護衛艦 艦長 階級。 かが (護衛艦)

上官からの命令拒否も可能 海自の「先任伍長」が担う役割

護衛艦 艦長 階級

海上自衛隊の階級章(幹部) 階級章(幹部) 海上自衛官(幹部)の階級章は、冬服の袖口に装着する「甲階級章」、第一種夏服の両肩に装着する「丙階級章」、第二種夏服や作業服の両肩に装着する「乙階級章」の三種類があります。 「丙階級章」と「乙階級章」は同じデザインで、「甲階級章」も一佐までは「丙」「乙」と同じデザインです。 ここでは幹部の階級章でも最も美しい「丙階級章」をご紹介します。 海上幕僚長たる海将 Admiral 約4万4000人の海上自衛官のトップ。 諸外国海軍の大将に相当します。 正式には階級ではなく、海上幕僚長という役職に就いた海将を別格に処遇するための階級章です。 したがって、この階級章を付けているのは海自の中で海幕長ただ1人です。 海幕長とは専門的な見地で防衛大臣を補佐する海上幕僚監部の長で、幹部自衛官の中でも選りすぐられた人材が就くポストです。 海幕長を経て統合幕僚長に就いた海将もこの階級章を装着します。 海将 Vice Admiral 海上自衛隊における実質的な最高位。 諸外国海軍の中将に相当します。 この階級まで達するのは同期の中でも2〜3人程度、海自全体でも16人しかいません。 就く役職も艦隊司令官や地方総監など、まさに部隊・機関の最高責任者に就任するのがこの海将なのです。 配置 :海上幕僚副長・自衛艦隊司令官・護衛艦隊司令官・航空集団司令官・潜水艦隊司令官・教育航空集団司令官・幹部学校長・各地方総監・補給本部長・開発担当官(艦船担当) 海将補 Rear Admiral 諸外国海軍の少将に相当します。 この階級から上がいわゆる「提督」です。 ここまで達するのも至難の業で、同期の5〜6人程度しか昇れません。 就く役職は護衛隊群司令や艦隊幕僚長、海幕部長職など、将官にふさわしい華々しい役職が待ち受けています。 配置: 海幕部長職・練習艦隊司令官・術科学校長・幹部候補生学校長・護衛隊群司令・航空群司令・掃海隊群司令・艦隊幕僚長・総監部幕僚長 など 1等海佐 Captain 諸外国海軍の大佐に相当します。 「Captain」の名前の通り、隊司令や艦長など一線部隊の指揮官として奮闘しているのがこの1佐です。 年齢も40〜50代前半と幹部自衛官として脂の乗り切った時期と言えるでしょう。 ただここまで昇進するのも同期の約45%と、中々の厳しさです。 配置: 護衛隊司令・潜水隊群司令・潜水隊司令・大型艦艦長・飛行隊司令・教育隊司令・警備隊司令・業務隊司令・海幕課長職・総監部部長職・補給所長・群首席幕僚 など 2等海佐 Commander 諸外国海軍の中佐に相当します。 防衛大や一般大を卒業した幹部自衛官はこの階級までは全員が昇進します。 1佐同様、第一線の指揮官として活躍する階級ですが、誰もが憧れる艦長職が回ってくるのもこの2佐です。 「2佐=艦長」と言えるほど艦長のイメージが強い階級です。 海自ではこの階級から制帽の庇に飾り(通称スクランブルエッグ)が付きます。 配置 :艦長・大型艦副長・飛行隊長・掃海隊司令・ミサイル艇隊司令・総監部課長・総監部幕僚室長・分遣隊長 など 3等海佐 Lieutenant Commander 諸外国海軍の少佐に相当します。 艦艇で言えば船務長や砲雷長・機関長・飛行長といった配置に就き艦の戦闘力向上に努めるとともに、分隊長として乗員のまとめ役としての役割も担っています。 中には副長として艦長を補佐する人もいます。 掃海艇やミサイル艇などの艇長はこの三佐で回ってきます。 このあたりになると海曹から昇進した「叩き上げ」の方も多くいます。 配置: 副長・艦艇の砲雷長・船務長・機関長・飛行長・掃海艇長・ミサイル艇長・音楽隊長 など 1等海尉 Lieutenant 諸外国海軍の大尉に相当します。 旧海軍時代から「粋な大尉さん」と言われていたように、若さに経験と知識が備わった「スマートな士官」さんのイメージがあるのがこの1尉です。 掃海艇ではこの一尉で艇長に就く人が多くいます。 2等海尉 Lieutenant Junior Grade 諸外国海軍の中尉に相当します。 医官や大学院卒業者は防医大・幹候校卒業後この階級からスタートします。 艦艇では水雷士・機関士といったいわゆる「士(サムライ)配置」に就き日々奮闘しています。 その傍らで1尉・3佐といった中級幹部になるための勉強にも励まなければならない忙しい身分でもあります。 3等海尉 Ensign 防衛大・一般大を卒業し1年間の幹部候補生学校での教育を修了したのち任官するのがこの3尉です。 艦艇では2尉同様「士配置」に就きながら、先輩幹部と経験豊かな海曹たちから「海軍士官」としての知識と経験を叩き込まれています。 学校を卒業し晴れて幹部になったものの、日々の業務すべてが勉強といった状況のようです。 准海尉 Warrant Officer 部内課程等の海曹から幹部に登用する昇任制度を経ず、海曹長の中からごく僅かな者が昇進するのがこの准海尉です。 防大・一般大卒の幹部、部内課程での幹部登用者は3尉からスタートするので、この准海尉の人数は非常に少なくなっています。 しかし海曹を経ているだけに経験は超豊富で、艦艇、群や隊の司令部で経験を基に指揮官や上官を補佐する配置に就いています。 幹部候補生 Midshipmen 防衛大・一般大を卒業し海自幹部となるために江田島の幹部候補生学校で学ぶ候補生の階級章です。 幹部候補生の階級は「海曹長」ですが、海自では旧海軍同様、候補生に錨をあしらった専用の階級章を与えています。 帝国海軍の先達が学んだ赤レンガの校舎で、候補生たちは「海軍士官」となるための厳しい教育を受けています。

次の

「「先任伍長」とはその艦にとっては神様のような存在、・・(^。^)y

護衛艦 艦長 階級

海上自衛隊の階級章(幹部) 階級章(幹部) 海上自衛官(幹部)の階級章は、冬服の袖口に装着する「甲階級章」、第一種夏服の両肩に装着する「丙階級章」、第二種夏服や作業服の両肩に装着する「乙階級章」の三種類があります。 「丙階級章」と「乙階級章」は同じデザインで、「甲階級章」も一佐までは「丙」「乙」と同じデザインです。 ここでは幹部の階級章でも最も美しい「丙階級章」をご紹介します。 海上幕僚長たる海将 Admiral 約4万4000人の海上自衛官のトップ。 諸外国海軍の大将に相当します。 正式には階級ではなく、海上幕僚長という役職に就いた海将を別格に処遇するための階級章です。 したがって、この階級章を付けているのは海自の中で海幕長ただ1人です。 海幕長とは専門的な見地で防衛大臣を補佐する海上幕僚監部の長で、幹部自衛官の中でも選りすぐられた人材が就くポストです。 海幕長を経て統合幕僚長に就いた海将もこの階級章を装着します。 海将 Vice Admiral 海上自衛隊における実質的な最高位。 諸外国海軍の中将に相当します。 この階級まで達するのは同期の中でも2〜3人程度、海自全体でも16人しかいません。 就く役職も艦隊司令官や地方総監など、まさに部隊・機関の最高責任者に就任するのがこの海将なのです。 配置 :海上幕僚副長・自衛艦隊司令官・護衛艦隊司令官・航空集団司令官・潜水艦隊司令官・教育航空集団司令官・幹部学校長・各地方総監・補給本部長・開発担当官(艦船担当) 海将補 Rear Admiral 諸外国海軍の少将に相当します。 この階級から上がいわゆる「提督」です。 ここまで達するのも至難の業で、同期の5〜6人程度しか昇れません。 就く役職は護衛隊群司令や艦隊幕僚長、海幕部長職など、将官にふさわしい華々しい役職が待ち受けています。 配置: 海幕部長職・練習艦隊司令官・術科学校長・幹部候補生学校長・護衛隊群司令・航空群司令・掃海隊群司令・艦隊幕僚長・総監部幕僚長 など 1等海佐 Captain 諸外国海軍の大佐に相当します。 「Captain」の名前の通り、隊司令や艦長など一線部隊の指揮官として奮闘しているのがこの1佐です。 年齢も40〜50代前半と幹部自衛官として脂の乗り切った時期と言えるでしょう。 ただここまで昇進するのも同期の約45%と、中々の厳しさです。 配置: 護衛隊司令・潜水隊群司令・潜水隊司令・大型艦艦長・飛行隊司令・教育隊司令・警備隊司令・業務隊司令・海幕課長職・総監部部長職・補給所長・群首席幕僚 など 2等海佐 Commander 諸外国海軍の中佐に相当します。 防衛大や一般大を卒業した幹部自衛官はこの階級までは全員が昇進します。 1佐同様、第一線の指揮官として活躍する階級ですが、誰もが憧れる艦長職が回ってくるのもこの2佐です。 「2佐=艦長」と言えるほど艦長のイメージが強い階級です。 海自ではこの階級から制帽の庇に飾り(通称スクランブルエッグ)が付きます。 配置 :艦長・大型艦副長・飛行隊長・掃海隊司令・ミサイル艇隊司令・総監部課長・総監部幕僚室長・分遣隊長 など 3等海佐 Lieutenant Commander 諸外国海軍の少佐に相当します。 艦艇で言えば船務長や砲雷長・機関長・飛行長といった配置に就き艦の戦闘力向上に努めるとともに、分隊長として乗員のまとめ役としての役割も担っています。 中には副長として艦長を補佐する人もいます。 掃海艇やミサイル艇などの艇長はこの三佐で回ってきます。 このあたりになると海曹から昇進した「叩き上げ」の方も多くいます。 配置: 副長・艦艇の砲雷長・船務長・機関長・飛行長・掃海艇長・ミサイル艇長・音楽隊長 など 1等海尉 Lieutenant 諸外国海軍の大尉に相当します。 旧海軍時代から「粋な大尉さん」と言われていたように、若さに経験と知識が備わった「スマートな士官」さんのイメージがあるのがこの1尉です。 掃海艇ではこの一尉で艇長に就く人が多くいます。 2等海尉 Lieutenant Junior Grade 諸外国海軍の中尉に相当します。 医官や大学院卒業者は防医大・幹候校卒業後この階級からスタートします。 艦艇では水雷士・機関士といったいわゆる「士(サムライ)配置」に就き日々奮闘しています。 その傍らで1尉・3佐といった中級幹部になるための勉強にも励まなければならない忙しい身分でもあります。 3等海尉 Ensign 防衛大・一般大を卒業し1年間の幹部候補生学校での教育を修了したのち任官するのがこの3尉です。 艦艇では2尉同様「士配置」に就きながら、先輩幹部と経験豊かな海曹たちから「海軍士官」としての知識と経験を叩き込まれています。 学校を卒業し晴れて幹部になったものの、日々の業務すべてが勉強といった状況のようです。 准海尉 Warrant Officer 部内課程等の海曹から幹部に登用する昇任制度を経ず、海曹長の中からごく僅かな者が昇進するのがこの准海尉です。 防大・一般大卒の幹部、部内課程での幹部登用者は3尉からスタートするので、この准海尉の人数は非常に少なくなっています。 しかし海曹を経ているだけに経験は超豊富で、艦艇、群や隊の司令部で経験を基に指揮官や上官を補佐する配置に就いています。 幹部候補生 Midshipmen 防衛大・一般大を卒業し海自幹部となるために江田島の幹部候補生学校で学ぶ候補生の階級章です。 幹部候補生の階級は「海曹長」ですが、海自では旧海軍同様、候補生に錨をあしらった専用の階級章を与えています。 帝国海軍の先達が学んだ赤レンガの校舎で、候補生たちは「海軍士官」となるための厳しい教育を受けています。

次の

大谷三穂の経歴や家族や夫との離婚!一等海佐の階級や年収は?

護衛艦 艦長 階級

階級社会における例外のナゼ 軍や自衛隊という組織は完全な縦社会で、上官の命令は絶対です。 極論すれば、白いものでも上官が「黒」といえば黒になる職場です。 それは海の上、海上自衛隊の護衛艦でも同じです。 艦長を筆頭にナンバー2の副長、そして各部署の長である航海長や砲雷長、機関長などがいます。 しかし艦内には、時にトップであるはずの艦長に意見し、航海長たち幹部の命令を訂正することすらできる権限を持つ、「先任伍長」と呼ばれる隊員がいます。 この「先任伍長」、なにやら階級のひとつのようですが、海上自衛隊の階級にそのようなものはなく、「伍長」という階級すらありません。 ただ、詳細は後述しますが、少なくとも階級的には尉官や佐官などの士官より下の立場です。 にもかかわらず士官が就く艦長や幹部といった上官へ意見できる立場でもある、というわけです。 「先任伍長」、何者なのでしょうか。 「先任伍長」の協力なくして艦は動かない。 護衛艦では、各部署に「長」をはじめとした「幹部」がいて、その下に実際に手足となって動く「海曹(いわゆる下士官。 士官の下、兵士の上のポジション)」や「海士(いわゆる兵士)」がいます。 海曹と海士はまとめて「曹士」と呼ばれますが、この曹士が護衛艦などでは最も人数が多いです。 彼ら曹士をいかにして統率するかというのはもちろん重要で、そこで「先任海曹」と呼ばれるベテラン乗員たちが各部署に配置され、部署ごとに曹士をまとめ上げています。 この「先任海曹」の「先任」とは「古参」という意味で、海曹の中の古参だから「先任海曹」というわけです。 一方「先任伍長」は、「先任」については同じく「古参」の意ですが、「伍長」は上述したように、海上自衛隊においては階級をさす呼称ではありません。 そもそも、「伍長」とは古代中国で「五人組の長」を指したもので、そこから転じて「組長」や「班長」という意味の単語となり、旧日本陸軍においては階級のひとつとなりました。 上等兵の上、軍曹の下というポジションです。 陸上自衛隊にたとえるなら、3曹あたりに相当します。 一方、旧日本海軍に「伍長」という階級はなかったのですが、階級とは関係なく下士官や兵たちをまとめる立場にあった人間を「伍長」と呼んでいました。 従来の「班長」くらいのニュアンスです。 そして艦内各部署の「伍長(班長)」の取りまとめ役として、そのなかの古参者という意味で「先任」を付け、最古参の伍長を「先任伍長」として指名し、下士官兵の元締めとしての役割を担わせました。 海上自衛隊における「先任伍長」は、この旧日本海軍の「先任伍長」の役割を復活させたものです。 つまり階級ではなく、「役名」というわけです。 そして「先任伍長」は、「先任海曹」たちのなかで最古参の隊員であり、つまり艦長と同じく、1艦につきひとりしかいません。 海上自衛隊の規定ではその役割について、規律および風紀の維持や、海曹士の総括、隊内の団結強化などとしています。 要はベテランとして艦内の曹士全員をまとめ上げ、幹部の補佐をし、護衛艦の運用に支障をきたさないよう目を光らせるのが仕事です。 なお、掃海艇など護衛艦よりも小さな「艇」や、それから海上自衛隊の陸上部署、たとえば海上幕僚監部や自衛艦隊司令部、地方隊などにも「先任伍長」は配されていて、それぞれの職場で上述のような役割を担っています。 艦長も敬意を払う「部下」 艦長や艇長以下の幹部自衛官(士官)が1年から3年で艦から異動するのに対し、「先任伍長」は長年、艦艇に乗り続けたベテランとして現場を仕切ります。 また幹部ではないため、「先任伍長」とはつまり、階級でいちばん下の2等海士(以前は3等海士からも)からのたたき上げであることを意味し、若手隊員の相談に乗ることもあるそうです。 だからこそ、誰よりも現場が長く、海や艦艇のことを知っている存在であり、、ゆえに「先任伍長」は上官たる幹部に指示を出し、時には幹部の命令を訂正することも可能なのです。 そうしたこともあり、艦艇のトップたる艦長や艇長といえども、「先任伍長」に対しては敬意を払って接するそうです。 また知識も豊富で技量にも優れているため、若手幹部などは相対すると緊張で震えることもあるといいます。 彼ら先任伍長の胸元には、金色の「先任伍長識別章」が輝きます。 柘植優介(乗りものライター) 昔、海上自衛隊の護衛艦を見学させてもらったことがある。 アテンドしてくれたのは一等海尉(大尉)さんで会社で言えば課長さんくらいでまあまあそれなりに偉い人なんだけどその人が護衛艦に着くと何よりもまず最初に挨拶に行ったのが、艦長でも副長でもなく、「先任海曹」さんだった。 当時は「先任伍長」と言う名称はなく、艦で最古参の下士官を「先任海曹」と言っていたように思う。 帝国海軍でも「先任下士官」と言うその艦においては神様のような下士官がいたという。 曰く、先任にへそを曲げられると大変なことになるんだそうだ。 船に乗り組んでいる幹部にとっても先任は大変な存在でへそを曲げられると船がまともに動かなくなるという。 士官などの幹部は1年か2年で異動してしまうが、下士官はずっと船に残っていて船の隅から隅までそれこそ船底のねじ1本まで知り尽くしているのでその艦にとってはまさに仙人か神様のような大変な存在なんだそうだ。 アテンドしてくれた一尉さん曰く、「艦長への手土産は忘れても先任への手土産は絶対に忘れないようにお願いします」と何度も念を押されたので艦長と同じものを用意した。 ご挨拶した先任海曹様はご機嫌極めて麗しく、その後、挨拶に行った艦長、副長さんも「先任のところには行かれましたか。 」と聞くので「ご機嫌麗しく、・・」と言うと「それはけっこうでした」と笑っていた。 その後、どの部門に見学に行っても「先任から連絡を受けております」と極めて丁重に対応してくれた。 アテンドの一尉さんも胸をなでおろしていた。 米軍などでは司令官にはその補佐役として最先任曹長が必ずついている。 先任下士官とはそれこそ筋金入りの艦の背骨のような存在ではある。

次の