ヤンデレ pixiv。 #1 プロローグ

【期間限定無料配信】幸色のワンルーム 1巻(はくり) : ガンガンpixiv

ヤンデレ pixiv

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

#1 プロローグ

ヤンデレ pixiv

ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴 [newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~ [newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴[newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~[newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... 次回から必ず盛り上げます!.

次の

#1 プロローグ

ヤンデレ pixiv

ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴 [newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~ [newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴[newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~[newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... 次回から必ず盛り上げます!.

次の