逆流 性 食道 炎 市販 薬 おすすめ。 逆流性食道炎で喉の不快感・咳・痰がある場合の対処法

逆流性食道炎にスッと効く市販薬と漢方薬!症状・治療・処方薬も説明!

逆流 性 食道 炎 市販 薬 おすすめ

スクラート• ガスター10• ガストール• キャベジンコーワa• パンシロンaz これらの薬は食前・食中・食後などの服用するタイミングは異なりますが同じような効果を期待することができます。 胸焼けには効果があるのか? 軽度な胸焼けの場合は効くはずです。 きつい油物やアルコールを飲み過ぎた時には服用することで、服用しない時よりかは症状が軽くなりますよね。 ただし 慢性化している胸焼けにはあまり効果がありません。 また食事をする度に胸の当たりが痛くなったり、呑酸(胃酸が戻って来る)を繰り返し感じているのであればそれは逆流性食道炎という病気の可能性が非常に高いといえます。 慢性化している胸焼け・呑酸は逆流性食道炎という病気なのでキャベジンコーワSを飲んだとしてもその場だけの効果しか感じるられません。 参考『』 薬ばっかりに頼るのはやめましょう。 もっと大切なことがあります。 逆流性食道炎の治療法は薬物治療のみだと考えている人は 「」 こちらの記事を読んでください。 考え方がわかると思います。 『副作用』胃酸が減り、粘膜が薄くなる危険性もある キャベジンコーワSやその他の市販薬を服用することで胃酸が減るようになります。 減りすぎることもあるのです 胃薬には胃酸分泌抑制効果がありますからね。 そしてなによりも困ってしまうのは胃の粘膜が薄くなってしまうことです、 胃の粘膜が薄くなることで胃酸が胃を溶かしてしまうようになるのですよね。 普段から口に入れているものには詳しくなっていきましょう 胃潰瘍や胃がんの原因になりますし、胃の機能低下をもたらせてしまいます。 また薬を飲んだとしても食道の粘膜保護をすることはできませんので胃酸に対抗することはできないんです。 これがキャベジンコーワSや市販の薬、病院で処方される薬の大きな問題点であります。 つまり胃の活動を活性化させたとしても胃の粘膜を保護したとしても胸焼けや呑酸が起こるような食道・のど元の粘膜保護はできないので 薬を服用したとしてもあまり効果を期待することもできませんし、問題解決をすることは薬では決してすることはできないということですね。 <外部サイト> まとめ 軽度な胸やけには市販薬キャベジンコーワSは効果を発揮するのですが、 慢性的な胸やけ・呑酸・逆流性食道炎にはあまり効果はないどころか逆流性食道炎の症状を慢性化させてしまう原因となります。 長期的に服用するのではなくて一定の期間を定めてその範囲内で服用する事をおすすめします。 そうではないと病気の進行・悪化をさせてしまうことがありますからね。 正しい知識をもって正しい服用の仕方をしてくださいね! 特に中年者であれば、これらの症状が慢性化している危険性があるので根本的に胃酸が逆流しないように手を打つ必要があるでしょう。 <関連記事>.

次の

逆流性食道炎は市販薬で治る?おすすめはコレ!胃薬は効く?処方薬は何が違う?

逆流 性 食道 炎 市販 薬 おすすめ

はじめにお読みください 当サイトは医学的な根拠(医師による意見・厚生労働省ホームページ・薬剤師による意見等)を示し、実際に自分自身が逆流性食道炎を治療した際の実体験に基づく情報だけをご紹介するように心がけておりますが、すべての方に同じように効果があるわけではありませんので、予めご了承いただければ幸いです。 『逆流性食道炎の症状があるけれど、忙しくてなかなか病院に行けない』『とりあえず市販薬で何とかしたい』と考えている方も多いのではないでしょうか。 私自身も、逆流性食道炎の症状があった時には、仕事を休むことができなかったため、病院に行く暇もあまりありませんでした。 病院に行けない時は、市販薬に頼るしかないですよね。 もちろん、病院での適切な検査は必要ですが、市販薬でも症状が緩和される場合があります。 今回は、逆流性食道炎におすすめの市販薬について、ご紹介したいと思います。 逆流性食道炎で特にこんな症状がある時におすすめ 普段から胃痛や 胸焼けがある方 逆流性食道炎が軽度の場合は、市販薬『ガスター10』で症状が改善することもあります。 ガスター(一般名:ファモチジン)は「 H2受容体拮抗薬(通称:H2ブロッカー)」に分類される 胃酸の分泌を抑える薬です。 胃酸の分泌を抑えるので、不快な胃痛・胸焼けなどの症状が改善する可能性があります。 なお、市販薬『ガスター10』が 第1種医薬品のため、 薬剤師がいる薬局でないと購入できませんのでご注意ください。 従来の市販の胃薬は、出すぎた胃酸を中和するものが主でしたが、 H2ブロッカーは胃酸の分泌をブロックして治療します。 引用: 逆流性食道炎で特にこんな症状がある時におすすめ ストレスで 胃の痛みを感じる方 前項にて『ガスター10』をご紹介しましたが、『ガストール』は同じ胃痛でも、 ストレスで胃痛を感じやすい方におすすめの市販薬です。 『ガストール』は、 「M1ブロッカー」が配合された市販薬です。 『ガスター10』の 「H2ブロッカー」のほうが 胃酸を止める効果は強いですが、『ガストール』の 「M1ブロッカー」には ストレスによる胃酸分泌を抑える効果があります。 私の場合、ストレスで胃痛を感じやすいタイプなので、『ガスター10』よりも『ガストール』のほうが身体に合っていました。 「ガストール」に配合されているピレンゼピン塩酸塩(M1ブロッカー)は、アセチルコリンがECL細胞に作用するときのM1受容体をブロックし、アセチルコリンによる「ヒスタミンの放出」を抑えます。 結果的に、胃酸が多く分泌されるのを抑えるため、とくに 「ストレスなどで胃酸が多く出て胃痛が起こってしまう人」が服用すると、本来必要のない 胃酸の過剰分泌を抑え、胃痛を楽にしてくれます。 引用: 逆流性食道炎におすすめの市販薬 エーザイの「サクロン」 逆流性食道炎で特にこんな症状がある時におすすめ 胃もたれ・消化不良の症状がひどい方 「胃にベ~ル、セルベール」のCMでお馴染みの『セルベール』。 『セルベール』は、 弱った胃を粘液のベールで整える胃薬です。 そのため『セルベール』は、逆流性食道炎に加え、 胃もたれ等の症状があり、 胃が弱っている方におすすめしたい市販薬です。 私の場合は胃弱なので、『セルベール』には普段からよくお世話になっています。 ちなみに、 『セルベール』と 『新セルベール整胃』がありますが、 効果効能はほぼ同じです。 『新セルベール整胃』には脂肪の消化酵素である 「リパーゼAP6」が追加配合されています。 普段から胃の弱りを感じる、このような方におすすめです。 ・「胃もたれ」「胸やけ」などの症状を漫然と繰り返す方 ・少し無理をしたり、少し胃に負担がかかるだけで不快な症状を感じる方 セルベール整胃錠は、胃酸などの刺激から胃の粘膜を守る「胃粘液」を増やし、さらに胃の運動を活発にして弱った胃の状態を整えます。 セルベール整胃錠は、1回1錠で効く飲みやすい錠剤です。 引用:.

次の

逆流性食道炎の治療薬は?市販薬でオススメはコレ!

逆流 性 食道 炎 市販 薬 おすすめ

逆流性食道炎 逆流性食道炎では、食道に胃酸が上がってくることでむねやけなどの症状が出てきます。 逆流性食道炎は年齢を重ねるとともに生じやすくなります。 胃の入り口付近の筋肉が弱まることによって、胃酸が逆流してしまうことがあります。 また、脂肪の多い食事や、食後すぐに横になるなどの体位が影響します。 カルシウム拮抗薬 血圧の薬を服用中に逆流性食道炎になってしまうことがあります。 血圧の薬にはさまざまな種類があります。 特に カルシウム拮抗薬 と呼ばれる血圧の薬で逆流性食道炎が起こることがあります。 カルシウム拮抗薬の代表的なものは以下の通りです。 ・ノルバスク(アムロジピン) ・アダラート(ニフェジピン) ・アテレック(シルニジピン) ・カルブロック(アゼルニジピン) ・コニール(ベニジピン) カルシウム拮抗薬を含む配合薬の代表的なものは以下の通りです。 ・エックスフォージ(アムロジピン+バルサルタン) ・レザルタス(アゼルニジピン+オルメサルタン) ・ユニシア(アムロジピン+カンデサルタン) ・カデュエット(アムロジピン+アトルバスタチン) カルシウム拮抗薬の副作用 カルシウム拮抗薬は禁忌が少なく、よく使用される高血圧治療薬です。 副作用としては、むくみや動機などの循環器系の副作用が知られています。 下痢、便秘、吐き気などの消化器系の副作用も報告されています。 一方で、副作用としての 逆流性食道炎 については、 頻度が少ないためあまり知られていません。 カルシウム拮抗薬による逆流性食道炎 カルシウム拮抗薬は、 食道と胃のつなぎ目の筋肉(下部食道括約筋)をゆるめてしまうことが知られています。 もともとこの筋肉が弱っている人がカルシウム拮抗薬を服用すると、 さらに筋肉がゆるんでしまい、胃酸が逆流することがあります。 H2ブロッカーは効くのか 通常の逆流性食道炎には、ガスターなどのH2ブロッカーなどが効果的です。 ところが、カルシウム拮抗薬による逆流性食道炎には、ガスターなどの H2ブロッカーが効かない ことがあります。 その場合は、ほかの高血圧治療薬に変更することが必要と思われます。 血圧の薬を服用していて、胃酸が上がってくる症状が出た場合は、 市販の胃薬を使用するのではなく 、医師に相談しましょう。 まとめ ・血圧の薬によって逆流性食道炎の症状が出ることがあります。 ・逆流性食道炎を引き起こすことが知られているのは、カルシウム拮抗薬と呼ばれる血圧の薬です。 ・カルシウム拮抗薬による逆流性食道炎の場合は、胃薬が効かない可能性があるので、医師に相談する必要があります。 参考資料:宮崎医学会誌24:158~160,2000.

次の