三井住友カード メリット。 三井住友銀聯カードのメリットとデメリットを徹底調査!日本で作れる銀聯クレジットカード

「三井住友カード プラチナ」のメリットは?年会費、還元率、優待・サービスなど徹底解説

三井住友カード メリット

20代専用の三井住友カード ゴールド• セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドでのポイント5倍(還元率2. 充実した安心・安全機能(番号裏面、アプリで利用制限・確認、タッチ決済)• 初年度年会費無料。 翌年度以降も格安年会費で持てる• 家族特約付きの充実した付帯保険• 空港ラウンジサービス付帯 還元率 0. 5~2. 三井住友カード プライムゴールドは、 20代専用のゴールドカードになります。 空港ラウンジや付帯保険はゴールドカードと同等で充実しています。 それなのに、年会費の割引を最大限に活用すれば、 1,500円で持つことができます。 条件は簡単なので、誰でもこの年会費で持つことが可能です。 年会費とサービス内容のバランスを考えると、 コストパフォーマンスが非常に高いカードと言えます。 20代で三井住友カードを持ちたい人ならおすすめです。 また、満30歳になった後の最初のカード更新時に、 自動的に三井住友カード ゴールドにランクアップできます。 さらにランクアップ時に特典もあるので、 将来的にゴールドカードを持ちたい人もおすすめです。 マイ・ペイすリボについて 以降、マイ・ペイすリボがよく出てくるので、 最初に内容を把握しておきます。 マイ・ペイすリボとは、 ショッピング利用した支払いが自動でリボ払いになるサービスです。 つまり、1回払いにしてもリボ払いになってしまいます。 リボ払いだと金利手数料がかかるから嫌だ…と思うかもしれませんが、 マイ・ペイすリボでは金利手数料をかけずに、 ほぼ1回払いと同じ使い方ができます。 マイ・ペイすリボは初回の金利手数料が掛からないので、 毎月のリボ払い金額を全額にしておけば、 金利手数料はかからなくなります。 マイ・ペイすリボに登録することで 年会費が無料になる等のメリットがいくつかあるので、 クレ活ではマイ・ペイすリボの登録を推奨します。 ただ、マイ・ペイすリボの設定を間違えてしまうと、 リボ手数料が発生することがあるので、ここだけは注意してください。 きちんと設定をすれば、ノーリスクでメリットを受けられます。 還元率 通常時の還元率は0. それと、前年度(2月~翌年1月)の年間利用額によって、 以下表のように還元率がアップします。 還元率0. 年会費 プライムゴールドカードはさすがにゴールドカードなので、 年会費は無料とはいかなくなっています。 しかし、年会費を簡単に割引できるので、 結構安い年会費で充実したサービスを受けられます。 本会員の年会費 割引なしの年会費は、5,000円+税です。 VISA、MasterCardを両方持つ場合は、6,000円+税になります。 年会費は以下の条件を満たせば無料になったり、割引になります。 WEB明細+マイ・ペイすリボに登録していれば、 5,000円の年会費は、半額の2,500円になり、 さらに1,000円割引で 1,500円+税まで下がります。 そのため、 WEB明細とマイ・ペイすリボに登録するのが最もお得です。 家族カードの年会費 家族カードの年会費は、1,000円+税です。 VISA、MasterCardを両方保つ場合は、2,000円+税になります。 1人目は無料になりますが、 2人目以降は年会費がかかってきます。 ETCカードの年会費 ETCカードの年会費は、500円+税です。 年間1回以上のETCカード利用で、翌年度の年会費は無料になります。 初年度も無料です。 ポイントの使いやすさ ポイントプログラムは、「Vポイント」になります。 有効期限は2年間で、 色々なポイントや商品券などに交換できるので、使いやすいです。 交換先によって還元率が多少変わります。 還元率0. iDバリュー• 三井住友カードWAON• ベルメゾン・ポイント• 楽天スーパーポイント• dポイント• WALLET ポイント 国際ブランド 国際ブランドは、VISA、MasterCardがあります。 VISAカードの方が使いやすいと思います。 付属する電子マネー 三井住友カード プライムゴールドには、以下の電子マネーを紐付けできます。 WAON• PiTaPa iDは、クレジット一体型、iD専用カード型、おサイフケータイ型の3タイプがあります。 どのタイプも年会費・発行手数料は無料です。 WAONは、別カードになります。 年会費は無料ですが、発行手数料が300円(税込)かかります。 PiTaPaは、別カードになります。 本会員、家族会員ともに、年会費・発行手数料は無料です。 ただし、1年間に一度もPiTaPaの利用が無い場合は、 維持管理料として1名につき1,000円+税がかかります。 付帯保険 付帯保険はゴールドカードなだけあって、充実した内容です。 海外旅行傷害保険は、自動付帯と利用付帯の枠がそれぞれあります。 自動付帯は最高1,000万円、利用付帯は最高4,000万円の、合計最高5,000万円です。 さらに、 家族特約が自動付帯します。 国内旅行傷害保険も、自動付帯と利用付帯の枠がそれぞれあります。 自動付帯は最高1,000万円、利用付帯は最高4,000万円の、合計最高5,000万円です。 ショッピング保険は、最高300万円で補償期間200日です。 海外・国内や、支払い方法等の条件など問わずに適用されます。 ドクターコール24 プライムゴールドカードには「ドクターコール24」が付帯します。 このサービスは、24時間・365日、 年中無休で医師への無料電話相談ができます。 ただし、国内からの相談のみで、海外からは対応していません。 特に小さい子供がいる人は、おすすめです。 休日や深夜でも電話一本で医療相談ができるのは安心できると思います。 「relux」割引サービス 「relux」は、全国の高級旅館やホテルを予約できるサイトです。 三井住友カード プライムゴールド会員なら、 このサイトで予約する際に 3,000円オフの優待を受けられます。 優待を受ける方法は、Vpassにログインすると専用のクーポンコードが載っているので、 このクーポンコードをreluxで使えば割引になります。 三井住友カード ゴールドへのランクアップ特典 満30歳になった後の最初のカード更新時に、 自動的に三井住友カード ゴールドにランクアップします。 このランクアップ時に特典が2つあります。 1つ目が「継続サンクスポイント」です。 500ポイントもらえます。 2つ目が、「プレミアムグルメクーポン」です。 全国主要都市約30軒の一流レストランで、 2名以上利用した場合に1名分が無料になるクーポンがもらえます。 三井住友カード ゴールドの取得を考えている人は、 プライムゴールドカードを経由してからの方がお得です。 対応空港ラウンジ 国内の主要な空港ラウンジが無料で利用できます。 対象の空港は以下になります。 新千歳空港• 函館空港• 青森空港• 秋田空港• 仙台空港• 新潟空港• 富山空港• 成田国際空港• 羽田空港• 中部国際空港• 小松空港• 伊丹空港• 関西国際空港• 神戸空港• 岡山空港• 広島空港• 米子空港• 山口宇部空港• 徳島空港• 高松空港• 松山空港• 福岡空港• 北九州空港• 長崎空港• 大分空港• 熊本空港• 鹿児島空港• 那覇空港 デメリット 三井住友カード プライムゴールドのデメリットは、 20代限定であることです。 30代になってしまったら、別のカードにするしかありません。 将来的にゴールドカードに移行する人は問題ありませんが、 それ以外の人は次のカードを検討しておく必要があります。 他カードとの比較 他の三井住友カードとの比較は、 「」 を参照してください。 総合評価 三井住友カード プライムゴールドは、 20代限定のコストパフォーマンスの高い三井住友カード ゴールド! プライムゴールドカードは、非常にコストパフォーマンスが高いカードです。 最大限に割引を使った場合の年会費は、1,500円+税になります。 この年会費で空港ラウンジや充実した付帯保険があるので、 ゴールドカードの中では コストパフォーマンス最強クラスのカードと言えます。 また、三井住友カード ゴールドへのランクアップも自動でできるので、 将来的にゴールドカードを持ちたい人もおすすめです。 5~0.

次の

【SMBCデビット】三井住友VISAデビットのメリット・デメリット!海外での使い方まとめ!

三井住友カード メリット

貯まるポイント 三井住友カードは、クレジットカード支払いで買い物をすると「Vポイント」が、利用金額200円ごとに1ポイント貯まります。 水道光熱費、通信費、新聞購読費、放送料金など、毎月発生する支払いもクレジットカード決済にすることで、ポイントも貯まりやすくなります。 お得な貯め方 三井住友カードが運営するポイントモール「ポイントUPモール」では掲載店舗が充実しています。 いつものお店でのネットショッピングを「ポイントUPモール」を経由してから買うようにするとポイントが更に貯まります。 「ココイコ!」サービスの掲載店舗にエントリーをしてカード支払いで買い物をすると、更にポイントが貯まったり、キャッシュバックを受けることができます。 5 日本を代表するクレジット会社三井住友VISAのゴールドカードです。 独特なデザインですが私は好きです。 ゴールドカードはそれなりの年会費を払っているため認知されるかというのが重要だと思います。 JCBと三井住友はカードを出した時にそれなりに認知 続きを読む される事が多いです。 ただの金色のカードと違う点ですね。 ゴールドカードはどこの会社も年会費一万円程度でサービスも殆ど差はありません。 このカードの利点はマイペイすリボとweb明細利用で年会費が半分以下になる点です。 四千円強で維持出来ますしハードルも低いです。 マスターとのデュアル発行をしても年会費が変わらないという利点もあります。 末長く使うなら良い選択肢だと思います。 高還元のクレジットカードを追い求めるのも良いですが、利用場所や利用方法も限定されたり、頻繁に制度が変わったりして、不満が貯まる事も少なくないですし、何より相当な金額を利用しない限り、年間でのプラスになる金額は少ないです。 高還元なクレジットカードは不便な事が少なくないですから、気持ち良くクレジットカードを使いたい場合はゴールドカードの利用はオススメです。 5 【デザイン】 お堅い三井住友銀行系列のカードに、ゴールドの券面は、素直にかっこいいと思います。 落ち着いたゴールドカード。 【ステータス】 ここが一番のポイントでした。 アメックスのゴールドや、シティエリートカード(ヤングゴールドの位置 続きを読む づけ)も作りましたが、 どこか見栄を張りたい、高級なカードを持ちたいという意味合いのステータスでした。 とりわけアメックスゴールドは年会費が高く、旅行に頻繁に行かない為上手く活用が出来ませんでした。 このカードに求めるのは「この人は金銭面で信用力のある人だ。 」という与信の象徴です。 出した時に、店員さんの態度が変わるという経験を初めてしました。 【ポイント】 ポイント制度に関してあまりよくわかっていませんが、家電量販店やTポイントなど幅広い消費活動に 還元出来る為、レートが高いのか低いのかの相場までは分りませんが実用的だと思います。 【マイル】 国内線には定期的には乗るものの、あまり使わないので無評価とします。 【ウェブサービス】 クレジット引き落とし専用の口座を別途設けています。 その為、利用履歴や、引き落とし期日の確認、金額の確認程度に使っていますが勝手は悪くありません。 【優遇サービス】 定期的に「VISA」と題した、通販カタログ兼ちょっとした雑誌が送られてきます。 ここから買い物はしたことがないですが、読み物としてさらっと目を通しています。 またときどき、テレアポが来ます。 内容は保険加入の案内です。 【総評】 個人の考え方にもよりますが、リボ払いは個人的には避けています。 理由として、以前住宅ローンを組む為の仮審査の際に、銀行からキャッシングやリボ払いの履歴のあるカードは すべて解約してほしいと言われたからです。 このカードはずっと持ち続けていたいので、避けています。 1 【ポイント・マイル】 今まで使えていたプリペイドカードへのポイント以降も終了し、ポイントがあっても使い道がないという改悪で需要を感じなくなった。 【付帯サービス】 特に魅力的なものはなく、他のカードでも同じだと思います。 【会員専用サ 続きを読む イト】 サイトは見やすいです。 【申込手続き】 手続き自体は簡単ですが、全然利用枠を見直していただけず、月数千万円使っているのに利用枠が100万円のまま、何度も利用枠を見直していただくように依頼をしたが、断られ利用するたびに利用枠を開けるために度重なる電話に事前払い。 もうこりごりです。 他のクレジットカードは、こちらの需要をすぐに聞き入れてくれてすぐに利用枠に反映してくれたので、利用しやすく乗り換えました。 【デザイン】 パルテノン宮殿がすきで利用を続けていましたが、上記の理由をがまんして所有していたけれど、もうそのデザインもなくなったので利用する価値を全く感じなくなった。 【ステータス】 全くなし! ゴールドカードのデザインははっきり言って、ゴールドとして持つのが恥ずかしいレベルです。 (個人的な意見です。 ) 【総評】 デザインが変わったこと、ポイントの利用方法の改悪により、持っている意味がなくなったこと、度重なる利用枠の見直しの依頼など全く利用している人の気持ちを考えてくれていないことに残念な気持ちになりました。 新しく新規契約をするのであれば個人的にはお勧めしません。 デザイン変更がなければ多少の不満はあっても所有しておきたかったですが、あまりにもシンプルなデザインは、持っている価値を感じなくなった。 デザイン変更後のカードは他のカードのほうが素敵なデザインが多いし、ポイントなどももっと利用できるカードがたくさんある。 ステータスなどをカード会社から放棄したような印象。 以前の三井住友VISAは唯一のカードであったけれど、その他もろもろのカードへと変化した印象。 解約しました。 ナイスクチコミ 7• 返信数 6 ワールドポイントがVポイントに変わった為、WebHP見ていた時、気付いたのですが、V1V2V3に応じたボーナスポイントのプレゼントが来年1月で終了とのこと。 自分はこのカードがメインカードで20年以上使っていて、記憶は定かでないですが10年近くV3ステ 続きを読む ージでした。 5%の通常還元に加え、0. 年間600万円程度は決裁していたので毎年4,5万円のギフトカードに替え家族で使用していました。 このカードの私にとっての良さは、オーソドックスながらバランスの良さ、年会費半額 5500円 、最近ではセキュリティ面、そして今回言及しているポイントボーナスでした。 9月更新で時間が無いので少し動揺していますが、退会含みで考えていきたいと思っています。 その際別のクレジットカードを代替えしたいので、皆様のアドバイスをいただきたく。 当方、家族も含め海外に旅行することが多いです。 今までは陸マイラーとかではなく、通常のマイレージカードで溜めています、その時々で最もリーズナブルな価格や条件のチケットを自分で取っているのであまり執着はありませんでした。 (それでも年間家族全員で5〜8万マイル位行く年もあり近距離フライト交換等でマイルを吐き出しています)、自分ひとりの出張はビジネスも多く、ゴールドカードでのラウンジ利用等をする必要は頻繁にありません。 こんな条件ですが、お勧めのカードがあればご教示、アドバイス下さい。 マイレージ系でも非マイレージ系でも食わず嫌いはありません。 飛行機はどちらかといえばスターアライアンス ANA 系の方が多く乗る機会があります。 よろしくお願いします。

次の

三井住友カードゴールド会員が教えるメリット・デメリット

三井住友カード メリット

引き落とし口座は本会員の口座• 明細が一緒になる の2点は注意が必要です。 家族カードで決済されると、本会員の口座から利用分が引き落とされ明細も一緒になります。 そのため本会員の人には家族カードで何を購入したか、一目でわかりますね。 もし 本会員に購入を知られたくないのであれば、家族カードでの決済はやめましょう。 三井住友VISA家族カードの作り方 三井住友VISA家族カードは、 インターネットから申込みが可能です。 三井住友カードのホームページにアクセスし、家族カードのオンライン追加ができます。 また申込み後、審査を経てカードが発行されるので、 手元にくるまでは1週間ほどかかることを頭に入れておきましょう。 三井住友VISA家族カードの利用限度額 三井住友VISA家族カードを発行した場合、 利用限度額は本会員と共有のものになります。 たとえば本会員の利用限度額が50万円だった場合、本会員・家族会員あわせて50万円までしか決済ができません。 利用限度額を上げるためには、本会員が利用限度額アップの申告をしなければなりませんよ。 三井住友の本カードと家族カードのできることの違い 三井住友の本カードと家族カードでは、当然ながらできることに違いがあります。 「思っていた使い方ができなかった!」ということを避けるためにも本カードにできて、家族カードではできないことをまとめましたので目を通しておきましょう。 家族カードでクレヒスを積むことができない 家族カードで決済された情報は、本カードに反映されます。 つまり 家族会員の信用情報には、家族カードの情報が記載されていません。 そのため家族カードをいくら使ったとしても、クレヒスは育たないということです。 自身のクレヒスを育てて自分のカードが作りたいという人には、家族カードはあまりオススメではありません。 家族カードには新規入会ポイントなど特典が少ない クレジットカード会社各社は、新規入会者に対して入会ポイントを付与するなど、キャンペーンをおこなっています。 三井住友カードも入会特典がありますが、家族カードの場合こうした特典は少ないです。 入会特典などをとり逃しなくない場合は、自身名義のカードを発行する必要があります。 三井住友VISA家族カードの審査基準 三井住友VISA家族カードを発行するためには、審査に合格しなければなりません。 審査というとすこし不安になるかもしれませんが、三井住友VISAの家族カードにおける審査は、あまり心配する必要はありません。 三井住友VISA家族カードの審査について詳しい情報を見てみましょう。 審査は本会員の情報に基づいておこなわれる 三井住友VISA家族カードの審査は、 本会員の情報に基づいておこなわれます。 家族カードの利用は本会員の口座から引き落とされるため、支払いは本会員がおこなうものと同義です。 そのため審査も本会員の信用情報や支払い能力に基づいて、おこなわれるということですね。 家族カードは審査に通過する可能性が高い 家族カードの審査は本会員のデータをもとにおこなわれるので、 審査に通過する可能性は高いです。 本会員はクレジットカードを作成するときに審査に通過しているので、仕事が変わって年収が落ちたといった事情がない限り、審査に通る可能性は高いです。 家族に支払いトラブルがあると審査落ちする可能性はある しかし家族会員自身に支払いトラブルがあった場合は、審査に落ちる可能性はあります。 審査は本会員の情報をもとにおこなわれますが、 家族会員の信用情報はチェックされます。 そのとき家族会員の信用情報がブラックであることがわかると、審査に落ちてしまう可能性もあるでしょう。 信用情報がブラックの場合、デビットカードを作成するなどほかの手段を考えましょう。 三井住友VISA家族カードを持つメリット 年会費無料とはいえ、メリットが感じられるかどうかは当然大切ですよね。 ここからは三井住友VISA家族カードにはどんなメリットがあるのかひとつひとつ見ていきましょう。 家族で会計を一緒にできる 家族で会計を一緒にできる点は、家族カードを持つメリットのひとつです。 夫婦で財布を一緒にしている場合、カードの決済も一緒にすると、家計の管理が非常に楽になりますよ。 審査に通らない人でもクレジットカードが持てる可能性がある 専業主婦やパートの人は、収入が少ないことが理由でクレジットカードの審査に通らない可能性があります。 しかしそんな人でも、家族カードであればクレジットカードが持てる可能性が高くなります。 家族カードは本会員の情報をもとに審査されるので、 家族に収入がなくても審査に通過することが可能。 自身でクレジットカードが持てない人でも、家族カードであれば持てる可能性が高いです。

次の