我々だ エーミール 小説。 エーミールとは (エーミールとは) [単語記事]

『我々だ』メンバーは何人?!小学生に話題のグループとは|旅大好きアラフォー主婦Happy lifeの道

我々だ エーミール 小説

「じゃあ大元の元凶は貴方が作った試薬品だと」 「ええ、貴方の推察した通り。 少しばかりゾム君に協力して貰ったんですよ」 「ほんまココで試すのは止めてくれませんかねぇ… 毎度毎度巻き込まれるワイ達の事も少しは考えて欲しいわ」 「まぁ、たまにその悪行に喜々として参加する何処ぞの総統サマも人の事を言えないんですがねぇ?」と言葉を続けたトントンは隣のグルッペンに冷たい視線を送る。 視線を受けた方は「そんな悪い奴が居るのか」と素知らぬ顔をしてほざいているが、若干声が小さくなっているので罪悪感はあるのかも知れない。 それでも彼の中には悪行自体を止めるという選択肢は無いのだろうが… 近い未来、また同じような珍事件に頭を悩ませる己の姿が思い浮かび、トントンは溜息を吐いた。 「で、詳しい所を聞く前に、まずはこれをどうにかして欲しいんだが」 グダグダ話してる余裕もない。 さっさと事態の終息を、とグルッペンは話を切り出した。 「あ、そうだね。 ひとまず先に止めなきゃね。 えっと、じゃあそうだね… 彼と彼がいいかな?」 そう言って目ぼしい二人を見つけると、手招きをした。 呼ばれたエーミールとショッピは首を傾げながらも手招きしたDr.クラレの元へと歩いてくる。 そしてクラレは二人だけにボソボソと耳打ちをしたかと思うと、後は任せたとばかりに二人を当事者の方へと押し出し自分は後ろに下がった。 一方、碌(ろく)な説明もないまま押し出された二人は、何が何だか分からないといった感じだったが、そこは軍人、さっさと思考を切り替えると互いに向き合った。 ショッピがおずおずと頭を下げる。 それに応えるようにエーミールは手を伸ばすとショッピの頭を優しく撫で始めた。 「ショッピ君はいつも偉いなぁ」 エーミールが幾分大きめの声で褒め言葉を言って視線を当事者の方へと向けると… 「…」 足を止めて目を見開き、ジーっとこちらを見つめるゾムの姿があった。 ゾムの急な変わりようにコネシマ達も手を止めたようで、静まりかえった空気の中、その場の全ての視線がエーミールとショッピ、ゾムの三人にそそがれた。 そんな視線にもゾムは一切動じる事なく、ひたすらエーミールとショッピを見ている。 ゾムの見つめる視線には、まるでショーウィンドウに飾られた玩具を欲しがる子供のような、物干しそうな熱が籠もっているように感じた。 その様子にピンとくる物があったのか、エーミールはニコリと笑みを見せると先程よりも声のトーンを上げて喋りだした。 「ショッピ君はほんま偉いなぁ! 私、知ってますよ。 仕事を任せればきちんとやり遂げるし、真面目だから団体での訓練の後に時間を作っては自主訓練までしてはるって! 伸びしろもあるから、頑張った分技術面も伸びてきてるしね。 ほんま感心するわぁ!」 聞こえが柔らかくなるように堅苦しい敬語を崩し、これでもかって程ショッピの事を褒めちぎると、乗せていた手を大きく動かしグシャグシャと頭を撫でた。 物欲しげな子供に伝わるように大袈裟に、子の意識を惹きつけるようににこやかに。 一連の動きをジーっとゾムは見つめていたかと思うと、そろそろと近付いてきた。 そしてショッピの横に並ぶように立つと、フードを落として頭を垂れ、押し付けるようにエーミールへと差し出した。 その様子は、あたかも僕も撫でてと言うように、彼等の瞳には映った。 そんな可愛らしいゾムの仕草にエーミールは微笑むと、そっと手を伸ばし撫で始めた。 「ゾムさんも、いつもありがとうな。 ゾムさんが他国に赴いては情報を取ってきてくれて、邪魔な上層部があれば暗殺してきてくれるから私達もスムーズに仕事を進められるんや。 どんな高難易度の任務もこなしてくれると安心して任せられるのも、ゾムさんだからこそやで」 ゆったりと優しく撫でてやると、気持ち良さそうでいて、何とも嬉しそうな蕩(とろ)けた顔を見せた。 こんな大きな子供も、弟もいないのに。 何かが目覚めそうになった。 心の柔らかいところがくすぐられる。 「ほんま頼りにしてるで」 何も言わない代わりに、もっと撫でてと言うようにゾムは頭を掌に押し付けると、催促するようにエーミールの服の端をクイクイと引っ張った。 気付いたエーミールに再び撫でられ満足そうに微笑むゾムに、見ている者の母性本能がくすぐられてしまう。 撫でてる側も満更でもない顔をしていて、それがまた可笑しかった。 - 46 - [] [] ページ:.

次の

主役は我々だ最新メンバーまとめ!年齢や身長なども

我々だ エーミール 小説

エーミール(l, の発音はエィー)とは、• の人名。 ルとも訳される。 の・ヘッセのの登場人物。 短篇 『少年の日の思い出』の作中話の登場人物• 『デーン: エーミール・のの』のり手、および発表時のヘッセの偽名• の児童・ケーの『エーミールとたち』、『エーミールと三人のふたご』の登場人物、 エーミール・ン。 ノイシュタットに住む。 による『』の登場人物。 - の副官。 - 付きの従卒を務める。 、「」の登場人物。。 「」の1人。 本項では多くの人により染みの深い2-Iについて解説する。 あらすじ り手である「」のもとを訪れた友人の「」が、の標本を見せられたことを切っ掛けにの頃のを話す。 エーミールはその話の登場人物。 エーミールは「」のの中庭の向こうに住むのである。 非の打ちどころがなく(「」はこれを 悪徳と表現)、あらゆる点で品正な模範生であり、さらにの展翅について優れた技術も持っていた。 そんなエーミールを貧しい庭の「」は感嘆しながらも妬み、憎んでいたのだという。 実際、の中で「」の悪印があってか、エーミールは非常に感じの悪い(しかし軽蔑しようのいほどに璧な)としてられている。 「」はの収集に情熱を燃やしていた十歳ぐらいの頃、しいいコを捕える。 その展翅したコをエーミールに見せるのだが、そのしさを認めながらも、「」の展翅についてこっぴどい批評を食らってしまう。 二年後、「」が最も熱に欲しがっていたヤユ(ヤユガ科クスサン属()の)をエーミールがからかえしたと聞き、エーミールのを訪ねる。 エーミールの不在から「」は誘惑に負けて展翅中のヤユを盗み出してしまう。 直後に良心と不安から戻そうとするのだが、その時にはヤユはポケットの中で潰れてしまっていた。 エーミールはに修復するが、どうにもならなかった。 耐えきれず罪を打ち明けたの勧めもあって、「」はエーミールに自分の罪をし、侘びとして大切な自分のを全て差し出すと提案する。 だが、エーミールはすることもなく、ただ息をひとつ鳴らして「」を冷淡に軽蔑した。 「そうか、そうか、つまりきみはそんなやつなんだな。 」 「結構だよ。 は、君の集めたやつはもう。 そのうえ、また、 君がちょうをどんなに取りあつかっているか、ということを見ることができたさ。 」 の収集を自ら穢してしまった「」がその、自分のを全て、手ずから潰してしまうところで話は終わる。 日本において この『少年の日の思い出』( Jugendgedenken, 『の日』『』の邦題もあり)はの認知度が非常に高い作品である。 この短篇はもともとヘッセがに発表した『ヤユ』( s hene)を、地元ヴュルテンベルクの向けに1年に稿したもの。 同年に留学中の独者・健二(一般にはヘッセやケーので知られる)がにてヘッセを訪問した折、帰り際に中の聊を慰めるよう同のを手渡された。 それをしてで発表したものが『少年の日の思い出』である。 それがの定教科書『』に掲載されて以来年以上も過半数の教科書に掲載され続け(当項のも訳)、多くのが課程で を背負い込むにすることになったのである。 なお、の名前は訂の度に「」「蚕/ふ」「ヤユガ」と変化し、最終的に標準和名に沿った「ヤユ」に落ち着いた。 本では初稿の s hene の方が有名。 では健二の子にして協会および類理事を務める雄による厳密な学術考を踏まえた『ヤユ』が三省堂の教科書に採用されている。 『ヤユ』では「」にンリッヒ・モーア(Hnrh r)という名前があったり、エーミールがヤユを成体で捕獲したことになってたりと細部が色々と異なる。 つまり『少年の日の思い出』は「」を 名前変更可名にすることでのがより深まり、またエーミールがから育てることで彼にとってのヤユの価値がプになったりと、稿前として度がいっそう増していると言えるだろう。 もちろん教養(ビルドゥングス)としてもさることながら、かつては的な階級闘争を踏まえた的など、当時からさまざまな方がなされてきた。 現代的なではの元祖と視ることも可かもしれない。 ニコニコ動画において この作品の高い知名度ゆえか、内においてやの標本など(時には生きている場合でも)が登場すると「エーミール」のが流れることがままある。 登場するだけで流れることもあるが、によっては標本が仕掛けの一つとなっている場合もあり、が勝手に持ち出す様子がのを強く想起させるものと思われる。 くれぐれもにおいて人の物を盗んだり、壊したりしないこと。 何よりも他人にし憎悪しないこと。 関連動画 関連商品 関連項目• ・ヘッセ• 幻の編 - 少年の日の思い出を翻案している。 511 ななしのよっしん.

次の

○○の主役は我々だ!さんのコンビ名?の由来を教えてください!友人...

我々だ エーミール 小説

エーミール(l, の発音はエィー)とは、• の人名。 ルとも訳される。 の・ヘッセのの登場人物。 短篇 『少年の日の思い出』の作中話の登場人物• 『デーン: エーミール・のの』のり手、および発表時のヘッセの偽名• の児童・ケーの『エーミールとたち』、『エーミールと三人のふたご』の登場人物、 エーミール・ン。 ノイシュタットに住む。 による『』の登場人物。 - の副官。 - 付きの従卒を務める。 、「」の登場人物。。 「」の1人。 本項では多くの人により染みの深い2-Iについて解説する。 あらすじ り手である「」のもとを訪れた友人の「」が、の標本を見せられたことを切っ掛けにの頃のを話す。 エーミールはその話の登場人物。 エーミールは「」のの中庭の向こうに住むのである。 非の打ちどころがなく(「」はこれを 悪徳と表現)、あらゆる点で品正な模範生であり、さらにの展翅について優れた技術も持っていた。 そんなエーミールを貧しい庭の「」は感嘆しながらも妬み、憎んでいたのだという。 実際、の中で「」の悪印があってか、エーミールは非常に感じの悪い(しかし軽蔑しようのいほどに璧な)としてられている。 「」はの収集に情熱を燃やしていた十歳ぐらいの頃、しいいコを捕える。 その展翅したコをエーミールに見せるのだが、そのしさを認めながらも、「」の展翅についてこっぴどい批評を食らってしまう。 二年後、「」が最も熱に欲しがっていたヤユ(ヤユガ科クスサン属()の)をエーミールがからかえしたと聞き、エーミールのを訪ねる。 エーミールの不在から「」は誘惑に負けて展翅中のヤユを盗み出してしまう。 直後に良心と不安から戻そうとするのだが、その時にはヤユはポケットの中で潰れてしまっていた。 エーミールはに修復するが、どうにもならなかった。 耐えきれず罪を打ち明けたの勧めもあって、「」はエーミールに自分の罪をし、侘びとして大切な自分のを全て差し出すと提案する。 だが、エーミールはすることもなく、ただ息をひとつ鳴らして「」を冷淡に軽蔑した。 「そうか、そうか、つまりきみはそんなやつなんだな。 」 「結構だよ。 は、君の集めたやつはもう。 そのうえ、また、 君がちょうをどんなに取りあつかっているか、ということを見ることができたさ。 」 の収集を自ら穢してしまった「」がその、自分のを全て、手ずから潰してしまうところで話は終わる。 日本において この『少年の日の思い出』( Jugendgedenken, 『の日』『』の邦題もあり)はの認知度が非常に高い作品である。 この短篇はもともとヘッセがに発表した『ヤユ』( s hene)を、地元ヴュルテンベルクの向けに1年に稿したもの。 同年に留学中の独者・健二(一般にはヘッセやケーので知られる)がにてヘッセを訪問した折、帰り際に中の聊を慰めるよう同のを手渡された。 それをしてで発表したものが『少年の日の思い出』である。 それがの定教科書『』に掲載されて以来年以上も過半数の教科書に掲載され続け(当項のも訳)、多くのが課程で を背負い込むにすることになったのである。 なお、の名前は訂の度に「」「蚕/ふ」「ヤユガ」と変化し、最終的に標準和名に沿った「ヤユ」に落ち着いた。 本では初稿の s hene の方が有名。 では健二の子にして協会および類理事を務める雄による厳密な学術考を踏まえた『ヤユ』が三省堂の教科書に採用されている。 『ヤユ』では「」にンリッヒ・モーア(Hnrh r)という名前があったり、エーミールがヤユを成体で捕獲したことになってたりと細部が色々と異なる。 つまり『少年の日の思い出』は「」を 名前変更可名にすることでのがより深まり、またエーミールがから育てることで彼にとってのヤユの価値がプになったりと、稿前として度がいっそう増していると言えるだろう。 もちろん教養(ビルドゥングス)としてもさることながら、かつては的な階級闘争を踏まえた的など、当時からさまざまな方がなされてきた。 現代的なではの元祖と視ることも可かもしれない。 ニコニコ動画において この作品の高い知名度ゆえか、内においてやの標本など(時には生きている場合でも)が登場すると「エーミール」のが流れることがままある。 登場するだけで流れることもあるが、によっては標本が仕掛けの一つとなっている場合もあり、が勝手に持ち出す様子がのを強く想起させるものと思われる。 くれぐれもにおいて人の物を盗んだり、壊したりしないこと。 何よりも他人にし憎悪しないこと。 関連動画 関連商品 関連項目• ・ヘッセ• 幻の編 - 少年の日の思い出を翻案している。 511 ななしのよっしん.

次の