中国 新しい ウイルス。 【コロナウイルス】なぜ新しい病気が中国武漢で発生したのか?

人民解放軍の生物化学兵器部門最高責任者の少将が武漢ウイルス研究所の新しい責任者に。そのことを調べるうちに浮かび上がる「優秀すぎた3人の中国人女性たち」

中国 新しい ウイルス

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき) 国際政治経済学者。 前参議院議員。 米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。 『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。 総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。 日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。 歴史は繰り返す?「食べられるものは何でも食べる」という習慣 危機管理の欠如 中国の武漢で発生した新型コロナウィルスは、変異と「人から人への感染」を重ね、感染者や死亡者の拡大をもたらしている。 武漢の病院では医者や看護師も感染し、どこの病院も大混雑のようだ。 こうした緊急事態に直面し、人口1,100万人の武漢では、地下鉄やバスなど全ての公共交通機関が運行停止となった。 武漢からウィルスを外に出さないためであろうが、「時すでに遅し」の感を免れない。 なぜなら、中国では4億人が国内で移動する春節を迎えており、国内に限らず、中国人旅行者を介して日本、韓国、タイ、香港、そしてアメリカでも感染が確認されているからだ。 武漢市の周先旺市長は新年に3万人の市民を集めた食事会を主催し、その参加者からも多数の感染者が出たため、「危機管理の欠如」を指摘され、辞任は時間の問題であろう。 発生源は非合法に売られていたコウモリ? 2002年に発生し、多くの犠牲者を生んだSARSの悪夢が蘇ってきたと言えそうだ。 何しろ、発生源は「非合法に売られていたコウモリ」らしいが、まだ特定はされていない。 しかも、治療薬の開発には数年かかるという。 お陰で、予防用のマスクは売り切れ続出で、生産が間に合わない。

次の

ハンタウイルスとは?コロナの次に流行か?中国ではすでに死者が

中国 新しい ウイルス

ステファニー・ヘガティ 、BBCワールドサービス Image copyright Weibo Image caption 病室のベッドにいる李文亮医師。 新型コロナウイルスに感染していると診断される前日に撮影 中国・湖北省武漢市の当局者は1月初め、新型コロナウイルスに関する情報を秘密にしようとしていた。 ある医師が同僚医師らにアウトブレイク(大流行)について警告しようとすると、警察はこの医師の元を訪れ、そうした行為をやめるよう指示した。 1カ月後、病室からこの出来事について投稿した医師は、英雄だと称賛されている。 医師の投稿は、「こんにちは、みなさん。 私は、武漢中心医院の眼科医、李文亮です」という書き出しから始まる。 そこには、新型コロナウイルスのアウトブレイクの初期段階での、地元当局によるお粗末な対応に関する見事な識見がつづられている。 昨年12月に異変に気付く 李医師は、新型ウイルスの流行の中心となった武漢市で働いていた昨年12月、SARSに似たとあるウイルスによる7つの症例に気が付いた。 SARSは、2003年の世界的エピデミック(伝染病)を引き起こしたウイルスだ。 新型ウイルスは、 武漢市の魚市場「華南海鮮卸売市場」で売られていた生きた動物が発生源と考えられていた。 患者は、李医師が勤めていた病院で隔離されていたという。 同僚に周知 昨年12月30日、李医師はチャットグループに入っている同僚の複数医師に対し、アウトブレイクが起きていると警告するメッセージを送信。 防護服を着用して感染を防ぐようアドバイスした。 この時、李医師はこの病気がまったく新しいウイルスによるものだとは知らなかった。 Image copyright Weibo Image caption 新型ウイルスに感染した李医師は、なぜ当局側が今も医療関係者は感染していないと主張しているのか疑問だと「微博(ウェイボ)」に投稿した 警察が口止め それから4日後、中国公安省の職員が李医師の元を訪れ、書簡に署名するよう求めた。 その書簡は、李医師を「社会の秩序を著しく乱す」「虚偽の発言をした」として告発する内容だった。 「我々は厳粛に警告する。 頑なに無礼な振る舞いを続けたり、こうした違法行為を続けるのであれば、あなたは裁かれることになるだろう。 わかったか?」 その下には、李医師の筆跡で「はい、わかりました」と書かれている。 李医師は、警察が「うわさを拡散」したとして捜査を行ったとしている8人のうちの1人。 今年1月末、李医師は中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」上で、この時の書簡のコピーを公開し、何があったのかを説明した。 その間、地元当局者が李医師に謝罪したが、あまりに遅すぎる対応だった。 1月最初の数週間、武漢市の当局者は、新型ウイルスに感染した動物に接触した人にのみ感染すると主張していた。 医師の感染を防ぐ指導はなかった。 警察が李医師を訪ねてからわずか1週間後、李医師は緑内障をわずらう女性患者の治療を行っていた。 この女性が、新型ウイルスに感染していることは知らなかった。

次の

【悲報】中国でまた新しいウイルス発見。「アフリカ豚熱」

中国 新しい ウイルス

中国の他の場所では、数日間新しい症例を報告していない省の学校が再開日を設定し始めました。 公式ウェブサイトに掲載された通知によると、3月5日現在29日間新たな感染は報告されていない北西部の青海省は、3月11日から3月20日までの異なる学校の開始日をずらすと述べた。 南西部の貴州省は、3月16日から学校の再開を開始すると発表しました。 湖北以外では17件の新たな確定症例があり、木曜日の中国本土での新たな感染総数は143件で、前日は139件でした。 17件の新規症例のうち、16件は中国国外から輸入されました-甘an省で11件、北京で4件、上海で1件。 イランから甘an省の州都蘭州に到着した合計311人の乗客が検疫されたと、国営テレビが木曜日遅くに報告した。 北京の4つの新しい症例はイタリアから来ていた。 金曜日、市の政府関係者の1人は、その防疫キャンペーンが最も困難な時期であると説明し、外部から首都に戻ってきた約827,000人-旧正月の長期休暇からのほとんどが現在家に帰っていると付け加えました観察。 先月、甘su省は、新たな感染がないことを反映して、緊急対策をレベルI(4層システムで最も深刻なレベル)からレベルIIIに下げる最初の州になりました。 チベットは、金曜日に緊急対応レベルを下げる最新の地域となり、公式ウェブサイトで、一部の地域はレベルIIに、他の地域はレベルIIIに緩和されたと発表しました。 武漢の楽観 上海の保健当局は、金曜日の最初の12時間で3つの新しい症例を記録したと述べた。 国営メディアによると、全員がイランで勉強した中国人だった。 3つすべてが3月3日に上海税関によって検疫に移され、市の健康委員会の広報担当者はニュースの説明を受けました。 武漢での新たな事件にもかかわらず、中国政府高官は金曜日の午後に市が第2の仮設病院を閉鎖したため、その状況について楽観的であると国営ラジオが報じた。 「武漢と湖北の状況が改善するにつれて、関係当局は承認を得て、中国の感染症法と公衆衛生緊急規則に従ってタイムリーな調整を行うだろう」と国務院副局長のディン・シャンヤンはニュース説明会で語った。 「朝出かけたとき、ドアの前に桜が咲き、冬が過ぎて春が来たと告げました。 誰もが楽しみにしていた日はそう遠くないと思います。 北京、上海、広東の当局はすべて、北京が韓国、日本、イラン、イタリアと特定したコロナウイルスによって最も被害を受けた国からの旅行者を検疫することを誓った。 中国の運輸省は金曜日に、すべての海事管理機関に、ウイルスが港で広がるのを防ぐために税関と協力し、特に韓国と日本から出航する船に注意を払うよう求めたと述べた。

次の