レクサスオーナーズ保険。 レクサスオーナーズ自動車保険とは?やっぱり保険料は高い?

LEXUS ‐ レクサストータルケア|レクサスの安心|緊急サポート24

レクサスオーナーズ保険

今日は年末にもかかわらず、お休みがいっぱいあるので休暇を取り、最後の未解決問題となっていた任意保険についてMY Dに行って相談してきました。 私の知人からも「レクサスの保険は高いからやめたほうがいいよ」といわれていたのですが、どの程度になるのか試算してもらいました。 話では15万以上と聞いていたのですが...? ところが...画像をポチットクリックしてもらうと分かると思いますが、イタレリーツクセリコースで115290円でした。 これは車両保険MAX625万加入しての金額です。 なんだかんだとレクサスだけです。 ...という特典があれもこれもついてこの金額でした。 ちなみに私がARISTOを8年乗って車両150万で約9万円でした。 ゴメンナサイ。 そのため、高い保険料を取られそうになったことがあります。 いろいろ調べなければ気がすまない私は、ネットでも、同条件で見積もりを取りましたが、次のとおり。 中には、車両は別途見積もるとか分からないことをいっているところもありました。 でも、使わないに越したことはありませんが、万が一事故にあった場合は、ヘルプボタンで保険から、帰りの旅費から、旅行のキャンセル代など全部やってくれるというので、値段がそれほど高くなければイイヤと思ってお願いしてきました。 私は想定以下だったので、良しと思っているのですが、これで高いですかねぇ。? SCさん曰く。 「お客さんの中には、よく保険の内容の説明を聞いてくれない方がいらっしゃるので、それで数字だけ見て高いと判断される方もおられるようです」ですって。 おしまい。

次の

レクサスオーナーズ自動車保険とは?やっぱり保険料は高い?

レクサスオーナーズ保険

記事の目次• この記事はこんな人におすすめ 今回の記事は以下の人におすすめの内容です。 レクサス購入時のディーラーローンを探している人• レクサスオーナーズローンの特徴を知りたい人• レクサスオーナーズローンの金利を他社と比較したい人 レクサスオーナーズローンとは レクサスオーナーズローンとは、トヨタの正規ディーラーで利用できるローンです。 販売代理店では利用できないため、基本的には新車の購入にしか利用できないので気を付けましょう。 また、トヨタの自動車販売店であったとしても、レクサス車が対象となるため、プリウスなどのトヨタ車は対象外である点も注意してください。 そんなレクサスオーナーズローンには大きく分けて以下のふたつのタイプがあります。 スタンダードプラン• スマートバリュープラン ふたつのタイプでは引き落とし日の設定など、共通している点も幾つかありますが、返済方式など異なる部分が多いので、確認して行きましょう。 スタンダードプラン スタンダードプランは通常の自動車ローンです。 こちらのニーズに合わせて支払回数や頭金、ボーナス払いなどを決めることができ、支払計画を立てやすいのが特徴です。 また、契約後であっても月々の支払額や支払回数などを変更することも可能です。 スマートバリュープラン スマートバリュープランは、いわゆる「残高据置型クレジット(残クレ)」です。 契約時に車両本体価格の一部を「残価」として最終回に据え置くことにより、月々の支払額を軽減できるのが特徴です。 たとえば、500万円の車をローンで買うとき、通常なら500万円でローンを組みますよね。 それに対して、スマートバリュープランであれば、車両本体価格の一部を残価として最終回の支払いまで据え置くことが可能なのです。 よって、残価が100万円であれば「500万円-100万円=400万円」であり、400万円でローンを組めるのです。 そして据置した残価は以下の3つの方法で清算することになります。 下取りして乗換え• 車両買取り(一括払い・再ローン)• 車両返却 このように、車両価格の一部を最終回まで据置してローンを組めるのがスマートバリュープランです。 レクサスオーナーズローンの金利 ローンを組む時に気になるのが金利ですよね。 レクサスオーナーズローンの金利は、スタンダードプラン&スマートバリュープラン共に「年4. 1%」となっています。 この金利は高いのか、銀行の自動車ローンと比較してみましょう。 ローン名 金利 三井住友銀行 マイカーローン 年4. 72%~2. 975% 住信SBIネット銀行 MR自動車ローン 年1. 525%~3. 725% りそな銀行 マイカーローン 年4. 475% 横浜銀行 マイカーローン 年3. 2%~3. 9% (店頭表示金利) 年2. 1%~2. 8% (インターネット限定) 千葉銀行 ちばぎんマイカーローン 年1. 7%~2. 55% 上記の銀行と比較すると、二つのローンにそこまで大きな差はありません。 ただし、銀行の中には3. 0%以下で組めるところもありますし、その他の金融機関(信用金庫や労働金庫など)の自動車ローンの中には1. 0%台というものもあります。 こうしたことから、レクサスオーナーズローンの金利は決して低金利とは言えず、ごく普通であると言えるでしょう。 もしも、メインバンクで取引している銀行のマイカーローンが低金利であれば、条件を確認してよく比較しましょう。 レクサスオーナーズローンの支払回数 ローンを組むときは、支払い回数も確認しておく必要があります。 レクサスオーナーズローンの支払い回数は以下のとおりです。 スタンダードプラン スタンダードプランは、「1回・2回」もしくは「3回~72回」から選択できます。 支払方法は月々一定額の支払いをする「均等払い」と、「ボーナス併用払い」の2つのプランがあります。 ボーナス併用払いの支払いプランを選択すれば、ボーナス時の追加支払い分で、毎月の返済額を減らすことが可能です。 ただし、返済回数が少ない場合にはボーナス併用払いが利用できない可能性もあるため、返済回数ごとの条件を確認しておきましょう。 スマートバリュープラン スマートバリュープランは「12回・24回・36回・48回・60回」から選択可能です。 ただし、先にもお伝えした要に最終回は残価を清算する必要がありますので、選択する清算方法の詳細も確認しておきましょう。 残価据置の価格は、分割回数によって変動するため、分割回数が大きければ据置価格が低くなってしまいます。 また、支払が完了したあとの残価据置価格の対応は、分割払い終了時に選択できるのですが、ここではそれぞれの対応方法を詳しく解説します。 下取りして乗換え 下取りして乗換えする場合、現在の車両を返却して新しい車を購入することになります。 下取価格は最初に決めた残価が目安ですが、中古車市場の状勢によっても変化が生じるので注意です。 車両買取 車両を買取する場合は残価を一括で支払うか、再度ローンを組むかを選択できます。 再度ローンを組む場合も最初の契約時と同じく、スタンダードプラン型(通常ローン型)とスマートバリュープラン型(残価設定型)の2つから選ぶことが可能です。 ただし、支払回数は当初の支払回数を含めて84回以内となります。 車両返却 車両返却をすることによって残価を清算することも可能です。 この場合、車の査定によって査定価格が決まり、査定価格が残価を上回った場合は返金がされ、査定価格が残価を下回った時は追加で支払いが必要になります。 以上がレクサスオーナーズローンの支払回数の詳細となります。 繰上返済について ローンの契約中に「今月は余裕があるので多めに返済したい」「まとまったお金ができたので全額返済したい」という時もあるかと思います。 そうした場合、スタンダードプランであれば「繰上返済」が可能です。 ただし、支払回数3回以上が対象なので注意しましょう。 「一部繰上返済」と「全額繰上返済」の両方が可能ですので、お金に余裕のある時は多めに返済して支払期間を短縮ができます。 繰上返済は支払日を気にせず、いつでも現金が用意できたときに利用できるのも魅力ですね。 また、「月々の支払額の変更」と「支払期間の変更」も可能です。 よって、毎月の支払額を増減させたり、支払期間の短縮や延長をさせたりすることも自由で、変更手数料なども発生しませんので安心してください。 ただし、スマートバリュープランの場合には、残価設定金額の関係上一部繰上返済、全額繰上返済どちらも行えません。 もしも、返済期間を早めに終わらせるために繰上返済が行いたい場合には、スタンダードプランを選択しましょう。 レクサスオーナーズローンの審査 レクサスオーナーズローンには審査があり、審査に通過しなければ利用が出来ません。 審査の基準等は非公開ですが、一般的な自動車ローンの審査と変わりないかと思われます。 ただし、保証人や車以外の担保を付けなくても良い代わりに、保証付きのローンとなるため保証会社の審査もとおらなければなりません。 そのため、以下のような点が重要になってきます。 定職についており安定した収入がある• 他社借入が少ない• クレカやローンの返済を期日通りにしている• 信用情報に事故情報がない こうしたことから、申込者の「返済能力」が審査の合否の鍵となります。 つまり、「毎月延滞せずにしっかり車のローン費用を支払っていけるだけの能力があるか?」という部分を最重視されるのです。 レクサスオーナーズローンの審査では、このように申込者の返済能力が重要になるため、現在の職業や収入、他社借入や過去の返済記録などによって合否を判断される可能性が高いです。 また、他社借入や過去の返済記録は、個人信用情報機関と呼ばれる専門機関が、過去2年間分の情報を保管しているため、年収などの情報と同じように詳しくチェックされます。 メリットとデメリットも要確認! どのようなローンを組むときでも、メリットとデメリットをしっかり把握しておくことも重要です。 把握しておくと、自分に合ったローンなのかが分かり、契約した後に「失敗した!」という事態を防ぎやすくなるからです。 そこで次に、レクサスオーナーズローンのメリットとデメリットをお伝えしていきます。 スタンダードプラン スタンダードプランの利点は、こちらの希望に合わせた支払計画を組みやすいことです。 支払回数の選択や頭金、ボーナス払いなどの自由度が高いため、自分にあった支払計画を組みやすくなっています。 それに対して欠点は、金利が低いとは言えないことです。 他に探せば金利の低いローンは幾らでもあることです。 スタンダードプランはごく普通の自動車ローンですので、独自の特徴というのはほぼありません。 かといって、金利は4. 1%と特別低いわけでもないため、他に探せばいくらでも金利の低いローンが見つかるという欠点があります。 スマートバリュープラン スマートバリュープランの利点は、月々の返済負担が軽くなることです。 車両価格の一部を最終回の支払いまで据置してローンを組めますので、ローン金額が安くなり、月々の返済額が軽減されます。 一方、欠点は最終回に分割を選択すると総支払額が多くなってしまうことがある点です。 また、下取りや買取りを選択する場合、その時の中古車市場の情勢によっては契約時に決めた残価よりも安くなってしまうことがある点も欠点です。 レクサスオーナーズ自動車保険は内容が充実 レクサスオーナーであれば、これまで紹介してきたレクサスオーナーズローンの他にも、レクサスオーナーズ自動車保険にも加入できます。 レクサスオーナーズ自動車保険とは、自動車保険会社のあいおいニッセイ同和損害保険会社が、引き受けている保険です。 レクサスオーナーズ自動車保険は、他の自動車保険に比べて損害や盗難、事故などに対して手厚い補償を行っている車両保険です。 レクサスほどの高級車の場合、盗難にあう危険性も高く、事故に遭ったときの金額も高額になるため、手厚い自動車損害保険であるレクサスオーナーズ自動車保険はおすすめです。 自動車保険の特徴は レクサスオーナーズ自動車保険の大きな特徴は、大事故に遭ったときの補償対象が手厚い点にあります。 例えば、レクサスの修理費用が車両購入価格の半額以上の高額になってしまった場合、購入時の金額分の新車購入を保証してもらえるのです。 また、車両保険金額以外にもロードサービスの補償も充実しており、特に注目の内容にレクサスオーナーが加入しているG-Linkを使ったサービスがあります。 G-Linkのネットワークを通じて、毎日の走行をあいおいニッセイ同和損保に送られ、走行距離と安全スコアを元に運転分保険料を正確に把握してもらえます。 また、G-Linkを通じてヘルプセンターや保険会社、販売代理店などに即座に通話をつなげることが出来ます。 さらに、こちらから通話をせずとも、車が事故に遭ったと思われるほどの衝撃が起こったときには、自動で専任オペレーターにつながるように設定されているため、事故直後の初期対応をスムーズに行ってくれるのです。 保険料の払込方法について レクサスオーナーズ自動車保険の払込方法は、「自動車ローン一体型」「クレジットカード支払型」「口座振替型」などを選択できます。 自動車ローン一体型は、先ほど紹介したレクサスオーナーズローンの引き落としに合わせて支払いが可能です。 また、払込み方法を自動車ローン一体型にすれば、支払い額が毎月一定になるため返済計画が立てやすいメリットがあります。 毎月の運転量が少ない人であれば、G-Link連動型にすることで毎月の保険料を少なく抑えられるのはうれしいですね。 この他にも、一時払いや分割払いなど様々な払込方法があるので、他の払込方法が知りたい人はレクサス販売店もしくは、あいおいニッセイ同和損保に問い合わせてください。 保険料は安い?高い? レクサスオーナーズ自動車保険は、保険料が手厚い反面保険料が高いと言われています。 組み込むオプションやベースとなる保険の選択によって、保険料が大きく変動するため単純に費用を比較はできませんが、同等程度の契約をすると高額になる可能性は高いです。 ただし、G-Linkを使ったロードサービスは、レクサスオーナーズ自動車保険ならではのサービスと言えますし、新車の提供特約は他社にはあまりない補償ですので、魅力も数多くあります。 レクサスは購入価格が高額になるため手厚い保険に入ることがおすすめですので、多少保険料が高くても、レクサスオーナーズ自動車保険を検討してはいかがでしょうか。 割引制度 レクサスオーナーズ自動車保険は、幾つかの条件を満たすことで割引制度が受けられます。 他にも、先進環境対策車割引や新車割引、ユニット割引など様々な割引制度があるので、利用できる割引制度を代理店、もしくは保険会社に確認しておきましょう。 まとめ レクサスオーナーズローンはトヨタのディーラーで利用できるローンで「スタンダードプラン」と「スマートバリュープラン」の2種類があります。 スタンダードプランは通常の自動車ローンであり、スマートバリュープランは残高据置型クレジットです。 どちらも金利は年4. 1%ですので、高くもなく低いもない設定です。 自動車ローンとしては特に優れている部分があるわけではありませんが、魅力を感じる場合や、他に選択肢がない時は利用を検討しても良いでしょう。

次の

lexusのローンを徹底解説~「レクサスオーナーズローン」のすべて

レクサスオーナーズ保険

先日 Lexus NX を購入しましたよっしーでございます。 さてさて、初めてレクサス車を買う時に気になるのが、やはりレクサスオーナーのみが加入できる「レクサスオーナーズ自動車保険」ではないでしょうか。 今までは事故をした時の対応を考えて、購入したカーディーラーで自動車保険に入るようにしていましたが、レクサスの自動車保険という事で随分高そうなイメージがあって最初は入ることを躊躇していました。 しかしながら、担当さんとじっくり保険の内容を打ち合わせしてプランを試行錯誤した結果、現在加入している東京海上日動の自動車保険と比べてもそれほど大差の無い価格でプランを作成することが出来ました。 これからレクサス車の購入をご検討の方は、ぜひこの「レクサスオーナーズ自動車保険」も併せて検討してみてくださいね!• 「レクサスオーナーズ自動車保険」とは、その名の通り、レクサスオーナーのみが入ることが出来るレクサス車専用の保険です。 全体的に保証が手厚く、高品質なサービスが用意されているのが特徴です。 特に新車購入後3年間は、大きな事故(50%以上の損傷が発生)の際には同一のレクサス車が新車で提供されたり、レンタカーは当然のことながらレクサス車であったり、その他もろもろ至れり尽くせりな内容になっています。 もちろん事故にあわないのが一番良いのですが、もしもの際にもわざわざ保険会社へ連絡しなくて良いのは、緊急時の気が動転している際には心強いかと思います。 レクサスオーナーズ自動車保険プランの一例|あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 「レクサスオーナーズ自動車保険プラン」は、下記補償(特約)をパッケージがおすすめとして紹介されています。 詳細はレクサスの店舗にて担当者様にご確認ください。 レクサス車に関する補償プログラム• 【レクサス車提供特約】事故によりお車に大きな損害が発生した場合、同一のレクサス車をご提供いたします。 【代替時登録諸費用特約】事故により、同一のレクサス車に代替された場合にかかる費用を補償いたします。 【盗難時鍵交換費用特約】盗難にあわれたレクサス車が発見された場合、鍵の交換費用を補償いたします。 【プレミアムロードサービス費用特約(代車提供型)】事故や故障等によりレッカー牽(けん)引・搬送された場合等に必要となった費用等を補償いたします。 【ラージクラス代車提供特約・新車提供時代車延長特約】事故時にはラージクラスのレンタカーをご提供いたします。 新車提供時代車延長特約で提供期間も最長90日まで延長いたします。 レクサスオーナーに関する補償プログラム• 【傷害一時金高額特約】自動車事故によるおケガでの差額ベッド代等にも備えられるように補償いたします。 【ウェルキャブ車提供特約】万一の場合には、ウェルキャブ車(福祉車両)をご提供いたします。 基本補償プログラム• 【相手の方への賠償責任に対する補償】 対人賠償責任保険 対人臨時費用特約 対歩行者等傷害特約 対物賠償責任保険 対物超過修理費用特約 不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約• 【レクサスオーナーご自身やご家族のおケガに対する補償】 人身傷害保険(自動車事故特約セット) 人身傷害サポート費用特約 人身傷害自立支援費用特約 交通事故特約 犯罪被害事故特約• 【ご契約のお車に対する補償】 車両保険 全損時諸費用特約• また、同時に「東京海上日動の自動車保険」でも見積書を作成してもらっているので、併せてご提示しておきます。 「レクサスオーナーズ自動車保険」契約時の参考にどうぞ。 今回管理人が契約した「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積書です。 ポイントとしては、最終的に 免責金額を【5万-10万】に設定したのと、思い切って レンタカー特約(代車提供)は除けたのが大きいです。 逆に 弁護士特約と、 無保険車との事故に備えての特約は追加しました。 この辺りはそれぞれ色々な考え方があるとは思いますので、よーく担当の方と相談して決めてくださいね。 もちろん、お金に余裕があるなら【代車提供(J5)】にすれば、かなり良い代車が使えるはず。 その分保険料も上がりますけどね。 ちなみに、以前ランエボの時から契約していた「東京海上日動の自動車保険」でのプランだとこんな感じ。 こちらはレンタカー費用が入っての価格です。 それでも若干「レクサスオーナーズ自動車保険」よりは安いですね。 かなり悩みましたが、担当者さんとのお付き合いもあるし、「ヘルプネットボタン」での事故時の対応が簡便である点を考慮して、今回は「レクサスオーナーズ自動車保険」にて契約しました。 最近は事故の際に揉めることも稀にあるようです。 【 弁護士特約】は絶対に入れておきましょう。 また、各保険会社によって取り扱いがあるかどうか異なるようですが、【 無保険車との事故】に備えての特約があれば、金額的に許容範囲内なら入っておくほうが安心かと思います。 そして少しでもお得に自動車保険を契約するなら、免責金額はよく検討しましょう。 この辺り自分は専門家ではないので詳しい説明は割愛しますが、以下のサイトの内容などは非常に分かりやすいかと思います。 結局数万円の事故で保険使っちゃうと保険料もグンとアップしちゃいします。 一般的に数十万円レベルの事故などで保険を使うことがほとんどですし、高級なレクサス車なら猶更。 そうなると、免責5万円は個人的には気にならないレベルです。 それなら毎年数万円浮く方がお得かもしれませんしね。 今回はやや割高なのは承知の上で「レクサスオーナーズ自動車保険」を契約しましたが、もしも少しでもお得に、保険料を安く抑えたいなら、絶対に「」は試してみるべきです。 もちろん、ある程度最低限自分に必要な保険内容を認識しておく必要はありますが、実際の「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積もりと照らし合わせながら検討してみると、いかにお得かが分かりやすいのではないでしょうか。 中でもおすすめなのが、ネット上から簡単に行える自動車保険の一括見積もり。 これなら簡単に安い自動車保険を探すことが出来ます。 特にネット保険だと特典として大きな割引があることも多いです。 そりゃ代理店を通さないので、人件費が浮く分安くなって当然ですよね。 せいぜい担当の方から「事故は大丈夫でしたか?」という連絡が入った程度なので、ネットでの契約でも問題ない気はします。 とりあえず、まずは「」である程度の価格を把握しておき、その後「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積もりを取ってもらいましょう。 後は価格差と保険の充実度を照らし合わせ、ご自身の環境にあったものを選ぶと良いかと思います。 何かあった時の安心感は勿論「レクサスオーナーズ自動車保険」が一番ですが、そもそも事故を起こさなければ使うこともないものです。 それなら少しでも保険で節約して、その分ドライブや旅行にお金をまわす方が人生は充実するかもしれません。 気になる方はぜひ一度見積もりをとってみてくださいね。

次の