トランペット 初心者 練習。 トランペット吹きは、まずは運指をマスターしろ!基本の練習方法ご紹介

トランペットの練習方法!私が初心者のころやっていたこと

トランペット 初心者 練習

お届けまでの流れ• お客様お買いもの 買い物カゴから商品をご購入。 自動配信メール ご注文が完了しましたら、自動受付メールが送信されます。 ご注文承りましたメール 当店より、2営業日以内に送信します。 正式な金額・詳細をご確認ください。 発送しましたメール 商品を発送しましたら、配送業者のお荷物伝票番号をお知らせいたします。 商品到着 お客様のミュージックライフが豊かになりますようスタッフ一同願っています。 商品の発送・納期 「在庫あり」表記の商品は即日~4営業日に発送し、最短で翌日のお届けとなります。 (地域・商品により異なります。 ) 「お取り寄せ」表記の商品は、ご注文受付後に詳しいお届け日をご案内します。 返品・交換 ご注文確認メール送信後のご注文内容変更、および返品・交換は承っておりません。 (商品初期不良の場合を除きます。 その際はメールにて商品到着後7日以内にご連絡ください。 別途手順をご案内いたします。 ) 領収書 「クレジットカード」「AmazonPay」「楽天ペイ」の場合は当店にて発行します。 その他のお支払方法の場合は各機関発行のものをご利用ください。 ラッピング 当店ではラッピングを承っておりません。 商品の保証・修理 メーカーが保証規定を定めている商品についての保証・修理に関しましては、付属の保証書、並びに当店の商品購入証明が必要となります。 保証規定内の修理は無料です。

次の

トランペット初心者の練習と目標

トランペット 初心者 練習

archives• 4 others• みなさんこんにちは! 今年度から部活などでトランペットを始めた初心者の方も、だいぶ音が出せるようになってきた頃でしょうか。 トランペットは音が出せるようになるまでが本当に大変ですよね。 荻原も中1からトランペットを始めて、Bb durの1オクターブの音階が吹けるようになったのは一ヶ月以上経ってからだった記憶があります。 平日はほとんど毎日部活があったにも関わらず、それくらいは時間がかかるものなんですね。 もっとも、教えてくれる先輩に恵まれず、初心者にも関わらずほぼ独学で始めたから、というのもあったからかもしれませんが… ですから、もちろんもっと早くに音が出せるようになる人も沢山いるとは思いますが、それは人それぞれです。 他の人と比べて慌てることなく自分のペースで練習していけば良いと思います。 と言っても、もちろん 努力を続けての「自分のペースで」ですよ! もう少し自分の話をしますと、こんな感じで始めたトランペットではあるんですが、なんと中1にして吹奏楽コンクールのメンバーになってしまったんですね。 他の同級生よりも吹けたから、というよりもトランペットの人数がたりていなかったから、という理由なんでしょうけど。 でもこれがレベルアップに非常に良いきっかけになりました。 というのも当時自分は楽譜もろくに読めず、もちろん音もマトモに出すこともできなかったわけですが、先輩に迷惑かけないように、という意識と、当時の自分にとってはまったく実態のわからない「吹奏楽コンクール」という舞台に出なければならないというプレッシャーから、毎日毎日休むことなくひたすらトランペットを吹いていました。 わからないながらにも必死に音を出そう出そうとしていたことで、いつの間にかトランペットを吹くという行為が少しずつ自然なものになっていったんです。 初心者にはこれが必要なんだと思っています。 奏法がどうだとかももちろん大切なことですが最初からあまり理屈で楽器を吹こうとすると、知識が邪魔をしてうまく吹けなくなってしまうことが多いのではないかと思うんです。 ですから、 最初のうちはとにかく吹きまくること、これが大切なんだと感じています。 ただ自分はトランペットの先輩に恵まれていなかったこともあり「音が出ればなんでもアリ」のまま中学生の間ずっと吹き続けてしまいました。 そこで生まれてしまったのが、力技で無理矢理音を出してしまうことや基礎練習の方法をまったく知らない自分でした。 高校に入ってすぐに個人レッスンを受けることになったわけですが、この習慣のせいで教本に書かれているいくつもの基礎的な音型がまるで吹けず、先生に指摘されたことをすぐに直せない不器用な自分に毎日苛立ちを覚えていたことを思い出します。 ですから、このブログを読んでくれている部活の 先輩方は、こまめに後輩がどんな吹き方をしているのか積極的に見てあげて下さい。 先輩になった学生さんたちから「どう教えていいのかわからない」という話をよく耳にします。 奏法的なものもそうかもしれませんし、人間的な接し方もどうすればいいのかわからないのかもしれませんね。 それは非常によくわかります。 学校生活では常に「教わる」という姿勢が日常なわけですから、部活の時に「教える」という逆の立場になった時に困惑してしまいますね。 自分自身も最初はそうでした。 ですが、後輩の人たちは不安なんです。 とにかく教えてもらいたいんです。 何が良くてなにが良くないのか、正解がはっきりしない音楽という世界では、他の人からの評価しか判断する基準がつかめないのですから。 先輩の皆さんは楽器を始めた頃の自分を思い出してみて下さい。 きっと不安なことが沢山あったことでしょう。 ですから、何でも良いんです。 難しい理屈を事細かに指導するのではなく「良い音出てるよ!」とか「もっと大きな音で吹ける?」とか、そんなアバウトなことでも後輩は目標を持つことができ、練習意欲が湧くはずです。 自分が気づいたことを率直に伝えてあげられればそれだけで最初は充分だと思います。 また、 後輩のみなさんは先輩たちから何かアドバイスをもらえるまでじっと待っているのではなく、できるだけ自分からも積極的に質問をしてみましょう。 「この箇所が難しいので教えて下さい」とか「こういう音で大丈夫なんですか?」とか。 疑問に感じたことやわからないことはとにかく解決するまでとことん練習し、独学ではなく先輩や先生から沢山のことを吸収するようにしましょう。 《トランペット初心者の最初の目標》 ということで自分の経験談を踏まえてみなさんにお願いしたいことを書いてみましたが、ここでトランペット初心者のみなさんが最初の目標として持っていてもらいたいいくつかの項目を挙げてみようと思います。 定期的に自分の吹き方を見てもらう。 上記の気持ちを持って練習をして下さい。 以上のことを目標に毎日吹き続けていれば、来年後輩が入ってきた頃には相当レベルアップしているのではないかと思いますよ! トランペットは音を出すまでが難しいですから、根気良く、楽しんで練習に励んで下さい! そして可能であるならプロの演奏家にも見てもらえるともっと良いですね。 吹けるようになってから習うよりも、最初の時点でレッスンを受けるほうがより進歩が早いものです。 ということで、毎日の練習頑張って下さいね!! それではまた来週〜 当ブログの写真・記事等すべての営利目的による無断利用、ネット上などへの無断転載を禁止します。

次の

トランペット吹きは、まずは運指をマスターしろ!基本の練習方法ご紹介

トランペット 初心者 練習

タグ api 教本 演奏会 楽譜 楽団 楽器店 格安 東京 教室 独学 探し方 山野ビッグバンドジャズコンテスト 定期演奏会 安い 失敗談 吹奏楽部 無料で楽器 相場 吹奏楽 運指 音の出し方 難しい 部費 選定 選び方 運指表 赤いきつね 社会人 買い替え 試奏 脱初心者 練習法 練習メニュー 練習 管楽器専門店 吹奏楽団 力加減 Bach カップ トランペットケース トランペットおじさん トランペット セット ストレート コンクール アーバン バルブオイル アンブシュア アクセサリ お手入れ zoom YAMAHA laravel EYS音楽教室 ハーマン プラクティス 力み 中級者 初心者 全日本吹奏楽連盟 値段 係 価格 仲間 中古 プロ ロングトーン レンタル レッスン メンテナンス ミュート マウスピース練習 マウスピース 高音• 楽譜の読み方• 長い音をまっすぐに伸ばす• トランペットをメンテナンスする 1.運指 運指とは指使いのことです。 音と指の対応がわからないと何もできません。 まずは運指表をみて覚えましょう。 トランペットを使って実際にピストンを押しながら覚えましょう。 指の動きだけでドレミファソラシドシラソファミレドと 1オクターブ滑らかに往復できればOKです。 音はまだでなくて大丈夫です。 ドレミファソラシドができたら次は半音階でも滑らかに往復できるようにしましょう。 半音階とはピアノでいう黒鍵を含めた音の並びのことです。 ドド レレ ミ・・・・という具合に滑らかに 1オクターブ往復できればOKです。 高校の部活でスタートした僕ですが、暇なときは常に指を動かしていました。 やり続けて3日くらいで体に染みつきました。 さらに高音域も一応指使いがあります。 音が出るようになるのはだいぶ先になると思いますが、興味があればどうぞ。 2.楽譜の読み方 楽譜が読めなければどんな簡単な曲でも演奏できません。 耳がものすごーく良ければ大丈夫なんですけど、大多数の皆さんは普通レベルだと思います。 を参考に覚えましょう。 部活や吹奏楽団に所属しているとやるべき曲が与えられた上で、楽譜の読み方を覚える必要があります。 実践を伴うので結構すぐ読めるようになります。 どこにも所属していなければ 知っている曲の楽譜を用意して、読み解いていくのがおすすめです。 演奏した正解をわかっていれば楽譜との対応がわかりやすく頭に入ってきやすいです。 答えを見ながら問題集を解いているような感じですね。 真面目に毎日取り組み、1週間もすれば基本的なことは頭に入るはずです。 教本を用意しよう 譜面が読めるようになったら教本が読めます。 大抵アーバンを用意するべきとなるのですが、かなり分厚くて心が折れると思います。 なので、 こちらがオススメです。 毎日30分からできる練習内容が書いてあります。 書籍の厚さも適度で持ち運びも苦になりません。 詳しい内容はにて紹介しています。 合わせて読んでみてください。 3.長い音をまっすぐに伸ばす ついに音に関する技術です。 を参考にマウスピースの練習をはさんでもいいかもしれません。 一般的な難易度は 短い音>>長い音 であり、 長い音のほうが簡単とされています。 なので、長い音からマスターしていきましょう。 どんな曲でも4拍程度伸ばす機会は必ずあります。 長い音がまっすぐ伸ばせないと、音程を合わせるなど次のステップに行けません。 音はどれでも構いませんが、ドかソがオススメです。 ピストンを押さなくていいので音に集中できます。 まっすぐの基準ですが、 スマホで録音して聞くのが手っ取り早いでしょう。 恥ずかしいと思いますが、客観的に聞くことができるので判断基準として明確です。 音を出すときにはで紹介した方法で考えていくと上達が早まります。 4.トランペットをメンテナンスする トランペットは自分でほとんどのメンテナンスが可能です。 可能な故これもマスターしなくてはいけません。 楽器店に頼むとお金が持たないので、損をしないためにもマスターしましょう。 膨大になるのでにまとめました。 私の使っているアイテムも紹介しています。 独学していても曲を練習しよう 上で紹介した3つの技術と並行して曲の練習もやっちゃいましょう。 いくら大切なことでも目標がないと飽きちゃいますから。 多分全然できないと思います。 でもそれでいいんです。 曲練習の意味はできるかできないかじゃありませんから。 曲練習は目的地までの大きな目線の地図です。 旅行で箱根に行くとしたらまず箱根がどの方向にあるか見定めますよね? 曲練習はこれと同じで方向を定めるために必要です。 「方向だけでは箱根にたどり着けないだろ」と思いましたよね。 その通りです。 東名をつかうのか下道で行くのか、北回りか南回りか、など細かいルート設計も必要です。 これら細かいルート設計は基礎練習計画です。 曲を演奏するのに必要な技術を考えて基礎練習を実施することで、極力寄り道なく目標を達成できるはずです。 まずは、どんな曲ができるようになりたいかを決めましょう。 それが今後、練習の柱になります。 曲が決められなければどこかに所属するのがいいでしょう。 下記の記事で詳しく選び方をかいせつしています。 まとめ.

次の