工藤静香 インスタ ストーリー。 工藤静香“絵画作品”優雅に投稿も「いつも同じ構図」とツッコミの声

工藤静香、何しても炎上のインスタに「コメント制限」で応戦! アンチが向かった先

工藤静香 インスタ ストーリー

文春がいち早く「文春砲」を出すための取材方法 週刊文春がいち早く「文春砲」を出すために、インスタグラムのメッセージ機能を使い、木村心美(Cocomi)さんの桐朋女子高校時代の同級生に取材していたことがわかりました。 取材方法はメッセージで「 桐朋女子高音楽科に在学されていた心美さんはどんな方なのか」について聞き出そうとしていました。 週刊文春が送ったメッセージの内容 こんな取材に協力するのは、Cocomiさんのことが嫌いな同級生だと思いますので、 Cocomiさんのネガティブなネタを狙っていたのでしょう。 文春の取材用アカウント フォロー中が3人しかいなく、新規に作ったアカウントのようですね。 だれをフォローしているのか見てみると、 フォロー中の3人はCocomiさん、Kokiさん、工藤静香さんでした。 もしかしたら、Kokiさんの周りの人達にも同じようにメッセージを送っているのかもしれませんね。 スポンサーリンク 木村心美(Cocomi)がインスタストーリーで文春を謝罪で反撃 文春の迷惑なメッセージを受け、自身のインスラグラムのストーリーで礼儀正しく同級生たちに謝罪をしました。 こちらがCocomiさんインスラグラムのストーリーです。 インスタグラムのストーリーは 24時間経つと消えてしまいますが、多くの人がこちらのストーリーを見て、スクリーンショットをしていました。 Cocomiさんは文春のメッセージを公開し、迷惑をかけた友人たちに謝罪しました。 礼儀正しい反撃方法で、かしこいですね。 しかし、親の力でデビューを果たしたと思うCocomiさんのアンチは違う風に思うのでしょう。 確かに今回の件は文春が悪いが、 24時間消えるストーリー機能を使い、自身のインスタグラムを汚すことなく、文春の迷惑メッセージを晒すことで、自分の聡明さをアピールすることができたという一石二鳥のやり方ですね。 スポンサーリンク 世間の反応 文春対応、写真の腕前、タグ付けのセンス、ただものではない。 プラス守ってさしあげたい!と周りに思わせてしまうだろうcocomiちゃんすげーな。 — HT paname25 cocomiさんのストーリーズみたけど 文春ほんと気持ち悪いわ。 自分達の力でやれや 結局誰かの提供ありきじゃないと 笑 今回のことじゃなくて文春砲とか笑えるな — パンナ hanapanna56 同級生や母校の生徒に一部週刊誌が 文春なのに 取材申込みしてることに対してCocomiさんがお詫びしたってことが記事に出て来たのはいい事だと思う。 マスコミ週刊誌ってそこまでやるのか…。 怪しい人物の悪い事を暴くためならまだしもついこの間まで一般人だった高校生なのに。 ダウン症とかいうデマ噂話もあったな — DT DxxxxTxxxxx 下手な仕事をする大人どもを蹴散らしてしまうわねCocomi姫。 礼儀正しくて賢い😊 こういうお嬢さんの周りだから情報取れないんだね。 文春のクズっぷりが余計に際立って見える。 — しょかか Shokaka3Shokaka.

次の

工藤静香が元カレ・YOSHIKIを匂わせ!? インスタ投稿に憶測飛び交う

工藤静香 インスタ ストーリー

料理の盛り付けセンスが悪い 工藤静香さんが料理の盛り付けセンスが悪いと言われ出したのは今に始まった事ではないんです。 インスタを始めた辺りからどうやらセンスが無いのでは?と言われ始め現在ではもう既にお決まりになってきた風潮もあります。 しかし、工藤静香さんのファン達はそんな投稿でも楽しみに待っているようでレシピを教えてくださいとコメントを書き込むファンも少なくありません。 そんな工藤静香さんの今まで世間を騒がせたビックリ投稿画像をご紹介します。 センスが皆無だとまで言われてしまっていますがそれがこちらになります。 洋風皿に和食盛り付け この時のメニューはごぼうの炊き込みご飯、豆乳スープ、かぼちゃとレンコンの煮物だそうですが、この煮物を洋風の更に盛り付けています。 私としては焼き鮭も和風の皿に盛り付けたいところですね。 この洋風皿はアラビアという有名なお皿ですが和食には向きませんね。 このあと、おかわりでごぼうご飯を納豆で食べたそうですがそれも理解しがたいですね。 納豆って白ご飯で食べたいです。 ちなみに納豆は挽き割り派だそうです。 私には巨大な芋虫に見えて怖いです。 これカットして盛り付けたらもっといいのでは? いやいや、食べればきっとおいしいはず。 お雑煮の野菜がハートの型抜き これはお雑煮の仕込みをしている動画をストーリーにUPされたものです。 大根やにんじんが星型やハート型で若い子が作ったみたいと皮肉を言われています。 更には野菜の大きさがバラバラで火の通りが均一にならないと言われていました。 薄切りの椎茸も飾り切りしたら良かったのにという声もありました。 椎茸の飾り切りは切り込み入れただけ こちらもストーリーのようです。 椎茸に十字の切り込みが入っていますね。 これ本来は包丁を斜めに差し入れて谷のようにえぐり取って飾り切りするのですがただ包丁を入れただけだと指摘されていました。 この椎茸、肉詰めらしいので火の通りを良くするために切ったのかな~?とも思えますね。 工藤静香の料理が不味そう 工藤静香さんの料理の盛り付け、見た目について見てきましたがちょっとな~と確かに思う部分もありますが素直に食べてみたいなって思う料理をインスタにアップされている時もありますよ! しかし、イメージ的に工藤静香さんの料理が不味そうとなってしまっているようです。 工藤静香のまずそうな料理はわざとやってるの? — moss iitaikotoitte なんでやろ。 でも、実際のみんなの感想ですからこれをもし工藤静香さんが見たらどう思うかですよね。 不味そうに見えるかもしれないのですが、あんなにきれいな娘さん達はお母さんの手料理で育ったわけですから一概に批判するのもちょっと気が引けてきました。

次の

工藤静香のインスタ炎上?削除したスクショ画像やトイレの画像は?

工藤静香 インスタ ストーリー

最初からお洒落な芸名やなーーーー って感心しました。 本名は木村 光希(きむら みつき)ちゃんです! この可愛すぎる幼少期の画像ですが、おそらく。。。 可愛すぎるcocomiさんですが、 お母さん(マミーと呼んでいる)の物真似がとっても上手だそうで、 まゆ下げがめちゃめちゃ似てるらしいです! 残念ながらインスタライブの時の画像が見つからなかったのですが、 めちゃめちゃ変顔の姉妹画像が見つかりました笑 koki,パパに似てますよね! そしてパパのことは トト と呼んでいるそうです! 夫婦仲がとても良く、工藤静香さんの料理がめちゃめちゃうまいので、木村拓哉さんは胃袋を掴まれているそうです。 それは姉妹二人ともわかっているそうで、 トトはマミーの手料理が大好きだから。 と語っていました。 そんなcocomiさんと木村拓哉さんのツーショット画像は こちらでした! めちゃめちゃ仲のいい親子ですよね! 姉妹二人とも、木村拓哉さんの若い頃の画像をたくさん持っているそうです。 kokiとcocomiのインスタライブ動画まとめ! 先ほどからご紹介させていただいていたインスタストーリーなのですが、 インスタライブを行った後のストーリーだったんです! そのkokiとcocomiのインスタライブは保存などはされていないので本当にライブでしか見れなかったようです。 24時間保存してくれてる方もいらっしゃいますが。。。 人気すぎて始まった瞬間から5万人越えの視聴者さんが集まっていました!本当に凄すぎる人気です! 最後には12万人を超えた そうです。。。 めちゃめちゃ人気! そのインスタライブの動画を見つけてきましたので、よかったら楽しんでください! とりあえずちょっとだけ見たい! という方の為にYouTubeの後にはTwitterも載せていますで、そちらでポイントポイントで見てもらってもいいかもしれません! kokiちゃんcocomiちゃんインライはじまったんだけど、木村くんにやめてほしいことは煙草 序盤に言ってた やめなさそー笑 で、そのほかはトトはいじめっ子だよね!Sだよね!って言っててかわ😭家でもそうなのか😭 — yukki. com guardami119 トト 木村拓哉 のこれだけはやめてほしいところ。 5月にもインスタライブを行っていた二人ですが、今回はやはり父の日にライブを行ったということもあり、視聴者さんの質問で木村拓哉さんの内容にも答えてくれてそうで、 とってもレアのインスタライブになったようです! お家でもやはりSなパパって面白いですね! タバコやめれないのは、木村拓哉唯一の欠点ではないでしょうか笑 誰から見てもかっこいいパパをどんなふうに扱うんだろうって、 一般人的にはとっても気になるし、 どうしたらいいかわかんないや。 って感じですが、 親子ですもんね!そりゃ、家族ですもんね! しかも木村拓哉さん、 めちゃめちゃ楽しいこととか言って、笑わせてくれるそうです。 木村拓哉がパパって羨ましいなあーーーー! かわいい娘にパパである木村拓哉さんもこの上ない嬉しさでしょうね! 今期ドラマBGも楽しみにしていきましょう! こんにちは!ブログを見てくださり、ありがとうございます。 みうたんママと申します。 こちらのブログではフィギュアスケートについて、様々な情報を発信させていただいております。 元々小さい頃からフィギュアスケートを見るのが好きで、毎回ハラハラするジャンプのシーンを応援したり、息を呑むような素晴らしいスケーティングに毎回感動し、大好きな選手が勝った時には母と跳ねて喜んだものです。 そんな楽しい記憶から、自分の娘とも、フィギュアスケートの鑑賞を楽しみたい!という気持ちと、選手の方々のひたむきに練習する姿や、人生に憧れ、娘にも一つのことに真剣に取り組める人間に育って欲しい、という思いから、様々な視点からフィギュアスケートについて研究させていただいております。 記事のモットーは初心者の方でもわかりやすいように。 また、お子さんに、『この選手はこんなところがすごいんだよ!』なんて話せるような内容を発信していきます!.

次の