マスク うってない。 マスクが売ってない!そんな時は自分で作ろう!手作り簡易マスク

マスク求め客が殺到 本当に足りないの? 自作マスクや高額転売まで…販売状況を緊急調査

マスク うってない

2020年2月18日 15:00 世界的な感染拡大が続く、新型コロナウイルス。 日本でも、感染予防の観点から在宅勤務を導入する会社も登場するなど、会社員たちの働き方や生活にも変化が訪れている。 職場のマスクの在庫が1日でなくなる 20代女性会社員・Aさんが勤務する都内のIT企業では、マスク着用での勤務が義務づけられたほか、不必要な来客を減らすように通達された。 「マスク着用についての案内が出た日に、職場の備品として保管していたマスクの在庫がゼロになりました。 『誰かが盗んでいるのでは』『総務部が全部回収した』などの噂が立ち、犯人探しをする人もいます。 マスクを着用していないと、それを非難してくる人もいて、ちょっと面倒です」 ゲーム業界で働く40代の男性会社員・Bさんの職場では、マスクの着用が義務づけられているものの、会社からの支給はない。 それぞれが自力でマスクを確保しなければならないが、品薄のため苦労しているという。 「もともと花粉症なので、マスクが入手困難だと、まともに出社すらできない状態になってしまいます。 衛生上はNGだとわかっているのですが、結局同じマスクを使い回さざるを得なくなるのかな、という危機感があります」 製造現場では「中国ショック」で残業も 一部の製造業の現場では、従業員の健康を考慮し、工場の稼働を無期限で中止するところも出てきているが、影響はそれだけにとどまらない。 大手自動車メーカーで部品調達を行う30代の女性・Cさんが語る。

次の

ついに見つけた!耳が痛くならないマスク 唯一無二のつけ心地でおすすめ

マスク うってない

こんにちは、モモです。 新型コロナウイルスやインフルエンザ予防・花粉症予防にマスクが必要な中、なかなかマスクが売っている場所が見つからなくて困っている人はたくさんいます。 まあ、我が家もそうなんだけど… 私もたまにスーパーや薬局のマスクコーナーをのぞいてみますが、たしかに入荷している様子は全くありませんねぇ。 娘も集団生活が始まってからよく風邪をひくようになり、病院に行くときや咳が出ている時はエチケットのためにマスクが欠かせません。 マスクは薬局に売っているとばかり思っていたのでとても意外! しかも1袋10枚入りで税込418円でした。 キッズマスクは調剤薬局にも売っていました 調剤薬局といっても、こどもクリニックの周辺にあるような調剤薬局ですね。 そういう調剤薬局にくる方は子どもの薬をもらいに来ている方がメインですから「おくすりのめたね」とか「キッズ用ばんそうこう」などといった子供向けの医療品が多いです。 それも今現在は在庫がどんな状況なのかはわかりませんが、そこにいけばキッズ用マスクは販売されていました。 (ただ3重構造のタイプじゃないので、気休め程度かもしれませんね) ホームセンターでも最近入荷していたようです 私が行ったのはジョイフルAK。 祖父の月命日の法要で使うものをおつかいで買いに行ったわけですが、入り口付近にあったワゴンのなかにドーンとマスクの山がありました! それもおひとり様1つまでと制限付きです。 これもおひとり様1つまででしたね。 こちらはマスクと違ってシャンプーなどの横にひっそり陳列されていたので、気づく人は少ないかもしれません。 赤ちゃん本舗にも購入制限付きで販売されていました 赤ちゃん本舗って、乳幼児がいる家庭以外は行く機会がありませんよね。 なので転売目的の方は少ないのかと。 今は手に入りにくい手ピカジェルプチや、出先でも手が洗える紙石鹸なども売っていました。 以上のように、日本中で品薄になっていても、店舗によっては入荷することがあるようですね! ですが薬局などみんなが真っ先に売っていそうと考える場所では、なかなか手に入りにくいんじゃないかと思います。 だからといって、知らない人が使ったマスクを洗って使うなんてことはヤバいと思います… 再利用するのであれば自分が使ったマスクを使うようにするのが安心ですね! 実はウイルスってマスクだけじゃなく衣類にもつくらしいんです。 目に見えない物を完全に防ぐなんて難しいけど、怖い感情に支配されて毎日怯えて暮らすより、今言われている予防策を実践したり、ご飯をバランスよくしっかり食べて、よく寝て、よく笑って、なるべくストレスの溜めない生活を送るのが一番だと思います!.

次の

マスク難民のみんな、諦めないで! 意外な場所に箱マスクあるかも。 : 東京バーゲンマニア

マスク うってない

普通サイズ(Mサイズ)のマスクを装着すると、どうしても耳のあたりが痛くなってしまう私。 それなら大きめサイズ(Lサイズ)のマスクを購入しようと、近場にあるドラッグストアやコンビニ等を探したみたものの、対象となりそうな商品展示はまったくなし。 販売されているマスクのほとんどが普通か小さめサイズのみなんですよね。 MサイズやSサイズのマスク:どこでも売ってる• Lサイズのマスク:販売なしのところが多い• 大きいサイズのマスクを買う方法: ネット通販で買うのが楽ちん: ではどうすれば大きめサイズのマスクを入手出来るのか…というと、これはやはりネット通販を購入するのが楽ちん。 実際、Amazonで「マスク 大きめ」と検索すると複数種類のマスクを発見。 なかなかコンビニやドラッグストアで売られていない超立体のマスク大きめや、アイリスオーヤマの美フィットマスク大きめなんてものも余裕で売られていました(詳しくは下記リンク先にて)。 こちらなら1枚あたり7円ちょっととリーズナブルに使い捨てマスクを使い続けることが出来ますよ。 まとめ買いして安く、インフルエンザやはしか等の流行を乗り切ってもらえればなと思います。 新型肺炎の影響で入手しずらい: 尚、現在は新型肺炎(COVID-19)の影響で、マスクは非常に入手しずらい状況あり。 Amazonや楽天でも転売ヤー達によって価格が高騰しているので、手元の在庫に余裕がまだあるなら、流通量が増える頃までもうすこし待ってみてもいいのかもしれません。 わざわざ高いタイミングで購入する必要はないですよ。 以上、大きめサイズのマスクが売ってない…という場合には、ネット通販で購入しよう。 近場の薬局ではなかなかLサイズのマスクは売ってません…という話題でした。 参考リンク: 家計の節約をこの機会にしたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。 節約テクニックやアイデアをまとめています。

次の