝ていませんか? もしも犬が生活の中で我がままを通し、自由にさせる時間が長すぎた結果、無駄吠えをしているのであれば、犬との生活の見直しをしなければ無駄吠えはなくならないのです トイプードルの無駄吠えを治す方法 犬が吠えるからといって、他の犬が散歩をしない時間ばかりに出掛けてはいけません。 できる限り沢山の経験をさせることも吠え癖を治すのには必要です。 家の中で遊ぶときも、食事を上げるときも、犬が要求するからではなく、飼い主が主導権をもってください。 散歩も犬が行きたいときにするのではなく、家族が行ける時間にしましょう。 トイプードルが吠えたら目をみて「ダメ」 犬が吠えたら手で口を軽く閉じながら掴んでください。 この時、必ずトイプードルの目を見ながら「ダメ!」としっかりと落ち着いた声で言いましょう。 犬が吠えたり唸ったりするのを止めたら、手を離しながら「お利口ね」と褒めてあげてください。 手を離したあと、また吠えたら同じことを繰り返します。 犬との関係が正しくない状態では、犬にとってマズルを自分より下の立場の人間に掴まれ、指示されても効果はなかなか現れないでしょう。 また、神経質で怖がりのトイプードルの場合、飼い主との関係は正しいものでも、すぐに効果が出るものではありません。 どちらのタイプも根気よく、何度も繰り返すことが必要なのです。 吠え癖を治すための「まとめ」 トイプードルの無駄吠えを治すために一番重要な事は、逆転してしまっている主従関係を見直すことです。 とはいえ、犬と人との関係が逆転してしまったものは、しつけをやり直しても正しい主従関係にすぐ戻れるわけではありません。 主従関係がしっかりしていても、吠え癖を治すためには根気は必要です。 また、できる限り早く効果を出したいからと、無駄吠えを治すといった道具を使うことは、あまりお勧めできません。 根本的な問題を解決せず行う強制的なしつけの方法は、効果がでたとしても犬にとってはかなりのストレスになります。 家族がいれば犬のしつけの方法は全員おなじでなければいけません。 厳しくしつける人がいるのに要求を全て受け入れてくれる人もいるのでは、どちらが自分に利があるかをトイプードルはすぐに勘付いてしまいますのでご注意を!.

次の