韓国 ドラマ 逆流 あらすじ。 韓国ドラマ|逆流のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

韓国ドラマ|逆流のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

韓国 ドラマ 逆流 あらすじ

父親の死の真相を探るためにドンビンと交際しているイニョン。 しかし、そんな彼女がドンビンの弟として紹介されたのは、かつて愛したジュニだった。 目的を果たすために必要なドンビンに嘘の愛をささやき、本当に愛したジュ ニにはその愛を隠し続ける。 果たして、彼女が最後に選ぶのは愛する人か、それとも必要な人か。 父親の死の真相を暴くため、ドンビンに近づくイニョン。 かつて愛したイニョンを忘れられない財閥御曹子ジュニ。 ひそかにジュニに劣等感を抱き、策略を巡らすドンビン。 イニョンの家から全財産を持ち逃げした、ジュニの婚約者ユラン。 のため、 のため、そして のため、4人は本当の自分を隠し危険な心理戦を始める。 互いの秘密に気付き、真相が明らかになっていくにつれ、彼らの運命は切なさを増していく。 日本語字幕放送・全79話 なぜか最終回だけ予約録画が誤作動で、、悔しいのでレンタル探して見ました。 テーマが大きすぎて、誰もかれもひどい目にあわされた相手に妙に寛容、て言うか鈍感で、ボヤ~とした話になっちゃった気も。 移植の真相を知った後、雨の中ジュニさんと見つめ合って立ち去るイ二ョンのシーンは良かったです。 ドンビンを許さないのは自分と、ヒャンミさんを責め続けることでもあるから。 ドンビンが仮出所でもできた頃には顔も覚えていないかもしれないけど、それもまた救いの形かもしれません。 皆さんお疲れ様でした。 「いつも春の日」もあの家だよね? それにしてもヘンテコな最終回。 イニョンはドンビンに対して微笑みさえ浮かべて「父の最後を知りたかった」「私を愛してくれたドンビンさんを信じる」とかなんとか穏やかに話してたけど、知った真実は、父の開発を盗みに忍び込んだドンビンが、帰ってきた父を突き飛ばして殺した、という救いようの無いヤツ。 さらに弟も頭殴られ死にかけた。 わかったんなら、あんな優しい態度あります? 「USBをドンビンにあげる」って…どこをどうしたらそんな考えに至るのか全然理解できません。 ドンビンの悪事を忘れてアメリカにいると思い込んじゃってるベクサンさん。 それ以外は進行してないね。 どんないい薬なんだろう?と、母がアルツハイマーで急激に変わってしまった私は思ってしまいました。

次の

韓国・中国・台湾ドラマ 逆流 | BS11(イレブン)

韓国 ドラマ 逆流 あらすじ

逆流(韓国ドラマ)原作・あらすじ 韓国ドラマ『逆流』の 原作あらすじをご紹介します。 幅広いジャンルのプロジェクトを成功に導いている腕利きのインテリアデザイナーで、忙しい日々を過ごしている キム・イニョン(シン・ダウン)が本作の主人公。 大手建設会社テヨングループの会長 カン・ベクサン(チョン・ソンモ)の長男で、将来の後継ぎ候補として大きな期待が懸けられている御曹司 カン・ドンビン(イ・ジェファン)と交際しているキム・イニョン。 仕事面だけでなく、プライベート面でも充実した毎日を送っているキム・イニョンですが、カン・ドンビンとの仲を深める裏側でとんでもない計画を進めていて…。 逆流(韓国ドラマ)ネタバレ・感想 韓国ドラマ『逆流』の ネタバレ感想をご紹介します。 インテリアデザイナーとして輝かしい実績を残すキム・イニョンは、カン・ドンビンの子供を妊娠した事がきっかけとなり、カン・ドンビンの両親の元へと足を運び、結婚の挨拶をします。 カン・ドンビンとの結婚が間近に迫ったキム・イニョンですけど、彼女は 「不審死した父の死の真相を知る」というミッションを成し遂げる事に躍起になっていました。 父の死にテヨングループが関与している事を悟ったキム・イニョンは、カン・ドンビンの妻になる事でテヨングループの情報を仕入れ、なぜ父が死ななければなかったのか、という最大の疑問を解決しようとします。 プロフィールを偽る事でカン・ドンビンとの結婚にこぎ着けたキム・イニョンでしたが、結婚の挨拶に行った際、面識がある カン・ジュニ(ソ・ドヨン)と再会してしまい、自分の素性がバラされるのでは…というネガティブな感情を抱くのでした…。 カン・ジュニと婚約していた チェ・ユラン(キム・ヘイン)やカン・ドンビンの母親 ヨ・ヒャンミ(チョン・エリ)など、キム・イニョンに疑念を抱く人物が現れる中、リスクを恐れず、父の死につながる情報を得ようとするキム・イニョン。 恋愛結婚ではなく、戦略的な形でカン・ドンビンと結婚する事になったキム・イニョンがどのような流れで父の死の真相にたどり着くのか、というところが大きな注目点になっていますので、どうぞご期待ください。 逆流(韓国ドラマ)見どころ 韓国ドラマ『逆流』の 見どころをチェックしていきましょう。 キム・イニョンたちは、純粋に誰かを愛するのではなく、何かしらの目的を成し遂げるために異性を利用する、というスタイルを貫いていくのですが、自分に有利な状況を作り出すため、様々な角度からライバルにフェイクを仕掛けていきます。 逆流(韓国ドラマ)最終回結末 韓国ドラマ『逆流』の 最終回結末(119話:最後の良心)の大まかなあらすじをご紹介します。 幼少期を過ごした養育院へと足を運んだチェ・ユランは、キム・イニョンが自分宛てに書き続けた手紙を読んだ直後、キム・イニョンへの償いを果たす事を決意し、カン・ドンビンの悪事を暴くUSBをキム・イニョンに託します。 一方、テヨングループの実力者・ チャン課長(イ・ヒョンゴル)から、実の父親が殺人犯でない事を告げられたカン・ドンビンは、カン・ジュニに自首を促され…。 愛憎ドラマなので、華々しいラストが用意されているわけではありませんけど、主要キャラそれぞれが過去の行いを反省し、現実と向き合う事で新たな幸せを追い求める、という心温まる形の結末に仕上がっていますので、どうぞお楽しみに! スポンサーリンク 逆流(韓国ドラマ)キャスト・出演者 韓国ドラマ『逆流』の キャスト・出演者をご紹介します。 キム・イニョン 役:シン・ダウン 女優シン・ダウン、空間デザイナーのイム・ソンビン氏と5月に非公開挙式 — Korepoコレポ Kkorepo 不可解な死を遂げた父の無念を晴らそうとするインテリアデザイナー。 身分を偽って大手企業テヨングループの御曹司カン・ドンビンに近寄り、テヨングループに取り入ろうとする。 2004年にミュージカル女優としてデビューした後、『帰ってきたファン・グムボク』で母親を捜索するヒロイン役に抜てきされるなど、長編ドラマ常連の女優として大活躍しているシン・ダウンさんがキム・イニョン役を演じています。 キム・イニョンの妊娠が発覚した後、キム・イニョンと結婚するため、両親の説得にあたるが…。 『あなたしか愛せない』で大手流通企業の御曹司ソ・ジファン役を演じるなど、現代の長編ドラマで御曹司の役に抜てきされる機会が多くなっているイ・ジェファンさんがカン・ドンビン役にキャスティングされています。 抜群のルックスを誇り、頭のキレる人物でもあるが、別人になりすました状態でカン・ジュニに近付いていく。 ミスコリアの選抜大会にエントリーした事がきっかけとなって女優デビューを果たし、『イニョン王妃の男』や『星から来たあなた』など、ヒット作への出演が相次いでいるキム・ヘインさんがチェ・ユラン役にキャスティングされています。 朗らかな性格の持ち主だが、事故の影響で視力を失っている。 長編ドラマ『秋のカノン』でアメリカ帰りの好青年キム・ソンジュン役を見事に演じ切った実力派俳優のソ・ドヨンさんがカン・ジュニ役にキャスティングされています。 逆流(韓国ドラマ)登場人物・相関図 韓国ドラマ『逆流』の 登場人物・キャスト相関図をご紹介します。 スポンサーリンク 逆流(韓国ドラマ)ネット上の反応 韓国ドラマ『逆流』に対する ネット上の反応をまとめます。 ソ・ドヨン新朝ドラ「逆流」台本リーディング マクチャンではなく伏線を積み重ねるストーリーを展開するらしい…。 『I Cry』チョグ 『逆に流れる』リア 『涙が出て それで』Bro 逆流(韓国ドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス 韓国ドラマ『逆流』の 再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します。 【最新の再放送予定】• 2019年5月29日(水)~ LaLaTV 【過去の再放送】• 2018年6月8日~ KNTV(日本初放送) 【逆流の無料動画見逃し配信サービス】• 無料動画見逃し配信サービスを実施しているサイトはありません。

次の

韓国ドラマ【逆流】のあらすじ118話~119話(最終回)と感想

韓国 ドラマ 逆流 あらすじ

父親の死の真相を探るためにドンビンと交際しているイニョン。 しかし、そんな彼女がドンビンの弟として紹介されたのは、かつて愛したジュニだった。 目的を果たすために必要なドンビンに嘘の愛をささやき、本当に愛したジュ ニにはその愛を隠し続ける。 果たして、彼女が最後に選ぶのは愛する人か、それとも必要な人か。 父親の死の真相を暴くため、ドンビンに近づくイニョン。 かつて愛したイニョンを忘れられない財閥御曹子ジュニ。 ひそかにジュニに劣等感を抱き、策略を巡らすドンビン。 イニョンの家から全財産を持ち逃げした、ジュニの婚約者ユラン。 のため、 のため、そして のため、4人は本当の自分を隠し危険な心理戦を始める。 互いの秘密に気付き、真相が明らかになっていくにつれ、彼らの運命は切なさを増していく。 日本語字幕放送・全79話 なぜか最終回だけ予約録画が誤作動で、、悔しいのでレンタル探して見ました。 テーマが大きすぎて、誰もかれもひどい目にあわされた相手に妙に寛容、て言うか鈍感で、ボヤ~とした話になっちゃった気も。 移植の真相を知った後、雨の中ジュニさんと見つめ合って立ち去るイ二ョンのシーンは良かったです。 ドンビンを許さないのは自分と、ヒャンミさんを責め続けることでもあるから。 ドンビンが仮出所でもできた頃には顔も覚えていないかもしれないけど、それもまた救いの形かもしれません。 皆さんお疲れ様でした。 「いつも春の日」もあの家だよね? それにしてもヘンテコな最終回。 イニョンはドンビンに対して微笑みさえ浮かべて「父の最後を知りたかった」「私を愛してくれたドンビンさんを信じる」とかなんとか穏やかに話してたけど、知った真実は、父の開発を盗みに忍び込んだドンビンが、帰ってきた父を突き飛ばして殺した、という救いようの無いヤツ。 さらに弟も頭殴られ死にかけた。 わかったんなら、あんな優しい態度あります? 「USBをドンビンにあげる」って…どこをどうしたらそんな考えに至るのか全然理解できません。 ドンビンの悪事を忘れてアメリカにいると思い込んじゃってるベクサンさん。 それ以外は進行してないね。 どんないい薬なんだろう?と、母がアルツハイマーで急激に変わってしまった私は思ってしまいました。

次の