許し て ください 英語。 「許してください」に関連した英語例文の一覧と使い方

無知な私を許してくださいって英語でなんて言うの?

許し て ください 英語

「お許しください」の意味と敬語 「お許しください」はへりくだって相手の許しを請う表現 「お許しください」は、何か過ちをおかしてしまった場合や、失敗をしてしまった、相手に迷惑をかけてしまったといった場面で、「ごめんなさい」と謝罪の気持ちを述べる場合に「許してください」とへりくだって相手の許しを請う表現です。 「許し」には「 願いを聞き入れること許可すること」「 罪・過失・無礼などをとがめないこと」を意味します。 主に、目上の人や取引先の相手など敬意をはらうべき相手に対して使用し、ビジネスシーンなどでも多く使われているフレーズです。 「お許しください」の敬語は、尊敬語+丁寧語 「お許しください」は、 「許す」という言葉に、尊敬を表す接頭語の「お」と「くれ」の丁寧語である「ください」をつけた言葉です。 したがって、尊敬を表す「お(ご)〜ください」という英語表現であるため、目上の人に対して使用することができます。 しかし、「ください」が元々「くれ」という命令形であるといったことから、強い口調に感じてしまう人もいます。 特にビジネスシーで目上の人や取引き先相手方へ謝罪をするには丁寧さにかけるとうのが一般的であるため、使用する場面や相手には注意が必要です。 「お許しください」の使い方と例文 本来打ち合わせや電話で伝えるべき内容をメールで伝える場合 ビジネスシーンでは時間が上手くとれないとき、本来時間を設けて打ち合わせをするべきところをメールで済ませたり、電話で直接伝えるべきことをメールで伝えるといった場面があります。 そういった場面で「 メールでのご連絡をお許しください」といったように、メールで済ませることを申し訳なく思う気持ちを伝えることで、相手に誠意をみせるとができます。 例文 「本来ならば直接お伺いするところですが、諸事情により電話での連絡となりましたことをお許しください」 「本来ならばお電話でお伝えすべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお許しください」 休日や夜分、多忙な時間帯にメールを送る場合 ビジネスシーンでは、休日や夜分、相手にとって多忙な時間帯にメール送ることは避けるというのが相手に連絡をとる上でのマナーです。 しかし、急を要する場合など連絡を入れなければならないといった場合に、「お許しください」と伝え、相手のことも考慮したうえで申し訳ないのですが連絡させてもらいましたという気持ちを言い表すことができます。 メールだけでなく、電話で連絡をとる場合にも使用することができるので、覚えておきましょう。 例文 「大変恐縮ですが、休日にメールを送る失礼をお許しください」 「お忙しい時間帯にご連絡する無礼をどうぞお許しください」 メールの誤送信があった場合 メールのご送信をしてしまった場合は、メールの宛先を間違えるという不手際に対して「お許しください」と謝罪の気持ちを述べます。 その場合は、送信してしまった日時と件名を伝え、不手際をお詫びするとともに誤って送ってしまったメールの破棄をお願いします。 また、メールで添付するはずのファイルを添付するのを忘れて送信してしまたといったミスに対するお詫びにも使用することができます。 メールでの対応にミスがあった場合は迅速に相手に失礼のないよう謝罪をするなど対応をし誠意をみせましょう。 大変恐縮ですが、上記のメールを開封せずに削除していただけますと幸いです。 こちらのミスでお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「先程お送りいたしましたメールにつきまして、資料を添付すると申したのにもかかわらず、添付せずに送信してしまいました。 あらためて、ファイルを添付し送信いたしますので先程のメールに関しましては削除していただけますと幸いです。 こちらの不手際でお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「お許しください」の使用上の注意点 こちらの不手際によるガチの謝罪では使えない 「お許しください」は、「許してください」と許しを請表現なので、 こちらの不手際により相手に対して失礼なことをしてしまった場合などガチの謝罪では使用することはできません。 自分の不手際に対して相手が不快な気持ちになっているのに対して「許してください」と許しを請うのは失礼です。 その場合は、許しを請うのではなく自分の非を認め「大変申し訳ございません」など「謝罪」の言葉を述べるのが常識です。 相手の怒りを鎮める場合も不適切 自分の不手際や失礼な行動により相手を怒らせてしまったという場合にも「お許しください」を使用するのは不適切です。 相手に怒りを鎮めるには「許してください」と許しを請うのではなく、「弁解の余地もございません」「面目もございません」といった謝罪の言葉を使用してお詫びをすることが必要です。 「お許しください」の類語 失礼いたします 「失礼いたします」は、 「失礼します」という言葉を「する」の謙譲語の「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた言葉で、目上の人や取引先相手に敬意をしめす表現として使用することができます。 「失礼します」をさらに丁寧にしたものが「失礼いたします」です。 「失礼」は、 うっかり迷惑をかきたときに相手に謝る言葉で、相手にに迷惑をかけそうなときも前もって「失いたします」と述べることができます。 例文 ・まずは取り急ぎ、メールにてご報告失礼いたします。 ・突然失礼いたしますが、詳しく事情を教えていただきないでしょうか。 ご容赦ください 「ご容赦ください」の「容赦」は「 ようしゃ」と読みます。 「容赦」の意味は「 許す、大目に見る」です。 そのため、「ご容赦ください」は 「許してください」「大目に見てください」の尊敬語になります。 「ご容赦ください」は、尊敬語の「ご」+「許す」を意味する「容赦」+丁寧語の補助動詞「ください」が組み合わさってできた表現で、「自分の失敗や過失をどうか許してください」のように申し訳ない気持ちを表現できます。 また、こちらからお願いをする際にも「ご容赦ください」をつけることで、「このお願いをお許しください」「このお願いを受け入れてください」といった気持ちを伝えることもできます。 例文 ・乱筆乱文のほど、ご容赦ください。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 何卒ご容赦ください ご諒恕(りょうじょ)ください 「ご諒恕」は「 ごりょじょ」と読みます。 「諒恕」は「 事情を思いやってゆるすこと」を意味しています。 謝罪をする場面で使用する言葉で、「ご諒恕を請う」や、「ご諒恕を賜りたく」などと使います。 「ご諒恕」は「ご寛恕」と同じ意味で使用される言葉ですが、使用頻度は低いです。 例文 ・今回の一件については、何卒ご諒恕ください。 ご勘弁ください 「ご勘弁ください」は、過ちや間違いをしてしまったときに 「許してください」というニュアンスで使用される言葉です。 「勘弁(かんべん)」には、「 過ちや不都合を許すこと」という意味があり、尊敬を表す接頭語の「お」と「ください」という丁寧語を使用して目上の人に使用できる敬語表現にしています。 例文 ・度重なるご無礼をどうかご勘弁ください。 ・開封後の返品返金は致しかねますのでご勘弁ください。 ご寛恕(かんじょ)ください 「ご寛恕」は「ごかんじょ」と読みます。 「寛恕」の意味は、「度量広く、おもいやりの深いこと」「ひろい心でゆるすこと」で、「ご寛恕」は「 ひろい心で許してください」「 大目にみてください」という意味で使用されます。 「ご寛恕」には尊敬を表す接頭語「ご」が付いているので、相手の「広い心持ち」に対して使います。 つまり、相手からお許しをいただきたい場面である謝罪・お詫びのシーンで使うのが一般的です。 とても堅い表現なので、日常会話で使用することは極めて稀で、ビジネスシーンで使うのが普通です。 例文 ・今回の失態については、何卒ご寛恕くださいますようお願いいたします。 ご海容(かいよう)ください 「ご海容」は「 ごかいよう」と読みます。 「海容」は「 海のように広い寛容な心で、相手の過ちや無礼などを許すこと」を意味します。 「ご海容」は主に、手紙で用います。 「ご海容」は「ご寛恕」といった言葉とほとんど意味は一緒で、同じように使うことができます。 例文 ・ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません、何卒ご海容よういただきますようお願い申し上げます。 ・今後はこのような過ちを起こさないよう、細心の注意を払っていく所存です。 どうかご海容ください。 ご宥恕(ゆうじょ)ください 「ご宥恕」は「 ごゆうじょ」と読みます。 「宥恕」の意味は、「 寛大な心で罪を許すこと。 許して咎めないこと」「 見逃してあげること」で、「被害者が加害者の行為を許容すること」という意味も含まれます。 「ご宥恕」は「ご宥恕賜りたく存じます」「ご宥恕いただきありがとうございます」などと、相手に 損害を与えてしまったときに使う言葉です。 例文 ・ご宥恕を賜りたく、連絡した所存です。 ・この度の過失をご宥恕いただきありがとうございます。

次の

「お許しください」に関連した英語例文の一覧と使い方

許し て ください 英語

記事の目次• もうやめてほしい時 まず初めに、「もうやめて!」と相手に伝える時に使う「勘弁して」のフレーズを見ていきましょう。 Give me a break. 勘弁してよ。 しつこく同じ話をしてくる人いますよね。 こちらはそんな時に使える英語フレーズです。 」ですが、ここでは「勘弁してよ。 」や「いい加減にして。 」という意味で使います。 同じ話や同じ事を繰り返されて、ため息をつきながら言うイメージです。 A: John, when are you going to marry? (ジョン、いつになったら結婚するの?) B: Give me a break. How many times do I have to tell you? (勘弁してよ。 いい加減にして! こちらは少し怒った感情も伝わる表現です。 」になりますが、強めの口調で言うと「もう十分!」という意味になります。 このフレーズは嫌がる事を相手が何回か繰り返した時に使うことが多いです。 I overslept again! Where should I go? (ケイト、ごめん。 こちらの方が「私が」うんざりしているということをはっきり伝える表現になりますよ。 勘弁してくれ。 日本語でも始まりのことを「スタート」と言ったりしますよね。 」といったニュアンスです。 いつも同じような小言や愚痴を言う人に向かって「また始まったか。 」「もううんざりだ。 」と言う時の英語フレーズになります。 A: You should have accepted that offer from your boss. (ボスからのオファー受けたらよかったのに。 (勘弁してくれ。 もう決めたことだから。 ) Stop it. もうやめて。 この例ではパートナーがいない人に対して友達がいい人紹介するよと言っていますよね。 これまでも望んでいないのに何度か同じことがあったのだと想像できます。 短い表現ですが強い思いが詰まっていますよね。 A: I know a nice guy to match your type. Let me introduce you to him. (あなたのタイプに合う人知ってるの。 紹介するよ!) B: Stop it. Just leave me alone! (もうやめて。 ほっといてよ!) Not again! 勘弁して! この英語表現には主語も動詞もありません。 下の例は天気についての会話ですが、もちろん人に対して「もうやめてよ!」と言いたい時に使うこともできますよ。 (明日雪になるみたいだよ。 ) B: Not again! Trains will be canceled! (勘弁して!電車が止まっちゃう!) Oh, come on! 」「勘弁してよ~。 」という意味合いになります。 A: Can I cancel the party on Sunday? There seems to be few people I know. (日曜日のパーティー欠席でもいいかな?知ってる人ほとんどいなさそうだし。 ) B: Oh, come on! Ginny will come, too! (ちょっと待ってよ!楽しいよ!ジニーも来るし!) Enough is enough! もしこれを相手に言われた時は、相手を相当怒らせてしまったということになりますよ。 ずっと我慢してきたけれど、とうとう堪忍袋の緒が切れたというニュアンスです。 (アンナ、本当にごめん。 もう二度としないから!) B: Enough is enough! Enough! (もううんざり!) スポンサーリンク 許してほしい時 続いて、「許して!」と相手にお願いする時に使う「勘弁して」のフレーズをご紹介しますね。 勘弁して! 謝る意味で使う「勘弁して」は比較的軽い謝罪が多いと思います。 目上の人に謝罪する時は「勘弁して」とは言わないですよね。 Could you give me another chance? (そんなに謝るなら許すよ。 ) Please forgive me! 「許す」という意味の英単語を調べると一番に出てくると思います。 こちらも軽い謝罪の表現なので、ちょっとした事で相手に迷惑をかけた時に使ってくださいね。 A: Please forgive me! (勘弁して!) B: Never mind. (気にしないで。 また今度行こうよ!) ちなみに「許すよ!」「許さない!」と言いたい時はそれぞれ次のように言います。 (許さない!) I apologize for that. 申し訳ない。 I apologize for that. (金曜日は約束に間に合わなくてごめん。 申し訳ない。 ) B: I was looking forward to the date so much. (デートすごく楽しみにしてたのに。 ) My bad! 友達同士や親しい人との会話で「ごめんよ!」「悪い!」とカジュアルに謝る時に使います。 相手に謝る表現ではありますが、あくまで「ごめん!」といった軽いニュアンスなので、真剣に謝りたい時には使わないようにしてくださいね。 A: My bad! (冗談だとわかってるから、気にしてないよ!).

次の

「勘弁して」は英語で?やめてほしい/許してほしい時の表現11選!

許し て ください 英語

「お許しください」の意味と敬語表現 「お許しください」の意味 「お許しください」は過ちやミス、または無礼を犯してしまった相手に許しを求めるための表現で、口語でもメールのような文面でも使われます。 同義語表現として「許してください」がありますが、「お許しください」と言ったほうがより丁寧に聞こえます。 「お許しください」は謙譲表現 「お許しください」のような連用形の「お」を文頭につけて「ください」で終わらせる表現は敬語で、なかでも謙譲表現です。 しかし「お許しください」と使った場合、口頭や電話で使うときには違和感がなくても、ビジネスメールでは敬意が足りない表現だと思われることがあります。 「お許しください」よりも丁寧な言い方を求められた場合、謝罪であれば「ご容赦(ようしゃ)ください」、ある事柄を了解してほしいのなら「ご了承ください」のような言い換え表現があります。 このように、いろいろな敬語表現を知り、シーンによって使い分けられるようにしておくと安心です。 「お許しください」の類語 「許してください」が言い換え表現 「お許しください」の別の言い方として「許してください」があります。 「失礼します」も類義表現ですが、「お許しください」に比べると簡略化された印象になります。 「ご容赦ください」で許してほしいと伝える 「ご容赦ください」は「お許しください」の類語表現ですが、許してほしい、謝罪したいという気持ちを全面的に押し出すときに好まれる表現です。 「ご海容ください」でミスを許してもらう 許してほしい事柄が自分の犯したミスや過ちならば、「ご海容(かいよう)ください」があります。 あまり聞きなれない「海容」という言葉は、「海のように広い心で許してほしい」という意味です。 「ご寛恕ください」で非難しないでと訴える また相手に許しを懇願しつつ非難もしてほしくないと訴えたいときには、「ご寛恕(かんじょ)ください」や「ご寛恕いただけると幸いです」のように「寛恕」を使った表現ができます。 「寛恕」には、「度量が広く、思いやりがある」という意味があり、相手に犯した過ちを受け入れて起こらないでほしいと願う場合に使われます。 ビジネスでの「お許しください」の使い方 「お許しください」の使い方のポイント 「お許しください」は、許してもらいたい事柄の前後で使えます。 何かを始める前に、寛大に対応してもらいたいと懇願する場合に「お許しください」は使えますし、すでに何かをしてしまったことに対して謝罪や断る場合にも「お許しください」が使われます。 しなくてはならない対応や行動ができないとき 連絡すべきことがありながら自分の都合によってできない場合、「お許しください」が使えます。 どうぞお許しください」のように使います。 送信すべきではないメールを送信するとき ビジネスシーンでは休日などにメールを先方に送ることは控えるという暗黙の了解がありますが、そうした了解を破ってメールを送信しなくてはならないときに、「お許しください」を使いメールの冒頭で謝罪します。 「本日はお休みにもかかわらずご連絡をする無礼をお許しください」• 「お忙しい時間に連絡を差し上げてお許しください」 このように前置きをした上で本文を続けると、相手の状況を考慮したメールになります。 電話口でもこれらの表現を使うことは有効ですので、積極的に使ってみてください。 謝罪する場合に「お許しください」を使うときの要点 謝罪の気持ちを伝えるときに「お許しください」は使えるのですが、相手がすでに怒ってしまっている場合や相手に対して申し訳ない行動をしたときには「お許しください」という表現は適切ではありません。 「お許しください」という表現では相手の怒りを静めるほどの謝罪の意思を伝えられないからです。 「お許しください」の英語表現 「お許しください」の直訳では足りない 「お許しください」を直訳すれば、「Please forgive me」ですが、この表現だけを単独で使うと口語的になり、ビジネスに向いているとは言えません。 ビジネスシーンでも使える「お許しください」の英語表現をご紹介します。 ビジネスシーンで使える「お許しください」の英語表現 ビジネスシーンで「お許しください」を英語で表現するのなら、「お許しください」と短く直訳するのではなくて、状況も含めた文章を作るように心がけるといいでしょう。 何のことで許してほしいのかを明確にさせるのがコツです。 例文は下記の通りです。 Please forgive my mistakes. 私の過ちをお許しください。 I apologise for the inconvenience. ご不便をおかけして申し訳ありません。 Please excuse any grammatical mistakes there may be. もしも文法的な間違いがあってもお許しください。 I am terribly sorry for the late reply. 返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。 まとめ 「お許しください」は一般的にもよく使われますが、ビジネスシーンでも頻繁に使われる表現です。 許しを請いたり謝罪を表しますが、相手に対して非礼な行為をした場合やミスなどを犯したときには、「お許しください」は不適切な表現です。 「お許しください」の意味と正しい使い方を把握して、状況にあった使い方をするようにしましょう。

次の