俺はどうしたらいい。 エレン「俺は…どうしたら…いいのだろうか…」エレンチート

第12話 俺はどうしたらいいのか分からない

俺はどうしたらいい

多くの男性の悩みであるテカリですが、どうやったら抑えられるのでしょうか。 またどうしてテカってしまうのでしょうか。 その疑問についてお答えします。 完結に対策を述べると、お肌の必要な皮脂を守る事とお肌の水分を補給する事です。 なぜならテカリとは余分な皮脂のせいであり、皮脂は水分と油分が足りてないと余計にたくさん出るからです。 なぜテカるのか? 1.男性ホルモンの影響 男性まずなぜテカるのかと言えば、皮脂が出過ぎているからです。 皮脂は男性ホルモンが皮脂腺を刺激することによって分泌されます。 ですので、男性ホルモンの分泌が多い男性の方が、女性よりテカリやすいというわけです。 ある程度は男性だから仕方がないのですが, 男性ホルモンの分泌を抑える努力をするとテカりやすさは改善されるでしょう。 2.水分の不足 もともと皮脂はある程度は必要なものです。 役割としては、お肌を外の刺激や悪い物から守るバリアーです。 脳はお肌を守るために、皮脂を出しています。 では、なぜ過剰に出てしまうのでしょうか? それは、お肌自体が弱いと脳が感じているからです。 お肌が弱いので、守ろうと皮脂を過剰に出して、バリアーを高めようとしてしまうのです。 では、なぜお肌が弱いと思ってしまうのでしょうか?それは、お肌内部の水分が不足しているからです。 肌の水分が不足すると、外からの刺激や悪い物が直接、身体内部に侵入しやすくなります。 その為、外から守る力があるお肌のバリアー=皮脂を強化しようとするのです。 3.皮脂を取り除きすぎる 脳が命令することが原因でテカっている場合もあります。 それは、お肌のバリアーである皮脂を外から取り除きすぎる場合です。 バリアーを作ろうと皮脂を出しても、どんどん取り除いてしまうと、 脳は『もっと出さなくては!!』と感じてしまいます。 その結果、どんどん皮脂が出てしまうのです。 後述しますが、皮脂を取り除きすぎるのも注意しましょう。 皮脂もある程度必要で、同時に水分も必要なんです。 この二つを自分の意志で保持することができれば、 ある程度皮脂の過剰分泌を抑え、テカリを防ぐ事ができるはずです。 顔のテカリを防ぐ具体的な方法 面倒な事が苦手な男性でもできる、あまり手間もかからないけど最低限やっておいた方が良いことを書きます。 これだけでもある程度テカリは抑えられますので、参考にして下さい。 正しい洗顔&お肌の保護 洗顔1.洗顔で余分な皮脂はしっかり落とす 毛穴に汚れや老廃物が詰まっているとその後の水分補給を行っても、十分に補給されません。 また詰まったままだと、そこから出る汗が老廃物を吸収し、ベタついた汗が出たりします。 さらに開いた毛穴が戻らなくなる恐れもあります。 泡立てネットを使って泡立てて洗顔しましょう。 必要な皮脂まで落とさないよう、指先で洗うのではなく、泡を押さえつけながら泡で洗うようにしてください。 2.化粧水で水分補給 化粧水肌の水分補給といいましたが、飲み物を多めに飲むというわけではありません。 肌に染みわたらせる化粧水を使います。 手のひらに500円玉くらい出して手に馴染ませ、顔全体に染み込ませるように押し付けます。 またはコットン等に染み込ませて、肌に置くという方法もあります。 それで肌の温度が少し下がるくらいがちょうど良いです。 高いものでなくても良いので、化粧水は沢山使用しましょう。 3.乳液でコーティング 市販のクリームを塗る販売されている化粧水のほとんどはアルコールが含まれています。 そのままにしておくとアルコールのせいですぐに蒸発してしまい、また乾いた肌になって皮脂の過剰分泌が始まります。 それを防ぐために乳液を使って蓋をしましょう。 手の平に少量とり、これも手に馴染ませ、さらっと滑らせるように塗るとよいです。 この方法はあくまでも簡易的な、誰でも手軽にできる方法です。 特にテカリやすい人や気になる人は、アルコールの含まれない化粧水を使ったり、クレンジングオイルで余分な皮脂を浮かせるなど、さらにステップアップした方法があります。 ビタミンB2、ビタミンB6でテカリを抑える ビビタミンBタミンB群は体内の脂肪の代謝に欠かせないもので、不足すると余分な脂肪が毛穴から外に出ようとします。 特にB2,B6には皮脂分泌を抑える作用があると言われています。 肌が脂っぽくブツブツができたときは、まずビタミンB2,B6の不足が原因かもしれません。 食事からとるのが難しければ、サプリを摂取しても良いでしょう。 日頃からビタミンB群を摂ってテカリを抑えましょう。 テカリ対策は《正しい洗顔》《必要な水分と油分を守る》《ビタミンB群を摂る》の3つもポイントが重要です。 それほど難しいことでも大変なことでもありませんので、ぜひやってみて下さい。

次の

俺はどうしたらいいですか??

俺はどうしたらいい

エレン「俺は…どうしたら…いいのだろうか…」エレンチート ssnote• エレン「俺は…どうしたら…いいのだろうか…」エレンチート 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。 この作品はオリジナルキャラクターを含みます。 この作品は執筆を終了しています。 エレン「俺は…どうしたら…いいのだろうか…」エレンチート• 10960• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• …後でなんだよ…後なんて無かったんだ… ーー30分後ーー• シュッパ! 巨人12m級「ウガッ! 」 ザンッ! エレン「ふぅ……討伐数…12…」 調査兵隊長「おい!エレン!あの奇行種の数をみろ…!」 エレン「あ…?なんだよ…」チラッ 調査兵隊長「あの方向って…お前の妹ちゃんの方じゃ…!」 エレン「なッ…そう言えば…確か……チッ…!」バッ キュルル! …スタッ 調査兵隊長「おい,エレン!まさか行くのか…?」 エレン「…たりめぇだろうか……行くぞ…馬」 馬「ブルぅぅぅん!」パカラッ! パカラッ! 調査兵隊長「あの馬鹿ッ…!」 エレン「間に合ってくれ……!」 間に合うわけないだろ……もうこの時点でエナの班は…ほぼ全滅してたんだから…• グンッ! ギュルル! 奇行種13m級「がっ…!」ズバンッ! エレン「はぁ…はぁ……!」 エナ「え,れン…」 エレン「エナ…?お,おい…冗談だろ?なぁ…まだ,まだ間に合う!…止血さえすれば…!」 エナ「もう私は…ムりだょ……エレンだけでもいいから…にげ... 奇行種10m級「んごぁが…!」フラッ エレン「おいおい…そんだけでふらついてんじゃ…ねぇ…よ……テメェが受けたその痛みはッ…まだ…エナの痛みにしたら…軽い方だろうが…」ギロッ 奇行種10m級「がぁぁぁ!!!!」ブンッ 手ズババババッ! エレン「はッ…脆いな……ハァ…もう…死ねよ…屑共が…」シュンッ! ポタッ…ポタタッ… ザァーーーー エレン「……あめ…か……今の俺には似合ってるかもな…」ハハ… パカラッ! 8良い作品なんて勿体ない言葉です! ありがとうございます!• 」 リヴァイ「お前もいつまでも泣いてんじゃねぇ!」 エレン「ウッ…グゥッ…ァア……り,リヴァイ…すまねぇ…あの時……あの時ッ…あんなこと言ってしまって…」ポロポロ リヴァイ「気にしてないさ………それより…これからどうする…」 エレン「俺は…強くなる…今よりももっと……今度…もし…大切な奴が出来たら…守ってあげたいんだ…」ニコッ リヴァイ「そうか……ならエレン…俺と同じ班になれ!」 エレン「あぁ…勿論入れさせてもらう!」ズビッ リヴァイ「フッ…それじゃあ…頑張るか…」 エレン「あぁ…!」 エナ…すまないな……なんか俺らしくなかったよな…… まぁ…取り合いず……リヴァイと何とか頑張るよ… だから…まぁ…… 俺の事を見守っててくれよな… エナ「当たり前だよ!エレンは,私の大切なお兄ちゃんなんだから!」 続く…• また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する• 著者情報 エレレン=イェーガ• 47 投稿数• この作品はシリーズ作品です シリーズ 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

第12話 俺はどうしたらいいのか分からない

俺はどうしたらいい

エレン「俺は…どうしたら…いいのだろうか…」エレンチート ssnote• エレン「俺は…どうしたら…いいのだろうか…」エレンチート 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。 この作品はオリジナルキャラクターを含みます。 この作品は執筆を終了しています。 エレン「俺は…どうしたら…いいのだろうか…」エレンチート• 10960• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• …後でなんだよ…後なんて無かったんだ… ーー30分後ーー• シュッパ! 巨人12m級「ウガッ! 」 ザンッ! エレン「ふぅ……討伐数…12…」 調査兵隊長「おい!エレン!あの奇行種の数をみろ…!」 エレン「あ…?なんだよ…」チラッ 調査兵隊長「あの方向って…お前の妹ちゃんの方じゃ…!」 エレン「なッ…そう言えば…確か……チッ…!」バッ キュルル! …スタッ 調査兵隊長「おい,エレン!まさか行くのか…?」 エレン「…たりめぇだろうか……行くぞ…馬」 馬「ブルぅぅぅん!」パカラッ! パカラッ! 調査兵隊長「あの馬鹿ッ…!」 エレン「間に合ってくれ……!」 間に合うわけないだろ……もうこの時点でエナの班は…ほぼ全滅してたんだから…• グンッ! ギュルル! 奇行種13m級「がっ…!」ズバンッ! エレン「はぁ…はぁ……!」 エナ「え,れン…」 エレン「エナ…?お,おい…冗談だろ?なぁ…まだ,まだ間に合う!…止血さえすれば…!」 エナ「もう私は…ムりだょ……エレンだけでもいいから…にげ... 奇行種10m級「んごぁが…!」フラッ エレン「おいおい…そんだけでふらついてんじゃ…ねぇ…よ……テメェが受けたその痛みはッ…まだ…エナの痛みにしたら…軽い方だろうが…」ギロッ 奇行種10m級「がぁぁぁ!!!!」ブンッ 手ズババババッ! エレン「はッ…脆いな……ハァ…もう…死ねよ…屑共が…」シュンッ! ポタッ…ポタタッ… ザァーーーー エレン「……あめ…か……今の俺には似合ってるかもな…」ハハ… パカラッ! 8良い作品なんて勿体ない言葉です! ありがとうございます!• 」 リヴァイ「お前もいつまでも泣いてんじゃねぇ!」 エレン「ウッ…グゥッ…ァア……り,リヴァイ…すまねぇ…あの時……あの時ッ…あんなこと言ってしまって…」ポロポロ リヴァイ「気にしてないさ………それより…これからどうする…」 エレン「俺は…強くなる…今よりももっと……今度…もし…大切な奴が出来たら…守ってあげたいんだ…」ニコッ リヴァイ「そうか……ならエレン…俺と同じ班になれ!」 エレン「あぁ…勿論入れさせてもらう!」ズビッ リヴァイ「フッ…それじゃあ…頑張るか…」 エレン「あぁ…!」 エナ…すまないな……なんか俺らしくなかったよな…… まぁ…取り合いず……リヴァイと何とか頑張るよ… だから…まぁ…… 俺の事を見守っててくれよな… エナ「当たり前だよ!エレンは,私の大切なお兄ちゃんなんだから!」 続く…• また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する• 著者情報 エレレン=イェーガ• 47 投稿数• この作品はシリーズ作品です シリーズ 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の