ドコモ 機種変更 データ移行。 データ移行はどうする?ドコモオンラインショップで機種変更した時のデータバックアップについて

ドコモのスマホにデータ移行する方法|機種変更して5分で完了する手順

ドコモ 機種変更 データ移行

「電話帳だけ」や「写真データも」など、必要なデータのみ移行できます。 待ち時間なしで使えました ドコモショップにあるデータ移行の機械。 私が利用したドコモショップでは充電サービスの機械の横に設置されていました。 利用するにあたって申込は必要なく、直接ドコモショップに行って端末があいていれば使えます。 充電サービスと一緒で勝手に使っても問題なさそうでしたが、一応ショップの店員さんに声をかけてから利用しました。 利用した店舗ではデータ移行の機械は待ち時間なしで利用可能。 充電サービスと一緒でお金もかかりませんでした。 (店舗によって取扱は異なるので店員さんに確認ください) ドコモはオンラインショップで購入した機種の初期設定サポート(データ移行含む)が有料化していますが、本体の初期設定だけ頑張ってこちらの機械でデータ移行すればドコモショップの初期設定サポートを利用せずに機種変更できちゃいます。 参考 ドコモデータ移行端末の使い方 基本的には画面に沿って操作していくだけでデータ移行ができるようになっています。 まず移行元と移行先の機種を選ぶ どの機種からどの機種に移行するのかをタッチパネルで選びます 端末をコードにつなぐ ボタンで選ぶとどのコード挿すか指示があるので指示にしたがって充電器みたいなコードをスマホに繋ぐだけ。 あとは機械がデータ移行してくれるのを待つだけ。 データ移行の機械はダイヤルロックがついているので、時間がかかる場合はそのまま置いて買い物に行くこともできます。 データ移行にかかる時間は十分〜数時間。 データ量によって違います データ移行にかかる時間は移すデータの量によってまちまち。 店員さんの話だと電話帳だったら10分くらい。 写真データは長いと何時間かかかるかも〜とのことでした。 数時間かかるのはスマホで高画質の写真やムービーを何千枚と保存している場合。 ガラケーからのデータ移行は写真でもデータ量が少ないのでそんなにかかりません。

次の

ドコモオンラインショップのデータ移行方法。一番確実な方法は自分でしないこと

ドコモ 機種変更 データ移行

ですが、iTunesでデータ移行を行う場合パソコンが必要になります。 そのため、パソコンをお持ちでない方は、iTunesを利用してのデータ移行はできません。 iCloudを利用する iPhoneからiPhoneに機種変更をする場合、iCloudを利用すればほぼすべてのデータと設定情報を移行する事ができます。 Wi-Fi環境が必要• 無料で使える容量は5GBまで ですが、iCloudでデータ移行を行う場合、上記のような注意点が存在します。 iCloudでのデータ移行は、Wi-Fi環境が必要になるのでWi-Fi環境がないという場合には、iCloudを利用してのデータ移行はできません。 また、iCloudの容量は5GBまでは無料で利用する事ができますが、それ以上の容量になると有料となります。 そのため、移行するデータの容量が5GB以上あり無料でデータ移行をしたいという場合には、iCloudではなくiTunesでのデータ移行がおすすめです。 iPhoneからiPhoneに機種変更した場合のデータ移行方法 現在iPhoneを利用しており、ドコモオンラインショップで機種変更をした際iPhoneを購入した場合、下記のデータ移行方法がおすすめです。 データのバックアップをとる• 新しいiPhoneを初期化する• iTunesでデータを復元する iPhoneでの操作• iTunesでデータを復元する パソコンでの操作 データのバックアップを行う 【手順1】 iTunesを起動する。 画像引用元: 【手順2】 Windowsの場合:画面左上のボタンをクリックする。 Macの場合:画面左上にある「iTunes」をクリックする。 画像引用元: 【手順3】 Windowsの場合:「設定」をクリックする。 Macの場合:「環境設定」をクリックする。 画像引用元: 【手順4】 「デバイス」をクリックする。 画像引用元: 【手順5】 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない P 」にチェックを入れ「OK」をクリックする。 画像引用元: 【手順6】 iPhone付属ケーブルで、バックアップをとるiPhoneとパソコンを接続する。 画像引用元: 【手順7】 「iPhone」をクリックする。 画像引用元: 【手順8】 「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが開始する。 画像引用元: 【手順9】 最新のバックアップの下にバックアップした時間が表示されると、バックアップ完了。 データの復元 画像引用元: 【手順1】 新しいiPhoneを起動させ、ホーム画面にある「設定」をタップ。 画像引用元: 【手順2】 「一般」をタップ。 画像引用元: 【手順3】 「リセット」をタップ。 画像引用元: 【手順4】 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ。 画像引用元: 【手順5】 パスコードの入力が求められたら入力する。 画像引用元: 【手順6】 「iPhoneを消去」をタップ。 画像引用元: 【手順7】 「iPhoneを消去」をタップ。 画像引用元: 【手順8】 Apple IDパスワードを入力する。 画像引用元: 【手順9】 初期化完了。 画像引用元: 【手順10】 スライダーをスライドさせる。 画像引用元: 【手順13】 使用するキーボードを選択し「次へ」をタップ。 画像引用元: 【手順14】 「Wi-Fiネットワークを選択」で「モバイルデータ通信回線を使用」をタップ。 「モバイルデータ通信回線を使用」が表示されていない場合はWi-Fiネットワークをタップ。 画像引用元: 【手順15】 「位置情報サービス」で位置情報サービスをオンにするかオフにするか選択。 画像引用元: 【手順16】 以降パソコンでの操作 「iTunesバックアップから復元」をタップ。 iTunesを起動して、パソコンとiPhoneを接続する。 画像引用元: 【手順17】 最新のバックアップデータを選択し、「続ける」をクリックする。 画像引用元: 【手順18】 手順17の画面が表示されない場合は、iTunesでiPhoneを選択する。 最新のバックアップデータを選択し「バックアップを復元」をクリックする。 iCloudを利用したデータ移行方法 iCloudでのデータ移行の流れは、下記ようになります。 Wi-Fiに接続する• iCloudでバックアップをとる• 新しいiPhoneを初期化する• iCloudでデータを復元 関連サイト: データのバックアップ 画像引用元: 【手順1】 iPhoneの「設定」をタップ。 画像引用元: 【手順2】 「Wi-Fi」をタップ。 画像引用元: 【手順3】 「Wi-Fi」を「オン」にする。 画像引用元: 【手順4】 使用するネットワークを選択する。 画像引用元: 【手順5】 「パスワード」を入力する。 画像引用元: 【手順6】 バックアップをとるiPhoneの「設定」をタップ。 画像引用元: 【手順7】 「iCloud」をタップ。 画像引用元: 【手順8】 「Apple ID」「パスワード」を入力し「サインイン」をタップ。 画像引用元: 【手順9】 「許可しない」または「OK」をタップ。 画像引用元: 【手順10】 「バックアップ」をタップ。 画像引用元: 【手順11】 「iCloudバックアップ」が「オン」になっていることを確認する。 画像引用元: 【手順12】 「今すぐバックアップを作成」をタップ。 画像引用元: 【手順13】 「前回のバックアップ」の右にバックアップした時間が表示されていればバックアップ完了。 データの復元 画像引用元: 【手順1】 新しいiPhoneを起動させ、ホーム画面にある「設定」をタップ。 画像引用元: 【手順2】 「一般」をタップ。 画像引用元: 【手順3】 「リセット」をタップ。 画像引用元: 【手順4】 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ。 画像引用元: 【手順5】 パスコードの入力が求められたら入力する。 画像引用元: 【手順6】 「iPhoneを消去」をタップ。 画像引用元: 【手順7】 「iPhoneを消去」をタップ。 画像引用元: 【手順8】 Apple IDパスワードを入力する。 画像引用元: 【手順9】 初期化完了。 画像引用元: 【手順10】 スライダーをスライドさせる。 画像引用元: 【手順13】 使用するキーボードを選択し「次へ」をタップ。 画像引用元: 【手順14】 利用するWi-Fiネットワークをタップ。 画像引用元: 【手順15】 パスコードを入力。 画像引用元: 【手順16】 「位置情報サービス」で位置情報サービスをオンにするかオフにするか選択。 画像引用元: 【手順17】 「iCloudバックアップから復元」をタップ。 画像引用元: 【手順18】 「Apple ID」と「パスワード」を入力し「次へ」をタップ。 画像引用元: 【手順19】 利用規約を確認し「同意する」をタップ。 画像引用元: 【手順20】 「同意する」をタップ。 画像引用元: 【手順21】 バックアップデータを選択しタップ。 画像引用元: 【手順22】 再起動され、データの復元は完了。 ドコモデータコピーを利用したデータ移行方法 ドコモデータコピーを利用してデータ移行を行う場合、下記のような流れになります。 スマホにドコモデータコピーがインストールされていることを確認する• データ移行元スマホとデータ移行先スマホを並べる• 関連記事: Googleアカウントを利用したデータ移行方法 Googleアカウントを利用したデータ移行方法は、どのOSからどのOSに移行するかで手順が異なります。 また、機種やOSのバージョンによっても手順が異なる場合があります。 AndroidからAndroidにデータ移行する場合• Androidスマホの「設定」をタップ• 「設定」内にある「アカウント」をタップ• アカウント一覧で同期したいGoogleアカウントを選択• 「アカウントを同期」をタップし同期したいデータを「オン」にする• 画面右上の「今すぐ同期」をタップ• 新しいAndroidスマホの「設定」をタップ• 「設定」内にある「アカウント」をタップ• 「アカウント追加」をタップ• 「Google」をタップ• Gmailアドレスを入力し「次へ」をタップ• パスワードを入力し「次へ」をタップ• 利用規約を確認し「同意する」をタップ• 「Googleドライブへのバックアップ」を「オン」または「オフ」を選択し「同意する」をタップ• AndroidからiPhoneにデータ移行する場合• Androidスマホの「設定」をタップ• 「設定」内にある「アカウント」をタップ• アカウント一覧で同期したいGoogleアカウントを選択• 「アカウントを同期」をタップし同期したいデータを「オン」にする• 画面右上の「今すぐ同期」をタップ• iPhoneの「設定」をタップ• 「設定」内にある「アカウントとパスワード」をタップ• 「アカウントを追加」をタップ• 「Google」をタップ• Gmailアドレスを入力し「次へ」をタップ• パスワードを入力し「次へ」をタップ• iPhoneからAndroidにデータ移行する場合• iPhoneの「設定」をタップ• 「設定」内の「パスワードとアカウント」をタップ• 「アカウントの追加」をタップ• 「Google」をタップ• Gmailアドレスを入力し「次へ」をタップ• パスワードを入力し「次へ」をタップ• 移行したいデータを「オン」にする• 新しいAndroidスマホの「設定」をタップ• 「設定」内にある「アカウント」をタップ• 「アカウント追加」をタップ• 「Google」をタップ• Gmailアドレスを入力し「次へ」をタップ• パスワードを入力し「次へ」をタップ• 利用規約を確認し「同意する」をタップ• 「Googleドライブへのバックアップ」を「オン」または「オフ」を選択し「同意する」をタップ• ドコモオンラインショップで機種変更した際のデータ移行時の注意点 データ移行を行う場合、下記のような注意点が存在するので、その点も理解しておきましょう。 LINE• ゲームアプリ モンスト・パズドラ他• おサイフケータイ このようなアプリの場合、個別に引き継ぎ手続きを行う必要があります。 もし、引き継ぎ手続きを行わないと、例えばLINEの場合はトーク履歴が消滅してしまうので、データ移行時はアプリの引き継ぎ手続きも忘れずに行いましょう。 アプリの引き継ぎ方法については、それぞれの公式サイトをご覧ください。 関連サイト: 写真や動画が多いとデータ移行に時間がかかる スマホ本体に大量に写真・動画・音楽が保存されている場合、すべてのデータを移行しようとするとかなりの時間を要するようになります。 このような場合、microSDカードに写真などのデータを移しておけば、新しいスマホにそのmicroSDカードを挿入するだけでデータが移行ができるので、データ移行に時間がかかることはありません。 また、iPhoneの場合はmicroSDカードを挿入することができないので、iCloudやGoogle Driveなどのオンラインストレージを利用すれば、データ移行の時間を短縮することができます。 自分でデータ移行するのが不安ならドコモショップへ ここまで、ドコモオンラインショップで機種変更をした際のデータ移行について解説してきましたが、• 今まで使用していた機種• 機種変更で購入した機種• SIMカード 同梱されていた場合 ですが、2019年12月1日よりドコモオンラインショップや家電量販店で購入した端末をドコモショップに持ち込み、「初期設定サポート アカウント設定などの初期設定やデータ移行 」を希望する場合、3,000円 税抜 の費用が発生するようになりました。 そのため、ドコモオンラインショップで購入した機種のデータ移行をドコモショップでサポートしてもらうことは可能ですが、サポートを依頼すると料金が発生するのでその点は理解しておきましょう。 関連サイト: ドコモオンラインショップで機種変更をした際のデータ移行方法・まとめ• ドコモオンラインショップで機種変更したらデータ移行は自分で行う• データ移行方法は複数ある• ドコモデータコピーを利用すれば同一OS間だけでなく異なるOS間のデータ移行も可能• データ移行を行ってもすべてのデータが移行できるわけではない• LINEなど一部のアプリは別途引き継ぎ手続きが必要• 写真や動画が多いとデータ移行に時間がかかる• ドコモショップに持ち込んでデータ移行をサポートしてもらうことも可能• ドコモショップでデータ移行をサポートしてもらうと3,000円 税抜 の料金が発生する 関連サイト:.

次の

ドコモのUIMカード機種変更で変更が必要な時の差し替え・開通設定のやり方

ドコモ 機種変更 データ移行

むすめ ドコモオンラインショップでの機種変更は、基本ドコモショップで機種変更する場合と変わりません。 機種変更時のデータ移行のやり方については、選択していけば自分に最適な方法を案内してくれる「」が用意されています。 ですから、このマニュアルのガイダンスに沿ってデータ移行作業を進めれば、案外カンタンに出来るようになっています。 実際に初めてやった人も案外カンタンにできたみたいです。 ドコモオンラインショップから新しいスマホが届いた。 機種変更のデータ移行とかだいぶ簡単になってるのね。 これならドコモショップ行かなくても一人でできそうよ。 — カナミン 読書中心につぶやきます kanami26 スマホの機種変したんだけど、ドコモオンラインショップで手続きしたら2日で家に端末が届き、データ移行も新旧2台を並べてデータ移行アプリを起動し、いくつか操作したあと「オッケーぐーぐるデータ移行して」と言うだけでほとんどのデータが移動してくれた… — 東尾ひろ higashiohiro ちなみにスマホはドコモオンラインショップで買った。 データ移行も簡単でオススメ。 ほんとに大声で叫びたい。 ドコモショップでアプリの移し替えも店員さんにやってもらっていた、という場合は店員さんがやってくれていたデータ移行作業をすべて 自分でやる形になります。 とはいえ、ドコモのマニュアルを見ても、• どうやってデータ移行すれば良いか分からない• データ移行するまでの全体の流れが掴めない など不安な人も多いと思うので、カンタンに詳しく解説していきますね。 ただ、スマホをみて1個1個確認しながらデータ移行してくれるので、負の遺産が見られてしまうデメリットはあります(笑) 《日記》 今日はスマホを買い換えました。 クラウドとか同期とか全く解らないのでショップのお姉さんにデータ移行をお願いしました。 「確認おねがいします😄」 と言われお姉さんにも画面が見えるようにアルバム開きました。 エロい画像が出てきました。 「問題ありません」と答えました。 — だぁはら takahide91 なおデータ移行で移すデータは以下の内容がメインです。 連絡帳・写真・動画のデータ• Googleアカウントやdアカウントのログイン情報• 各アプリ(LINEやゲーム)のデータ それぞれ新しいスマホへデータを移行しましょう。 連絡帳・写真・動画のデータ 下記1~4いずれかの方法でデータを移行します。 「」アプリを使う• ドコモショップにある「」を使う 各アプリのデータ 移行方法については、以下よりご確認ください。 LINEのデータ移行方法は• Facebookのデータ移行方法は• twitterのデータ移行方法は• おサイフケータイのデータ移行方法は 他にも使っているアプリがあるなら、各アプリの公式サイトでデータ移行の方法を確認しておきましょう。 Googleのアカウントやdアカウントへ再ログイン 「Googleアカウント」や「dアカウント」「家のWi-Fi接続」など、新しいスマホで再ログインが必要です。 再ログインには、各アカウント情報(IDとパスワード)が必要になります。 忘れてしまった人は再取得しておきましょう。 Googleのアカウントを忘れてしまった方はで再設定できます• dアカウントを忘れてしまった方はで再取得できます• iPhoneのWi-Fi接続方法は• スマートフォン(android)のWi-Fi接続方法は 通話回線を新しいスマホに切り替える 新しいスマホへ「ドコモUIMカードを挿入」または「旧スマホからUIMカードを差し替え」ます。 UIMカードの差し替えが終わったら、「ウェブサイト」または「電話」で回線を切り替えます。 当該期間内に切り替えられなかった場合は、商品を受け取ったか否かに関わらず、通知なくドコモが自動的に切り替え(開通)の手続きを行います。 各アプリのデータ(LINEやゲームとか)• 電話帳・写真・動画のデータ• Googleアカウント・dアカウントへの再ログイン 1つずつ説明していきますね。 各アプリのデータ(LINEやゲームとか) まず、機種変更前によく使うSNSやアプリのデータ移行します。 LINEのなどのSNSはデータそのものを保存するというよりも、アカウントの引き継ぎ作業をしておくというイメージです。 特にLINEはよく使うツールで「トークのバックアップ」や「アカウント引き継ぎ」設定をしておかないと、今までのトーク履歴がすべて消えたりして困るはずなので要チェックです。 SNSのデータ移行は新しいスマホ側でアプリを起動する前に行っておき、今使っているアカウントとは別のアカウントが作られないようにします。 ゲームの場合、アカウントだけ引き継ぎ設定をすればOKのものもあれば、スマホに保存されたデータ自体も移行する必要があります。 電話帳・写真・動画のデータ 電話帳・写真・動画のデータ移行には専用の「アプリ」や「iPhoneの機能」などを使い、旧スマホ(機種変更前のスマホ)に入っているデータを新スマホ(今回機種変更したスマホ)に移動させます。 機種変更のタイプによって使うアプリや機能が違ってきますが、自宅で完結できる方法とドコモショップ(対人のショップ)でやる方法の2つがあります。 電話帳• スケジュール/メモ• 画像/動画• 「iOSに移行」(Move to iOS)アプリを使ってみた。 なるほど便利です。 (アプリのコピーは出来ない) — Yosuke Nagatomo gtmhouse 「Move to iOS」アプリの使い方は、下記の動画を御覧ください。 ただし、今使っているiPhoneと新しいiPhone、両方ともに iOS 12. 4 以降が搭載されている必要があります。 iOS12. 4に対応していない「iPhone4S」「iPhone5」「iPhone5C」から機種変更する人は、クイックスタートを使ったデータ移行はできません。 その場合は「ドコモデータコピー」アプリなどを使ってデータ移行しましょう。 ただし、DOCOPY(ドコピー)の操作は自分で行う必要があります。 DOCOPY(ドコピー)を使いにドコモショップへ行くなら、手数料(3,000円)はかかりますが、店員さんにデータ移行を頼んだ方が良いかもしれませんね。 ドコモショップの店員さんだった友達に聞いたら『ドコピーがラク』って言ってたので、結局ドコピーでデータ移行しました。 — ふみっちょ fumiccho 親がガラケーからスマートフォンにするから、明日初めてドコピー使うことになるなw — りくどう rikudou1985 DOCOPY(ドコピー)で移行できるデータは下記のとおりです。 docomo• softbank• 楽天モバイル スマホのオンラインショップでは、機種変更できるだけではなく新規契約・契約プランの変更・学割の適用などもだいたいのことは全てネットで完結できます! 例えば激混みで有名なドコモショップに事前予約して並ぶなんて面倒なことは一切不要。 例えばで注文したスマホは自宅に届けてもらえるので、 究極一切家から出ずに家で自分のタイミングで機種変更完了できるわけ。 超便利です。 もちろん、スマホに関わるいろんな手続きをしたい場合は、対面ショップ店頭で手続きするほうが楽なことも多々あります(笑) ただ、単に 「機種変更したいだけ」なら、今の御時世、わざわざ 人混みに出向いて長時間待つのはあまり得策ではないのかなと。 ・・・というのも• docomo• softbank• 楽天モバイル ちなみに機種によってですが、 店頭で購入するほうが高くなることがあります。 例えばiPhone 11proなんかは・・・ 店舗やキャンペーンのタイミング、購入する機種によって変わりますが、オンライショップと対面の店舗で1~2万の金額差が出ることがあります。 なぜ対面のショップで買ったほうが高くなりやすいかというと、購入するときに 頭金を取られるケースが多いから。 この頭金がオンライショップでは基本「0円」なので、その分安く購入できるケースが多いんですね。 今現在、docomo・au・softbankいずれの オンラインショップも「頭金」はありません。 対面のショップ店頭ではスマホ機種代・月額利用料以外に、 「 頭金」+「 事務手数料」の2つが加算されて請求されますから、高額のスマホ機種などは結構大きな金額差になることもあります。 単純に新しい機種を購入して、今のスマホからデータを移行させるだけなら、最近はネットで事足りる世の中になっているということ(笑).

次の