僕 の こと ピアノ。 ピアノ楽譜が無料のサイトまとめ、安心して利用できるのは?

ピアノで伴奏するときに気をつけることって?

僕 の こと ピアノ

こんにちはです。 何かご存じの事があれば教えていただきたいと思いトピックをたてました。 (以前にも同様のお話が出ていたならスミマセン。 ) 皆さんご存知と思いますが、高田みづえさんのカバーで大ヒットした「私はピアノ」。 研ナオコさんも歌詞違いで「あいつのこと」という題名で歌ってらっしゃいますよね。 高田みづえさんのシングルが出たのが80年7月21日 研ナオコさんの「あいつのこと」が収録されたアルバムが出たのが80年7月25日 ほとんど同タイミングでリリースされたことになりますが、どうしてこういうことになったのか(何故歌詞違いが生まれたか等)、ご存じのことがあったらその経緯等教えていただきたくお願い申し上げます。 昔から、どうにも気になっているので…。 ある日曜日の午後、うだつの上がらない駆け出しのプロデューサー、 つまり僕は、スーパーのBGMで、サザンが歌っているこの曲を聞きました。 鈍い僕でも、これをナオコさんが歌ったらヒット間違いなし!と感じました。 早速、エグゼクティブ・プロデューサー、 プロダクションの社長、田辺氏にお聞かせしました。 一言、「こんな詩じゃ売れねーよ」 < 中 略 > 「私はピアノ」、いいと思ったんだけどな、だめかぁ。 でも社長は、詩がダメだって言ったんだよな、じゃあ 詩を変えて録音しよう、と思い立ちました。 旧知の作詞家の岡田冨美子さんに全く違う詩を付けてもらい、 アルバム用にレコーディングしたのです。 「あいつのこと」というタイトルで。 僕が社長に「私はピアノ」をプレゼンした丁度同じ頃、 サザンの所属事務所のアミューズの皆さんも、 研ナオコに歌ってもらいたいと売り込みに来ていらしたのです。 で、やはり同じように言われたのですね。 「この詩じゃ売れない」と。 < 中 略 > 何組ものアーティストがこの曲を録音したようです。 そうそう、研ナオコバージョンのミックスダウンを、一口坂スタジオで やっていた時、サザンが隣のスタジオで録音していました。 あれ、おれの曲?、と桑田さんが聴きに来てくれました。 そして 「これが一番いいや!」と言ってくださいました。 この一連のことがあって、アミューズの音楽出版の責任者で、 何年後かにアミューズ本体の社長にまでなられた、山本さんと 交流が生まれました。 何度かお会いしているうちに、 「奥野君、これから桑田さんが作る楽曲は、外部ではまず君に 聞かせてあげるよ。 ナオコさんに合うのがあったら、気に入った曲が あったら使っていいよ」と言ってくださったのです。 それから1年後、サザンのニューアルバム「ヌードマン」が完成します。 82年7月発売の、このアルバムをカッティングしているビクタースタジオに、 ですから、6月の上旬頃でしょう、僕は山本さんに連絡をもらって、 そのコピーを頂きに行ったのです。 山本さんは約束を守って下さいました。 外部で最初に完成した そのアルバムを聴いたのは僕でした。 そのアルバムの中に「夏をあきらめて」が入っていたのです。 僕、そんなこと言ったっけ、と忘れてらっしゃるかもしれませんが、 山本さん、本当に有難うございました。 大感謝! さあ、いよいよレコーディング、なんですが、今日はここまで。 この続きを楽しみにしてて下さいね。 まだまだ色々あるんだから。 blog49. fc2. 昔から気になっていらしたとのことなので、 この程度のことは既にご存知のこととは思いましたが、 トピあげしておきます。

次の

【エレヴァートミュージック】僕のこと(Mrs. GREEN APPLE)〔混声4部合唱〕

僕 の こと ピアノ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

Nissy/僕にできること歌詞の意味を考察!曲の重要メッセージは?

僕 の こと ピアノ

カテゴリ• 僕と君とでは何が違う? おんなじ生き物さ 分かってる でもね、僕は何かに怯えている みんなもそうならいいな がむしゃらに生きて誰が笑う? 悲しみきるには早すぎる いつも僕は自分に言い聞かせる 明日もあるしね。 ああ なんて素敵な日だ 幸せと思える今日も 夢敗れ挫ける今日も ああ 諦めず足宛いている 狭い広い世界で 奇跡を唄う 僕らは知っている 空への飛び方も 大人になるにつれ忘れる 限りある永遠も 治りきらない傷も 全て僕のこと 今日という僕のこと 得ては失う日々 意味はある? 伝わることのない想いもある だから僕は時々寂しくなる みんなもそうなら 少しは楽かな 僕だけじゃないと 思えるかな ああ なんて素敵な日だ 誰かを好きでいる今日も 頬濡らし眠れる今日も ああ 嘆くにはほど遠い 狭い広い世界で 僕らは唄う 冬に咲く花に 命が芽吹くよ 駆けるは 雪の大地 青すぎた春を 忘れずに居たいと 語るは 友との地図 駆けるは 人の旅路 僕らは知っている 奇跡は死んでいる 努力も孤独も 報われないことがある だけどね それでもね 今日まで歩いてきた 日々を人は呼ぶ それがね、軌跡だと ああ なんて素敵な日だ 幸せに悩める今日も ボロボロになれている今日も ああ 息をして足宛いている 全て僕のこと あの日の僕らのこと 僕と君とでは何が違う? それぞれ見てきた景色がある 僕は僕として、いまを生きてゆく とても愛しい事だ 目次• はじめに 『僕のこと』は2019年1月9日にリリースされたMrs. GREEN APPLE の 8枚目のシングルです。 第97回全国高校サッカー選手権大会の応援歌となり注目されています。 全国高校サッカーの決勝戦や優勝が決まったときの瞬間視聴率は40%から 60%を超えるときもあります。 これを機にMrs. GREEN APPLEの人気に拍車がかかること必然でしょう。 iTunesのみシングル「僕のこと」(バンドル)を購入した方には限定ダウンロード曲「No. 7「ゼンジン未到とプロテスト〜回帰編〜」 at 札幌ペニーレーン24 on 17th November2018」のライブ映像とライブ音源 が付いてきます。 『僕のこと』タイトルの意味 歌詞全体から自分と周囲の人を比べるのをやめて自分を見つめる大切さを 感じ取ることができます。 全国高校サッカー選手権大会の応援歌という点も考慮して考察すると 同じチームの選手同士またはライバルと自分を比較して落ち込んでしまう 選手も主眼に入れた歌詞にも思えます。 誰かと比較して自分が優位に立っているという優越感を抱く人は少ないと思います。 この曲で比較をやめて自分のことをじっくり考えて自信や勇気を持とうという メッセージ性が伝わってきます。 それではさっそくMrs. GREEN APPLEが若者への応援の気持ちを込めた 『僕のこと』の歌詞を読み解いていきましょう。 『僕のこと』歌詞の意味 相違への恐れ 僕と君とでは何が違う? おんなじ生き物さ 分かってる でもね、僕は何かに怯えている みんなもそうならいいな 多くの人は周囲の人と言動や行動が一致するよう気を配るものです。 周囲と不一致が生じたりズレを感じると急に焦ったり不安になります。 心理学の用語では心理的不協和と呼ぶようです。 歌詞の冒頭でも「僕」である自分と相手である「君」を比較しています。 おなじ人間というカテゴリーと頭では理解していますが、成績や運動などで 大きく差がつくと「本当に同じ人間なのだろうか」と疑問に思えます。 歌詞の「僕」も周囲と異なっていることに気づいたり取り残されるのでは と感じて目に見えない何かに怯えているようです。 この言葉では表せない感情を自分だけではなく周囲の仲間も感じていたら 少しはホッとして胸を撫で下ろせるのにと感じています。 前向きという名のリセット がむしゃらに生きて誰が笑う? 悲しみきるには早すぎる いつも僕は自分に言い聞かせる 明日もあるしね。 「がむしゃら」は後先を考えないで強引に行動するという意味合いがあります。 計画性のない点に関してはあまり良い意味で用いられる言葉ではありません。 しかし周囲を気にしないでやってみる、成功か失敗か勝利か敗北かなどの結果を 考えないで全力を尽くすという意味では前向きな考えと言えます。 「悲しみきる」とはとても興味深い表現です。 年齢的に若輩でも壁にぶつかったり失敗すると「もう何もかも終わった」とか 「これ以上悲しいことは起きない」と悲観的になることがあるかもしれません。 そう感じる若者に「そう感じるのは早すぎるよ」と優しく応援しています。 今日の不安に押しつぶされる前に「明日もあるしね」という前向きな思考で 自分の不安をリセットしようというメッセージ性もうかがえます。 幸福は状況に左右されない ああ なんて素敵な日だ 幸せと思える今日も 夢敗れ挫ける今日も ああ 諦めず足宛いている 狭い広い世界で 奇跡を唄う 歌詞のこの部分で「素敵な日」と思える要素に 「幸せと思える今日(良い状況)」と「夢敗れ挫ける今日(悪い状況)」を 挙げています。 この点から幸福が状況に左右されないことを強調しているように感じます。 「足宛(もが)いている」という言葉はどうにかしようと必死になる様子を 表しています。 文脈の敗れた夢を諦めず必死に追いかけてほしいと解釈できます。 「狭い広い」という表現から「自分の見てきた世界」と「未だ見ぬ世界」に 触れているのだと読み取れます。 今回は高校サッカー応援歌ということもあるので「高校サッカー」という狭い フィールドと「プロとして活躍する舞台」を暗示しているのかもしれません。 この点は選手一人一人の目指しているところや描いている夢によって狭い広いが 異なると思います。 変化しても僕は僕 僕らは知っている 空への飛び方も 大人になるにつれ忘れる 限りある永遠も 治りきらない傷も 全て僕のこと 今日という僕のこと 子供のころは夢という「空」に向かって羽ばたく方法を知っていました。 しかし大人になると現実や自分の限界を知り夢の追い方を忘れてしまいます。 子供のころはずっと生きられるような気がしていたけれど大人になると 永遠なんてないことを痛感します。 挫折や喪失感を繰り返すうちに治りきらない傷もたくさんできました。 そのすべてを忘れることもできますがそれは「僕のこと」を忘れることです。 嫌な思い出もすべて自分の大切な思い出として大事にするようにとの温かな フレーズに感じます。 不安を打ち消すのは共感 得ては失う日々 意味はある? 伝わることのない想いもある だから僕は時々寂しくなる みんなもそうなら 少しは楽かな 僕だけじゃないと 思えるかな 「得ては失う日々」には色々な状況があると思います。 サッカーでは練習しても身に付かない、試合に出ても勝てないなど 積みあがっていかないもどかしさを表現しているようです。 この風が吹きつける中で行うトランプのピラミッドゲームのような日々を 仲間も経験していれば「共感」できて不安が打ち消されると「僕」は感じて いました。 「僕だけじゃないと思えるかな」という点から「僕」は何かに関して自分だけが こうなっていると考える思考パターンだと読み取れます。 反面、いつも共感や安心感も求めているようです。 今日を名づけるのは自分 僕らは知っている 奇跡は死んでいる 努力も孤独も 報われないことがある だけどね それでもね 今日まで歩いてきた 日々を人は呼ぶ それがね、軌跡だと 大人になった「僕」と仲間は神様が起こすような「奇跡」が 現在、自分たちにもたらされることはないと自覚しているようです。 これまで誰かから偶発的にもたらされる奇跡を願い求めても それが実現しなかった経験に基づいての結論なのでしょう。 それでも自分が歩んできた人生の中で奇跡よりも価値のある確かなものを 見つけることができました。 それは自分たちが努力してもがきながら辿ってきた「軌跡」です。 誰に頼るでもないその軌跡こそ「僕」と仲間が作り上げてきた日々の 結晶なのです。 周囲との相違を感じても「人ぞれぞれ」という積極的な見方を持っています。 誰かのことばかりを気にしながら歩んでいた「僕」は 自分自身をまっすぐに見つめて歩む「僕」へと変化しています。 自分に自信を持ち夢に向かって歩き出す「僕」の足取りは 決してよろめくことない力強いものでした。 まとめ 周囲と比較して自分は駄目だと思ったり夢をあきらめたりした方も 多いと思います。 そんな方に勇気や励ましを与えてくれる歌詞ではないでしょうか。 動画サイトコメント欄に「この曲でMrs. GREEN APPLEを好きになった」 というコメントを幾つか目にしました。 確かにコアファンのみならず新規ファンにも強く訴えかける歌詞と曲調だと 筆者も感じています。 これからもMrs. GREEN APPLEが多くのリスナーに勇気や励ましを 与え続けることを願っています。

次の