ディズニー 映画 トリビア。 知らなかった!ディズニーにまつわるトリビア40選

いくつ知ってる?ディズニー映画『美女と野獣』に関する17のトリビア

ディズニー 映画 トリビア

記事目次 -contents list-• 東京ディズニーランドで人気があるアトラクションといえば、やはり 「3大マウンテン」です。 3大マウンテンとは ビッグサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテン、スペース・マウンテンのことで、3つともスリルのあるコースター系アトラクションです。 ランドに行ったら、この3つには絶対乗る!という方も多いのではないでしょうか。 3大マウンテンは人気のため待ち時間も長く、乗り場まで退屈しがちです。 乗り場につくまでの間、みんなに話したくなるアトラクションの豆知識やトリビアをご紹介します! ビッグサンダー・マウンテン 画像引用元: ビッグサンダー・マウンテンは、 ゴールドラッシュ後の1880年代の廃鉱が舞台のアトラクションです。 1850年代ごろ、開拓者たちは金塊を求めてビッグサンダー・マウンテンで採掘を始めました。 先住民たちは、 ビッグサンダー・マウンテンには神々や精霊が住んでいるため、うかつに手を出すと災いが起きると警告しましたが、開拓者たちはそれを無視。 「ビッグサンダー・マイニングカンパニー」という会社まで作って、採掘を続けました。 しかし、鉱山で謎の事故が頻発するようになり、運転士のいない鉱山列車が暴走しているという噂まで流れ始めます。 ゲストは「ビッグサンダー・マイニングカンパニー」の事務所から列車に乗り込んで、無人の廃鉱となったビッグサンダー・マウンテンを猛スピードで駆け抜けます! トリビア1:ビッグサンダー・マウンテンは映画「西部開拓史」がモチーフ ビッグサンダー・マウンテンは、 映画「西部開拓史」をもとにしたアトラクションです。 「西部開拓史」は1962年のアメリカ映画で、特にディズニーは関係ありません。 ディズニーランドのアトラクションなのに、ディズニーに関係ない映画がモチーフというのは面白いですね! トリビア2:定番お土産の「チョコクランチ」はビッグサンダー・マウンテンをイメージ! 現在、パークのお土産の定番となっている 「チョコクランチ」は、ビッグサンダー・マウンテンのオープンに合わせて開発されました。 クランチのごつごつとした質感を、ビッグサンダー・マウンテンの岩山に見立てています。 チョコクランチは発売直後、生産が追い付かなくなってしまったほどの人気だったそうです。 トリビア3:TDRで初めてファストパスが導入されたのはビッグサンダー・マウンテン 近年では当たり前となっているファストパスですが、日本で初めて導入されたのは 2000年7月24日のことです。 記念すべき初のファストパス対応アトラクションは、ビッグサンダー・マウンテンでした。 その翌月からスペース・マウンテン、翌々月からプーさんのハニーハントなどがファストパスに対応しました。 トリビア4:ビッグサンダー・マウンテンは隠れた花火スポット! ビッグサンダーマウンテンは、実は 花火鑑賞スポットとしても人気なんです! 待ち列は少し高いところにあり、景色が抜群。 待ち時間が花火のタイミングと重なれば、アトラクションを待ちながら花火を楽しめます。 さらに運が良ければ、ビッグサンダーマウンテン乗車中に花火を見られることも! 狙って見ることは難しいですが、運よく見られたら一生の思い出になること間違いなしですね! トリビア5:入り口横にあるトラクターは1898年製の本物! ビッグサンダーマウンテンの入り口には、トラクターが置かれています。 実はこのトラクターは、今から100年以上も昔の 1898年に製造された本物なんです! 世界に数台しか残っていない、歴史的にもとても貴重なものを間近で見られるなんてすごいですよね。 しかも、このトラクターは当時食料などの運搬のために実際に使われていたんだとか。 今のトラクターとは違い、蒸気を動力に使って動いていたそうです! 西部開拓時代の雰囲気を実際に感じられますので、ぜひ次にビッグサンダーマウンテンに足を運んだ際はチェックしてみてください! トリビア6:アトラクション中、4種類の動物が登場! ビッグサンダーマウンテンに乗車中、アメリカに生息する4種類の動物たちの姿を見ることができます。 全部見つけることができたらすごいかも!? 1種類目は ビッグホーンシープで、岩の上にいます。 大きな角が特徴です。 2種類目は オポッサム。 日本ではフクロネズミとも呼ばれている、ネズミそっくりな有袋類です。 アトラクションには親子で登場。 そのうち小さな1匹は、列車通過時の風圧で回転します! 3種類目は コヨーテ。 小型の狼のような見た目です。 目が光っているので意外と見つけやすいかも!? トリビア7:ビッグサンダーマウンテンの落盤事故からの生還者を他のアトラクションで見ることができる! ビッグサンダー・マウンテンに人間キャラクターは登場しませんが、他のアトラクションでビッグサンダー・マウンテンの関連人物を見ることができます。 その人物の名前は セドナ・サム。 ビッグサンダー・マウンテンの鉱山で落盤事故に合いますが、愛犬のディガーに助けられて生還します。 セドナ・サムの姿は、 「蒸気船マークトゥエイン号」「ビーバーブラザーズのカヌー探険」などウェスタンランドのアトラクションから見ることができます。 事故から生還した彼は、鉱山に入るのをやめて山のふもとでナマズ釣りをしながら静かに暮らしています。 彼はアトラクション「カリブの海賊」で、ブルーバイユーのホタルを眺めていますよ。 スプラッシュ・マウンテン 画像引用元: スプラッシュ・マウンテンは、 映画「南部の唄」をモチーフにしたアトラクションです。 主人公のブレア・ラビットは 「笑いの国」の存在を知り、そこを目指してさっそく旅に出ました。 しかし、ブレア・ベアとブレア・フォックスはブレア・ラビットを狙っており、ついに捕まってしまいます。 食べられてしまいそうになった時、ブレア・ラビットは咄嗟に機転を利かせて 「いばらの茂みにだけは投げ込まないでくれ」と頼みます。 ブレア・ラビットはいばらの茂みに投げ込まれ、コースターも滝を急降下していばらの茂みへ! いばらの茂みの中はブレア・ラビットが住んでいる国で、そここそが「笑いの国」だと気づきます。 トリビア1:元ネタの映画「南部の唄」は見るのが難しい作品 スプラッシュ・マウンテンは、 1946年公開の映画「南部の唄」がモチーフです。 実写とアニメーションを融合させた作品で、主題歌の 「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」はアカデミー歌曲賞を、 主人公のリーマスおじさんを演じたジェームズ・バスケットはアカデミー特別賞を受賞している非常に評価の高い作品です。 本作品は、南部の農場を舞台に、白人の少年ジョニーと黒人のリーマスおじさんの触れ合いを描いています。 映画の中では、対等な関係で白人と黒人が交流しており、誤った歴史認識を抱く可能性があるということで全米黒人地位向上協会が抗議したため、アメリカでは1986年から長年廃盤となっていました。 しかし、2009年にDVDとブルーレイが発売され、再び入手可能になりました。 日本でも以前はビデオやレーザーディスクが販売されていましたが、廃盤になっておりDVD化などはされていません。 現在でも、 見るのが難しいディズニー作品の1つとなっています。 トリビア2 東京ディズニーランド唯一のシングルライダー対応アトラクション 東京ディズニーリゾートには、一人でアトラクションに乗る人を優先して案内する 「シングルライダー」という制度があります。 ファストパスを持っていなくても、1人での利用ならファストパスレーンから優先的にアトラクションに乗ることができます。 東京ディズニーランドでシングルライダーを実施しているのは スプラッシュ・マウンテンのみです。 ちなみに、東京ディズニーシーでは インディ・ジョーンズ・アドベンチャー、レイジングスピリッツが対象となっています。 トリビア3:日本のスプラッシュマウンテンは水しぶきの量が少ない スプラッシュマウンテンが設置されている他のパークは年間の平均気温が高く、湿度が多いため水しぶきがたくさん使われています。 しかし、日本は平均気温が低く、さらに季節によって気候が大きく変わります。 夏でも冬でも快適に楽しめるよう、 水しぶきは少なめに設定されているそうです。 トリビア4:落下時の写真を撮ってくれるのは写真家のホタル! スプラッシュ・マウンテンの大きな楽しみといえば、茨の茂みにダイブする際の写真撮影です! 写真を意識してポーズを決めたり、表情を作ったりと気合を入れて挑む方も多いと思います。 そんな楽しい写真を撮ってくれているのは、ホタルの 「フィニアス・ファイアーフライ」。 小動物の国・クリッターカントリーでは有名な写真家なんだとか! もちろんフラッシュはおしりから自前で焚いています! トリビア5:ブレア・フォックスの声を演じているのは旧ドナルド! アトラクションの中で、ブレア・フォックスの声を演じているのは 関 時男さんです。 関さんは、80年代にバンダイから発売されていたディズニーVHSでドナルドを演じていました。 80年代のバンダイ版VHSを見て育ったという方にとっては、現在の声優陣より旧声優陣の方がしっくりくる、という方も多いかもしれませんね! 現在のドナルドの声は山寺宏一さんが演じており、言語版そっくりのしゃべり方が特徴となっています。 関さん演じるドナルドは声が低めで今のドナルドとは全然違いますが、とても親しみのもてる声と演技で未だに人気があります。 怒った時の口癖は 「トサカに来た!」です。 現在のドナルドとはだいぶイメージが違いますね! ちなみに、ふしぎの国のアリスでは新旧両方の吹き替えでチェシャ猫を演じています。 スペース・マウンテン 画像引用元: スペース・マウンテンは、東京ディズニーランド開園当初からある人気アトラクションです。 ゲストは宇宙飛行士となり、小型ロケットで宇宙に出発します。 エネルギーの大爆発と同時にロケットは大気圏を抜け、宇宙空間を駆け抜けます。 トリビア1:スペース・マウンテンで写真が撮られないのは日本のみ! スプラッシュ・マウンテンやインディ・ジョーンズ、タワー・オブ・テラーではアトラクション中に写真を撮られる 「ライドフォト」が実施されています。 日本以外のパークに設置されているスペース・マウンテンではライドフォトが実施されており、記念の写真を残すことができます。 海外パークのスペース・マウンテンライドフォトは、日本では手に入らない激レアアイテムです! トリビア2:スペース・マウンテンの初期バージョンは宇宙飛行士が監修! 一番古いスペース・マウンテンは、1975年にマジック・キングダムでオープンしました。 アメリカの宇宙飛行士ゴードン・クーパーが監修しており、本物の宇宙を再現しています。 トリビア3:香港とアナハイムにはハロウィーンバージョンがある! 香港とアナハイムでは、ハロウィーン期間中は 「スペース・マウンテン ゴースト・ギャラクシー」が開催されています。 期間中のスペース・マウンテンのスピーカーからは 不気味な音楽が鳴り響き、カーブの度に怪物や亡霊が登場します。 二重の意味で怖そうですね…。 ぜひ日本でも体験してみたいイベントです! トリビア4:3大マウンテンの中で、開園当初からある唯一のアトラクション! スペース・マウンテンは、3台マウンテンの中で唯一1983年の開園当初からあるアトラクションです。 ビッグサンダー・マウンテンは1987年オープン、スプラッシュ・マウンテンは1992年オープンですので、比較的古いアトラクションなんですね。 開園したばかりのころはまだクリッターカントリーやトゥーンタウンはなく、エリアは5個だけ。 当時からスペース・マウンテンは目玉アトラクションだったんですね。 トリビア5:海外パークではスター・ウォーズとコラボしている! 香港やパリのディズニーランドでは、スペース・マウンテンがさらに進化して 「ハイパースペース・マウンテン」となっています。 「ハイパースペース・マウンテン」は、スペース・マウンテンとスター・ウォーズがコラボした夢のアトラクション! スター・ウォーズのテーマ曲をはじめとしたおなじみの楽曲と迫力ある映像・ストーリーにより、これまでにない体験が味わえます。 スペース・マウンテンのリニューアル版ですが、オリジナル版とは大きく変わっているため新鮮な気持ちで楽しめますよ。 スター・ウォーズファンなら、海外パークに足を運んででも乗りたいですね! 記事作成日:2018年7月18日 記事更新日:2019年7月10日 2019年9月23日 2019年12月4日 2020年3月18日 買取例や注目商品ピックアップ•

次の

いくつ知ってる?ディズニー映画『美女と野獣』に関する17のトリビア

ディズニー 映画 トリビア

ディズニー映画『白雪姫』 白雪姫といえばディズニーの長編映画の1作目で、この頃は短編のアニメしかなかった世界に新風を吹かせた作品となっています。 4年の歳月をかけて投じた制作費はなんと170万ドルもかけた白雪姫の制作中の世間での評価はディズニーの道楽と言われてしました。 そして、制作中は馬鹿にされていましたが、いざ公開されると6,100万ドルの大ヒットになりディズニー長編映画の礎となりました。 この白雪姫がなければ今後のディズニー長編映画がなかったかもしれないと思うと、ディズニー映画の歴史を変えた1作となったのではないでしょうか。 このふしぎの国のアリスは先ほど紹介した白雪姫よりも早くディズニーの長編映画として制作される予定だったと知っている方はいますか!? 白雪姫といえばディズニーの1作目の長編映画として制作されましたが、このふしぎの国のアリスは1930年代からアニメ化をする予定で構想されていました。 しかし、第二次世界大戦が始まり世界は戦争の時代へと突き進みました。 ふしぎの国のアリスが公開されたのは1951年と20年もの月日を超えて制作された作品となりました。 そのため、もしかしたら白雪姫ではなく、ふしぎの国のアリスがディズニーの長編映画の第1作になっている可能性があったのです。 白雪姫やアラジンのジャスミン王女、さらにはリトルマーメードのアリエルといった多くのプリンセスが出てきますが、どの作品にも母親が出てきません。 母親が出てこない理由は2つ考えられます。 1つ目は、ディズニー映画は90分ほどの時間の中でストーリー展開をしていかなければなりません。 多くのキャラクターを出してしまうとヒロインの成長を中心に描いていくので実用的に出せないという点があります。 2つ目の理由はディズニーの創始者ウォルト・ディズニーに関係しています。 ウォルト・ディズニーの両親は1940年代に家を購入しました。 その家は暖炉が壊れていて修理してもらったそうです。 しかし、修理後にガス漏れが起きてしまったことが原因で母親が亡くなってしまいました。 ウォルト・ディズニーは、母親のことや母親が亡くなったことを特に話したがらなかったそうです。 ディズニー映画に母親が出てこないのはウォルト・ディズニーに関係しているのではないかとされています。

次の

ディズニーアニメ美女と野獣のトリビアや裏設定、オマージュシーンを一挙紹介!

ディズニー 映画 トリビア

チップがオルゴールのままだったら、母親のポット夫人も生まれていなかたったかもしれませんね。 6:『美女と野獣』は、ブロードウェイミュージカルのロングラン公演リストTOP10の作品 『美女と野獣』は、2017年2月現在で、ブロードウェイミュージカル史上、9番目のロングラン公演中の作品です。 1994年4月18日〜2007年7月29日まで、全5461回に渡り公演されました。 ちなみに第1位は『オペラ座の怪人』で、1988年1月26日から現在まで11870回も公演され、今もその記録は更新され続けています。 7:ベルの衣装はドロシーのものをベースにしている ヒロインであるベルの衣装は、オズの魔法使いのヒロイン、ドロシーのものをベースにデザインされています。 まずはこちらがベルの衣装。 水色というカラーリングだけでなく、バッグまで同じ。 顔の雰囲気まで似ているように感じます。 8:ガストンの死のシーンは、ライオンキングでも使われている。 ガストンが崖から落ちて死んでしまうシーンは、ライオンキングでスカーが死ぬシーンの元となっています。 また、このシーンはライオンキング以外にも色々なディズニー作品においてオマージュされているとか。 9:美女と野獣は、名誉ある『アメリカ国立フィルム登録簿』に登録されている アメリカ国立フィルム登録簿に2002年に登録されています。 ちなみにアメリカ国立フィルム登録簿とは、発表から最低10年以上経った「文化的、歴史的、芸術的」に重要な映画のみを永久保存するという制度で、非常に名誉あるもの。 他のヒロイン(ディズニープリンセス)はすべて10代の女の子です。 確かに、他の作品のヒロインに比べ、だいぶ大人の雰囲気をたたえた女性のような雰囲気を感じさせる作画です。 12:ポット夫人が劇中で歌う唄は、たったワンテイクで録音されたもの ポット夫人の声を担当した女優・アンジェラ・ランズベリーによると、当時、彼女が録音のためニューヨークへ移動するのに利用した飛行機に爆弾が仕掛けられている恐れがあったため、緊急着陸しなければならなかったとか。 そのため、録音の時間はほとんど取れず、結局たったワンテイクしか録れなかったそうです。 13:ディズニー史上、王族ではないヒロインは、ベルとシンデレラだけ。 ちなみに、ふたりとも最終的には結婚して王族になり、紛れもなくプリンセスになります。 14:ベルと野獣の最後のダンスシーンは、眠れる森の美女と同じもの 実は、『美女と野獣』で最後にベルと野獣がダンスするシーンは、ディズニー映画『眠れる森の美女』で、オーロラ王女とフィリップのダンスシーンをそのまま再利用して制作されたものです。 まずは、こちらが『美女と野獣』の最後のダンスシーン。 確かに動きもスピードもまったく同じ。 15:『美女と野獣』は、600人ものスタッフの手により作り上げられた アニメ映画『美女と野獣』が制作された頃は、まだコンピューターによる技術が発展していない頃。 そのため、作画、彩色、アニメーションの制作(撮影)を含め、合計600人・約4年もの歳月を経て作られた大作なのです。 16:『美女と野獣』は、アカデミー賞・作品賞にノミネートされた最初のアニメ映画 アニメ映画『美女と野獣』は1992年の第64回アカデミー賞の作品賞に、アニメ映画としては初めてノミネートされるという快挙を成し遂げた作品です。 残念ながら同年の作品賞の受賞は逃しましたが、作曲賞と歌曲賞を受賞しました。 ちなみにこの記録は、第82回アカデミー賞で がノミネートされるまで、実に18年間も破られることはありませんでした。 17:ウォルト・ディズニーは過去2度、『美女と野獣』の制作を断念している アニメ映画『美女と野獣』が公開されたのは1991年(アメリカ)のことですが、実は、ウォルト・ディズニーは過去に2度もこの作品を制作しようとして断念しています。 一度目は1930年代、二度目は1950年代のことでしたが、制作者たちの「難しい」との声を受け、泣く泣く断念しています。 最初の挑戦から60年ほど、ウォルト・ディズニー氏の死後25年の月日を経て制作されたこの作品は、同氏の念願が叶ったとても特別な作品なのです。 『美女と野獣』トリビアについて:まとめ あなたはいくつご存じでしたか? これだけ豊富なエピソードがあるディズニーの名作、実写化が待ちきれませんね。 エマ・ワトソン主演の実写版『美女と野獣』は4月21日(金曜)に公開予定。 どこがアニメ作品と同じなのか?どこが違うのか?など、いろいろな楽しみ方ができそうですね。 ぜひ映画館に足を運んでみましょう。

次の