俺ガイル ss 最強。 三浦「じゃあさ、あーしと付き合う?」 八幡「は?」

俺ガイル

俺ガイル ss 最強

ニコニコ動画で投稿されている、をノベライズしたというもの。 このMAD、全12編ある超大作で、尚且つクオリティがクッソ叩くて オルガのMADの中でもトップクラスの人気を誇ります。 それをノベライズした訳なので三次創作。 いい感じにインフィニットストラトスとオルフェンズが混ざり合っており、オルガとミカの影響を受けて徐々に成長していくISメンバーが非常にかっこいい。 希望の花ネタ等も大量にありますが、低レベルなオルガssのようなウザさが無いよう考慮されてるので、オルガssが嫌いな人でも読めるのでは? ISとオルフェンズがどっちも好きならお勧めです。 そしても見てみてください。 主人公はオリ主で、至極まともな考え方をしているのですが、脳内に現れる選択肢が主人公の行動を阻害。 二択で現れる選択肢は必ず選ばなければならないので、意味が分からない阿呆な選択肢を選ばざるを得ない時が頻繁に発生するせいで、主人公は世間からは問題児認定されているという。 しかしながらその阿呆選択肢に付き合い続けた結果、身体能力だけは世界最強クラス。 面白いので是非。 作品リンク スポンサーリンク 空の境界 群青所望 かなり珍しい、空の境界にオリ主をぶち込んでみたという作品。 空の境界は物語としての完成度が高く、かつ内容が非常に複雑であるため、ssが少ない傾向にあります。 というより初めて読んだかもしれない。 式とは違った形で死に触れることの出来る彼女の眼。 今作は、少し世界からずれてしまっている彼女が、成長していく物語。 10話程度と少ないですが、完成度はピカイチ。 これまた珍しい女性オリ主者なのですが、これが面白い。 女オリ主は300年前の大戦時代を生き残った人物で、たまたまコールドスリープ状態になって鉄血時代に蘇ってきたという設定。 深窓の令嬢感のある美しく儚い外見とは裏腹に、人殺しにしか快感・愉悦を見いだせない異常者で、三日月クラスのMS操縦技術の持ち主が鉄火団に入団します。 この作品はオルガが男らしく、こうあって欲しかったという鉄火団を描いており、そしてそんなオルガに異常者であった女主人公が自然と惹かれていく過程は見もの。 非常にきゅんきゅんします。 原作とは途中から展開ががらりと変わっており、完全なオリジナルストーリーになっています。 ぶっちゃけめちゃくちゃ平和な世界。 江ノ島循子が苗木の「希望」に学級裁判前に気が付いて、ちょっかいを出していく内に興味を持ってしまうという内容。 苗木が非常に格好いいss。 苗木の希望がこの時点で既に覚醒しており、江ノ島が色々と絶望させようと手を打ちますが、悉くそれを跳ね返していくという。 それに江ノ島が絶望的な程に絶望を感じており、学級裁判なんて物をやらずとも十分に満足してしまっており、そのせいで世界はクッソ平和になっています。 もうこれ本編でいいんじゃ(笑)?ってぐらいの平和さ。 日向も自分の中で一つの回答を見つけているし、平和なダンガンロンパssが見たい人には非常にオススメ。 ちなみにカップリングは苗木と江ノ島です。 霧切とかとくっつくことはないので注意。 ダンガンロンパに詳しい人がカムクライズルをssにぶち込むって話を聞いたら、 「え……?絶望とかあのキャラクターとかどうなってんの?色々世界感とかおかしくならないそれ……?」 みたいな疑問を抱くとは思うんですが、そこらへんはいい感じにボカして言及しないようにしてます。 書き方がうまいですね。 ネタみたいなキャラをぶち込んでますが、内容は非常に面白い。 よう実の醍醐味である頭脳戦をしっかり盛り込み、カムクライズルという想像を絶する天才の恐ろしさ・強さを描き、なおかつカムクライズルがやや人間臭くなっていく過程も描いていく……。 ダンガンロンパ好きかつよう実好きな方に最適なssになってます。 ちなみにですがダンガンロンパを知らなくてもこの作品は楽しめるとは思うので、「ダンガンロンパしらないよー!」って人も是非読んでみてください! ただ、よう実を知らないと読みにくいやもしれません。 作品リンク ラブライブ!シリーズ やはり俺が音ノ木坂で青春するのは間違っている。 四月に八幡が提出した作文の罰が、奉仕部での活動では無く、音ノ木坂学院への放課後出向だったら……というもの。 俺ガイルメンバーは八幡と、小町、平塚先生しか出てこないのがポイント。 大体こういう系って奉仕部とゴタゴタがあった後に学外に出て……っていう感じになることが多く、奉仕部が出てくるとシリアスになりがちですが、 本作は基本的に奉仕部との絡みはそんなにありません。 八幡が八幡らしき思考をしていて、「あー。 原作の八幡も多分こんな感じで動くわー」って感じで違和感なく読めるのが個人的にポイント高い。 シリアス多少ありますが、基本ほのぼのです。 ちなみにヒロインはエリーチカと真姫。 真姫と比企谷との絡みすごい好き。 スバルの代わりにそいつが居るというわけではなく、原作のエミリア陣営にルイスが追加されたという感じ。 レム、ラムやロズワールなどとも普通に絡みながら物語が進んでいきます。 ラインハルトと同格の奴が居るなんて、一見エミリア陣営にとって本編よりかなりイージーモードになっているように見えますが、実はそんなことはなく• 序盤の魔犬襲撃事件の時には戦線を離脱ており、結局スバルが原作同様に解決する必要に駆られる• ペテルギウス・ロマネコンティ襲撃事件では、何故かセットで強欲のレグルスも付いてくる など、スバルに簡単な道など用意してやらんとばかりに世界の難易度が爆上がりしている状態です。 なのでスバルも原作同様に成長しますし、チートに頼って一挙に解決!みたいな展開はございません。 また、ラインハルトの人物像がしっかり描写されており、チート存在が増えたことによりラインハルトの影が薄くなる、格好悪く描写されている、などといったこともありません。 おそらくは原作者のQアンドAまで読み込んで書いてるのでは?ってぐらいラインハルトに関して格好良く、丁寧に描写されているので、原作ファンも手放しで称賛できる作品です。 ただ、こちら原作を元にして作られており、かなり話が進んでるので、アニメ版だけ読んでいる人が見てしまうと 「なんのこっちゃ?誰やこいつ?」 ってなるようなことが多々あるかと思われます。 原作読んでる人が見ることを推奨しますね。 なぜカリオストロだったのかという疑問は残りますが、まぁセーフ。 カリオストロはスバルの死に戻りについて来れる唯一の人間で、スバルが死に戻りをしたとしてもその前回の記憶を保持出来るという体質の持ち主という設定です。 スバルの唯一の理解者にして保護者的な立場にたち、未熟なスバルを叱咤激励かましながら導いています。 カリオストロおっさんではありません。 ちょいちょいカリオストロが入っていることで物語が変わったりしていますが、基本的にはリゼロの原作どおりの展開で進んでいきます。 僕は正直グラブルしらないんですが、非常に楽しめたのでオススメです。 ヒロインが由比ヶ浜結衣で、シリアス成分は全くのゼロ。 色々原作が改変してあり、• これね、雪ノ下雪乃がマイルドになっているだけでめっちゃほのぼのになるのすげぇ面白いですよ。 俺ガイル好きで、由比ヶ浜結衣がヒロインであることに抵抗が無ければマジでオススメです。

次の

八幡「人類最強になってしまった」

俺ガイル ss 最強

vip2ch. どう?羨ましいかしら?」 八幡「いや別に・・・」 雪乃「まああとは四天王を倒すだけなのだけれど。 58 ID:ZUh8sGGt0 雪乃「とは言え四天王は強豪ね。 私はいつもキクコに負けるのだけれど」 八幡「いや、普通にやってれば四天王なんて楽勝だと思うんだけど・・・ちょっとお前手持ち見せてみろよ」 雪乃「しょうがないわね」 ペルシアン LV. 79 ナゾノクサ LV. 8 キャタピー LV. 3 ポッポ LV. 12 キャタピー LV. 4 コイキング LV. 5 カビゴン LV. 32 ID:ZUh8sGGt0 八幡「しかしお前、ノーマル技しかないペルシアンでゴーストのキクコで詰むの当たり前だぞ。 他のも育てろよ・・・」 雪乃「ええ。 バグって取り返しのつかない事になっても知らんぞ・・・」 雪乃「できた・・・!」 『ハチマン LV. 260 HP:? 何かバグってHPゲージ飛び出てるぞ。 00 ID:ZUh8sGGt0 雪乃「それにしてもこの比企谷くん・・・グラフィックがモザイクみたいになってるわね。 ある意味比企谷くんはモザイクが似合うけれども」 八幡「俺の腐った目はある意味グロ画像だけど・・・ってやかましいわ!」 雪乃「とりあえず気持ち悪いから逃がしましょう」 八幡「おうそうしろ」 雪乃「・・・逃せないわ・・・。 完全に私に一生養ってもらうつもりねあなた」 八幡「バグってるからな。 あとそれ俺じゃないから」 雪乃「しかし困ったわね、よく考えたらコイキングをレベル260にしたところで四天王最初のジュゴンにボコボコにされる未来しか見えないわ」 八幡「いやちょっと待て、そのバグって確か技も変わるんじゃなかったか?貸してみろ」ピコピコ わざ ハサミギロチン ひでんマシン3 からてチョップ したでなめる 雪乃「何ていうか気持ち悪いラインナップね・・・わざマシン13って」 八幡「だな。 いやでも待てよ・・・これなら四天王倒せるんじゃね?」 雪乃「・・・!」 プツン 雪乃「電池が切れたわ・・・」 八幡「初代ゲームボーイはバカみたいに電池食うからな」 雪乃「しょうがないわね・・・比企谷くんこれをあげるからあなた単三電池を買ってきなさい」コロコロ 八幡「いや切れた電池押し付けんじゃねーよ」 雪乃「いらないなら処分してくれて構わないわ」 八幡「乾電池って1番処分がめんどいもんだろーが」 雪乃「わかったわ。 14 ID:ZUh8sGGt0 しばらくして・・・ 結衣「やっはろー!」 結衣「あれ?ヒッキーもゆきのんもいないの?出かけてるのかな?」 結衣「あ、初代ゲームボーイだ懐かしー」 結衣「ヒッキーのかな。 ちょっとやってみよ」カチ 結衣「あれ?電池切れてる」 結衣「まあいいや今日ケータイとリモコン間違えて持ってきちゃったからリモコンの電池使おっと」カラカラ ピコピコ 結衣「おっ。 ポケモンかー」ピコピコ 結衣「てかヒッキーの手持ち弱っ!」 結衣「せっかくだしちょっとだけ強化しといてあげようっと。 71 ID:dyJh0cXh0 VSキクコ 雪乃「出たわねキクコ。 74 ID:dyJh0cXh0 VSワタル 雪乃「ついにチャンピオンとの対戦ね・・・」 八幡「最初はペルシアンでゴリ押しだな」 ギャラドスはたおれた! プテラはたおれた 雪乃「きりさくのPPがきれたわ」 ペルシアンのねこにこばん! カイリューのはかいこうせん! ペルシアンはたおれた 雪乃「よく頑張ったわペルシアン。 ねこが寝込んでしまったわね」 八幡「出たよ激寒ダジャレお姉さん。 雪ノ下のふぶきはこうかばつぐんだな」 雪乃「うるさいわね。 比企谷くん。 47 ID:dyJh0cXh0 そんなこんなでワタルを倒し・・・ 『アホはやまがしょうぶをしかけてきた!』 雪乃「まさか葉山くんが本当のチャンピオンだったなんて・・・!」 八幡「お前ライバルの名前アホ葉山にしてんのかよ・・・」 雪乃「きりさくのPPが切れたからねこにこばんで戦うしかないわね」 そして・・・ 八幡「ペルシアンは結局ウインディにやられたな」 雪乃「さすがねアホはやま。 でも、敵の手持ちは残り一体・・・フシギバナだけ・・・」 結衣「ヒッキーとフシギバナの一騎打ちだね・・・!」 八幡「ハサミギロチンのPPは切れたし、ここはしたでなめるしかないな」 はちまんのしたでなめる! フシギバナのはっぱカッター!こうかはばつぐんだ! 雪乃「くっ・・・!分が悪いわね」 結衣「やばいよ!はっぱカッター一回食らっただけなのにHPが減り続けてる・・・!」 八幡「安心しろ」 ピタ 雪乃「HPが減ってない・・・?」 八幡「見た目はな。 なにせこいつはバグってる。 46 ID:dyJh0cXh0 八幡「フッ。 まだ気づかないのか?」 雪ノ下「・・・そう。 12 八幡「気づいたか。 55 ID:dyJh0cXh0 因みに64のスマブラのサワムラーの声を当てているのは小西克幸さんです。 vip2ch.

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイル ss 最強

俺ガイルの人物相関図 こうして相関図を作成してみると俺ガイルはキレーな三角関係ですよね。 そこにいろはすも加わって今では四角関係です。 基本はこの4人の恋の行方が描かれますが、そこにしっかりとサブキャラクターも絡んできます。 俺ガイルの魅力はヒロインだけでなく、サブキャラクターまでしっかりと関係性が練り込まれているところなのかなと思います。 特に葉山周りの関係や伏線は多く撒かれているような気がしますね。 次の章でそれぞれの登場人物について掘り下げて解説していきます。 俺ガイルの登場人物・キャラクターの一覧を解説 比企谷八幡(声優:江口拓也) 出典 本作の主人公。 総武高校2年F組所属。 8月8日生まれA型で、座右の銘は「押してだめなら諦めろ」。 中学時代に好きだった女の子・折本かおりに告白するも、振られてクラスにバラされた過去があります。 そうした一連の過去のトラウマから高校でもボッチを貫いており、「青春とは嘘であり、悪である」という作文を書いたことから、顧問の平塚先生に奉仕部に強制入部させられました。 奉仕部で今作ヒロインの雪ノ下、由比ヶ浜と出会い、持ち前のひねくれた性格で依頼主の問題を「斜め下の解決法」で解消していきます。 しかしそうした活動を通して雪ノ下、由比ヶ浜のことを憎からず思うようになり、徐々に性格や行動も変わっていくことに。 一方で、スクールカースト上位にいるようないわゆる陽キャは苦手。 学年トップの人気者の葉山には自身とは正反対だとして特に苦手意識を持っています。 そんな中、高校で最初にできた唯一の友達が戸塚彩加。 また、雪乃の姉である雪ノ下陽乃についても、向こうから一方的に気に入られてはいるものの、雪乃との関係性を何かとかき回され、苦手意識を持っているようです。 「もし10年早く生まれて、10年早く出会っていたら心底惚れていたに違いない」と語っており、厚い信頼を抱いているようです。 雪ノ下雪乃(声優:早見沙織) 出典 本作のメインヒロイン。 総武高校2年J組所属。 1月3日生まれのB型で、座右の銘は「目には目を、歯には歯を」。 容姿端麗、頭脳明晰な美少女で、空気を読まないその性格も相まって、幼少期から周囲から疎まれることが多くありました。 そんな過去から八幡同様に友達と呼べるような存在が誰もおらず、自分の世界を変えるため奉仕部に入部します。 その奉仕部で友達となった由比ヶ浜、そして八幡は彼女にとって特別な存在に。 特に八幡に対しては当初は反発しあっていたものの友達以上の感情を抱くまでになり、由比ヶ浜との友情の間で揺れ動きます。 完璧そうに見える彼女も、実はさらに完璧な姉・陽乃に対して劣等感を持っており、自分の意思で生きたことがない自身に実は自信を持てていません。 物語後半では雪ノ下の弱さが露呈し、八幡・由比ヶ浜との関係も変化していくことになります。 由比ヶ浜結衣(声優:東山奈央) 出典 本作のメインヒロイン。 総武高校2年F組所属。 6月18日生まれのO型で、座右の銘は「命短し恋せよ乙女」。 いつも周囲の空気を読んで自分の気持ちを封じ込めてしまうことを悪癖だと感じており、周囲の空気を読まない雪乃に感動して奉仕部に入部します。 葉山や優美子を中心としたスクールカースト最上位のグループに所属していますが、奉仕部に入部してからは奉仕部の関係を一番大切にするように。 実は過去に愛犬を八幡に身を挺して助けてもらったことがあり、お見舞いにお菓子を持っていったことで小町からは「お菓子の人」と記憶されています。 八幡に明確な好意を抱いていますが、雪乃の恋心も察しており、3人の関係性で揺れ動きます。 2期のラストでは2人に対して「全部欲しいの」と意味深な発言も残しました。 この全部欲しいの意味については、原作読破の上、別記事で考察しています。 総武高校1年C組所属。 4月16日生まれでサッカー部マネージャー。 天然かのように振る舞っていますが、その実自身のかわいさを自覚してかわいこぶる「あざとかわいい」後輩。 八幡曰く「非天然」。 生徒会役員選挙にて自分の意志関係なく会長候補にされてしまったことから奉仕部を訪れました。 元々は葉山に好意を抱いていましたが、徐々に八幡に惹かれている様子。 それでも表向き葉山に好意を抱いている発言を続けますが、八幡との接点を求めてか積極的に奉仕部に介入していくように。 サッカー部マネージャーをつとめているため、葉山や戸部は部の先輩にあたります。 (戸部は先輩にも関わらず葉山と違って完全に舐められている模様) 葉山隼人(声優:近藤隆) 出典 総武高校2年F組所属。 だから、誰かの人生を生きることで浪費すべきではない)」 校内人気No1のイケメン。 さらに義理や人情を重んじる正義感に溢れたタイプで、男子からの信頼も厚い完璧人間。 言わば八幡と真逆のタイプの人物です。 雪ノ下家とは幼い頃から家族ぐるみで親交があります。 小学校で孤立していた雪乃を葉山がなんとかしようとしたことで、さらに雪乃が周囲の反感を買い状況が悪化した過去も。 そういった過去から、周囲の人間関係に変化が及ぶことを極端に嫌う一面も描かれます。 内面には闇を抱えている部分もあり、八幡には「俺は君が思っているほど、いい奴じゃない」と告げます。 特に陽乃との関係は謎めいて描かれており、陽乃に対して特別な感情を抱いているようです。 三浦優美子(声優:井上麻里奈) 出典 総武高校2年F組所属。 12月12日生まれのB型。 座右の銘は「パンがないならバターいりのお菓子を食べればいいじゃない」。 クラスの女王的存在で、奉仕部に入ってから由比ヶ浜の付き合いが悪いと糾弾しました。 しかしそれも由比ヶ浜を想ってのことで、分かりづらいものの実は友達思いな一面もあります。 一方雪乃には対抗心を燃やしており、雪乃の名前が出ると機嫌が悪くなります。 葉山に恋心を抱いており、何かにつけて葉山との距離を詰めようと健気な努力をしています。 戸部翔(声優:堀井茶渡) 出典 総武高校2年F組所属。 葉山と同じくサッカー部に所属しており、クラスでは葉山と優美子のグループに属しています。 しかし内面は底が浅く悪意がないため憎めない性格。 同じグループの姫菜に好意を持っており、仲を取り持って欲しいと奉仕部に依頼を持ちかけました。 海老名姫菜(声優:ささきのぞみ) 出典 総武高校2年F組所属。 7月14日生まれのAB型。 座右の銘は「ホモが嫌いな女子なんていません!」 葉山と優美子のグループに属しており、常に周りの男子でBLの妄想を繰り広げている腐女子。 普段は明るく性格のように振る舞っているものの、実は計算高く負の一面も持っている模様。 戸部の気持ちに気付いていますが、現在の環境を変えたくないと考えており、結果的に八幡が身を犠牲にして姫菜から振られることで戸部にアタックを思いとどまらせました。 川崎紗希(声優:小清水亜美) 出典 総武高校2年F組所属。 10月26日生まれのA型。 座右の銘は「顔はやめな、ボディにしな。 ボディに」。 無愛想で口が悪い性格のため、学校でも一人でいることが多く、特に優美子とは折り合いが悪いです。 しかしその実、家族思いで裁縫も得意で家庭的。 優しい一面を持っています。 特に妹と弟に対してはシスコン、ブラコンの気があります。 その優しい一面に八幡は気付いており、奉仕部の依頼で川崎を助けた以外にも度々妹の相手をしてあげています。 そんな八幡のことを彼女の方も意識はしているようです。 戸塚彩加(声優:小松未可子) 出典 総武高校2年F組所属。 5月9日生まれのA型。 座右の銘は清沢哲夫の詩「道」の全文。 とてもかわいらしい見た目でどう見ても美少女。 だが男だ。 その見た目からクラスの一部女子からは「王子」と呼ばれていて人気がありますが、男子の友達は少ないです。 八幡とは1年の頃から同じクラスでしたが、選択授業で初めて話したことをきっかけに八幡になつくようになり、八幡の初めての友達となりました。 出会った当初は「比企谷君」と呼んでいましたが、八幡が一度だけ名前で呼んだことをきっかけに「八幡」と呼び捨てで呼ぶようになりました。 材木座義輝(声優:檜山修之) 出典 総武高校2年C組所属。 11月23日生まれでAB型。 座右の銘は「大事なのはイラスト」。 中二病全開の性格からか友達ができず、体育でペアを組んだことのある八幡を相棒と呼んで親しくしています。 物語上の人物的なつながりはほぼ八幡だけですが、由比ヶ浜からは「中二」とあだ名をつけられています。 平塚静(声優:柚木涼香) 出典 総武高校の国語教師で奉仕部の顧問。 誕生日非公開のA型。 座右の銘は「真ん中から打ち砕く!俺の自慢の拳でぇッ!」。 八幡を奉仕部に入部させた張本人。 奉仕部3人の関係性の本質を見抜いて八幡に色々な助言を与える場面もあり、物語のテーマに対する答えを明示する役割を持っている重要なキャラクターでもあります。 八幡は問題児で手がかかるとは感じつつも、自身にとって特別な生徒であると感じているようで、ドライブに連れていったり行きつけのラーメン屋に連れていったりしてくれます。 実は陽乃はかつての教え子という関係です。 折本かおり(声優:戸松遥) 出典 海浜総合高校の2年生。 口癖は「それあるー!」。 八幡の中学時代の同級生。 中学時代に八幡から告白され、即座に振った上で周囲にそれをバラし、クラス中に笑い話として広めて八幡に恥をかかせました。 (八幡はそれ以来、勘違いしてしまうことを恐れて「優しい女の子は嫌いだ」と語るようになります) 高校生になってひょんなことから八幡と再会しました。 当初は中学時代同様に八幡のことを馬鹿にする言動ばかりしていましたが、葉山にそれを責められて以来態度を改め始めます。 再度再会したクリスマスイベントでは「恋人は無理でも友達としてなら良かったかも」と発言しています。 比企谷小町(声優:悠木碧) 出典 中学3年生の八幡の妹。 3月3日生まれのO型。 座右の銘は「使えるものは兄でも使う」。 シスコンの兄である八幡を表向きウザがる言動をしますが、その実大切に思っています。 八幡の入院中にお菓子を持って自宅を訪れた由比ヶ浜と会っていて、「お菓子の人」として覚えていました。 奉仕部3人の微妙な関係性も実は見抜いており、八幡の家での様子から心配したり助言を与えたりします。 雪ノ下陽乃(声優:中原麻衣) 出典 雪ノ下家の長女で雪乃の姉。 7月7日生まれの20歳。 雪乃以上に頭脳明晰で容姿端麗なこと加え、人当たりもよく友達も多い完璧人間。 しかし、雪ノ下家の長女として母親からレールの敷かれた人生を歩んでいるようで、そのことに不満を持っている様子。 そんな姉に雪乃はずっと劣等感を持っていたようですが、陽乃もまた次女として家からの重責のない雪乃には複雑な感情を抱いているようで、度々雪乃の弱い面を叱責します。 また、幼い頃から親交のある葉山に対しては急に電話で呼び出すなど雑に扱う面も見受けられます。 反対に八幡に対しては、面白い人間だと感じているようで、雪乃との仲に対して何度も引っ掻き回すような言動をします。 物語における負の面を炙り出す役割を持っているキャラクターです。 雪ノ下母(声優:井上喜久子) 雪乃と陽乃の母親。 自分が正しいと疑わないような性格で、陽乃や雪乃についても上から従わせるような方針が垣間見えます。 陽乃いわく「私より怖い」「何でも従わせようとする人」。 (というか陽乃は自分が怖いって自覚あったんだね・・・) 物語終盤では、雪乃の内面の問題に深く関わる存在として、奉仕部に関わってきます。 まとめ の相関図および登場人物同士の関係についてまとめてみました。 こうしてまとめてみても、本当にサブキャラ同士の関係性まで細かく考えられています。 誰と誰が仲良くて、誰と誰が合わないとか。 それが学校生活という物語を描く上でのリアリティを上げている気がします。 原作は既に完結していて、私は読破済みなので、この物語の結末についてやにまとめています。 興味がある方はそちらもどうぞ。

次の