スライドショー アプリ 無料。 スライドショーを簡単に作成できる本格的動画アプリ10個を紹介!

写真スライドショーソフトを無料ダウンロードして本格的な音楽入りスライドショー動画を簡単に作成

スライドショー アプリ 無料

Officeのエディションによって含まれるソフトが異なる また、パソコンによっては、OS(Windows)しかインストールされていない場合もあります。 無料でPowerPointを使う方法 パソコンにPowerPointが入っていなかったらどうするか?あとからPowerPointを単体で購入してパソコンにインストールすることもできますが、お金がかかります。 会社で作成したスライドを自宅で確認・修正したいとか、他の人が作成したスライドを閲覧だけしたいといったように、PowerPointの基本的な機能だけを使いたいのであれば、無料でPowerPointを使う方法があるのです。 今回は、無料でPowerPointを使う以下の4つの方法を解説します。 1・2・3の方法では、事前に マイクロソフトアカウントを取得しておく必要があり、データの読み書きはWeb上の保存場所である「 One Drive」を利用します。 また、無料で使えるPowerPointは、PowerPointのすべての機能が使えるわけではなく、機能を制限しています。 無料版を使ってみて、必要な機能がないとか、本格的にPowerPointを使いたいと思ったら、その時点で有料版に切り替えてもいいでしょう。 1.「Office Online」を使う 「Office Online」とは、Webブラウザーで動くOfficeのことで、PowerPointを使う場合は 「PowerPoint Online」を利用します。 まず、Webブラウザーを起動して、「PowerPoint Online」の画面を開き、画面中央の「Microsoft アカウントでサインイン」をクリックします。 リボンの中でグレーアウト(淡色表示)されている機能は使えない PowerPoint Onlineは、わざわざソフトをインストールしなくても、インターネット環境のあるパソコンでWebブラウザーを起動すれば、すぐに使えるのが特徴です。 例えば、iPhoneでPowerPointを使う場合は無料の 「PowerPointアプリ」を利用します。 まず、「App Store」(Androidの場合は「Play Store」)で「PowerPointアプリ」を検索し、「インストール」をタップします。 iPhoneの向きに連動して、スライドの表示が変わる PowerPointアプリは、最初に1回だけインストールする必要がありますが、移動中や外出先でも気軽にスマートフォンやタブレット端末を使ってPowerPointを使えるのが特徴です。 3.「Office 365」 を無料で試す 「Office 365(おふぃすさんろくご)」とは、毎月または毎年、一定の料金を支払うことで半永久的に提供されるサービスのことです。 このような形態のサービスを「サブスクリプション型」と呼ぶ場合もあります。 「Office 365」には体験版(試用版)があり、登録してから1ヶ月間は最新のOfficeを無料で利用できます。 体験版を使うには、Webブラウザーを起動して以下のサイトにアクセスし、「1か月間、無料で試す」をクリックします。 Office365の無料体験版の入り口となるWebページ Microsoftアカウントでサインインしたら、画面の指示に沿って操作すればOKです。 プロジェクトの関係で1か月だけPowerPointを使いたというときに重宝するでしょう。 気を付けたいのは、2か月目からは有料となること。 最初にログインしてから30 日以内にOffice 365試用版をキャンセルするのを忘れないようにしてください。 4.「Google スライド」など無料の互換性があるソフトを使う 「の記事で解説した 「Google スライド」は、グーグル社が開発したプレゼンテーションソフトで、Googleアカウントがあれば無料で利用できます。 Webブラウザーで「Google スライド」の画面を開き、「Google スライドを使う」をクリックします。

次の

スライドショーが作れるソフトおすすめランキング!簡単な無料版から有料版まで!

スライドショー アプリ 無料

ビデオエディターでスライドショーを作る スタートボタンを押して全てのアプリの中から「は」の項目にビデオエディターがあるので開いてみてください。 ビデオエディターが開きました。 これが最初の画面です。 写真フォルダーを追加する 初期設定ではビデオエディタは写真を個人ドキュメントのピクチャフォルダか One Drive からしか認識しません。 なので、別フォルダーから写真を読み込みたい場合は写真フォルダーを追加する必要があります。 画面上部よりフォルダーを選択し、フォルダーの追加ボタンを押します。 素材として使いたい写真が入っているフォルダーを追加します。 写真のフォルダーが追加できたら、いよいよ新しいビデオプロジェクトの作成です。 写真を選択する ここではスライドショーに使いたい写真を複数枚選択します。 写真は上から時系列順に並んでいます。 写真を選択したら作成ボタンを押してください。 すると基本的なスライドショーの体裁は自動的に作ってくれます。 初期設定では書く写真3秒ごとのスライドショーになっています。 ここからテキストやモーションなどを加えて簡単な動画編集ができます。 簡単な動画編集方法 スライドショーの時間を変更する 初期設定では写真1枚ごとの時間は3秒です。 一旦時間を変更したい写真を選択してから、画面中央左の期間ボタンを押して、メニューの中から「1秒・2秒・3秒・5秒・7秒・お好みの秒数」を選択すると表示時間が変わります。 黒帯を削除 写真の大きさが異なる場合に映画のような黒帯が出来てしまいます。 サイズを変更ボタンは、写真を縮小して全体を表示するか、拡大して黒帯を削除するか決めます。 フィルターをかける フィルターボタンは写真に特殊効果をかけます。 細かく色調を変更はできませんが、画面右側のプリセットの中から選びます。 セピア調にしたり、モノクロにしたり instagram のような写真効果をかけられます。 かけたいフィルターを選んだら、完了ボタンを押してください。 文字を入れる テキストボタンは写真に文字入れができます。 画面右上に挿入したい文字を入力します。 ただ文字を入れられるわけではないんです。 入力した文字の下にある「スイート」や「ピクセル」というのは文字に対するエフェクトです。 上図のようにぼかしを入れたり、普通の動画編集ソフトだったら手間入りなエフェクトもマウスの1クリックで簡単に付けられます。 その下にあるレイアウトは、文字を写真の「上下左右・真ん中」どこに配置するかを選びます。 また、画面下部にある青いスライダーはスライドショーで写真が表示されている秒数のうち、どの部分に文字を表示するかを指定できます。 全て指定し終わったら完了ボタンを押してください。 3D効果 3D 効果は写真に動きを付けられます。 難しい操作は一切必要ありません。 画面右側のお好みの 3D 効果を選択してみてください。 上図では雨を降らせてみました。 雨のエフェクトを追加するだけではなく音まで付けてくれます。 音の大きさは画面右側のボリュームスライダーで設定します。 そして画面下部の青いスライダーを左右に移動して、エフェクトの適用範囲を指定できます。 最後に完了ボタンを押してください。 普通の動画編集ソフトなら手間入りな事も、Windows10 のビデオエディターなら誰でも出来ます。 音楽を追加する スライドショーが無音で寂しい?それなら BGM を追加してみましょう。 画面上部の音符ボタンを押してください。 最初から用意されている30以上の BGM の中から好きなものを選んでください。 「ビデオを音楽のビートに同期する」のチェックマークをオンにすると、音楽に合わせてスライドショーが切り替わるような面白いものを作れます。 その下にあるスライダーは音楽の音量設定です。 最後に完了ボタンを押してください。 好きな音楽や効果音、ナレーションを追加する 音楽に限らず、効果音やナレーションも追加できます。 その場合は、人と音符ボタンを押してください。 画面右上の「オーディファイルの追加」ボタンを押して、効果音やナレーションファイルを選択して読み込みます。 対応ファイル形式は「aac, adts, mp3, m4a, wav, wma」の6種類に対応しています。 画面下部のスライダーは音を鳴らす場所指定です。 複数の音声ファイルがある場合は、選択する事で切り替わります。 画面下部のスライダーを移動する事で、音を重ねて再生する事も可能です。 設定が終わったら最後に完了ボタンを押します。 スライドショーを入れ替える スライドショーの写真の順番を入れ替えるには、画面下部の写真をドラッグアンドドロップで入れ替えられます。 保存する(書き出す) 全ての作業が完了したらスライドショーを書き出しましょう。 画面右上の矢印ボタンを押してください。 書き出しサイズを S, M, L の3種類の中から選びます。 細かなサイズ指定はできません。 誰でもできるように出来るだけ操作は簡略化になっているのです。 S サイズ:メールなど小さな画面用• M サイズ:SNS などオンライン共有用• L サイズ:大画面用 S サイズで幅960px ほどあります。 L サイズは幅1920px です。 動画ファイルの保存先 動画ファイルの保存先は、各個人のドキュメントのピクチャフォルダーです。

次の

最初のスライドショー作成はWindows 10「フォト」から始めよう

スライドショー アプリ 無料

画像とBGMを組み合わせれば1つの作品になるスライドショー。 言葉を添えることで、ビデオメッセージとしても共有できます。 スライドショーが結婚式や卒業式などの特別な日に流れると、ついつい感動してしまいますよね。 そんなスライドショーですが、パソコンがなくてもスマホで手軽に作れてしまうんです。 今回は スマホで簡単にできちゃう、スライドショー作成アプリをランキング形式でご紹介します。 スライドショーを初めて作る人にも必見です。 Part 1: スマホで簡単!スライドショー作成でおすすめのアプリ第1位『flimora Go』 スライドショー作成でおすすめのアプリ第1位はエフェクトを持ち、しかもこれらのエフェクトを簡単に利用できるWondershare です。 多くのスライドショー作成アプリはテンプレート化していたり、決まりきったフィルターになってしまい個性的な作品ではなくなってしまうことがあります。 「FilmoraGo」は無料であっても、スライドショー作成に必要なトリミング機能や画像比率機能があります。 フィルターやエフェクトの種類も多く、スライドショーが簡単かつ丁寧に仕上がります。 スライドショーを上手に作成するためには、BGMと画像のスピードを上手く調整させることが大切です。 スマホアプリの中にはクリップのスピードが調整できないものもあります。 写真が少ない場合、BGMのサビが届く前にスライドショーが終わってしまうこともしばしばです。 スピード調整機能を使えば、BGMが流れる速度に合わせてクリップを再生することができるのです。 逆再生機能を利用し、個性的な動画にすることもできます。 また「思い出を残したい」という気持ちから スライドショーを作成する場合、メッセージや日付を入れる人も少なくありません。 そのため、多くのスマホアプリでは文字を挿入するツールが付いています。 結婚式などの特別な日にも、書き言葉でなく自分の声でお祝いメッセージが贈れるのです。 は自分らしくスライドショーを作成したい人のニーズにも応えたアプリと言えそうです。 Part 2: スライドショー作成おすすめアプリランキング『2位〜5位』 スマホで簡単にできるスライドショー作成おすすめアプリランキングの2位から5位までを発表していきます。 第2位:Side story 第2位はSide storyです。 Side storyは完成した作品をプレビューできる機能が付いています。 プレビュー機能を活用すれば、より完成度の高いスライドショーになります。 Facebookにも共有しやすいので、SNSユーザーにも人気があります。 第3位:Flipagram 第3位はFlipagramというアプリです。 このアプリの魅力は、Instagramから直接写真を引き出せるところです。 またBGMは数百万種類から選択できます。 流行りの曲から、懐メロまでジャンルも様々です。 第4位:Film story 第4位はFilm storyです。 Film storyは可愛いフォントが豊富です。 フォントが豊富であれば、メッセージを入れたい時に写真やBGMに合った文字が選べますよね。 また、曲の開始地点を選べるので、好きな曲のサビ部分から始めることができます。 第5位:Animoto Video Marker 5位はAnimoto Video Markerです。 豊富なテンプレートが魅力の スライドショーアプリです。 おしゃれでプロのような仕上がりも、おすすめの理由です。 スライドショーを作るには、パソコンが必要ではないの?スライドショー作成は難しそう。 と感じている人も多くいます。 スマホ片手に手軽にスライドショーが作りたい!そんな時にはを利用して、自分らしいスライドショーを作ってみてもいいですね。 Part3. スライドショー作成ソフトおすすめ-「Filmora(旧名:動画編集プロ)」.

次の