ソフトバンク エアー 安い。 危険!SoftBank Air(ソフトバンクエアー)をおすすめしない全理由

【2020年7月】ソフトバンクエアーのキャンペーン比較!オススメは実質料金が安いモバレコエアー

ソフトバンク エアー 安い

ソフトバンクエアーの料金・価格 ソフトバンクエアーの月額料金は、ルーターを 分割払いで購入する場合と、 購入せずにレンタルで利用する場合とがあります。 それぞれ料金を比較し、どちらがお得か見ていきましょう。 そのため、分割払いの場合の月額料金は、基本料金の4,800円となります。 後述しますが、レンタルの場合は毎月レンタル料金が発生するので、分割払いの方が安くなります。 ソフトバンクエアーを契約するなら、断然分割購入の方が安くておすすめです。 レンタルの料金 ソフトバンクエアーをレンタルで使用する場合、残念ながら月々のレンタル料金は割引されません。 そのため、月額料金は機器を購入して使用する場合より割高になります。 基本料金4,800円にレンタル料490円が加算されるので、 月額5,370円です。 長く使えば使うほどレンタル料金がかさんでしまうので、分割払いにした方がいいでしょう。 初期費用 月額料金に加えて、初期費用として契約事務手数料3,000円がかかります。 契約事務手数料は、光回線やポケットwi-fiの契約時にもかかる料金です。 ソフトバンクエアーだけ高いというわけではないので、安心してください。 解約料金 ソフトバンクエアーは、2年間の自動更新です。 そのため、違約金がかからずに解約できるのは、契約満了月のみとなっています。 課金開始日を1ヶ月目とすると、契約満了月は24ヶ月目です。 1ヶ月しか無料解約期間がないため、解約を考えている方は急いで手続きする必要があります。 加えて、ソフトバンクエアーを36回分割払いで購入している方は、分割代金の残りも支払いが生じます。 36ヶ月以上契約している場合は支払い不要です。 なお、契約から8日以内はクーリングオフの対象となるので、違約金0円で解約できます。 契約したての方は、クーリングオフを利用するといいでしょう。 ソフトバンクエアーの割引一覧 この項では、ソフトバンクエアーで使える割引を一覧でご紹介します。 SoftBank Airスタート割 期間:2019年6月1日 土 ~ 契約から1年間、580円~1,080円の基本料金割引がされるキャンペーンです。 契約初期は何かとお金がかかるので、基本料金をなるべく抑えられるのは嬉しいですね。 おうち割光セット ソフトバンクの携帯電話やスマホ、タブレットを利用している場合、月額料金が割引されます。 家族で利用している場合は、家族それぞれの利用料金が割引されます。 割引額は、契約しているデータ量によって変わります。 多くの方が当てはまるのが、スマホでミニモンスターを契約している場合かと思います。 コンセントに挿すだけで使える ソフトバンクエアーは工事不要で使用できるため、賃貸住宅等で勝手に回線工事ができない場合にもおすすめです。 コンセントにさすだけでWiFi環境を構築できるため、設定作業に自信がない人も安心して使用できます。 また、住んでいる建物にインターネット回線がきていなくても、工事不要でインターネットができるようになるのは大きなメリットと言えるでしょう。 回線工事費が一切かからない ソフトバンクエアーは、回線工事が不要です。 ソフトバンクエアー機器をコンセントに繋ぐだけで、WiFi環境が構築されます。 当然のことながら工事費もかかりません。 そのため、賃貸住宅にお住まいの人でもお気軽に申し込むことができます。 申し込んでから工事の日にちまで待つ必要もなく、配線工事の立会で、家にいる時間を作る必要もありません。 また、一人暮らしをしている女性など、工事業者を部屋に入れるのが不安という人でも安心です。 家中快適にネットが使える ソフトバンクエアーは、家中どこにいても安定してネットを使うことがきます。 ポケットWiFi等の場合、家の中だと電波が入りにくいことがありますが、ソフトバンクエアーはその心配がありません。 自宅使用を前提につくられているので、離れた部屋にいても通信速度が安定しています。 加えて、PCやスマホ、ゲーム機といったように、複数の端末を接続しても快適です。 データ使用量制限なし ソフトバンクエアーには、一般的なスマホやモバイルルーターには設定されている毎月のデータ使用量制限がありません。 そのため、使いすぎて追加料金を請求されるようなこともなく、長時間のインターネット接続も安心して行って頂けます。 ただし、回線の利用者が集中する夜などの時間帯に、速度が制限されることはあります。 スマホとセットで割引になる 前述のように、ソフトバンクスマホを契約している方は割引が適用されます。 ソフトバンクスマホを使っている間は永年割引が続くので、長く使えば使うほどお得です。 ずっとソフトバンクスマホを使っているという方には、断然ソフトバンクエアーをおすすめします。 ソフトバンクエアーのデメリット ここからは、を利用する際のデメリットについて見ていきます。 使用するうえで、メリットだけではなく、デメリットを知っておくことも大切です。 そのため、ここで紹介するデメリットもしっかりチェックしましょう。 光回線に比べて速度が遅い ソフトバンクエアーの通信速度は、最大速度で光回線の約4分の1、モバイルルーターの約3分の1です。 最近のネットワーク機器は通信速度が向上していますが、。 また、ソフトバンクからは「回線を利用する人が集中する時間帯には、速度制限をする」というアナウンスが公式に出ています。 そのため、時間帯によって回線速度がとても遅くなったり繋がりにくくなってしまうということもあります。 このように、ソフトバンクエアーの回線速度は遅いため、動画視聴などを快適に楽しめるとは言い難いです。 もしそのような使い方がメインの場合には気をつけましょう。 2年以内だと解約金が発生する ソフトバンクエアーの回線契約は2年更新ですが、ルーターの分割払いが3年払いのため、2年で解約しようとしても残り1年分のルーター残債を支払わなくてはなりません。 ルーター代金を完済するのは3年後で、その時に解約しようとしても、契約3年目なので解約違約金が発生してしまうため、注意が必要です。 結局最低4年間契約していないと、解約金またはルーターの残債を支払わなくてはならないという状況に陥ります。 クーリングオフ期間が過ぎてしまった後に回線が使用できないことが分かった場合、解約違約金は支払わなくて済みますが、機器の残債は請求されます。 原則自宅でしか使用できない ソフトバンクエアーは、いわゆるモバイルルーターではないため、コンセントが無いところでは使用できません。 自宅以外でも、コンセントが使える場所であれば動作させることはできます。 しかし、お手軽に持ち運べる大きさではないこと、そして何よりも「契約した住所以外で使用するのは規約違反」となります。 ほとんどの人が自宅住所で契約しているかと思いますが、ソフトバンクエアーを契約した住所から持ち出して使用するのは止めましょう。

次の

ソフトバンクエアーとWiMAXどちらを選べばいいか迷ってるあなたへ

ソフトバンク エアー 安い

J:COMか、ソフトバンクエアー(SoftBank Air)か、どちらにするか迷っている人も多いですよね。 私自身、公式サイトの情報だけではよくわからなかったので、 両方のショップにいって話を聞いてみました。 まず結論から言って「 絶対にソフトバンクエアーにした方がいいじゃん!」ということ! まず、J:COMではインターネットの工事が必要だし、工事までに大家さんへの確認があったり、とにかく面倒…。 ソフトバンクエアーなら工事不要で本体をコンセントに差し込むだけで速攻ネットが使えるからです。 申し込みから開通までが超カンタンっていうのは重要です! しかも、月額で比較しても、 ソフトバンクエアーのほうが、2年間で17,000円も安く利用できるんです。 ソフトバンクエアーならすぐ使えて安いんだから間違いない!ってことです。 実際に行った店舗で契約ようと思ってましたが、【重要なこと】を知りました。 【料金比較】J:COMよりソフトバンクエアーのほうが手軽で安い 冒頭でもあるように、SoftBank Airのほうがコスパがいいです。 J:COMよりもSoftBank Airのほうが初期費用と月額が安いためです。 初期費用の比較 J:COM SoftBank Air 初期事務手数料 3,000円 3,000円 工事費用 6,000円 0円 工事期間 1ヶ月前後 即日開通 まずSoftBank Airは開通工事の必要がないため、初期費用が安いです。 J:COMの場合は開通工事に6,000円の費用がかかります。 また、SoftBank Airは工事不要、端末が届いたら即日ネットが使えます。 端末をコンセントにさすだけで部屋でWiFiが使えるようになります。 ソフトバンクエアー 月額 1年目 3,800円 8ヶ月目以降 4,880円 2年間総額 104,160円 スマホ割 あり 単純に月額だけをみても、2年間の総額で、 J:COMよりソフトバンクエアーのほうが、17,000円も安く使えます。 さらに、表の中で「 スマホ割」が書かれていますが、 SoftBank Airを契約するとSoftBankやY! mobileの携帯料金が月額500〜1,000円割引で使うことができます。 スマホで5GB以上のデータプランを利用している人は1,000円割引、5GB以下のデータプランを利用している人は500円割引になります。 スマホの割引額も含めて考えると、 J:COMよりSoftBank Airのほうが、40,000円ほど割安ということになります。 簡単に言うと、ネットと専門チャンネルをあわせて月額2,500円で利用できるキャンペーンです。 ただし、利用開始から8ヶ月目以降は「5,937円」です。 キャンペーンの条件は「専門チャンネル」の加入ですが、Netflix(ネットフリックス)やAmazonPrimeVideo(アマゾンプライムビデオ)があるのに、わざわざJ:COMの「専門チャンネル」に加入するメリットがありません。 正直言ってネットだけでいいわけですが、J:COMにネットだけの格安プランなどはありません。 ソフトバンクエアーのキャンペーン ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の場合、ソフトバンクショップや公式サイトから申し込みをするとスマホ割しか適用されません。 しかし、 販売代理店のキャンペーンサイトから申し込めば、30,000円のキャッシュバックをもらうことができます! (もちろんSoftBank公式のスマホ割などは使えます) ただし、キャペーンサイトが複数あって、なかにはJ:COMの専門チャンネルの加入のような、オプションをつけられる場合があります。 SoftBank Airは、スマホと同じように、SoftBankの基地局から飛んでくる電波をキャッチしてインターネットに接続するものです。 二つのサービスには、「ケーブル」と「電波」という違いがあります。 一般的には「ケーブル」を使った固定回線のほうが電波や通信速度が安定しているといわれています。 なので、J:COMのほうがSoftBank Airよりも通信環境がいい可能性はあります。 ただ、 やっぱり通信速度は使う場所によって大きく変わるもの。 どちらにせよ、使ってみないとわかりません。 実際Twitterで、J:COMとSoftBank Airの利用者、乗り換えした人を調べても 賛否両論です。 8日間以内であれば無料で契約キャンセルができる制度なので、ちょっと安心できますよね。 SoftBank Airは端末を受け取ってから8日以内にカスタマーセンターに解約連絡を入れて、後日端末を返却するだけでOKです。 J:COMの場合は、開通工事を終えてた後に「初期契約解除」をすると、 2,000〜6,000円で「撤去工事」をせねばならず、これは自己負担になっています。 速度が遅いからキャンセルするのにお金がかかるというのはマイナスポイントですね。 コスパを考えるとSoftBank Airのほうが断然お得!• SoftBank Airのほうが月額が安いし、新規キャッシュバックも魅力!• 通信速度は使ってみないとわからない。 両サービスとも「初期契約解除」ができる。 SoftBank Airはキャンセルしても負担なし。

次の

ソフトバンクエアー お申し込みサイト

ソフトバンク エアー 安い

まず光電話の基本料金として500円が発生します。 この光電話はオプションなため、必要ないという人もいるとは思いますが、これを付けないとスマホのセット割が適用されないため、注意が必要です。 もし光電話がいらない場合でも、セット割のためにオプションとして付けておく必要があるかと思います。 ちなみに、ソフトバンクエアーはこの条件がありません。 また、気になる工事費ですが、ソフトバンクエアーの場合はコンセントにさして電源を入れるだけなので 工事が不要で0円です。 それに対してソフトバンク光は、ドコモやauといった他社回線から乗り換える場合には工事費が無料になるものの、新しく回線を引く場合には工事費がかかってしまいます。 月額料金で比較しますと、ソフトバンクエアーの方が気軽に始められ料金も安いという事が一目瞭然かと思われます。 ソフトバンクエアーは月額料金以外にどんな費用がかかる? ソフトバンクエアーの使用を開始する際、今ご説明した月額料金以外に次の3種類の費用がかかりますので続いてそちらを紹介します。 ですが、毎月に払う本体代の料金と同じ額の割引が毎月ありますので 本体代は実質0円となります。 本来54,000円のものが実質タダで手に入るなんて、さすがソフトバンク。 かなりの太っ腹ですね。 注意点としては、3年以内に万が一解約すると割引が無くなりますので、本体代の残債を支払わなければならないところですね。 本体を買取するプランを選ぶなら4年は解約しない 3年目でやめると解約違約金がかかるため ことを心に決めてから契約しましょう。 ソフトバンクエアーを更新月以外で解約すると違約金が9,500円かかる ソフトバンクエアーのプランは、契約期間として2年間の自動更新になります。 更新月以外で解約をすると 9,500円の違約金が発生するため、更新月が近づいてきたら注意が必要です。 ただし、契約日から8日まではクーリングの対象期間なため、この期間に解約した場合は違約金はかかりません。 ソフトバンクエアーの料金最安契約のポイントは3つ ソフトバンクエアーをお得な最安値で契約するには、3つのポイントがあります。 このAirターミナルは契約時に 「買い取り」か「レンタル」を選ぶことができるのですが、どちらを選ぶかによって月額の基本料金が変わってきます。 買い取りの場合は月額3,800円。 レンタルの場合では月額4,290円ですので、 買い取りを選ぶ方が月々490円お得になります。 買い取りなら月々割が適用される なぜ買取なのにレンタルするよりも安いのでしょうか。 普通購入する方が高くなりますよね? ソフトバンクエアーをレンタルするよりも買取りする方が安くなる理由は、買い取りの場合「月々割」が適用されるため。 月々割はソフトバンクのスマホやタブレットなどを分割で購入する際に適用される割引サービスで、ソフトバンクエアーもサービスの対象となっています。 割引額は1,620円(36ヵ月)。 つまり、 月々割を利用すればAirターミナルの機種代が実質無料で契約できることになります。 2.ソフトバンクエアーもサービス対象になる「おうち割」を利用する おうち割光セット(以下おうち割)とはソフトバンクのスマホを使っている方に適応される割引サービスで、ソフトバンクエアーもサービスの対象となっています。 割引方法はソフトバンクエアーの利用料金から直接割引されるのではなく、利用しているスマホ料金から 毎月1,000円が割引されるというもの。 ソフトバンクユーザーはソフトバンクエアーの料金を最安で利用することが可能なので、ぜひ加入しておきたいサービスです。 Air割の割引額が変わる それでは、おうち割を適用した場合の月額料金を見てみましょう。 ここで一点気になるのがAir割の割引額について。 最初の表では 1,080円の割引だったものが、580円となっています。 これはおうち割に加入する場合、はじめようSoftBank Air割の割引額が1,080円から580円になってしまうため。 この割引額の変化は混乱するポイントにもなるので、覚えておきましょう。 3.ソフトバンクエアーのキャッシュバックを利用する ソフトバンクエアーの料金を最安で利用するなら、キャッシュバックは見逃せないポイントです。 とくにソフトバンクの正規代理店が行っているキャッシュバックサービスは現金で戻ってくるのでおすすめ。 例えば、ソフトバンクの代理店ポケットモバイルでは、ソフトバンクエアーに加入するとを行っています。 ポイントなどではなく、純粋なキャッシュバックサービスなので、これはお得です。 紹介キャンペーンでさらにお得 ポケットモバイルでは加入時のキャッシュバックだけでなく、ソフトバンクエアーに新規で加入する方を紹介した場合も、 10,000円のキャッシュバックサービスを展開しています。 今回はキャッシュバックの30,000円を36ヵ月で割った場合でシミュレートしてみました。 最安契約の月額料金は、2,467円。 これは機器を買取りした場合の金額で、レンタルの場合は4,290円となります。 毎月なんと1,823円もお得になるわけです。 年間で計算すると、21,876円!この額は驚きです。 ソフトバンクエアーの料金は?最安で契約するには!? についてのまとめ 今回はソフトバンクエアーの料金を最安で契約するためのポイントを3つご紹介しましたが、最安で契約すると年間で2万円以上もお得に契約することも可能なことがご理解いただけたかと思います。 ソフトバンクエアーは簡単な接続作業で快適なネット通信を利用できるWifiサービス。 今回ご紹介したポイントを参考にしながら、よりお得な料金でソフトバンクエアーを利用できる契約方法を選んでみましょう。

次の