トランペット練習。 トランペットマウスピースだけの練習!効果がある方法を解説

自宅で思い切りトランペットの練習をしよう

トランペット練習

スポンサードリンク トランペットの吹き方 高い音を出す前に まずは高音限らず、トランペットを吹くうえで重要なポイントをご紹介します。 トランペットには ピストンが3本しかなく、そしてそれぞれを開閉する組み合わせはなんとたったの 8通りしかないので、 同じピストンの押さえ方でいくつかの音を出さなければいけないことがわかります。 したがって、出したい音をきちんと自分の中でイメージできていないと、練習を重ねていても音程を外してしまう……といったことが起きてしまうのです。 姿勢を正す 譜面台を使うことを面倒くさがって、楽譜を床や机に置いて演奏していると、どうしても前かがみになってしまい、 十分なブレスが取れなくなってしまったり、息がまっすぐはいらなくなってしまったりします。 さらにベルが下を向いてしまうと音が響かなくなってしまいます。 初心者のうちから良い姿勢での演奏を習慣づけるようにしましょう。 トランペットで高い音 ハイトーン を出す吹き方やコツ 続いて高い音が出せない……とつまずいてしまったときに注意したいポイントを紹介します。 息の入れ方 トランペットで高い音が出せないと悩んでいるとき、その原因の多くは 息の入れ方にある可能性が極めて高いです。 前の項目にも書きましたが、トランペットは唇を振動させて演奏する楽器で、高い音をふくためには、低い音を吹くときよりも息を調節して振動を速くさせなければなりません。 この感覚は水やりに使う ホースによく例えられます。 ホースの先を指で狭めると、蛇口から出る水の力を変えずに、勢いよく遠くへ水を飛ばすことができます。 トランペットの場合はホースの先を指で狭める代わりに、 舌の位置や息の圧をコントロールして高い音を出しますが、この感覚が理解できていると息の入れ方が改善できるのではないでしょうか。 アンブシュア アンブシュアとは、一般的に マウスピースをあてたときのフォームのことを言います。 歯並びなどによって人それぞれアンブシュアは変わってくるので、一概に「良いアンブシュア」というのは言い切れず、無理せずに吹くことができる自分に合ったものを探していく必要があります。 高い音を吹くときに、アンブシュアが崩れてしまうと悩んでいる方には、鏡を見ながらマウスピースだけでサイレンのように低い音から高い音をスラーで吹いてみる方法はおすすめです。 高い音を出すための練習方法 最後に高い音を出すために効果的な練習方法をいくつか紹介させていただきます。 リップスラー リップスラーとは、 同じ指のままスラーで2音以上を行き来する練習です。 マウスピースで唇をプレスせずに高い音を出したり、息のコントロールが上達したりするので、 音域を拡大するのに効果的な練習です。 このときアンブシュアが変わったり、楽器が動いてしまわないように注意が必要です。 2音のゆっくりなリップスラーからはじめ、慣れてきたら徐々に行き来する音を増やしたり、テンポを速くしたりして練習しましょう。 スケール 高い音を出すためには 低い音の練習も欠かせません。 アンブシュアが崩れないように意識しながら スケール 音階 練習はリップスラーと同様に効果的な練習方法です。 また、高い音を連続して吹いて唇がバテてしまったときの回復にも、 低い音のロングトーンは効果的です。 Advertisement 関連する記事• 吹奏楽の演奏において、打楽器は第二の指揮者と呼ばれるほど、影響力のあるパートです。 打楽器奏者にとって、リズムを正しく演奏することは最も重要なことであ[…]• 金管楽器で必ず最初に行う練習方法がマウスピースでの練習です。 なぜマウスピースの練習が必要なのか? 今回はトロンボーンのマウスピースによる練習方法や練[…]• 吹奏楽部に入ってクラリネットを吹くことになったんだけど・・・ みんなのようになかなか良い音が出ない 先輩にはちょっと聞きづらい そもそもちゃんと音が鳴[…]• 吹奏楽の中でも、花形で人気が高いフルート。 美しく音を鳴らしたいけど、なかなかうまくいかない・・・と悩む人も多い楽器です。 実はフルートは、他の木管楽[…]• 吹奏楽でいろいろな曲を演奏していくと、 「これって、どうやって演奏すればいいんだろう?」 「どんな練習をしたら、この部分は上手に演奏できるようになるん[…].

次の

トランペットでハイトーンを出すための練習法・ポイント!

トランペット練習

トランペット初心者の吹き方のコツ トランペットを初めての初心者がいきなり吹いても、なかなか音はでません。 もし出たとしても、とてもトランペットの音とは思えない雑音のような音しかでません。 せっかくトランペットで自分の好きな曲を吹きたいと思ったあなたには、きちんと音を出して欲しいんです。 トランペットは簡単には、なかなかきれいな音は出ません。 でも、ひとつひとつ練習していけば必ずきれいな音が出ます。 なにをやっても不器用な私でもきれいな音を出せたんですから、あなたにもトランペットは必ず吹けるようになれますよ^^ アンブッシュ(口の形)を自分のものにしよう トランペットの音を出すために息を吹き込むのはマウスピースです。 そしてそのマウスピースと接するのが唇です。 その唇の形を アンブッシュといいます。 アンブッシュなんて専門用語を使わなくてもいいんですが、せっかくならかっこよくアンブッシュと言いましょう。 まずは全身をリラックスしてください。 そして、軽く口を閉じたら、軽く口角を上げるように口を閉じたまま 「イ」を言うような形にしましょう。 バズィングをやってみよう アンブッシュ(口の形)は絶対という形はありません。 それぞれ唇の形や歯並びが違うので、初心者のスタートから気にすることはありません。 アンブッシュ(口の形)がだいたいきまったら、その形のまま息を吹きだしてみましょう。 上唇と下唇を吹きだす息で震わせるんです。 はじめはなんの音もでないと思います。 何回か同じことを繰り返していると、唇が震えて 蜂の羽音のような音がでるようになります。 この蜂の羽音のような音がでるようになれば、第一段階は卒業です。 なかなか蜂の羽音のような音が出ないときは、リラックスして顔の力を抜いてみてください。 必ず蜂の羽音のような音がでますよ^^ この唇だけ、またはマウスピースだけを使って蜂の羽音のような音を出すことを バズィングといいます。 バズィングも専門用語ですから覚えなくてもいいんですが、覚えておいて使った方がかっこいいと思います。 バズィングで蜂の羽音のような音が出るようになったら、息をはいている間はその蜂の羽音のような音が続くようにしましょう。 このマウスピースを使わないバズィングの練習は初心者の人がトランペットを吹くためのウォーミングアップのようなものです。 この練習ばかりしているとおもしろくないですけれど、うまくできなくても数分は毎日続けるようにしましょう。 マウスピースで音階を吹いてみよう バズィングが少しなれてきたら、マウスピースを使って練習しましょう。 「え~!まだトランペットを吹いちゃダメなの!」 そう思うかもしれませんが、かっこよくトランペットを吹いて演奏しようと思うならもう少しがまんです^^ バズィングで蜂の羽音が出せるようになれば、マウスピースに息を吹き込んでも同じような蜂の羽音が出ます。 そして少しなれてきたらアンブッシュ(口の形)を少しゆるめたり緊張させたりしてみましょう。 そうすれば同じ蜂の羽音のような音でも、音に高低がでてきます。 それを繰り返し練習していれば、なんと!マウスピースだけで音階を吹けるようになれます。 しかし、そんな細かい音の高低は気にすることはありません。 マウスピースだけである程度音階が吹けるようになれば、トランペットできれいな音を出せるようになるのは目の前です。 スポンサーリンク トランペットを吹いてみよう マウスピースを使ってのバズィングになれてきたら、トランペットを吹いてみましょう。 トランペットを吹いてみて、きれいな音がでなくてもがっかりすることはありません。 いきなりきれいな音がでたら、あなたはトランペットの天才です^^ まず正しい姿勢で吹きましょう トランペットを初心者のうちに吹くときは、背筋をピシッと伸ばす。 そして体全体の力を抜いてリラックスしましょう。 顔は正面に向けて、吹くときに意識するのは力を抜くことと、アンブッシュ(口の形)です。 きれいな音が出なくても気にしない アンブッシュ(口の形)に注意しバズィングの練習のとおりに吹いたのに、トランペットからきれいな音が出ない。 それでも気にすることなんかありません。 バズィングの練習である程度音階が吹けるようなら、少し練習すればきちんと音は出るようになります。 でもきれいな音は、簡単にはでませんよ^^ きれいな音は、ある日突然出るようになります。 きれいな音が出なくても、気にせず練習あるのみです。 腹式呼吸で吹きましょう きれいでなくても音が出るようになったら、腹式呼吸で吹くようにしましょう。 音がぶれずに吹けるためには、息を吸ったときにお腹をふくらませる腹式呼吸で吹くようにしましょう。 肺呼吸ではなく腹式呼吸で吹かないと、音を安定して出すことができません。 トランペット初心者の練習方法 ここまでトランペット初心者の人がまずは音を出すまでのコツを紹介してきました。 きれいでなくてもトランペットを吹いて音がでたのなら、必ずきれいな音を吹けるようになれます。 それではつぎに、トランペット初心者のあなたのための練習方法を紹介します。 基本はともかく毎日吹く トランペットに限らずになんでもそうですが、まずは新しいことになれることが大切です。 そしてなれるには、時間を費やす必要があります。 毎日少しの時間(できれば30分以上)でもいいので、トランペットを吹きましょう。 ちなみにわたしが中学の吹奏楽部でトランペットを担当していたとき。 そのとき私がトランペットを吹かなかったのは部活が休みのお盆休み3日、正月休み3日の6日間だけでした。 夏休みや冬休みには朝8時~夜7時まで練習していました。 趣味でトランペットを吹くのにそこまでストイックに練習する必要ありません。 でもせっかくならきれいな音を出したいですよね。 そのためには毎日少しの時間(できれば30分以上)でもいいので、トランペットを吹きましょう。 ロングトーンで音を安定させよう ロングトーンというのは文字どおり、音を長く吹く練習方法です。 このロングトーンは地味な練習方法ですが、とても大切な練習方法なんです。 腹式呼吸で、できるだけ長く音をぶらさずに吹く。 はじめは音がぶれていても、腹式呼吸を意識して吹いていれば必ずぶれずに長く吹けるようななります。 せっかく音がでるようになったら自分の好きな曲を吹いてみたい! そんなあなたの気持ちはよくわかります。 でもせっかくなら、きれいな音で音程もぶれずにかっこよく吹きたくないですか。 そのためにはロングトーンの練習が一番です。 ロングトーンで練習していると知らず知らずのうちに肺活量が多くなります。 これは私自身経験したことです。 肺活量が多くなれば、音程がぶれることなく長くきれいな音を吹くことができるようになります。 ロングトーンの練習は曲を練習するようになっても、ウォーミングアップとして練習のはじめに行うようにしましょう。 自分の演奏を録音して聞いてみよう 私が小学6年生の時に吹奏楽部の演奏をレコーディングしたことがあります。 そのレコーディングしたものを聞いたときはショックでした。 なんて下手な演奏なんだろうと感じました。 自分の演奏を客観的に聞くということが、いかに難しいことか思い知らされました。 自分が演奏して自分の耳で聞いていたときには、ここまで下手な演奏をしているとは思ってもいませんでした。 あなたの演奏がどれだけ上達したかは、客観的にその演奏を聞いてみる必要があります。 その簡単な方法が、あなた自身の演奏を録音して聞いてみることです。 そうすることで自分の吹く音のどこがよくないかが、よくわかります。 自分の演奏する音を聞くのは、ちょっとつらいかもしれませんが演奏上達にはおすすめです。 スポンサーリンク まとめ トランペットをかっこよく吹いてみたい! そう思ったら、まずいきなり何も知らずにトランペットを吹くのはおすすめしません。 トランペットをいきなり吹いてきれいな音が出たら、あなたは天才です。 たぶんいきなりトランペットを吹いても音が出ないことでしょう。 それが普通ですから気にすることはありません。 まずはアンブッシュ(口の形)を自分のものにして、マウスピースだけで音階が吹けるように練習します。 完全に音程が吹けるようにならなくても、この練習をしておけばトランペットを吹いたときに音が出やすくなります。 トランペットの演奏を上達しようと思ったなら、ともかく毎日30分以上は練習することを心がけることです。 そしてできるなら練習のウォーミングアップにロングトーンを取り入れましょう。 ロングトーンの練習は基本中の基本です。 ロングトーンはあなたのトランペットの音色をすてきな音色にしてくれます。 トランペットの吹き方には色んな吹き方があります。 舌を使ったスタッカートやタンキングなど多くのテクニックがあります。 しかしそんなテクニックは基本の音がきちんと出せることが前提になります。 テクニックをさきに覚えても、トランペットの音色はよくはなりません。 まずは基本のロングトーンを少しづつでも続け、安定した音を出せるようにしましょう。 なにをやっても不器用でなれるまで時間がかかる私が、吹奏楽部で全国大会に出れたんです。 あなたがこつこつとトランペットを練習して、上達しないわけがありません^^.

次の

【トランペット】アーバン伴奏つき練習

トランペット練習

ご自宅での練習におすすめ! 金管楽器を練習する上で、『練習する場所がない』『家で練習したいけど、環境が整っていないなど』練習に困っているという方は多いのではないでしょうか?そんな時は練習用ミュートを使えば、ご自宅での練習も可能ですよ! 管楽器関連情報 ほぼ毎日つぶやき中! 金管楽器のミュートについて ミュートはいわゆる『弱音器』ですが、弱音器と聞くと音を小さくする物というイメージが強いと思います。 ですが、ミュートもさまざまな種類があり音を小さくする物だけではありません!金管楽器のミュートは大きく分けて2種類あります。 エフェクターのような役割をします。 プラクティスミュート、消音ミュートとも呼ばれます。 そんな時にプラクティスミュートが役に立ちます! 使い方は簡単で、ミュートをベルにはめるだけ!会話程度のボリュームまで抑える事ができます。 ) これならご自宅での練習、夜間の練習等どこでも、気軽に練習ができますよ!好きな時に!好きな場所で!ご自宅での練習や夜間の練習にいかがでしょうか? プラクティスミュートラインナップ 当店に常時在庫しているミュートのラインナップになります。 もちろんすべてお試しいただけますので、お気軽にご相談ください。 Galax(ギャラックス) 室内での練習用に音量の小さくなるタイプのミュートです。 メーカー 型名 楽器 販売価格(税込み) Galax トレーニング ミュート トランペット ¥6,380 Bremner(ブレンナー) 音域全体にわたってのサウンドの均一性、イントネーションとレスポンスの良さを持ち合わせた、非常に優れた練習用ミュートです。 練習用ミュートが抱える構造的な問題点を見事に解決しており、消音効果が得られるのはもちろんのこと、音楽的に練習できるミュートとして好評を博しています。 メーカー 型名 楽器 販売価格(税込み) Bremner sssssshhhhhhMute トランペット ¥7,150 MORiTA MUTIO(モリタ ミューティオ) Mutioは、高い消音性能を維持しつつ、抵抗感は軽めで吹きやすいトランペット用プラクティスミュートです。 従来の消音ミュートにありがちなこもった音ではなく、明瞭な音が鳴ります。 またミュートを付けた時の音程の狂いも少なく設計されています。 メーカー 型名 楽器 販売価格(税込み) MORiTA MRT-MTP トランペット ¥9,350 カラーバリエーションが豊富! 店頭に展示中のカラーはお問い合わせください。 ご希望のカラーがない場合はお取り寄せも出来ますので、お気軽にご相談ください。 MORiTA MUTIO(モリタ ミューティオ) ウッドタイプ 新素材のミューティオ!木製チップを従来の植物性プラスチックに混ぜ込んでできた素材で製造されています。 この素材でできたミューティオは消音性が更に高くなりました。 本体は開閉でき内部を清潔キープ。 空気孔のサイズを2 種類から選択でき、抵抗力の違いを利用したペダルから高音域までの広い範囲で正確なピッチの練習が可能に。 驚きの軽さとコンパクトな設計。 自然な吹奏感と音程を保ちつつ、優れた消音効果により、周囲に気がねなく演奏することができます。 メーカー 型名 楽器 販売価格(税込み) BEST BRASS EB3-FHR ホルン ¥19,690 YAMAHA(ヤマハ) サイレントブラス いつでも、どこでも、もっと楽しく。 ヤマハ サイレントブラスが、さらに進化した姿で登場しました。 小型・軽量化され、吹き心地も向上したピックアップミュートと、ミュートを装着しない生楽器の音を再現する新技術「Brass Resonance Modeling(ブラス レゾナンス モデリング)」を搭載したパーソナルスタジオ を組み合わせることで、ミュートを付けていることを忘れさせるほどの吹き心地を提供します。 トランペット・コルネット メーカー 型名 販売価格(税込み) YAMAHA SB7X ¥18,810 数量限定のカラーもございます! ピックアップミュートにグレイッシュなピンクをまとった数量限定モデルが登場。 柔らかな色合いが、ピックアップミュートの美しい造形をさらに引き立てます。 数量限定ですので、お早めに! ホルン メーカー 型名 販売価格(税込み) YAMAHA SB3X ¥25,740 トロンボーン メーカー 型名 販売価格(税込み) YAMAHA SB5X ¥24,750 管楽器担当が試してみました! 今回トランペットのプラクティスミュートを試してみました!是非ご参考にしてみてくださいね! お電話でのお問合せ、商品の代引きも承ります! 商品のお問い合わせから代引きに関してなど・・・お住まいが遠い方、すぐ店舗に行けない方もお気軽にご相談ください! 代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。 お支払方法は、現金・クレジットカードよりお選びいただけます。 商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。 練習室のレンタル出来ます! ミュートでの練習も便利ですが、やはり一番良いのは思いっきり音の出せる環境で練習することだと思います。 当店では練習室のレンタルをしておりますので、是非ご利用ください。 トランペット教室 当店ではトランペット教室を開講しております。 管楽器担当者の紹介 名前 久野 万祐子(くの まゆこ) プロフィール 中学より吹奏楽でクラリネットを始めました。 高校ではマーチング全国大会へ出場、その後管楽器のリペアも学んできました。 吹奏楽やマーチング、管楽器のお手入れに関してもお気軽にご相談ください! お問い合わせ.

次の