マイル カード おすすめ。 【最新】JALカードのおすすめはどれ?種類を比較【JALマイルが貯めるクレジットカード】

年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード

マイル カード おすすめ

年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード 年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード マイルが貯まるクレジットカードは基本的に年会費がかかるため、年会費無料で使えるカードを探しているという人も多いと思います。 マイルを貯めるなら、航空系カードの取得がおすすめです。 航空系カードは年会費がかかりますが、中にはJALカードのように初年度年会費無料のカードもありますし、 一般的なクレジットカードより航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 今回は、 マイルが貯めやすく初年度年会費無料のクレジットカードと、18歳~29歳まで年会費無料で使えるクレジットカードを紹介します。 一般的なカードより航空系カードがおすすめな理由 マイルを貯めるのに一般的なクレジットカードよりも航空系のカードがおすすめなのは、次のような理由があります。 入会時や毎年の更新時に1,000以上のマイルが付帯される• 飛行機に乗って移動した分のマイルが付帯される 航空系カードの入会や更新特典の1,000マイルを獲得できます。 1,000マイルをカード決済だけで貯めるには、標準的なマイル還元率0. また、航空系カードなら、飛行機で移動した距離分だけマイルをもらえます。 例えば、東京-大阪間を飛行機で移動する場合、往復でおよそ600マイルが貯まります。 一般的なカードではフライト分のマイルは加算されませんので、 頻繁に飛行機を利用する場合には航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 飛行機によく乗る人はJALカードがおすすめ 航空系カードの中でも、出張や旅行で頻繁に飛行機を利用する人にはJALカードがおすすめです。 JALカードは初年度年会費が無料で、飛行機での移動でマイルを貯められます。 そのため、飛行機にの乗る人は一般的なクレジットカードよりもJALカードの方が多くのマイルを貯められます。 また、JAL系統のカードは、カード決済をするだけでマイルが貯まっていきます。 JAL以外のカードは貯めたポイントをマイルに変更する手続きが必要なので、JALカードはマイレージを使いやすいメリットがあります。 JALカードのデメリットは、入会後と毎年更新後に1,000マイルを受け取るのに、JAL便に搭乗する必要があることです。 そのため、飛行機に乗らずにマイルを貯めたい場合には、JALカードよりもANA系統のカードの方がおすすめです。 飛行機に乗らずにマイルを貯めたいならANA VISA 一般カードがおすすめ 飛行機に乗らずマイルを貯めたい陸マイラーの人にはANA VISA 一般カードがおすすめです。 ANAカードは初年度年会費無料、2年目以降は2,000円(税抜)の年会費がかかりますが、入会と更新時に自動で1,000マイルを獲得できます。 ANA VISA一般カードの隠れた魅力=年会費実質無料 ANA VISA一般カードで2年目以降にかかる年会費2,000円(税抜)は裏ワザで実質無料にできます。 マイ・ペイすリボに登録すると 次年度年会費が1,025円(税抜)になる上、継続時に1,000マイルが自動的にもらえます。 マイルの価値は使用方法によって異なりますが、1マイル100円以上はあるので実質年会費無料以下でカード利用できます。 通常、リボ払いだと手数料がかかりますが、マイ・ペイすリボ登録後に「毎回支払金額」の設定を「全額」に変更すれば手数料がかからず年会費が割引されます。 ANA VISA一般カードはマイレージを使うのに移行手続きが必要 ANAカードは利用していても自動でマイルは貯まりません。 カード決済で貯めたポイントをマイルに移行する手続きが必要です。 ANAカードは、1,000円利用するごとに1ポイント貯まります。 12ポイント以上をマイルに交換する際は、5マイルコースよりも10マイルコースのほうがお得です。 年会費無料でマイル高還元率「JCB CARD W」 JCB CARD Wはカード利用金額1,000円ごとに2ポイント貯まるクレジットカードです。 貯めたポイントは200ポイント=600ANAマイルに交換することができます。 (JALの場合も200ポイント=600JALマイル) 200ポイント=600ANAを マイル還元率で言うと0. 6%です。 ANA VISAカードは通常マイル還元率が0. 5%なので、JCB CARD Wを使ったほうがマイルを貯めやすいです。 更に、JCB特約店である「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を利用してショッピングをすると、ポイント還元率が2~20倍にアップします。 JCB CARD Wは申込資格が18~39歳までと限定されていますが年会費永年無料のカードなので、作っておいて損はないカードです。 ポイント高還元率 JCB CARD Wはポイントに特化したJCBカードなので、 ポイントが貯まりやすいのが特徴です。 クレジットカードは一般的にポイント還元率が0. 5%程度ですが、JCB CARD Wは還元率が常に1%です。 更にネットショッピングや提携しているお店でカードを利用すると追加でポイントが手に入るため、実質マイル還元率は0. 6%以上だと言えます。 マイル移行手数料無料 クレジットカードのポイントをマイルに交換する場合、移行手数料を取られてしまうことがありますが、JCB CARD Wは 移行手数料無料でANAマイルに交換できます。 年会費永年無料 航空系クレジットカードは基本的に年会費がかかってしまいますが、JCB CARD Wであれば年会費永年無料で利用できます。 たまにしかカードを使わないという人でも、全く損をすることなく利用できるのは安心です。 番外:18歳~29歳限定の「ANA JCB ZEROカード」 航空会社のクレジットカードは年会費が高めの傾向がありますが、「ANA JCB ZEROカード」は、年会費が5年間無料です。 年会費が無料のカードは学生専用カードを除いて、他にはない異例のカードといえます。 ただし、このZEROカードの申込みの年齢条件は「18~29歳まで」、そして「JCBカードのみ」なんです。 JCBは海外の加盟店で利用できない場合があるため、海外旅行者の方にはおすすめできません。 このZEROカード、年会費無料の他にもおすすめするポイントがいくつかあります。 ANA JCB ZEROカードのおすすめポイント• その1:マイレージへの移行手数料が無料!• その2:区間マイル+10%のボーナスマイルが付いてくる!• その3:1,000円の利用で5マイル貯まる• その4:家族カードも年会費無料で発行OK• 18~29歳以下の社会人(学生不可)しか申込みできない。 JCBしか選べない(海外で使う場合、VISA・MASTERの方が加盟店が多いため)• 入会時のボーナスマイルがない。 ANA JCB ZEROカードはこんな方におすすめ ANAカードを初めて持つ方、自分はどれだけカードを使うかわからないという方に。 年会費が無料なので、お試し感覚でANAカードの特典を使ってみたいという方には最適なカードといえます。 マイルが貯まるクレジットカードとは? 各航空会社のマイレージサービスに登録して飛行機に乗ると、距離に応じてフライトマイルが貯めることができます。 でも、フライトマイルだけで特典航空券に交換できる分のマイルを貯めるのは結構大変ですよね。 現在、様々なクレジットカード会社が航空会社と提携してポイントをマイルへ移行するサービスを行っています。 なぜ航空会社のクレジットカードが効率的にマイルを貯められるのか?というと、ポイント還元率が良いこと、また航空会社ならではのマイルがもらえるサービスがたくさん用意されているからなんです。 次にそのサービスのひとつひとつをご案内いたします。 航空会社のマイルが貯まるお得なサービス まず、なんといっても大きいのが、航空会社のクレジットカード入会時や搭乗時、カード更新時のボーナスマイルです。 ANAの場合 一般カード• 入会特典…1,000マイル• 継続特典…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード• 入会特典…2,000マイル• 継続特典…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% プレミアムカード• 入会特典…10,000マイル• 継続特典…10,000マイル• 搭乗時…区間マイル+50% JALの場合 一般カード• 初搭乗後…1,000マイル• 契約更新後の搭乗後…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード・プラチナカード• 初搭乗後…5,000マイル• 契約更新後の搭乗後…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% どこの航空会社のクレジットカードがよいのか? では、どこの航空会社のクレジットカードがよいのか?というと、使う方のライフスタイルや好みがあるので一概にこれが一番!ということはいえません。 日本に住んでいると必然的にJALカードまたはANAカードを選ぶ方が多いでしょう。 JALもANAもたくさんカードの種類があってどれが自分に合っているのかわからない…という方は、次のポイントでカードを選ぶといいですよ。 サービス内容が自分に必要かどうか• 年会費やポイント移行手数料の有無• ポイント還元率がいいか• よく行く場所(帰省先、出張先など)、将来行ってみたい場所に就航路線があるか• その航空会社が好き、気に入っている ほかにもある!ANAマイルの便利な使い方 マイルを使って無料航空券に交換したくても、なかなか必要なマイレージ数まで貯まらない、とか、繁忙期で座席が空いてなくて使えない、という方もきっと多いのではないでしょうか。 そんな方にぜひ活用してほしい「ANA SKYコイン」についてご紹介します。 「ANA SKY(スカイ)コイン」って何? ANA SKYコインとは、ANAウェブサイトで10コイン=10円相当で利用できる電子クーポンのことです。 1マイルから交換可能なので余ったマイルも無駄なく使えるのが魅力です。 ANAマイルからSKYコインへ交換する他にも、SKYコインを貯める方法は「ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法」と「提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法」の2つあります。 ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法 ANA SOCIAL SKY PARKからtwitterやfacebookで決められたテーマに沿ってコメントを投稿したり、動画を見るだけでSKYコインがゲットできます。 提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法 他社(下記、提携パートナー参照)ポイントのポイントをSKYコインに移行して使うこともできます。 ポイント交換率は各社異なるのでANA WEBサイトを参照ください。 また、一度交換したSKYコインは各他社ポイントに戻すことができないのでご注意ください。 利用方法はいたって簡単、航空券や旅行商品の支払い画面で、事前に交換したSKYコイン数を入力するだけです。 マイレージで取る特典航空券と違って、空席があれば取れるので便利です。 燃油サーチャージの支払いにも使えます(特典航空券との併用はできません)。 また、ANA SKYコインの支払いでももれなくフライトマイルが貯められますよ。

次の

JALカード おすすめな選び方!JALマイルを年会費無料から無期限で貯める

マイル カード おすすめ

航空機の利用では「フライトの距離」や「運賃」に応じてマイル数が決まります。 「運賃種別」とは、普通運賃・往復割引・先得割引といった「予約クラス」のことです。 各航空会社では、運賃種別ごとのマイルの積算率が決まっています。 すべてが当てはまるわけではありませんが、基本的には航空券代の高い予約クラスの積算率が高めです。 たとえば、普通運賃は、割引運賃よりもマイルが多く貯まる傾向があります。 「ファーストクラス」「ビジネスクラス」といった座席クラスが同じでも、予約クラスによって積算率が異なる点には注意しましょう。 クレジットカード利用で獲得 クレジットカードの中には、航空会社とカード会社が提携して発行する「マイレージカード機能付き」のものが存在します。 「マイル系」ともいわれるクレジットカードのメリットは、飛行機の利用はもちろん、ショッピングやホテルの予約などでも気軽にマイルが貯められる点です。 搭乗時のマイルがアップする利用特典やカードを継続する際にポイントがプレゼントされるケースもあり、通常のマイレージカードよりもポイントが貯まりやすくなっています。 また、通常のクレジットカードは、獲得したポイントをマイルに交換するひと手間が必要です。 マイル系のカードは交換時のマイル還元率が高かったり、カード自体で直接マイルを貯められたりします。 マイルの活用方法 マイルの使い方としてメジャーなのが「航空券」との交換です。 マイルによって購入する航空券を、一般的に「特典航空券」と呼びます。 マイル数が足りない場合は、不足分をカードや現金で払うことはできません。 特典航空券の予約は、交換に必要なマイル数や航空会社、路線が決まっています。 キャンセルの場合、未使用の特典航空券は各社の期限内であれば「マイルでの払い戻し」ができますが、手数料がかかります。 予定が確定してから予約をするのがベターでしょう。 ただし、悪天候などによる欠航の場合は手数料はかかりません。 また、航空会社の中には、大型連休などの繁忙期は特典航空券が予約できない「利用制限期間」が設定される場合があります。 電子マネーや他社ポイントとの交換 カードを選ぶときは「どの航空会社のマイルを貯めるか」を考えましょう。 マイルとひと口にいっても、JALとANAではマイレージプログラムが異なります。 ANAで貯めたマイルを、JALで利用することはできません。 他社ポイントにいったん交換して各社のマイルに移行するのも可能ですが、手間がかかるうえに手数料などで損をする場合もあるでしょう。 航空会社には「アライアンス」という同盟関係が存在します。 同じアライアンスはマイレージプログラムで提携しており、どの航空会社を利用しても同じ種類のマイルが貯まるのがメリットです。 貯めるマイルに対して還元率やボーナスポイントなどがあるカードを選ぶと、効率的に貯まります。 手数料などのコスト 一部を除き、クレジットカードは基本的に「年会費」がかかります。 年会費が上がる分、マイル積算率や特典が増えるなるなどのメリットがある場合も多く「年会費の元が付帯サービスで取れるかどうか」の点から考えたほうがよいでしょう。 また、JALのカードは利用ごとに直接マイルが貯まりますが、ANAのカードの中には、マイルではなくポイントが貯まるものがあります。 マイルに交換する際、カードによっては「移行手数料」がかかる点に注意しましょう。 「ANA VISAカード」において「1ポイント=10マイル」で移行する場合の手数料は6600円(税込)です。 ゴールドカードにすれば手数料は無料になりますが、年会費が1万5400円(税込)と高くつきます。 「ドットマネー(. money)」のような交換手数料のかからないサービスを利用するのも一つです。 ドットマネーなら、「アメリカン・エキスプレス(American Express)」やセゾンカードのポイントをANAマイルに交換できます。 有効期限や移行上限 JALやANAのマイルの有効期限は、36カ月間(3年)です。 利用開始日~36カ月後の月末までになります。 一部の海外の航空会社はマイルの有効期限がないのに対し、日本の航空会社のマイルは期限が過ぎると失効してしまうのがネックです。 マイルをコツコツ貯めたい人は「ユナイテッド航空」や「デルタ航空」など、有効期限がない航空会社のカードのほうが適しているかもしれません。 また、ANAカードで貯めたポイントをマイルに移行する際は「移行上限」に注意が必要です。 年会費無料カードのおすすめ 「ジェーシービー(JCB)」が発行する年会費無料のクレジットカードです。 入会時の年齢制限があり、申し込みが可能なのは18〜39歳までとされています。 1000円(税込)の買い物につき2ポイントのポイント付与です。 貯まったポイントは「1ポイント=3マイル」換算で、ANAマイルに移行できます。 マイルは、500ポイント以上から1ポイント単位で交換でき上限はありません。 移行手数料もかからないため、ANAのマイルを貯めたい人にはぴったりでしょう。 「セブンイレブン(7-Eleven)」や「アマゾン(Amazon)など「JCBオリジナルシリーズパートナー」といわれる提携サービスで利用すると、ポイントが2~10倍にアップするのも見逃せません。 18~29歳ならANA JCB ZEROカード 学生を除く18~29歳のみが入会できる年会費無料のANAのクレジットカードです。 カードの使用期間が5年間に限定されており、期間後は自動的に「ANA JCB一般カード」に切り替わります。 年数が決められている分、お得な特典が満載です。 たとえば、搭乗ごとに「区間基本マイレージの10%」のボーナスマイルが積算されます。 これは、年会費有料の一般カードと同じ割合です。 ポイントからANAマイルに移行する際の手数料もかからないため、マイルがどんどん貯まるでしょう。 国内・海外旅行傷害保険が付帯していない点に注意しましょう。 還元率の高いカードのおすすめ 空のJALカードと陸の「Suica」が一つになったクレジットカードです。 貯めたマイルで電車にもバスにも乗れるのが特徴で、国内旅行や出張が多い人には便利でしょう。 普通カード・「CLUB-Aカード」・「CLUB-Aゴールドカード」の3種類があり、CLUB-Aゴールドカードは最高ワンランク上の位置づけです。 年会費が2万900円(税込)かかります。 年会費3300円(税込)の「ショッピングマイル・プレミアム」に会費なしで自動入会となり、100円の買い物で1マイル貯まるのが特徴です。 空港のラウンジサービスやビジネスチェックインが使える特典もあり、空の旅がより快適になるでしょう。 スカイマイル向け デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費7700円(税込)で、日々のカード支払時アメックスのポイントが100円につき1ポイント貯まります。 さらに「ANAグループ」の利用で100円で1ポイントが、「ANAカードマイルプラス加盟店」では100円で1マイルが追加されるのも魅力です。 年会費6600円(税込)の「ポイント移行コース」を登録すれば、登録期間中のポイントが無期限になるうえ、マイルへの移行ができるようになります。 航空券購入がお得な アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 100円で1ポイントの通常ポイントが付与されるほかに、対象航空会社・旅行代理店で100円につき3ポイントの「スカイ・トラベラー3倍ボーナス」が付与されるカードです。 年会費は1万1000円(税込)で、ポイントが無期限なのがメリットでしょう。 毎年カードを継続するたびに、1000ポイントが進呈されます。 入会後の最初の旅行では、条件を満たしていれば「ファーストトラベル・ボーナスポイント」が5000ポイント加算されてお得です。 ポイントはANAマイルに移行が可能ですが、年会費5500円(税込)で「メンバーシップ・リワード ANAコース」に入会する必要があります。 宿泊特典が魅力 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 「JR東日本グループ」のクレジットカード「ビューカード」とマイルが貯まる「JALカード」の一体型で、年会費は2200円(税込)です。 貯まったマイルは特典航空券に交換できるのはもちろん、ビューカードには「Suica」が付帯しているためチャージして使うこともできます。 チャージや利用で「JRE POINT」も貯まる仕組みです。 通常は200円につき1マイルの付与ですが、年会費3300円(税込)の「ショッピングマイル・プレミアム」に加入すると「100円で1マイル」が貯まります。 さらに、JALカードの特約店では「100円で2マイル」が付与されるため、ショッピングマイル・プレミアムに加入して特約店を利用すれば、200円で4マイルが貯まる計算です。 移行手数料が無料 ANA VISA ワイドゴールドカード 「ANA VISA 一般カード」のワンランク上のカードで、年会費が1万5400円(税込)かかります。 フライトマイルが25%倍増するほか、空港ラウンジサービスや最高5000万円の旅行傷害保険やなどの特典が付帯しており、ANAを利用する人にはメリットが大きいでしょう。 買い物では、200円につき1ポイントが貯まり「1ポイント=2マイル」のレート(2020年6月~)です。 三井住友カードでは、通常移行手数料として6600円(税込)かかりますが、本カードの所持者は手数料が無料になります。 カードの入会・継続時には搭乗の条件なく各2000マイルが付与されるため、陸マイラーにも損はありません。 東京メトロと提携の ソラチカ一般カード.

次の

【2020年版】ANAマイルを貯める最強おすすめクレジットカード!年会費無料からゴールドカードまで陸マイラー必見のコツ

マイル カード おすすめ

最終更新日: 2020年5月15日 マイルの貯めやすい法人カードを探す際、何から比較しておくべきかご存知でしょうか? 安直に比較してしまうと、法人カードを導入してから後悔してしまうかもしれません。 マイルの貯めやすい法人カードを見つけるためには、 マイル還元率に注目する必要があります。 ただし、これだけで法人カードを比較するのではなく、 付帯保険や 空港ラウンジの入場資格も確認しましょう。 また、その他のトラベルサービスや基本性能も比較することで、最適な法人カードを見つけ出すことができるのです! そこで今回、マイルが貯めやすい法人カードを見つけるために比較すべきことを徹底解説。 マイル還元率から基本性能まで、わかりやすいように解説していきます。 「マイルが貯まる法人カードを比較したい!」という方は、 当サイトが作成したに掲載している法人カードを比較してみてください! マイルの簡単な基礎知識 マイルとは、航空会社が行っている独自のポイントプログラムです。 正確には以下のような分け方で呼ばれます。 航空会社が独自で行うポイントプログラムの呼び名を「マイレージ」• マイレージを利用することで貯まるポイントの呼び名を「マイル」 この「マイル」を貯めやすい法人カードを探す際、最も比較されるのが「 マイル還元率」です。 マイル還元率とは、法人カードを利用した際、どれほどマイルが貯まるかを表した数字のこと。 人によって捉え方が変わってきますが、当サイトでは「 法人カードの利用額100円に対して貯まるマイルの獲得率」としています。 しかしあなたに最適な法人カードを選べないと、その恩恵は 大きなものから微々たるものへと差が出ます。 そこで、今回紹介する比較点を見てもらい、マイルがたくさん貯められる法人カードを知ってほしいと思います。 ポイントからの移行が最も高還元! 法人カードでマイルを貯める方法には、3つの方法があります。 それらの方法は、以下のものです。 ポイントからの移行• 飛行機の利用• 法人カードによって貰えるボーナスマイル このなかでも、法人カードでマイルを貯めるのであれば、 ポイントからの移行がおすすめ! なぜなら、各法人カードのポイントの貯めやすさが影響してくるからです。 例えば、1,000円で1ポイント貯まり、1ポイントを3マイルへと交換できる法人カードがあるとします。 この場合のマイル還元率は0. しかし、とある条件を満たすことで貯まる ポイントが2倍になるというサービスがあれば、それに伴って貯められる マイル数も2倍に! そのため、0. こういったことから、法人カードでマイルを効率良く貯めるのであれば、貯めたポイントをマイルへと移行することをおすすめします! ポイントから移行する際の手数料や上限にも注目! 法人カードで貯めたポイントをマイルへ移行する際、比較しなくはいけないことがあります。 その比較しなくてはいけないこととは、 移行に際する手数料や上限です。 法人カードによっては、ポイントからマイルへと移行する際に 手数料が発生することがあります。 また、手数料ではなく年会費が掛かるサービスの加入を必要とすることも。 これらにはいくつかのケースがあるので、しっかりと確認しておきましょう! また、移行する際に設けられている上限の比較も必須です。 各法人カードでは、基本的にポイントから マイルへ移行できる上限を設けています。 なかには設けていない法人カードもありますが、比較的上限を設けているものが多いです。 上限が設けられていた場合、1度に大量のマイルへと移行することは不可能。 そのため、来月の出張のためにマイルへと移行しようとしても、その額が多すぎて移行できないということもあるのです。 移行上限は、 ポイントに対して設けられていることもあれば、 マイルに対して設けられていることも。 また、 月間や年間などの違いもあるので、各法人カードごとに比較しておくと良いでしょう! 旅行傷害保険の付帯で万が一に備える 出張で遠くの地へと足を運ぶ際、その先で怪我などのアクシデントが心配になりますよね? その際の備えとして、法人カードに付帯する 保険の補償内容を比較することも重要です。 出張時に役立つ保険としては、 旅行傷害保険の補償内容で比較するのがおすすめ! 旅行傷害保険とは、出張中に万が一のことがあった場合、その内容に応じて保険金を受け取れるというものです。 補償内容は法人カードによって様々。 また、プラチナランクの法人カードは 家族特約 適用範囲に家族も含まれる となっているので、自身と共に家族への付帯保険ともなるのです! ただし、補償額に伴って年会費が高くなるので、補償額と年会費の両方を考慮しながら比較することをおすすめします。 法人カードによっては、飛行機の遅延時に発生した宿泊費などを補償してくれる「航空機遅延保険」が付帯しているケースもあるので、そちらも比較してみると良いかもしれません。 空港ラウンジの利用可能数も確認しておきましょう! 時間に余裕を持って空港へと向かうと、思いの外早く着いてしまって、待ち時間で疲れてしまう時ってありますよね? その待ち時間の疲労を軽減するのが、 空港ラウンジです! 空港ラウンジを利用する際、通常であれば利用料金が必要。 しかし、付帯サービスとして空港ラウンジへの入場資格を備えた法人カードが存在します。 これは、 ゴールドランク以上の法人カードであれば、比較的多くのものに付帯されています。 年会費が2,000円ほどの法人カードに付帯していることもあるので、低価格なものを選択するのも良いと思います。 ただし、飛行機によく乗る方であれば、 プライオリティパスを無料発行できる法人カードをおすすめします! プライオリティパスとは、世界各国1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる入場許可証。 しかも、ゴールドランク以上の法人カードで入場できる空港ラウンジよりも 良質な空港ラウンジを利用できます。 では、どれほどの違いがあるのか、それぞれの空港ラウンジを比較してみましょう! ゴールドラウンジ プライオリティパス 券面 利用可能国 国内19ヶ所海外2ヶ所 世界1,200ヶ所以上 利用可能場所 成田空港 入国審査前まで 入国審査後も可 同伴者 1名まで無料 有料 フリードリンク 成田空港 〇 〇 アルコールを含む 軽食 成田空港 有料 無料 比較してみるとわかるように、サービス内容が異なります。 大きな違いとしては、利用可能な空港ラウンジが入国審査の前にあるか後にあるかでしょう。 プライオリティパスで入場できる空港ラウンジは、 入国審査後にあるので、搭乗時間まで利用可能です! また、ゴールドランク以上の法人カードで利用できる空港ラウンジは、基本的に国内のみなので、海外出張が多い方には少し不便かもしれません。 利用できる空港ラウンジにも、比較してみるとこれほどの違いがあるので、マイルの貯めやすさで法人カードを選ぶ際に参考にしてみてください! その他のトラベルサービスも付帯していると尚良し! 上記で紹介してきたおすすめの比較項目ですが、その他のトラベルサービスも注目してみると良いかもしれません。 法人カードに付帯されているその他のトラベルサービスとしては、以下のものが挙がります。 宿泊施設の優待• ショッピング保険• 手荷物宅配サービス ほとんどの法人カードには、 宿泊施設を優待価格で利用できるサービスが備わっています。 これは、国内でのみ利用できるものもあれば、海外でも利用できるサービスも存在します。 出張が多くなればなるほど、かさんでくる宿泊費。 それを軽減できるとなれば、非常に大きなメリットと言えるのではないでしょうか! また、ショッピング保険の比較もしておくと良いかもしれません。 ショッピング保険とは、法人カードで 購入した商品の物損を補償してくれる保険のこと。 出張先で必要になった物を購入した際、その商品が壊れて買い直したとしても1度目の購入金額を保険金として受け取れます。 日本と違い、海外の商品は壊れやすいことがあるため、海外に行く機会が多い方は比較しておくことをおすすめします! これらの付帯サービスに加え、 手荷物宅配サービスの有無も比較してみては? 手荷物宅配サービスが付帯した法人カードであれば、自宅~空港までの間に 重たいキャリーを運ぶ必要がありません。 出張前の疲労を最低限に抑えられるので、気持ちよく飛行機に乗れるのではないでしょうか! 法人カードとしての基本性能の比較を怠らないように! 以上が、マイルの貯めやすさで法人カードを選ぶ際に比較すべきことでした。 しかし、マイル還元率・保険・空港ラウンジ・その他のトラベルサービス以外に、 性能の比較も行っておくと良いと思います。 例えば、法人カードの年会費です。 なぜなら、もしあなたがマイルによる大きな還元を期待をしている場合、 年会費がその還元の妨げとなってしまうかもしれないから。 しかし、 年会費が高額でもそれ以上の還元を期待できる法人カードも存在するので、一概に高額な法人カードが悪というわけではありません! また、 利用限度額の比較も重要になってくるかと思います。 利用限度額とは、法人カードそれぞれに設けられた決済を行える上限額のこと。 法人カードで支払いを行う際、その上限額を超える場合は 決済が行えません。 利用限度額が低い法人カードであれば、決済が多い方では利用額が限定されてしまいます。 そうなれば、もちろんマイルを貯められる数が少なくなります。 そんなことにならぬよう、年会費や利用限度額などの法人カードの性能も、マイル還元率などと併せてしっかりと比較しておきましょう。 それでは実際に法人カードを比較してみましょう! マイルの貯めやすさで法人カードを選ぶ際に比較すべきことがわかれば、あとは実際に比較するのみ! 当サイトのマイルランキングで掲載している法人カードを基に比較してみましょう。 その法人カードとは、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 以下、セゾンプラチナ・ビジネスカード 」です! セゾンプラチナ・ビジネスカードは、法人カードの中で 最も高いマイル還元率を持つ1枚。 その マイル還元率は最大1. 例えば、90万円の利用があれば、貯まるマイルはなんと 東京から沖縄の航空券相当。 こうしてみると、マイル還元率最大1. それに加え、出張時に役立つサービスなども充実していて、高性能な1枚となっています。 特に、 最高1億円の旅行傷害保険や、世界各国の空港ラウンジが利用できる プライオリティパスの無料発行は、付帯していて損のないお得なサービス。 他にも、 コンシェルジュサービスや優待サービスなど、利便性の高いサービスを備えています。 そんなセゾンプラチナ・ビジネスカードは、プラチナランクの法人カードにも関わらず、年会費がたったの 20,000円。 しかも、年間で200万円以上の支払いがあればそれが 半額になるので、さらなる格安年会費での所持ができます! マイルが貯めやすいだけでなく、高性能低価格なセゾンプラチナ・ビジネスカード。 法人カードでマイルを貯めたい方に最もおすすめする1枚なので、ぜひ検討してみてください! ANAマイルの貯めやすさで選ぶならこの1枚がおすすめ! ANAマイルを貯めるのであれば、当サイトとしては「アメックス・ビジネスゴールド」をおすすめします! アメックス・ビジネスゴールドは、 ANAマイル還元率が最大1. このマイル還元率を実現するにはサービスに加入する必要がありますが、それによって貯めた ポイントの有効期限が無くなるというメリットがあります! 基本的に、マイルは約3年間、法人カードによって異なりますがポイントは約2年間の有効期限が設けられています。 そのため、すぐにマイルを貯めて使用する方でない限り、その有効期限に注意しなくてはいけません。 しかし、アメックス・ビジネスゴールドは ポイントの有効期限を気にしなくて良いので、たくさんのポイントを貯め、一気にマイルへと移行できます。 しかも、マイルを航空券などと交換する際のみサービスに加入すれば良いので、費用対効果を考えればそこまで気にならないかと思います! また、高いマイル還元率に加え、 高額な付帯保険もこの法人カードの魅力。 旅行傷害保険においては、 国内最高5,000万円、 海外最高1億円と、プラチナランク同等の補償内容となっています。 どんなにマイル還元率が高い法人カードであっても、そもそも発行できなければ意味がないので、審査通過率が高いというのは嬉しいですね! 今なら 初年度年会費無料キャンペーンを実施しているアメックス・ビジネスゴールド。 ANAマイル以外にも14社のマイルを0. そんな方はこちらからご覧ください! 当サイトは、ただマイル還元率を比較するのではなく、各法人カードに備わっている付帯サービスも比較対象。 そのため、マイル還元率が高いだけでなく、 マイルを貯める際に関連する他の性能も非常に高い法人カードを掲載しています。

次の